UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/02UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーのFWディエゴ・フォルランが、4-3で勝利した水曜日のセビージャとの試合で太ももを傷め、復帰までに2、3週間かかることがわかった。日曜日には古巣ビジャレアルとの対決が控えているが欠場は確実。また、ウルグアイ代表は今月中旬のW杯予選でチリ、ブラジルと対戦するが、それにも間に合わない可能性がある。なお、セビージャ戦で今季6ゴール目を決めたセルヒオ・アグエロも、筋肉痛のためビジャレアル戦の出場は微妙という。
●1日に行われたスペインリーグの試合で、バルセロナは下位に低迷するバジャドリーと対戦し、1-1で引き分けてしまった。ライカールト監督は試合後、「あまり心配してないよ。優勝は後半戦で決まるからね。うちにはまだチャンスはたくさんある」「チームとしての自己犠牲の精神が欠けていた」とチームに対し厳しい批評を下した。「ピッチでは、才能については何も言わない」と語ったライカールト監督は、「バジャドリーはチームとしてうまく機能していた。相手の方がチームとして機能し、チャンスも作っていた。逆に、うちのチームではミリートとバルデスが最も良かった」とコメント。
●1995年から2000年までバルセロナに在籍した後、永遠のライバルであるレアル・マドリーに移籍したルイス・フィーゴ。バルサファンの信頼を裏切る形での移籍で、フィーゴは今もバルサファンの憎悪の対象となっているが、彼にとってバルサでの時代は今も特別なものとして心に刻まれているようだ。フットボールの選手として素晴らしい時を過ごしたバルサへの思いをフィーゴが語っている。バルサで最も思い出深いシーズンに2年目のシーズンを挙げたフィーゴ。当時ボビー・ロブソン監督に率いられたバルサは1996-97シーズン、UEFAカップウィナーズカップとスペイン国王杯を獲得。「僕らにとって素晴らしい1年だった。リーガのタイトルだけが獲れなかったんだ。バルサに移籍して1年目は何のタイトルも獲れなかった。僕の経験上、2年目は本当に素晴らしいシーズンだったよ。偉大なステップを踏み始めたんだからね」。また、最もシビれた試合は、1999-2000シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦、バルサがカンプ・ノウでチェルシーを5-1で粉砕した試合だという。「あれは本当に最高の試合の一つだった。第1戦目を落とし、後がなかったんだけど、歴史的な結果でひっくり返したんだ。凄いフットボールを展開できたし、信じられないようなパス回しをしたんだよ」。
●R・マドリーが補強に向けて動きをみせている。マルカではすでにビージャ(バレンシア)、ベンゼマ(O・リヨン)、ガライ(R・サンタンデール)、アルテタ(エバートン)、ブレーノ(サンパウロ)の名前が挙がっていると伝えたが、これにスポルティング・リスボン所属の2選手が候補リストに加わった。DFミゲル・ベロッソ(21)とジョアン・モウティーニョ(20)の2人だ。
●バレンシアの監督に就任することが決まったPSVアイントホーフェンのロナルド・クーマン監督は、ファンに別れを告げるため、フィリップス・スタジアムでPSVの監督として最後の会見を開いた。PSVを“素晴らしいクラブ”と評したクーマン監督は、この夏にもバレンシアのソレール会長とすでに話をしていたことを明らかにした。「この夏にもバレンシアと会長と将来について話をしていた。2008年で契約が終了する私にとって理想的な仕事だと考えていたからね。だが、バレンシアが(キケ)監督を解任した後、月曜朝にも連絡があり、15時間後には合意に達していたよ」。バレンシアの監督に決まるまでの経緯を説明したクーマン監督。
●アウェイのバレンシア戦で1対5と大勝したR・マドリー。試合開始わずか40秒に先制点を決めたキャプテンのラウルは「あの時間帯に得点できた事により試合を支配する事ができ多くの得点のチャンスを作れたんだと思う。特に前半はマドリーはとても良いプレーが出来たと思う。あんな試合は久しぶりだ」と満足げに試合を振り返った。
