UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/07UEFAサッカー情報
●メスタージャにローゼンボリを迎えて行われたチャンピオンズリーグ第4節、バレンシアがホームで破れるという不覚をとった。バレンシアの新監督として初采配を振るったロナルド・クーマン監督。チームのエースFWダビ・ビージャが復帰し大差での勝利を狙ったが、逆にローゼンボリのFWステファン・イベルセンに2ゴールを決められ、0-2で敗れ、厳しい船出となった。
●内容も結果も伴わず危機に瀕しているレクレアティーボは、この状況の打開策としてまずはビクトル・ムニョス監督の解任を検討している。ここ6試合、勝利どころか1点すら入れていない惨状で、チームは降格圏内までたった1ポイントの位置にいることから、監督を挿げ替えるのが得策だとクラブは考えているようだ。
●ベティスの大株主を務めるマヌエル・ルイス・デ・ロペラ氏にはファンの間から批判が広がっているが、彼自身は先日ラジオで次のように語っている。「私に出て行って欲しいならそれ相応のオファーをしてくれればいい。しかし私は瀕死の状態だったベティスを買った人間だ。あの時以上にひどい状況でベティスを売り渡すことはない」。
●わずか6試合でデポルティーボの絶対的レギュラーに君臨したアドリアン・ロペス・“ピスク”。ロポの故障で急遽トップチームに引き上げられた彼は、ほんの540分でほとんどミスを犯すことなくロティーナ監督の期待以上の活躍を見せている。そして彼はヨーロッパで最も給料の安い選手でもある。彼の月収は800ユーロ(約13万2000円)。それ以外にもトップチームの試合に出場する毎のボーナスがあるとはいえ、年収でも8000ユーロ(約132万円)と1部、2部の中でも破格の安さなのは間違いない。デポルのトップチームでプレーするという夢を追い続け、お金のことは二の次に考えてきたピスクは、その夢を叶えてチームのコーチ陣もうならせるプレーを続けている。このまま15試合に出場すれば、ピスクは晴れて正式にプロ選手になる。1年前にアマチュア契約を結んだばかりのピスクは、トップチームで15試合に出場した時点で自動的にプロとして3年の契約に昇格するという内容でサインした。もしこの数字に届かなければ自由契約となるはずだった。
●バルセロナのロナウジーニョは、まだ100%のコンディションではないことを認めた上で、ライバル達に“クリエイティブ”と“サプライズ”を与えるためにもプレーを進化させ続けていくことを約束した。ベティス戦、バジャドリー戦で復調の兆しをみせたとはいえ、まだ改善の余地はあると隠すことなく明かしたロナウジーニョ。「全ての面で良くなりたいんだ。前よりは良くなってきているけれど、もっと良くなれると思っているよ」。“バルサTV”でのインタビューでそう語った。
●R・マドリーがCLベスト16進出の最初のチャンスを逃した。ギリシャで行われた対オリンピアコス戦、R・マドリーは果敢にゴールを狙うもつきがなく結局試合は0-0の引き分け。ベスト16進出の切符を手にするのは次節以降に持ち越された。リーガではセビージャに敗れて(0-2)迎えたCL対オリンピアコス戦。悪いイメージを払拭するには絶好の機会だったが、度重なるチャンスも決定力に欠いた。
●バレンシアの元TDカルボーニ氏はラジオマルカの中で、キケ監督の解任はTD在任当時から要求していたことを明らかにした。カルボーニ氏はキケ監督について「野心が足りなかった。昨シーズンのリーガも捨ててしまったに等しい」と批判。また、カニサレス、アルベルダ、アングーロといったベテラン選手が給料UPの要求を記者会見などでしたことについても「ビッククラブではそんなこと起こらない」と厳しいコメント。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が6日、就任21周年を祝った。ファーガソン監督は1986年11月6日、ロン・アトキンソン前監督の後を継いでオールド・トラッフォードの指揮官に就任。しかし、なかなか結果を出すことはできずに、解任の憂き目を味わう可能性もなくはなかった。
●6日に行われたCL第4節のグループAの試合で、決勝トーナメント進出に望みをつなぐには勝つしかないリヴァプールはホームでベジクタシュと対戦し、8-0で大勝。CL最多得点差試合の記録を塗り替えた。
●マンチェスター・シティのオーナーで、タイ国元首相のタクシン氏が、12試合を終えてリーグ戦3位につける自分のクラブを、「眠れる巨人だ」と讃えた。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、ベンチ入りできる選手の数を増やすべく、プレミアリーグにルール変更を求める意向を明らかにした。現在、プレミアリーグではベンチ入りメンバーの人数が5人までに制限されている。しかし、チャンピオンズ・リーグや代表戦などでは7人までのベンチメンバーが許されており、国際的なルールに従うべきとの声は以前から聞かれていた。
●ポルトガルのアニバル・カバコ・シルバ大統領が6日、インテルのMFルイス・フィーゴに励ましのメッセージを送った。フィーゴの35回目の誕生日となった4日、“イタリア・ダービー”に出場したフィーゴは後半16分、ユベントスMFパベル・ネドベドから激しいファールを受け、右足ひ骨骨折の重傷を負った。
●欧州CLグループリーグ第4節、ホームでのCSKAモスクワ戦を翌日に控えた6日、インテルのMFロベルト・マンチーニ監督がなかなか波に乗れないブラジル人FWアドリアーノについて語った。「アドリアーノが復活した?いや、私はそうは思わない。仮に良い状態なら出場させているよ。彼にとって重要なのは練習に集中し、普通の生活を送ることだ。2週間とか(の短期間)ではなく、今後もずっとこの生活を続けることができて初めて、彼の問題が全て解決したと言える」
●欧州CLグループリーグ第4節、ホームでのCSKAモスクワ戦を翌日に控えた6日、インテルの主将ハビエル・サネッティが、MFルイス・フィーゴにひ骨骨折の重傷を負わせたユベントスMFパベル・ネドベドのファールについて語った。フェアプレーで有名なサネッティは「とても激しいファールによりフィーゴは骨折という最悪の事態となった。背後からの悪質なファールを無くす対策を考えていきたい。いつも言っていたことだが、改めて対策を考えなければならない問題だ」と真剣な表情でコメントした。
●6日午後、ミラノ近郊のパビアにあるサン・マッテオ医院でフランチェスコ・ベナッツォ医師の執刀により、インテルMFルイス・フィーゴの右足の手術が行われた。手術は約1時間で終わった。インテル側は「手術は最高の環境下で行われ、100パーセント成功に終わった」と発表している。
●欧州CLグループリーグ第4節が各地で行われた6日、ACミランはアウエーでシャフタル・ドネツクと対戦し3―0の完封勝利を収めた。
●欧州CLグループリーグ第4節、ブレーメン相手にホームで2-1勝利を飾ったラツィオのデリオ・ロッシ監督が興奮した面持ちで記者会見に臨んだ。ロッシ監督は「選手達が『誇り』を胸に、素晴らしい能力を発揮してくれたことが何よりも嬉しい。厳しい状況下で選手達が個々の能力を最大限に引き出した。我々は常にこのような状況下で能力を発揮しているが…。そしてここ最近、出場機会に恵まれていなかった選手達が、自身の価値を存分に発揮してくれたことにも満足している」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。