FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/10/23UEFAサッカー情報
●トゥーレ・ヤヤも、デコも、マルケスもいない。皆負傷中だ。チャンピオンズリーグ第3戦、クラスゴー・レンジャーズ戦を23日に控えるバルセロナだが、中盤の選手が不足と台所事情は厳しい。ライカールト監督は、FWエイドゥル・グジョンセンを中盤のラインでスタメン起用することで、この状況を乗り越えようとしている。
●不遇の天才にユベントスが強く興味を抱いている模様だ。一説には、ユベントスですでに居場所を失っているチアゴとの交換トレードの可能性があるとのこと。リケルメ自身はイタリアでのプレーに前向きと伝えられており、ビジャレアルとしても金銭面の恩恵があれば、1月の移籍マーケットで放出するのは間違いない。
●ビジャレアルのロベール・ピレスは、20日に行われたバルセロナ戦が昨シーズン、スペインにやって来て以来のベスト試合だったと明かした。「ビジャレアルでの僕のベスト試合だったと思う。僕の好きなリズムだったし、試合開始からみんな集中し、プレーしていた。僕のベスト試合だったし、ビジャレアルでの記憶に残る試合だったと思うよ」。
●20日のエスパニョール戦でR・マドリーの選手として初のリーガ出場を飾ったFWロベルト・ソルダードは、22日練習後に記者会見を行い「デビューできたのはとても嬉しいが、自分の持っている可能性をもっと見せたい」と喜びと意欲を表した。
●21日のホームのサラゴサ戦で4対0と快勝したアトレティコ・マドリー。FWのシモンは同試合を振り返り「僕達は抜群のプレーを見せる事ができ、最高の試合になった」と満足げに語った。アトレティコはこれでリーガとUEFA杯で今季ホームにて6勝1分けと無敗を貫いている。
●セビージャの右SBダニエウ・アウベスは、ホームゲームでプエルタに対する追悼の意を示すやり方について「プエルタは僕の心の中でいつまでも生き続けている。誰かからそれを思い出させてもらう必要はない」という考えを示した。セビージャのサンチェス・ピスフアンスタジアムで戦う相手チームは花束を捧げ、観衆は試合開始16分(プエルタの背番号は16だったため)に黙祷するなどしているがアウベスはそのやり方に疑問を示している。
●レアル・マドリーのDFファビオ・カンナバーロとMFのディアラは、24日に行われるチャンピオンズリーグ、対オリンピアコス戦に欠場する疑いが出てきた。ディアラは右膝に重度の損傷を負っており、カンナバーロも同じく膝だが、左膝を捻挫している。両方とも膝を痛めたが、診断結果はまったく違うものとなるだろう。
●先週末のマージーサイド・ダービーを2-1で制したリヴァプールのFWディルク・カイトが、フィル・ネヴィルへのタックルで、自分が退場させられてもおかしくなかったと認めた。
●アイルランド代表のスティーヴ・ストーントン監督が、EURO2008出場を逃した責任を取って辞任することがほぼ確実となった。
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、チェルシーFWディディエ・ドログバを気に入っていると明かした。ドログバがフランス・フットボール誌で移籍願望を口にしたことを知ったアンチェロッティ監督は、「ドログバは世界で最も素晴らしいアタッカーの一人だ」とドログバの大ファンであることを告白したものの
●先週末のマージーサイドダービーで主審を務め、いくつかの重要な判断について批判を受けているマーク・クラッテンバーグ審判員が、今週末のプレミアリーグの試合の主審から外されたことがわかった。
●ラツィオのイタリア代表MFステファノ・マウリが日曜日のリヴォルノ戦で左太ももを負傷して、1カ月ほど戦列を離れることになった。
●先週末のマージーサイドダービーで残り20分に交代させられたリヴァプール主将のジェラードは試合後、地元紙に交代について不満をもらしていた。しかし、ベニーテス監督はクラブの公式サイトで、ジェラードとはわだかまりはないと話した。「監督だったら、考えるだけではなく、決断を下さなければならない。試合に勝つためにはどうしたらいいか考えなければならない。試合に勝とうというときは、どの選手も私にとっては同等だ。ジェラードは、特にダービーマッチということもあって失望していたから、彼とは話をした。彼は決勝点を決めたがっていた。だが、もうだいじょうぶだ。時間が経てば、彼も私がチームによかれと思ってやったことだと理解してくれるだろう」
●22日に行われたプレミアシップの試合で、ニューカッスルがホームでトッテナムを3-1で下し、4連勝を飾った。
●「これが現状のミランだ。醜態だ。ひどいプレーだった」指揮官アンチェロッティは試合後言い訳をしなかった。日曜に行われたセリエA第8節エンポリ戦の敗戦は“ミラン危機”の声を一層かまびすしいものにした。11位という信じられない体たらくは、Bに降格してしまった1981-82年シーズン以来の惨状だ。