●ケガに苦しんでいるセビージャのGKパロップとMFマルティはアトレティコ戦出場後も引き続き筋肉に違和感を感じながら練習に合流し、次節のホームでのR・マドリー戦出場が期待されている。
●エトーの手術を担当したラモン・クガット医師は1日、彼があと3~4週間で復帰できる見込みであることを明かした。エトーが右足太腿の腱を部分断裂したのは、8月29日に行われたインテルとのガンペール杯である。ちょうど2ヶ月前に当たる9月1日に手術を受けた彼は、当初復帰まで約3ヶ月と見られていた。
●ベティスのペペ・レオン会長は1日、クラブ首脳陣がエクトル・クーペル監督の仕事ぶりに疑問を持ち始めているとの噂を否定した。チームがオサスナ戦で0-3の完敗を喫し、降格圏まであと僅かの順位になったにもかかわらずだ。この敗戦は監督解任の噂を湧き起こしたが、会長は監督の続投に疑いを持つ者は誰もいないことを強調している。
●今シーズンはベンチで過ごす時間が長いパリ・サンジェルマンのパウレタだが、ここ2試合で4ゴールを決め点取り屋としての実力を発揮、10月31日に行われたリーグカップのモンペリエ戦で決めた2ゴールで、パリSGでの100得点を記録した。「素晴らしい気分だよ。この4年と数カ月で100得点を達成できたんだからね。これをファンや選手に捧げたいし、僕に力を貸してくれた人たちに捧げたい」
●イタリアのメディアは1日、水曜日の試合でリヴォルノに1-3で敗れ、最下位に沈んでいるレッジーナが、マッシモ・フィッカデンティ監督を解任したと報じた。
●トッテナムの監督を解任されたマルティン・ヨル氏が2日付の英タブロイド紙上で、クビになったのはクラブのフットボールディレクターを務めるフランス人のダミアン・コモッリのせいとぶち挙げた。それによると、ヨル前監督は、この夏の補強選手として、経験豊富なMFと左サイドのウィンガーを希望したにもかかわらず、コモッリ氏は監督の意向を無視して、ダレン・ベント、ユネス・カブール、ケヴィン・ボーテング、アデル・ターラブト獲得に3000万ポンド(約72億円)も費やした。
●イタリア代表のロベルト・ドナドーニ監督は、W杯優勝チームをマルチェロ・リッピ前監督から引き継いで以来、心休まる日がないようだが、いまだに批判的な声に対し、今月後半のスコットランド戦を見てから判断するように訴えた。
●昨夏、アーセナルからビジャレアルに移籍したロベール・ピレスが、プレミア時代を振り返って、マンチェスター・ユナイテッドとのライバル意識について語った。いまだ今季無敗を続けるアーセナルは3日にマンUとの頂上対決を迎える。「両チームのライバル意識がそもそもどういうものかはあまりよくわからなかったんだ。でも、最後のほうには、マンUがあまりに傲慢なのと、フィジカルなプレーが多すぎるからって思うようになった。勝つたびに、ファーガソンは常に自分のチームが最高だと言い張るんだけど、アーセナルの選手はそういうのに反発してたね」「アーセナルの選手にとって、シーズンの6試合がなによりも大事なんだ。それはトッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドとのホームとアウェイの試合だよ。だけど、ユナイテッドはどこよりも特別。他の2チームよりももっとライバル心は強かったよ」
●リヨンのチェコ代表FWミラン・バロシュが、時速271kmで愛車フェラーリをかっ飛ばし、スピード違反で新記録を出したことがわかった。地元の新聞は、警察の談話として、2000年にオートバイ乗りが記録した時速248kmというこの地域のスピード違反記録を、バロシュが塗り替えたと報じた。
●クロアチア代表のスラヴェン・ビリッチ監督は2日、EURO2008予選のマケドニアとイングランド戦に向けたメンバーのなかに、ハイジュク・スプリトの19歳のFWニコラ・カリニッチを初招集した。
●「もうたくさんだ。これ以上チームメイトが理由もなく非難され、涙にくれて帰宅する姿を見たくない。俺たちは、うちのサポーターに疲れた」31日のパルマ戦後、パレルモDFバルザーリの怒りが爆発した。引き分けに納得いかない2万余の地元観衆は、試合後30分以上もブーイングを続けた。抗議と非難だけを繰り返すサポーターに対して、主将でもあるバルザーリはついに切れてしまった。「何をやっても批判される。こんなことはイタリア中でパレルモだけだ。もうこれ以上、ファンのためになどプレーしない。俺たちは自分たちと監督、そして会長のためだけにプレーする」
