UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/09UEFAサッカー情報
●スペイン2部のセルタ・ビーゴは8日、元ブルガリア代表でバルセロナのプレーヤーでもあったフリスト・ストイチコフ監督を解任した。就任からわずか半年の任期だった。
●7日に行われたカンプ・ノウでのバルセロナ対アトレティコ・マドリーの一戦は、予想に反してバルサが苦手アトレティコに3-0で完勝。この勝利でバルサは苦手意識を払拭した。
●チャンピオンズリーグ、対ラツィオ戦に引き続き、7日のレクレアティーボ戦でもセンターバックで出場したアルゼンチン代表DFガブリエル・エインセ。彼の本職は左サイドバックだが、ぺぺ、メツェルダーの故障でセンターバック不足に悩むシュスター監督は、苦肉の策としてエインセをセンターバックにコンバート。これがズバリ当たり、普及点以上の活躍を見せたエインセは、カンナバーロにとって最高のパートナーへと変わった。
●R・マドリーのFWファン・ニステルローイはマルカ・プレミアム・パーティで「シュスター監督が起用しているローテーション方式は全く問題ない。ビッグチームのように多くの試合をこなさなければならない場合には必要なシステムだ。もちろん選手達は全試合に出場したいと思っているけどね」と、現在のチームの様子についてコメントをした。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督は、現在4連敗中で2部降格圏からわずか1点という状況を迎えている中「全く心配はしていない。練習を重ねて今の状況を脱するだけだ」と冷静さを見せている。さらに「サッカーには勝利と敗北の両方が存在する。セビージャの今の状況は、好調だったリズムが理由もなく変わったというだけだ」とチームを信頼し続けている様子を語った。
●バレンシアはホームのメスタージャでここまで4試合で勝ち点6。この成績はここ8年間でホームにおける最悪のシーズンスタートとなる。ホームで2勝2敗、5得点7失点を記録しているバレンシア。2勝はバジャドリー、ヘタフェにいずれも2-1で勝利。一方、ビジャレアルには0-3、エスパニョールには1-2で敗れている。
●バルサのDFで現在負傷中のジャンルカ・ザンブロッタは8日、ロナウジーニョについて「ロニー?彼も僕と同じようにつらい立場ではあるけど、すでに危機は脱したし、バルサを出て行くつもりはないと思う」とミラノで “フェアプレーチーム”のプレゼンテーションをした際に語った。
●勢いが止まらないメッシ。A・マドリー戦ではまたもゴールを決めてみせた。リーガ6ゴール、チャンピオンズリーグを含めると8ゴール。ここ6試合全試合でゴールを決めている。これ以上ない出来だ。メッシによると全てはつきによるものだとするが、カンプ・ノウに駆けつけA・マドリー戦をみたサポーターからはゴール後に大歓声。
●マジョルカのアルゼンチンMFギジェルモ・ペレイラは大会委員会のより厳しい処分を課せられそうだ。7日に行われたヘタフェ戦の60分、この日2枚目のイエローカードで退場となった際、ペレイラは主審に対し、スペイン語で最大の侮辱の言葉を浴びせた。
●ウェストハムFWのディーン・アシュトンが、先週末のアストン・ヴィラ戦で内側膝靭帯を痛め、イングランド代表を辞退した。復帰まで約2、3週間かかると見られる。
●そけい部の故障に悩まされてきたアーセナルのフランス代表DFのウィリアム・ギャラスが「今週末のフェロー諸島戦には間に合う」と話した。
●ようやくピッチに戻ってきたチェルシーのフランク・ランパードが、復帰戦となったボルトン戦でフル出場を果たした。
●アヤックスは8日、ヘンク・テン・カーテ監督を退団させることでチェルシーと合意に達したと発表した。
●プレミアシップで首位を行くアーセナルが9日、北京で中国語の公式サイトをオープン。中国でのファン獲得に乗り出した。
●セネガル代表でキャプテンを務めるFWのエル・ハジ・ディウフ(26歳)が8日、代表引退を表明した。サッカー協会内のトラブルを理由としている。
●UEFAカップ・グループリーグの組み合わせ抽選会が9日に、UEFA本部のあるスイスのニヨンで行われ、優勝候補ナンバーワンのバイエルン・ミュンヘンは、ボルトン(イングランド)、ブラガ(ポルトガル)、ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)などと同じグループFに入った
●アヤックスのヘンク・テン・カテ監督のコーチ就任が濃厚となったチェルシー。シーズン途中にオランダの名門クラブから監督を引き抜くという力技に出たチェルシーのチーム改革プランが徐々に明らかになってきた。テン・カテの入閣でチーム内でのオランダ色を強める方針のチェルシーは、1月の移籍マーケットでアヤックスのFWクラース・ヤン・フンテラールを獲得する方針。そして最終目的として、来シーズンから現在バルセロナで指揮を執るフランク・ライカールトを監督に迎えるべく、水面下で動いているという。
●開幕から2分け4敗といまだに勝利を飾れずに、勝点も2に留まっているリボルノ。先週末のカターニャ戦にも破れ、最下位を独走?する状況に、スピネッリ会長も我慢の限界に達したか、監督解任の噂が囁かれている。
●長年に渡ってユベントスの最前線で活躍してきたデル・ピエロがピンチを迎えている。7日に行われたフィオレンティーナ戦ではついにスタメン落ちしてしまった。現在、クラブと契約延長交渉中だが、条件面で本人とクラブとの開きが大きいことから、セッコGMは「来シーズンのユベントスに彼がいない可能性もある」と発言するに至っている。
●UEFAは8日、ACミランのGKネルソン・ヂダの処分を検討中だと発表した。事の発端は3日、グラスゴーで行われた欧州CLグループリーグD組第2節セルティック戦で、試合終了間際にピッチに乱入したセルティック・サポーターに軽く殴打されたヂダがその場に大袈裟に倒れこんでいた。その行為があまりにも大袈裟であったために、UEFA側が懲罰規定に反するかどうかを審議するとのこと。
●「昨夜の勝利が我々の転機となれば良いのだが…」。ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長が7日のセリエA第7節アウエーでのラツィオ戦5-1勝利を振り返っている。
●インテル所属のコロンビア人DFイバン・コルドバが8日、ホルヘ・ルイス・ピントがコロンビア代表監督に就任している間は代表を辞退する意思を表明している。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。