UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/18UEFAサッカー情報
●30歳という年齢、故障、そしてバルサのユニフォームで本来のパフォーマンスを十分に見せているとは言い難いジャンルカ・ザンブロッタが来シーズン、バルセロナから出て行くだろうとの噂が囁かれている。ドイツのフットボール誌“キッカー”によると、バルサはザンブロッタの代わりにバイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラームをと考えているとのことだ。
●フランス代表FW、ティエリ・アンリ(30)が17日のユーロ2008予選リトアニア戦で後半34分に先制ゴールをあげ、ミッシェル・プラティニのもつフランス代表歴代最多得点記録をぬりかえた。アンリはその2分後にも追加点をマークし、フランスを勝利に導いた。
●今年6月にこの3年間で3度目の膝の手術を行い、現在はリハビリ中のバルセロナのブラジル人MFジョゼ・エジミウソンは、ある決意を胸にリハビリに励んでいる。“メンバーと同じフィジカルレベルにないのであれば、チームを退団する”覚悟であることを明らかにしている。
●バルセロナのスポーツ・ディレクター、チキ・ベギリスタイン氏が、サンティアゴ・エスケーロとエイドゥル・グジョンセンを放出する可能性があることを認めた。
●バルセロナは1月に行われるアフリカ・ネイションズカップにエトーとトゥーレ・ヤヤが参加することを快く思っていない。スポーツディレクターのチキ・ベギリスタインはラジオのインタビューで、「無理強いするつもりはないが、もちろん行ってほしくはない。彼らにはクラブの気持ちを伝えたし、彼らが参加を諦めることを期待するが、それを問題にするわけにもいかないから、この件にこだわるつもりはない」と語っている。
●バルセロナのオレゲールは10日前に行われたカタルーニャ・ラリーの練習に参加し、バルサの練習に遅刻した。この遅刻で周囲から批判を受けたが、これは現在導入が予想されている内部規律には違反していないとの見解を示した。
●バレンシアのビージャは、レアル・マドリーが彼の獲得に興味があるという報道に喜んでいるものの、今のところは「バレンシアでタイルを獲りたい」と語っている。それでも「正直に言えばこの話はすごく嬉しいしやる気も出るよ。特に今は怪我をしているところだからね」と率直な気持ちを隠さなかった。
●アフリカ選手権予選トーゴ代表対マリ代表の試合終了後に敗れたトーゴ代表のサポーターがグランドに乱入しマリ選手達を暴行した事件を受けて「アフリカは野蛮な所」とする表現がいくつかのメディアから出たことについて、マリ代表でセビージャFWのカヌーテは「みんなアフリカは野蛮だって言っているみたいだけどセビージャ対ベティスの試合でも同じような事が起こっている。警察の監視がスペインの方が行き届いているだけで、もし観客がグランドに乱入していたら同じような事態になったと思う。イタリアでは死者も出たほどだ。とにかくもうあのような事態が繰り返されないように努めることが大事」とした上で「確かに野蛮な行為だった。でもヨーロッパでも同じような事は起こっている」とカヌーテはコメントした。
●R・マドリーのカルデロン会長はスペイン代表に招集されないことから批判の対象となるラウルについての話題が早く収まるよう対応にでている。まず13日にはスペインサッカー連盟のアンヘル・マリア・ビジャール会長と直接会い、ルイス・アラゴネス監督がラウルについての批判を控えるよう要求したかと思えば、16日には再びそれに釘を打つ書面を送っている。
●ベンフィカのカマーチョ監督が、ベンフィカが冬の移籍でレアル・マドリーのソルダードやセビージャのチェバントンの獲得を試みる予定であると明らかにしている。
●R・マドリーのラウル・ゴンサレスは16日、自分の望みはクラブと代表でプレーすることとしながらも、「それが叶わない時もある。今は代表にいる選手達を支えるために一つになることが大事であり、何の利益も生み出さない議論は忘れるべき」と、自身の招集問題ばかりが騒がれる現状にメッセージを送った。
●アスレティック・ビルバオは16日、今季就任したコーチ陣によって作られた新しいノルマをスタートさせた。ホアキン・カパロス監督は過去に指揮したチームで行った修正と同様に、選手達が「24時間プロフェッショナル」であるために必要とされる一連のノルマを導入。それは「目に見えない練習」と呼ばれるもので、よく休み、良い食事を摂り、きちんとした生活を送るなど、細部に至るまで注意を喚起するものである。
●ラシンのマルセリーノ監督が16日、同クラブのアルゼンチン人DFエセキエル・ガライに対するレアル・マドリーの興味は正しいものと“ラジオ・マルカ”で語った。ガライは偉大な選手になる、これがマルセリーノ監督の意見だ。「ガライと契約してくれたらいいね。的を得ているよ。彼は才能のある選手だし、まだ若い。彼の前には素晴らしい未来が待っていると思う。ビッグクラブが彼に興味を示していることを嬉しく感じるよ」。
●今週火曜、R・マドリーがミケル・アルテタの獲得に興味を示したとするニュースが国内外で報じられたことを受け、所属するエバートンがすぐさま彼の放出を否定する態度を示した。
●ビジャレアルのMFマルコス・セナは16日、土曜に行われるバルセロナ戦に勝つためには高い集中力を持ってピッチに立つこと、そして相手にいつものスタイルでサッカーをさせないことが必要になると語った。