●31日に行われたセリエA第10節、インテルはジェノアを4対1で下し、ホーム「サン・シーロ」での連続得点試合記録を「43」に伸ばした。最後のホーム無得点試合は、2004-05年シーズンにまでさかのぼる。FWスアゾも待望の初ゴールを奪い、ユベントスとの次節「イタリア・ダービー」へ向けてチーム・ムードのピーキングは完璧だ。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、ジョゼ・モウリーニョが再びイングランドの地で指揮を執ることはないだろうとコメント。チェルシーで数多くのタイトルを手に入れたポルトガル人監督は、新天地にスペインかイタリアを選ぶはずだと話している。
●南イタリアのプーリア州に拠点を置くレッチェ(セリエB)に衝撃が走った。1日、レッチェのマーレ・スタジアムで仕事をしていた用具係が落雷に遭い、死亡した。
●「バイエルン・ミュンヘン移籍が確定する前、FWトニはACミランと合意直前のところまで来ていた」。ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長が1日、SKYのインタビューで明かしている。また前日のアウエーでのサンプドリア戦の快勝(セリエA第10節5-0)についてガリアーニ副会長は「継続してこの結果を出していかなければならない。特に不振が続いているホームの試合でも結果を出さなければ。ホームで結果を出すことができなければ復活とは言えない。アンチェロッティ監督の率いる驚愕のチームは、彼の契約が終了となる2010年までこの勢いが続くことだろう」と力説した。
●セリエA第11節ユベントス対インテルの“イタリア・ダービー”を3日後に控えた1日、怪我の為に長期離脱していたインテルのDFマルコ・マテラッツィが紅白戦に出場した。
●インテルのFWフリオ・クルスが1日、SKYのインタビューに応じた。3日後に迫ったユベントスとの“イタリア・ダービー”への意気込みを問われたクルスは「11月のユーベ戦はどういうわけか個人的に相性がいい。今季ユーベがセリエAに復帰したからトリノでの試合も復活する。今回の試合も例年通りとなることを願っているよ。チーム内ではACミランとの“ミラノ・ダービー”よりもユーベとの“イタリア・ダービー”の方が、モチベーションが高い気がする。あくまで俺個人の意見だけど、ユーベからは彼らのプライドを懸けて絶対に勝つという気迫が伝わってくるから。しかし、我々も一歩も引くわけにはいかない。なぜならインテルにはリーグ戦2連覇(05-06季の繰上げ優勝はのぞく)が懸かっているし、ユーベはASローマ同様に今季の優勝争のライバルだから」と気合十分に語っている。
●長期離脱をしていたFWロナウドが1日、ようやくチームの全体練習に合流した。ロナウドは今季開幕前の7月31日に負傷し、復帰が大幅に遅れていた。この日チームに合流したロナウドはパス回しを始め、技術面と戦術面の練習に汗を流した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
随時更新中 速報!TV・新聞掲載商品ピレス、アーセナルとマンuのライバル心を解説ライブドア・スポーツ昨夏、アーセナルからビジャレアルに移籍したロベール・ピレスが、プレミア時代を振り返って、マンチェスター・ユナイテッドとのライバル意識について語った。 いまだ今
2007/11/03(土) 02:10:43 | テレビアニメ DVD 声優 無料
NFL欧州上陸、ロンドンで初の公式戦当日は英国の人気スポーツであるサッカーのイングランド・プレミアリーグでリバプール−アーセナルなど4試合があったが、NFLが北米以外でも関心を集めたことを示した。 ≪2枚目の写真はドルフィンズのQBレモン=右=をサッ
2007/11/03(土) 03:57:16 | mixi 芸能人 足跡 招待 モバイル バトン
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。