UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/29
●27日に行われたチャンピオンズリーグのリヨン対バルセロナ戦の試合中に、リヨンの主将ジュニーニョ・ペルナンブカーノと、昨シーズンまでチームメイトだったバルセロナの DFエリック・アビダルの間に激しいやりとりがあった。「アビダルとはあんなふうに熱くなってしまった。大きな試合では起こりうることだ。バルサのユニフォームを着ると、誰しも自分がずっと強くなった気がする。それで敵に対してより強圧的に振る舞いたくなる。でも僕はそれに我慢できなかった。ここは僕らのホームグラウンドだ。きっちり言い返す必要があった」
●27日に行われたチャンピオンズリーグ、対オリンピック・リヨン戦を2-2で引き分けたバルセロナだが、グループリーグ首位でグループリーグ突破を決めた。この試合の前半終了間際にライカールト監督が退場処分を受けたが、同監督が退場処分を受けたのはバルサの監督に就任して以来初めてである。
●28日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第5節、バレンシア対シャルケ04の試合は0-0の引き分けに終わった。勝ち点1を分け合った結果、バレンシアは1試合を残して敗退が決定。シャルケ04はグループリーグ突破の可能性を残している。スロムカのチームが決勝トーナメントに進むためには、最終節のホームゲームでローゼンボリに勝たなければならない。
●シュスター監督(レアル・マドリー)「われわれのプレーがブレーメンに試合をやりやすくさせてしまった。(3失点したが)DFと守備的MFだけのせいにはできないだろう。攻撃面では、最後のパスが出ずに問題を抱えることになってしまった。(前節の)オリンピアコスでの試合に続き、今日の試合でも勝ち上がりを決めることができなかったが、われわれはグループリーグ突破を自らの手中に収めている。そして次節をホームで戦えることは重要だろう。」
●28日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア対シャルケ04戦は0-0のスコアレスドローに終わった。このため、最終節のチェルシー戦を待たずしてバレンシアのグループリーグ敗退が決まり、UEFAカップ出場となる3位獲得も厳しい状況となっている。
●28日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)シャルケ戦に0-0で引き分け、グループリーグ敗退が決まったバレンシアのビジャは、「グループリーグ敗退はかなり大きなショック。ただ、どういう形であれこの事実を受け入れる必要がある」と語った。この試合については「前半からダビド(アルベルダ)の退場、マルコ(カネイラ)のけがと不運なことが起こってしまった。その後、チームは1人少ない状況で意地を見せて奮起したが、最後のシュートでミスをしてしまった。そうしたミスは常に大きな代償が伴うものだ」と振り返った。ビジャは今シーズンのCLを振り返って、「グループリーグで敗退することは、1試合だけの結果が悪かったからではない。だからシャルケ戦の不運や主審の判定を嘆くことはできない。ドイツでの第1節(シャルケ戦)以後の敗戦(3連敗)が高い代償となった」と分析した。
●28日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)シャルケ戦に0-0で引き分け、グループリーグ敗退が決まったバレンシアのロナルト・クーマン監督は、「後半の戦いぶりを見れば、勝ち点2を失ったといえる」と、1人少ない状況で押し込みながらゴールが奪えずに引き分けた試合を振り返った。その上で、「バレンシアは最後まで戦い抜いた。多くのチャンスを作り、そのうち3本は決定的なものだった。シャルケは1人多い状況にもかかわらず勝つためのプレーをしてこなかった。また、後半シャルケの選手が退場となってもおかしくなかったと思っている。残念な結果とはいえ、後半の戦いが今後進むべき道だと思う」と話した。
●プレミアシップ最下位に沈むダービー・カウンティが、新監督としてポール・ジュウェル元ウィガン監督を招聘したと発表した。契約期間は3年半。
●チェルシーのマイケル・エッシェンが「現役を引退するまでチェルシーでプレーしたい」とクラブに対する忠誠心をアピールした。
●プレミアシップのバーミンガム・シティは28日、アレックス・マクリーシュ氏(48歳)を新監督に迎えたと発表した。契約は3年半。
●ポーツマスのハリー・レドナップ監督がクラブ首脳とともに28日、贈収賄容疑でロンドン警察に逮捕されたことがわかった。
●マンチェスターUのアルゼンチン代表FWカルロス・テベスのある発言が物議をかもしている。彼によると、以前ウエストハムでプレーしていた時にピッチ上でアーセナルのアンリに勧誘されたというのだ。「ウエストハムとアーセナルの試合の時、ピッチ上でアンリにこう誘われたんだ。“移籍で揉めてるようだけど何でアーセナルに来ない?お前のような選手はアーセナルにもってこいだ”とね。嬉しかったよ」。
●ボルトンのFAニコラ・アネルカは、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったプレミアリーグのトップクラブが獲得に興味を示す状況について、「とても光栄だ」とコメント。1月のマーケットで移籍を実現させたい考えを改めて明らかにした。
●昨シーズンの4月に右ヒザを痛めて戦列を離れていたバイエルン・ミュンヘンの右サイドバック、ウィリー・サニョル(30)が移籍を希望している件について、クラブのルンメニゲ会長が「冬の移籍期間まで落ち着いて待つように」と伝えたことが明らかになった。バイエルンのホームページが伝えている。
