UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/28UEFAサッカー情報
●スペインリーグの2試合が27日に行われ、マジョルカがホームで、ここまで4連勝中のエスパニョールと2-2のドローを演じた。
●バルセロナのレオ・メッシはショックを隠し切れないでいる。自宅が泥棒に荒らされ、愛着のある品々が盗まれてしまったのだ。
●ベティスは来シーズンの監督に、スポルティング・リスボンのパウロ・ベント監督を検討していると、ポルトガルの日刊紙“ディアリオ・デ・ノティシアス”が報じた。
●8月14日のチャンピオンズリーグ、エルフスボリ戦で左足首を負傷し、戦列から離れていたバレンシアのMFビセンテ・ロドリゲスが日曜日のセビージャ戦の招集メンバーに復帰した。「子どものように胸をときめかしている」と久々の招集の喜びをそう言い表したビセンテは、「とても満足しているし、うれしいよ。プレーしたくてたまならかったからね」と語っている。
●チーム一の高給を受け取り、黙って練習しているリケルメだが、最近クラブの内部規律に違反していることが分かった。招集されていない時もスタジアムでホームの試合を見るように、という決まりである。しかしマドリガルで最近リケルメの姿を見たものはいない。この違反が本当であれば、リケルメには罰金が課せられることになる。
●セビージャのデル・ニド会長が、新監督マノロ・ヒメネスの就任を公式に発表した。これまでBチームを率いていた監督の就任は、会長によれば一時的なもの任ではなく、今後もヒメネス監督にチームを託すという。「監督の代わりはいくらでもいる。ヒメネス氏はまさにプロ中のプロだ。我々は色々なことを検討して彼にチームを託すことに下。当初は彼を来季の監督として考えていたが、それが少し早まっただけのこと。これはクラブ幹部が全員一致で決めたことだ」。「ヒメネスは、今いる選手たちの誰よりも長くセビージャでプレーしていた。だから我々は彼を大歓迎するし、彼は何よりも偉大なセビージャのキャプテンだったからね」「セビージャがシーズン当初に立てた目標を変えるつもりはない」と会長は断言する。その一方で「フアンデ・ラモスは26日に監督の職を辞したいと一方的に通告してきた。これは非常にクラブにとって厳しいものだったが、いずれにしても彼の仕事と5つのタイトルをもたらしてくれたことには感謝している。彼は歴史に名を刻むだろう。せめてシーズン終了まで続投して欲しかったが、今となっては終わったこと。今はこれ以上この話はしたくない」
●27日に行われたプレミアシップの試合で、今季10試合を終えて3位と好調のマンチェスター・シティが悠々とスタンフォード・ブリッジに乗り込んだ。6-0で快勝。チェルシーが10年ぶりの大量得点で、マン・シティを圧倒した。
●27日に行われたプレミアシップの試合で、マンチェスター・ユナイテッドが鮮やかな攻撃的サッカーを見せ、ミドルズブラを4-1で下し、28日にリヴァプール戦を控えるアーセナルをかわして暫定ながら今季初の首位に浮上した。
●リーグアン第12節が27日に開催され、2位ナンシーがアウェイでメスと0-0で引き分けた。1試合消化の少ないナンシーは勝ち点24、今日試合のある首位リヨンとの差は1ポイントになった。
●マンチェスター・ユナイテッドは土曜日の試合でミドルズブラに4-1で勝利したが、この試合の2点目を決めたウェイン・ルーニーが、3、4点目を決めたカルロス・テベスを絶賛した。「カルロスと一緒にプレーするのは最高だよ。彼はすごく賢い選手で、頭が切れるし、2人のコンビはとってもいいんだ。最近は2人ともけっこうゴールを決めてるから気分もいいしね」「サッカーで一番いいプレーはパス・アンド・ゴーだけど、カルロスが僕にボールを出したとき、僕は目の隅でカルロスが走り出したのがわかった。そして、僕のヒールパスをカルロスがゴールしたんだ。彼が2点も決めてうれしいよ。この2試合、すごく頑張ってやってるから、ゴールを決めても当然だと思う」「僕の仕事はゴールを決めることだし、毎試合決められるように努力してる。今の状態にはすごく満足してるし、このままこの調子を続けたいね」
●トッテナムのブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが退団を望んでいることが明らかになった。28日付の英オブザーバー紙は、ベルバトフは信頼していたヨル監督の解任でますます退団の決意を固くしたと報じている。
●リヨンにしてみれば、クラブの将来を担う有望株であるベンゼマをそう簡単に手放す気はないはず。移籍を防ぐためにもベンゼマに対し契約の見直しを図ろうと必死だ。さらに、ヨーロッパでも敏腕家として知られるオーラス会長は、「6000万(約98億5800万円)以下では手放さない」と断言。
●チャンピオンズリーグではA組の首位に立つマルセイユだが、リーグ・アンでは調子の波に乗ることができずにいる。27日の第12節ソショー戦は2-1で敗れ今季6敗目(2勝4引き分け)を記録、降格圏内の18位に陥落した。
●28日のセリエA第9節ACミラン対ASローマ戦にASローマの主将フランチェスコ・トッティが出場できない可能性が極めて濃厚となっている。このニュース伝え聞いたACミランの司令塔カカは「トッティが欠場すれば、ASローマの戦力ダウンは計り知れない。そして試合の醍醐味も少なくなってしまう…。我々ACミランにとってトッティ欠場は朗報とも言えるが、カルチョ・ファンにとってはトッティ不在のASローマとの対戦は物足りないに違いない。トッティはASローマのシンボルだからね」
●ガリアーニ副会長は「両チーム共に選手層が厚く、才能溢れる選手が揃っている。ACミラン対ASローマ戦は間違いなくクォリティの高い試合となるだろう」「ACミランは若いチームだ。3、4人新戦力を獲得すればそれで十分だ。マルディーニの後釜?現時点で彼の状態は良くなっている。代役を探す必要などない。なんにせよネスタやボネーラをはじめ、我々の守備陣は最高であり、チームのレベルは高い」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。