●サラゴサのダレッサンドロとアイマールが、17日の練習ゲームであわや乱闘にまでなりかねない言い合いとなった。事の発端はダレッサンドロがゴールをした後アイマールが言いがかりをつけた事から始まった。
●バルサの至宝ボージャン・ケルキックにゴールの強迫観念はなく、フランク・ライカールト監督から与えられた“チャンスを最大限活かす”という気持ちが彼を支えている。ロナウジーニョ、メッシ、アンリ、エトーといった蒼々たるメンバーと自分の居場所をかけて戦うしかないボージャンだが、たった数分間の出場とはいえほとんどの試合に出してくれたライカールト監督にも「ここまでチャンスをもらえるとは思っていなかった」と感謝の気持ちを表した。
●レアル・マドリーは昨シーズン、チェルシーが用意した額と同額、つまり6000万ユーロ(約99億円)でバレンシアのスペイン代表FWダビ・ビージャにオファーをしようとしているようだ。
●7節まで終了したセリエAで、奇妙なブームが起きている。ゴールを決めた後、歓喜でユニフォームを脱ぐパフォーマンスがそれだ。ルールによって警告処分が待っているにもかかわらず、これまでに14人の選手がイエローカードを頂戴してきた。
●17日にユーロ2008予選のリトアニア戦を迎えるフランスだが、FWアネルカの故障を受け、カリム・ベンゼマ(リヨン)が初スタメンで起用される可能性が高まっている。
●17日のユーロ2008予選でグループ2位を争うロシアとの大一番を迎えるイングランド代表。アウェイの一戦で攻撃陣をリードするのは、負傷明けながら13日のエストニア戦でもスタメンを飾ったFWマイケル・オーウェンだ。しかし、オーウェンが所属するニューカッスルのサム・アラダイス監督は、人工芝のピッチで行なわれるロシア戦でエースストライカーがケガを再発させる心配があると語った
●イタリアサッカー連盟のアバーテ会長は、万が一イタリア代表がユーロ予選を突破できず、本大会出場を逃した場合、ドナドーニ監督を更迭する考えを明らかにした。
●17日、アタランタはクラブ創設100周年を迎えた。ミラノ北部ベルガモを本拠とする地方チームは、これまでにセリエAで48シーズンを戦ってきた。5人の若者たちが風に髪たなびく妖精をシンボルマークに定めてから、百年の時が流れた。
●ユーロ2008予選グループEの2位を賭けたロシア対イングランドの一戦が17日にモスクワ行なわれ、5連勝で予選突破に王手をかけていたイングランドが1-2で敗戦した。この結果、イングランドは自力での予選突破の可能性が消滅。ホームで大金星をあげたロシア代表のフース・ヒディンク監督は試合後、「狙い通りの展開」と、してやったりの表情で試合を振り返った。
●チェコ代表の司令塔トマシュ・ロシツキーが、17日のEURO2008予選対ドイツ戦を欠場するかもしれない。
●マンチェスター・ユナイテッドは16日に、ライアン・ギグスが契約を1年間延長し、2009年6月までプレーすることになったと発表した。
●インテルの次のホームゲームで、観客席の一部が閉鎖されることになったことが16日にわかった。これは10日前のホームのナポリ戦で、ファンが挑発的な横断幕を掲げたため。
●FIFAのジェネラルセクレタリーが16日、2010年南アフリカW杯のスタジアム工事に関して「FIFAとしては、ここまでの工事は順調で、正しい道を進んでいると確信している」とコメントした。
●ニューカッスル・ユナイテッドのクリス・モート会長が、FWマイケル・オーウェンの契約に含まれていた移籍を認める項目が無効になったことを明かし、オーウェン残留を主張した。
●セネガル代表のキャプテン、エル・ハジ・ディウフが代表を引退すると宣言したことはないと話したと、ダカールのメディアが伝えた。
●17日に行われたEURO2008予選のグループDのドイツ対チェコ戦が行われ、チェコがシオンコ、マテヨフスキー、プラシルのゴールで3-0と快勝。先週末に本大会一番乗りを決めたドイツに続いて、予選突破を果たした。
●ローマ市は17日、今週末に予定されているローマ対ナポリ戦について、ライバルのファン同士の衝突を警戒し、シーズンチケット保持者しか入場を許可しないと発表した。
●前回大会の王者ギリシャが17日に行われたEURO2008予選グループCの試合でトルコをアウェイで1-0で下し、本大会出場を決めた。
●17日に行われたグループGの試合で首位ルーマニアはルクセンブルクを2-0で下し、勝ち点を26に伸ばした。また、前節ルーマニアに0-1で敗れたオランダは開始14分にスナイデルのゴールで先制すると、終盤にフンテラールが追加点を入れ、スロヴェニアに2-0で勝利し、勝ち点を23に伸ばした。一方、3位のブルガリアはアルバニアに1-1で引き分け、勝ち点を19に伸ばすにとどまった。この日の結果、2試合を残して、ルーマニアは本大会出場を決定、オランダもあと1勝で予選突破となる。
●17日に行われたW杯南米地区予選で、ブラジルは2年ぶりにホームの観客の前に登場し、エクアドルと対戦。19分にラヴのゴールで先制する。その後はエクアドルが主導権を握る場面もあったが、ブラジルは後半の12分間にカカの2ゴールを含むゴールラッシュを見せ、5-0で快勝。7万人の観客を熱狂させた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。