UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/21UEFAサッカー情報
●スペインリーグ第8節は、CL出場組が20日に試合を行い、レアル・マドリーとバルセロナが共に今季初黒星を喫した。また、バレンシアはデポルティーボと対戦、ホアキン、バラハ、モリエンテスの2ゴールで4-2の勝利。セビージャはレバンテと対戦し、ファビアーノのゴールで2-0とし、リーグ戦5試合ぶりの勝利を飾った。
●8月11日以来、レアル・マドリーの若きDF、セルヒオ・ラモスは休むことなくマラソン選手のように走り続けている。20日行われたアウェイでのエスパニョール戦(レアル・マドリーは2-1で敗戦)にも出場したセルヒオ・ラモスは今シーズン、リーガ8試合、チャンピオンズリーグ2試合、スペイン・スーパーカップ2戦の12試合、そしてスペイン代表戦の4試合にも出場。16試合連続出場し、今シーズン序盤からフル回転で働いているといったところだ。
●R・マドリーのシュスター監督は19日、ブラジル代表の試合後に明け方までパーティーを行っていたと報じられたロビーニョに対し、「本人の説明を待っている」とメッセージを送った。同時に各国サッカー協会に対しても、代表戦後の帰国スケジュールを「真剣に」考えるよう要求した。
●土曜のR・マドリー戦に向けて発表されたエスパニョールの招集メンバーの中に、6月9日以来プレーしていなかったイバン・デ・ラ・ペーニャが復帰を果たした。昨季の37節バルセロナ戦でプレーした後に右足内転筋を負傷した彼は、15日ほどの離脱を強いられ最終節デポルティーボ戦を欠場していた。
●“オンダ・マドリー”が伝えたところによると、アトレティコ・マドリーはU-17ワールドカップに出場していた複数のアフリカ人選手の獲得を検討しているとのことだ。アトレティコの下部組織からU-17スペイン代表として4人の選手(デ・ヘア、ピチュ、カマーチョ、セルヒオ・ロドリゲス)が参加していたこともあり、同大会にスカウトマンを送り込み、他国の代表選手も熱心に視察し、情報を集めていた。
●ブラジル代表の試合が終わったものの、スペインに遅れて到着したレアル・マドリーのロビーニョとバチスタは、クラブにこの遅刻の原因を説明するように指示を受けている。練習場に現れシュスター監督の怒りを目の当たりにしたスポーツ・ディレクターのミヤトビッチ氏は、この二人を呼び出すことに決めたようだ。エスパニョール戦の招集リストから外れた二人は、クラブに対して説明する予定。この遅刻により、チームの構想が狂ったと考えたクラブは、まず20日も休みを与えることなく二人に練習を指示している。さらに二人の説明が納得できるものではない場合、内部規律にのっとって罰金を課す可能性もある。そしてR・マドリーは今後、代表選手の行動にさらに目を光らせることを決意。代表戦の際には私用機で移動させるか、選手の行動を見張るためにクラブの人間を帯同させるつもりだ。
●アトレティコ・マドリーのMFホセ・アントニオ・レジェスが土曜日午前の非公開練習で打撲し、左足首に重度1~2の捻挫を負い、サラゴサ戦の招集メンバーから外れた。
●マジョルカのFWダニ・グイサはレクレアティーボファンの罵声とともに姿を現した。この罵声は、彼をナーバスにするものではなく、自分のモチベーションになるものだと語った。
●20日に行われたブンデスリーガ第10節の試合で、ハンブルガーSVのオリッチがハットトリックを決めるなどの活躍で、ディフェンディング・チャンピオンのシュトゥットガルトを4-1で粉砕、勝ち点を20に伸ばして3位に浮上した。
●20日に行われたプレミアシップで注目のマージーサイドダービーが行われ、リヴァプールが2-1で逆転勝利を手にした。
●20日のプレミアシップの試合で、アーセナルは監督不在のボルトンを2-0で下し、リーグ戦7連勝を飾った。
●20日、リーグアン第11節が行われ、首位リヨンが快勝した。モナコをホームに迎えての一戦は、12分にジュニーニョのPKで先制。その6分後にレヴェイエールのゴールでリードを2点に広げると、前半のうちに1点を返されたものの、後半立ち上がりのベンゼマのゴールで3-1と勝利した。
●20日のアストン・ビラ戦に4-1で快勝したマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は試合後、「今シーズン最高の試合」と逆転勝利を収めた選手たちに称賛の言葉を送った。
●ロンドンを本拠地とするイングランド2部(チャンピオンシップ)のクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)の新監督に、昨シーズンまでパレルモの監督を務めたフランチェスコ・グイドリンが就任することが確実となった。
●パレルモのブラジル人FWアマウリがSKYの取材に応じ、自身の将来について語った。シーズン終了後の去就が注目されるアマウリは「将来的にどこでプレーするか?自分でも分からない。パレルモか?他チームか?本当に先のことは何も分からないんだ。神だけが知っている…。」
●ジェノアのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が21日のセリエA第8節アウエーのユベントス戦への意気込みを語っている。ガスペリーニ監督は「厳しい試合になるだろうが、だからこそモチベーションが上がる。テクニック面ではユーベの方が上だが、我々もコンディションを上げているので、ユーベ相手に善戦することを約束する。」
●今夏オリンピック・リヨンからユベントスに移籍したポルトガル人FWチアゴが、母国ポルトガル紙で、出場機会に恵まれないことでユベントスのラニエリ監督を批判し、移籍を希望する発言をした。この発言を受け、ユベントスのセッコGMがチアゴの発言に対し遺憾の意を表している。セッコGMは「監督の方針に不満があるというのであれば、チアゴに対しそれなりの処分を下さなければならない。彼の発言は残念でならない。何故なら、チアゴの才能はユベントスに必要で、クラブ内に彼の実力を疑うものはいない。」
●ACミランのDFカフーが目前に迫った21日のセリエA第8節ホームのエンポリ戦と24日の欧州CLグループリーグ第3節ホームのシャクタル・ドネツク戦について語った。カフーは「重要な試合が続くが、臆することなく、我々自身に自信を持って挑まなければならない。また、重要な試合だからこそ焦らずに落ち着くことが大切だ」とチームに呼びかけている。
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が21日のセリエA第8節ホームでのエンポリ戦について語った。エンポリの特長についてアンチェロッティ監督は「若手中心で構成されたチームがセリエAで成功することは容易ではないが、エンポリは興味をそそられる若手選手が多い良いチームだ。エンポリはパレルモを下し(3-1)、また日々成長している。エンポリとの一戦にACミランの今季の運命が懸かっていると言っても過言ではない」と気合十分にコメントした。
●インテルのMFオリビエ・ダクールがSKYの取材に応じ、インテルに対する報道のあり方に苦言を呈した。ダクールは「インテルが今季スタートダッシュにつまずいた途端、『インテルに何が起こったのか?』と過剰な報道に走る。我々にミスは許されないのか?シーズン開始直後に何らかの問題を抱えることは珍しくはない。我々は練習を重ね、徐々にコンディションを上げていくんだ」と厳しい表情で語った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。