FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/12/02UEFAサッカー情報
●降格圏に低迷するレアル・ベティスだが、マヌエル・ルイス・デ・ロペラ会長は、エクトル・クーペル監督への信頼を口にした。我々はクーペル監督について解任を検討するようなことはしていない。なぜなら我々は彼の仕事ぶりに満足しているし、問題はないからだ。チームもいいし、監督もいい。我々が求めるのは、ベティスのファンに日曜日の試合に勝てるように応援してほしいことだけだ。そうすれば降格圏を脱出できる」
●1日に行われたスペインリーグの試合でレアル・マドリーがラシン・サンタンデールと対戦、ラウールが今季8得点とする2ゴールを決める活躍で、3-1で勝利。ベルナベウではここ7試合連勝として、首位を堅持した。また、ライバルのバルセロナはエスパニョールとのダービーマッチ。しかも、3、4位対決とあって、場内は立ち上がりからヒートアップしたが、1-1で引き分けた。
●2日、ユーロ2008本大会の組み合わせ抽選会がスイスのルツェルンで行われ、スペインはグループD、ライバルはギリシャ、スウェーデン、ロシアに決まった。ギリシャ、ロシアとはユーロ2004で同グループ、またスウェーデンとは今回の予選で同グループだったスペイン。死のグループ入りは免れ、ライバルを分かっているという点ではまずまずの抽選結果だと言えるが、もちろん油断すれば痛い目にあう。
●監督としての経験豊富なイングランド人のロイ・ホジソン氏(60歳)が、フィンランド代表監督を辞任してから48時間もたたないうちに、インテルに復帰することになった。現在発表されているのは、1月にモラッティ会長のもとで仕事を始めるということだけで、具体的な仕事の内容には触れられていない。
●UEFAが八百長疑惑のかかった15試合のリストを警察に提出したと、UEFAの関係者が1日に明かした。それによると、「15試合に八百長工作の可能性があり、UEFAの規律委員会が調査をしている」という。問題となっている試合は、UEFA主催の各種大会のうち、チャンピオンズリーグの予選、UEFAカップの予選、UEFAカップとインタートトカップが含まれているといい、時期については特定されていないが、古くは2005年7月にまで遡るようだ。
●1日に行われたプレミアシップの試合で、首位アーセナルはアストン・ヴィラに2-1で逆転勝ちし、今季リーグ戦での無敗を守った。また、チェルシーはウェストハムとロンドンダービーを行い、1-0で勝利。ホーム無敗記録を70試合に伸ばした。
●また、チェルシーはウェストハムとロンドンダービーを行い、1-0で勝利。ホーム無敗記録を70試合に伸ばした。
●リーグ1第16節が1日に行われ、ル・マンが好調のナンシーを2-1で破った。開始9分にガヴァノンにPKを決められ先制を許したが、後半に入り2点決めて逆転勝ちした。松井大輔は81分までプレーし、勝利に貢献した。
●1日に行われたブンデスリーガの試合で、2位のヴェルダー・ブレーメンが3位のハンブルガーSVを2-1で下し、暫定ながら今季初の首位に浮上した。ただし、2日の試合でバイエルン・ミュンヘンがビーレフェルトに勝てば、再び首位は入れ替わる。
●プレミアリーグで11位に沈むニューカスルに不穏な空気が漂っている。1日のブラックバーン戦でも1-3の敗戦を喫するなど、思うような結果を残せないサム・アラダイス監督に対し、サポーターからは辞任を求める声も。しかし、今夏にマンチェスター・シティから加入したMFジョーイ・バートンは、指揮官に対しブーイングを浴びせるサポーターを「悪意に満ちている」と批判。これに対し、サポーター側が反論するなど、内紛が勃発する気配を見せている。
●ミラン所属のブラジル代表MFカカが、フランス・フットボール主催の今年のバロンドールを受賞した。昨年までは52人の欧州のジャーナリストが欧州のクラブでプレーする選手から最優秀選手を選んでおり、昨年はイタリア代表キャプテンのファビオ・カンナヴァロが受賞。しかし、今年からは世界の96人のジャーナリストが投票し、50名の候補者のなかにはアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、アメリカ、カタールでプレーする選手も含まれた。
●セリエA第14節の2試合が行われた1日、ホームにユベントスを迎えたACミランは0-0のスコアレスドローに終わり、またしても今季のホーム初勝利を逃した。試合後SKYのインタビューに応じたACミランのカルロ・アンチェロッティ監督は「レグロッタリエのジラルディーノに対するファールはPKだったが、審判は見落としたのだろう」と不満の表情を浮かべて訴えた。
●「メディカル・スタッフの報告をそのまま伝えると、ロナウドは筋肉の痙攣を起こしている状況で、肉離れには至っていない。軽傷だよ」。ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長が1日、SKYのインタビューに応じ、FWロナウドの怪我の状態を明らかにした。ガリアーニ副会長は続けて「ロナウドは来週には万全の状態で練習を再開できるはずだ。4日の欧州CL(セルテッィク戦)に間に合わせることは厳しいが、日本行き(クラブW杯)は問題ない」と説明
●ユーロ08スイス・オーストリア大会(6月7日~29日開催)の組合せ抽選会が2日、スイスのルッツェルンで行われた。
●グループA=スイス、チェコ、トルコ、ポルトガル
グループB=オーストリア、クロアチア、ポーランド、ドイツ
グループC=オランダ、イタリア、フランス、ルーマニア
グループD=ギリシャ、スウェーデン、ロシア、スペイン
●イングランド代表監督に就任するようジョゼ・モリーニョを説得するため、年間600万ポンド(約13億6800万円)の条件が提示された。スティーヴ・マクラーレンの代役にジョゼ・モリーニョを迎えるため、イングランドのサッカー協会(FA)は天文学的な条件を出すことを決めたようだ。ユーロに換算すると約830万ユーロ。モリーニョがチェルシーで受け取っていた500万ポンドを上回る金額である。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.