●リーグ・アン第10節を終えた時点で2勝3敗5引き分けと14位に甘んじているパリ・サンジェルマン(PSG)。2連敗中で迎えた20日の第11節バランシエンヌ戦に、ル・グエン監督が選手起用で奇策を用いた。パウレタ(元ポルトガル代表)、リュインデュラ(元フランス代表)、メンディ、アルマン、フロといったレギュラークラスをベンチに置き、スタメンにママドゥ・サコ(DF、17歳)、ユヌース・サンカレ(MF、18歳)、ロリス・アルノー(MF、20歳)、グランディ・エンゴイ(MF、19歳)、ダビッド・エンゴグ(FW、18歳)といった若手を起用した。いずれもPSG育ちで、今季リーグ・アンにデビューしたばかりの選手たちだ。さらに驚きだったのが、これがリーグ・アン初試合・初先発となるサコがキャプテンに指名されたこと。
●20日に行なわれたプレミアリーグのエバートン戦で、71分に交代を告げられたリバプールのMFスティーブン・ジェラードがその胸中を告白。リバプールで生まれ育ったジェラードは、エバートンとのダービーマッチに2-1で勝利した瞬間をピッチ上で迎えられなかったことについて、「とても傷ついた」と語っている。
●イタリアの某有力紙は、ファビオ・カペッロ前レアル・マドリー監督がロシアのCSKAモスクワからのオファーを受けたことを報道した。カペッロ本人はこの件についてコメントを避けているが、イタリア国内ではたとえ多額の年俸提示であっても彼がこのオファーを受けることはないだろうという意見が多い。
●セリエA第8節を終了した時点で2分け6敗で勝点2。早々とオルシ前監督を解任し、カモレーゼ監督に舵取りを任せたものの悪い流れは断ち切れず、単独最下位という状況が続いている。スピネッリ会長のご機嫌はすこぶる悪く、チームに緊急合宿を指示。「状態が上向きになるまで何度でもやってもらう」と語っている。
●セリエA第8節が行われた21日、リボルノはホームでラツィオと対戦した。後半10分ラツィオFWパンデフのゴールで先制されたリボルノに対し、リボルノ・サポーターの怒りは爆発。怒りの矛先はリボルノのアルド・スピネッリ会長に向いた。「スピネッリ、我々をセリエC1に連れていってくれ!」「偉大なスピネッリ。3年間全く金を使わない偉大な会長だ!」「ありがとうスピネッリ!」と皮肉を込めた合唱で、一斉批判を行った。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が22日、翌日に迫った欧州CLグループリーグ第3節ホームでのスポルティング・リスボン戦に向けた召集メンバーを発表した。
●UEFAは22日、ACミランのGKヂダの「欧州CL2試合出場停止処分を1試合に軽減」することを明らかにした。グラスゴーでの欧州CLグループリーグ第2節、セルティック戦でのACミランGKネルソン・ヂダのシミュレーション行為について、ACミランの異議申し立てを部分的に受け入れた形となった。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が欧州CLグループリーグF組のスポルティング・リスボンとの2連戦(10月23日、11月7日)に挑む意気込みを語った。スパレッティ監督は「スポルティング・リスボンとの2連戦は欧州CL決勝トーナメント進出が懸かった大一番となるので、死力を尽くす。第1戦がホームとなり、我々の方が若干有利だが…。いずれのチームの選手もカルチョへの愛情は強く、アウエーであっても動じることなく実力を発揮するだろうが…。この数試合で、ASローマに正確さを欠いたプレーが見られることは否定できないが、ミスを連発しているわけではない。若干の軌道修正をすれば、本来の力を取り戻すと確信している」
●ACミランのDFヤンクロフスキーが24日の欧州CLグループリーグ第3節、ホームでのシャフタル・ドネツク戦に出場出来ない可能性が高まっている。ヤンクロフスキーの状態について、ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長は「膝に磁器治療施し、回復状況を見守っている。筋を痛めていなければ良いのだが…。ヤンクロフスキーはエンポリ戦(21日のセリエA第8節、0-1敗戦)で負傷してしまった」
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が23日の欧州CLグループリーグ第3節、アウエーでのCSKAモスクワ戦について語った。「イブラヒモビッチとスタンコビッチは快方に向かっているので、ギリギリまで出場できるかどうかを見守りたい。マイコン、キブ、スアゾ、ブルディッソが出場停止で厳しい状況だが、彼らなしでも戦えると信じている」と
●元ブラジル代表で、現在バスコ・ダ・ガマに所属するロマーリオがこの水曜日、コパ・スダメリカーナ、対アメリカ・デ・メヒコ戦で監督を務めることになった。選手としてプレーし続ける41歳のベテランFWは、ピッチの中から指揮を執ることになる。ここ10試合ですでに7敗目を喫したバスコ・ダ・ガマは、成績不振を理由にロス監督を解任した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.