UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/15UEFAサッカー情報
●各国の代表ウィークで一時中断となっているリーガの中にあって、話題となっているのはバルセロナのライカールト監督の去就問題だ。ホームでは全勝とはいえ、アウェイではさっぱり。結果に加え、その内容もさっぱり。ライカールト監督の手腕にも不満の声が上がっているのが現状だ。クラブ側は当然チームのパフォーマンスの改善と結果を出すこと要求しており、そのリミットを“クラシコ”に設定したと現地紙が伝えている。バルサは、リーガ再開後、レクレアティーボ(ホーム)、エスパニョール(アウェイ)、デポルティーボ(ホーム)、バレンシア(アウェイ)をこなし、ホームでレアル・マドリーとの“クラシコ”を迎える予定。
●移籍市場の再開する1月に、バルセロナは中盤の補強を検討しているようだ。『マルカ』紙によれば、バルセロナは獲得を狙う選手を特定したらしい。クラウディオ・ラニエリが今年の夏に獲得したポルトガル人チアゴである。ユベントスはリヨンに1300万ユーロ(約21億2000万円/今季のユベントスで最も高額な補強だった)を支払ってチアゴを獲得したものの、彼はいまだにイタリアのサッカーになじむことができず、シーズン序盤から若手のノチェリーノにポジションを奪われてしまった。
●「こういった状況で誰が得をするかと言えば、僕らも含めたイタリア以外の国だ。選手たちが出ていこうとするだろうからね。最終的に損をするのはイタリアのカルチョ(サッカー)だ」とモリエンテスはバレンシアの公式サイト上で語った。
●バレンシアは14日、ユーロ(欧州選手権)2008予選に向けてポルトガル代表に招集されていたミゲルが負傷し、チームを離脱することをクラブの公式ホームページ上で発表した。
●バレンシアがフェネルバフチェに所属するMFメフメト・アウレリオに興味を持っていると15日の『マルカ』紙が報じた。12月15日に30歳になるブラジル生まれのMFで、2002-03シーズンにフェネルバフチェに移籍してから、これまで国内リーグ3度の優勝経験を持つ。クーマン監督はルイスSD(スポーツ・ディレクター)に対し、来シーズンに向けて中盤の攻撃的センターハーフ獲得を打診しているもようで、一部ではPSVのイブラヒム・アフェライ獲得を希望しているともうわさされている。
●ライカールト監督解任のうわさが浮上したことで、バルセロナの後任監督候補として名前が挙がっているエスパニョルのバルベルデ監督が、そのうわさをきっぱりと否定した。「バルセロナからのコンタクトは何もない」とうわさを一蹴したバルベルデ監督は、「ライカールト監督は偉大な監督」とコメント。ただ、フロントからは「エスパニョルは現在モダンなサッカーをするチームだから、選手も監督もほかのクラブから興味を持たれて当然。どのクラブがバルベルデに興味を持っているのか知らないが、その1つがバルサということも有り得る」という発言も聞かれる。
●スペインの『エル・ムンド』紙が報じた内容によると、トッテナムのファンデ・ラモス監督がレアル・マドリーのカシージャス獲得に興味を示している。4000万ユーロ(約64億9000万円)の移籍金と年俸700万ユーロ(約11億4000万円)を用意しているとされる。
●来年の北京オリンピック出場を目指すコートジボワールは、チェルシーのFWサロモン・カルーをU-23代表に招集した。
●マンチェスター・ユナイテッドのMFオーウェン・ハーグリーヴスが、16日に行われるイングランド対オーストリアとの親善試合への欠場が決まった。今シーズンは膝の不調に悩まされているハーグリーヴスだが、マンチェスターにとどまって治療に専念する。来週のEURO2008予選対クロアチア戦に間に合うかは微妙だという。
●ベルギーとオランダが、2018年W杯の共同開催国として立候補することになった。EURO2000を共同開催した経験を持つ両国が、ブラッターFIFA会長と会談した。すでにイングランドが立候補の意思を表明しているが、強力なライバルの登場となりそうだ。
