UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/22UEFAサッカー情報
●厳しい状況に置かれているリケルメの獲得を“夢”見ているのが、2007年の“コパ・ド・ブラジル”チャンピオンとして、2008年のコパ・リベルタドーレス出場権を獲得したブラジルのフルミネンセだ。
●バルセロナをホームに迎えたビジャレアルは全てにおいてバルサを圧倒し、3-1で勝利を飾った。キックオフ直後にカソルラが先制し、残りの2点はPK。一方のバルサはロナウジーニョの代役としてスタメンとなったボージャンがバルサの史上最年少記録となるゴールを決めるに留まった。この試合で明らかになったのは、まずビジャレアルの好調ぶりだ。前節オサスナに破れたとはいえ、バルサを圧倒した彼らは間違いなく最後まで上位争いに食い込むだろう。一方、バルサは首位に追走するためにこの試合は勝つしかなかった。
●20日に行われたビジャレアル戦で負傷し、途中でベンチに下がったバルセロナのMFデコが検査の結果、左足内転筋の裂傷と診断され、5週間の戦線離脱となることがわかった。
●バルサの左SBアビダルは、ビジャレアルに敗れた(3-1)理由について「選手の疲れ、ハードスケジュール」を挙げたが、それは言い訳にはならないと認めた。ビジャレアル戦でキーポイントとなったのはビジャレアルの先制点と追加点となったPKだという。アビダルはピレスを倒しPKを取られたがメフト・ゴンサレス主審の判定は「間違っていた」と語った。国際Aマッチで代表選手が抜け、しっかり準備ができなかったという理由以外に違った戦術で試合に臨めたのではないかという考えを示し「こういう状況では前に急がずに、ゲームをコントロールして、後を固めて速攻狙いというやり方もあったと思う」と語った。また、後半ライカールト監督は逆転狙いの3-4-3にシステムを変更したが、これも慣れた布陣ではないことを明かした。
●リーガ第8節ビジャレアル戦でバルサの唯一のゴールを決めたボージャン。このゴールがメッシの持つバルサ最年少ゴールの記録を抜いた。前半25分、バルサは2-0とビジャレアルにリードされていたが、メッシのパスを受けたボージャンは落ち着いてゴール左隅に流し込んだ。1990年8月28日生まれのボージャン。17歳1ヶ月20日で決めたこのゴールが、2004-2005シーズンに17歳10ヶ月7日でゴールを決めたメッシのバルサ歴代最年少ゴール記録を塗り替えた。バルサ史上3番目に若いトップデビューを飾っていたボージャン。リーガ史上の最年少ゴール記録でもシスコ(ビジャレアル、16歳11ヶ月18日)、メナ(1941年、バレンシア、17歳1ヶ月6日)に次ぐ史上三位となった。
●レアル・マドリーがエスパニョルのリエラに興味を持っていると、22日付けの『アス』紙が報じた。20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節のエスパニョル対レアル・マドリーの試合当日、両クラブ首脳陣による昼食会で、レアル側からリエラの契約内容についての質問が出たという。
●バレンシアがアヤックスの左サイドバック、エマヌエルソンを補強候補にリストアップしている。22日の『スーペル・デポルテ』紙が大きく報じたもので、既に獲得に名乗りを挙げているローマと獲得競争を行う可能性も出てきている。
●チェルシーを退団したジョゼ・モウリーニョ前監督が、イングランド代表監督就任には興味がないと英国のメディアに語った。
●ミランのガッリアーニ副会長が、今年のバロンドールはカカが受賞すべきだと話した。「これまでの功績や現状を見れば、彼が受賞することに疑いはない。彼に勝る選手はほかに見あたらないからね。CLに優勝し、大会の得点王になった。あらゆる面で最高のプレーヤーだよ。もし彼が受賞しなかったら、サッカーの観点から言えば世も末だね」とコメントした。
●21日にプレミアシップの1試合が行われ、ウェストハムがホームでサンダーランドを3-1で下し、連敗を3でストップした。
●21日に行われたブンデスリーガの試合で、今季台風の目となっている昇格組のカールスルーエがホームでビーレフェルトと対戦、序盤の好機を逸したこともあって0-0で引き分け、2位再浮上のチャンスを逃した。また、4位まで浮上する可能性のあったハノーファー96も、ヴォルフスブルクと2-2で引き分けている。
●21日に行われたMLSのレギュラーシーズン最終戦で、LAギャラクシーは0-1でシカゴ・ファイアに敗れた。デイヴィッド・ベッカムは後半途中から出場し33分間プレーしたが、FKのチャンスにもネットを揺らすことはできず、ロスタイムに元マンチェスター・ユナイテッドの練習生だったジョン・トリントンのゴールが決まって、シカゴ・ファイアが勝利した。
●EUに属する各国1部、計27リーグで今季プレーしているブラジル人選手の数は、何と493人にも上る。2005年には史上最高857人もの同国選手が移籍の対象となり、1億5900万ドルがカナリアの国にもたらされたとされている。
●20日のセリエA第8節アウエーでのレッジーナ戦で、インテルFWアドリアーノがゴールを決め1-0の勝利に貢献した。試合後アドリアーノは後半11分、サネッティと交代しベンチに下がる際にマンチーニ監督と握手を交わさなかった理由を説明した。アドリアーノは「途中交代を喜んでする選手はいない。チームに貢献したいという強い思いがあった。交代を言い渡された時はむかついていたが、もう落ち着いているので、何の問題もない。監督に決定権があり、自分はそれに従わなければならない。でも本心は試合から1ヵ月遠ざかっていたので、試合終了までプレーを続けていたかった。監督と握手しなかったことは申し訳なく思っている。誰とも揉めるつもりはない…」
●セリエA第8節が各地で行われ21日、ACミランはホームでエンポリと対戦した。試合開始前、ACミランのGKネルソン・ヂダは観客席のサポーターに対し、3日の欧州CLアウエーでのセルティック戦の「自身のシミュレーション行為」を詫びた。ヂダはグラウンドを一周し、セクターごとに立ち止まり、頭を下げた。サポーターからは拍手が起こり、ヂダの謝罪する姿勢を評価した。
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が23日の欧州CL第グループリーグ第3節アウエーでのCSKA・モスクア戦の召集メンバー20名を発表した。
●セリエA第8節2試合が行われた20日、インテルはアウエーでレッジーナと対戦し1-0と辛勝した。インテルはこの日の勝利で2位ASローマとの差を「5」に広げた。試合後インテルのロベルト・マンチーニ監督は「今日の勝利でインテルがリーグ戦2連覇を決定付けた?そうなれば良いが、シーズンは長く確信はまだできない」「アドリアーノも熱くなっていたんだろう。彼の行為を許す。しかし、私は常にチームの状況を考えて采配をとっている。中盤が苦戦していたし、アドリアーノのフィジカルも万全ではなかったので、交代を決定した」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。