●インテルのマッシモ・モラッティ会長がフェネルバフチェ戦で3-0の勝利を収め、欧州CL決勝トーナメント進出を決めたことに満足感をあらわにした。「決勝トーナメントに進出することが最も重要だったので、結果には満足している。真剣に、集中し、そして安定したプレーを持続させて結果につながった。(第一目標を達成したので)欧州CLでの心配事は減ったが、ここから先は厳しい試合が続く。今のテンションを持続していって欲しい」
●「インテルでの居心地は最高だ。今後もずっとここでプレーし続けたい。カルバーリョとの交換トレード?この噂は事実無根だろう」。インテルのDFワルテル・サムエルがチェルシーのDFリッカルド・カルバーリョとのトレード移籍の噂を完全に否定した。
●欧州CLグループリーグ第5節が各地で行われた28日、アウエーでベンフィカと対戦したACミランは1-1の引分に終え、グループリーグ2位以内を確定し決勝トーナメント進出を決めた。
●レコバは「ロナウドがアドリアーノをACミランに呼びたがっているようだとの話を聞くが…。マンチーニ(監督)はアドリアーノをインテルの選手と捉えているし、全員がアドリアーノの復帰を願っている。10年間インテルに在籍した経験から言わせて貰うと『誰もが誰のことも攻撃・非難しない』クラブだ。今でもチーム全体でアドリアーノを支えている。自分は20歳でイタリアに来たが、誰にも助けを請わなかった。アドリアーノは『自分が既に大人であり、自身で解決すべき問題だ』と理解すべき立場だ。今のどん底から抜け出すことは“皇帝”復活を意味する」
●カルロ・アンチェロッティ監督は「今日の試合内容には満足している。特に前半が良かった。相手選手たちも勝利を目指し全力で挑んできたが、終盤に我々は得点機会を多く作り出した。グループリーグを突破することができて本当に満足している。今後はホームでのセルティック戦(12月4日の欧州CLグループリーグ最終節)でもポイントを稼ぎ、グループリーグ首位通過を狙う」
●欧州CLグループリー第5節が各地で行われた28日、ホームにオリンピアコスを迎えたラツィオは1-2の敗戦に終わった。試合後ラツィオのデリオ・ロッシ監督は「厳しい試合だった。オリンピアコスは戦術面で優れていた。我々は得点も挙げたが、経験豊かなオリンピアコス相手に痛いミスも犯してしまった。レアル・マドリーとは我々のホームで素晴らしい試合を行った。アウエー戦は厳しい試合になることは間違いないが、最善を尽くすしかない。我々自身を信じることが重要だ」
●MFクラレンス・セードルフが29日、前日の欧州CLベンフィカ戦(グループリーグ第5節、1-1引き分け)を振り返った。ACミランの決勝トーナメント進出を決める引分けにセードルフは「決勝トーナメント進出を決めることが重要だった。ベンフィカは素晴らしかったし、我々も苦しめられたが、何よりも結果が重要な試合だった。自分の出来は…試合開始から15分間は良かったが、ピッチに足を取られて足首をひねったあたりから悪い流れになった。だが、とにかく75分間はプレーしたよ。(セリエA第14節のユベントス戦の行われる)土曜日までには時間もあるし、もちろん出場可能な状態にもっていくつもりだ」
●セルビア代表のハビエル・クレメンテ監督が解任された。スペインからやって来た監督に別れの時が訪れた。
●サンパウロがアドリアーノを狙っている。インテルのFWアドリアーノは、フィジカル面のコンディションを取り戻し、心理面も安定させるために、ブラジルのサンパウロにある専門の施設で数日前からトレーニングを行っている。
●「将来はプロテスタントの牧師になりたい」とミランのMFリカルド・カカ。バロンドール(世界最優秀選手賞)の授賞は目前で、数日後にはFIFAワールドプレーヤーも授賞することができそうだ。5カ月後には父親にもなる。
●CL・グループAで戦うべシクタシュは28日、ホームにマルセイユを迎え、2-1で勝利した。この結果グループAは混戦となり、ベシクタシュは最下位だが、首位ポルトと2ポイント差の勝ち点6でグループリーグ突破の可能性を最終節まで残すことになった。
●CLのグループリーグ第5節が28日に行われ、ラツィオはホームのオリンピコでオリンピアコスに敗戦を喫した。ラツィオにとっては忘れてしまいたいような夜となった。この敗戦によりラツィオはグループCの最下位に転落。決勝トーナメント進出に望みをつなぐためには最終節でレアル・マドリーとのアウエーゲームに勝たなければならない。
●欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第5節が28日に行われ、グループCではここまで1勝3敗と最下位のブレーメンが、ホームで首位のレアル・マドリーを3-2で倒し、強豪チーム相手に金星とも言える勝利を収めた。グループリーグ通過のためには、負けるどころか引き分けさえ許されない状況で、難敵を打ち破ったブレーメン。この結果によりグループ3位に浮上するとともに、最終戦に勝てば自力でグループリーグ通過が可能となる、非常に大きな勝利となった。
●シャーフ監督(ブレーメン)「ここ数カ月、つねに相次ぐ離脱者と戦わねばならない状況の中で、それをものともしなかったのは、とてつもないことだ。チームにとって重要な選手が多く欠けた中で、リーグ戦で残している成績(2位)、そしてこのCLでの結果は、高く評価しても、しきれるものではない。」
●スナイデルがレアル・マドリーに移籍して以降、MFのクリエーティビティーに深刻な問題を抱えるアヤックスは、PSVのMFアフェライ(21歳)、アイサッティ(19歳)のどちらかの獲得を狙っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!また、遊びに来ます。
2008/11/17
(月) 12:56:13 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。