●アーセナルが、イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムに対し、MLSのオフシーズンにトレーニング環境をオファーしたと、タイムズ紙が報じた。
●モウリーニョ前監督からバトンタッチして以降、グラント監督に対する不満はくすぶりつづけており、特にドログバはモウリーニョ支持を公言してきた。しかし、グラント監督は一向に意に介していないようだ。「練習と試合での様子を見れば、選手のことはわかる。ディディエは非常に立派な態度で、すべての試合に全力を投入している。私は彼に満足しているよ。もっとも、たまに選手が私のところに来て、不満を漏らすこともある。2人の選手がそう言ってきたが、誰だろうと関係ないね」
●アイルランド代表DFのスティーヴン・カーが14日、代表からの引退を発表した。ニューカッスルでプレーする31歳のサイドバックはここまで代表44キャップを記録。しかし、代表がEURO2008予選突破を果たせなかったことから引退を決意した。
●イングランド代表の主将代行を務めるスティーヴン・ジェラードが、プレミアリーグの外国人規制案を支持する発言をした。今週初め、レディングのスティーヴ・コッペル監督がプレミアリーグには外国人選手が多すぎて、それがイングランド代表チームに悪影響を与えていると発言した。ジェラードは14日に行われた代表の記者会見で、「ルールの変更には賛成だ。何か手を打たないと、外国人ばかりが増えてリーグが乗っ取られてしまう」と話した。
●11日に警官の誤射で死亡したラツィオサポーターのガブリエレ・サンドリさんの葬儀が14日正午から教会で行われた。葬儀にはラツィオの選手をはじめ監督、幹部、職員、ユース選手が参列した。また同じローマに拠点を置くASローマの主将フランチェスコ・トッティとルチャーノ・スパレッティ監督も葬儀に参列した。
●「パトはロナウジーニョより凄い。フェノメノ(怪物)と呼べるほどの逸材だ。パトを起用することで我々も(得意の布陣である)2トップが実現可能となる」。ACミランのアンチェロッティ監督が“ガゼッタ・デッロ・スポルト”の独占取材に応じ、今夏獲得した若手ブラジル人FWパト(18)を大絶賛した。また同紙の独占取材に応じたACミランの司令塔カカは11日に起こった「ラツィオサポーター死亡事件」と事件後に各地で発生しているサポーターの暴動について語った。スタジアムの安全に不安を募らせるカカは「このような状況が続くのであれば、僕もイタリアを去るかもしれない。僕の妻や両親も頻繁にスタジアムを訪れており、家族の身に危険が及ばないか心配だ」と危機感を募らせている。
●イタリア代表のエースでバイエルン・ミュンヘン所属のFWルカ・トニが、イタリア国外でプレーするイタリア人選手の立場からイタリア・カルチョの現状について語っている。トニは「我々のカルチョを救わなくてはならない。日曜の午前に自分と同年代の青年が信じられない事件によって命を落とした。イタリアのイメージを損なうショッキングな事件が世界中に流れてしまった。イタリア国外で頻繁にイタリア・カルチョの悪口を言われる度に、弁解をし続けてきたのだが…。皆が一丸となり力を合わせて犯罪者と戦わなければならない。必ず改善されると信じている」と苦々しい表情で語っている。
●ハサン・サリハミジッチは納得していない。「僕らはこれまでに6回PKを取られた。明らかに多すぎる」。クラウディオ・ラニエリのチームで重要な存在となりつつあるサリハミジッチは「ユベントスに対する審判の態度が理解できない」とスカイのインタビューの中で語った。
●PSVは14日、公式ウェブサイトで「次期監督候補としてフェルフォーセンにオファーを出した」と発表した。フェルフォーセンはPSVのオファーを受けるもようだが、問題は現所属先の名古屋グランパスエイトとの契約が今シーズン末まで残っていることだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。