FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/01UEFAサッカー情報
●バレンシアのストライカー、ダビド・ビジャが、3日にCLで激突するチェルシーのグラント新監督を非難した。「チェルシーは僕に関する情報をほしがっていた。モウリーニョが僕に興味を持っていたことは明らかだよ。でも、クラブ内で反対意見があったんだろう。僕の元にオファーは届かなかった」と打ち明けると「アヴラム・グラント新監督のことはあまり知らないけど、ジョゼ・モウリーニョと同じカテゴリーに属する指揮官だとは思わないね。0-2で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦を見たけど、僕らが前回対戦したときと比較すると全く違うチームだったよ」
●バルセロナMFのヤヤ・トゥレが、先週末のレバンテ戦終了間際に大腿筋を損傷、全治4週間の診断を下された。
●この日のバルセロナは格が違った。サンタンデールとパンプローナでスコアレスドローに終わったチームは見る影もない。レバンテと対戦したこの日のバルサは、ホーム3連勝の勢いをそのままに、さらにプレーのレベルを高めている。そして主役となったのはハットトリックを決めたアンリと、“得点王”メッシ。最後にレバンテがPKで1点返したものの、試合は4-1というバルサの圧勝で終わった。
●レバンテにアウェイで1-4と大勝したバルセロナのライカールト監督は、試合を振り返り「とても楽な試合だった」と語っている。「序盤は少しもたついたが、先制したことでスペースが生まれて我々のプレーはやり易くなった。相手のプレスもそれ程きつくなかったし、我々にとっては非常にやりやすい試合だったよ」
●レアル・マドリーのカンテラに衝撃が走った。R・マドリーのカンテラで最大の至宝と注目されていた16歳のヘラルド・ブルーナをリバプールが獲得。バルセロナではメッシ、ジオバニ、ボージャンと次々にカンテラ出身の若き才能が開花しているが、R・マドリーも間もなくブルーナをトップチームに上げて周囲を驚かせるつもりだった。しかしベニテス監督がその計画を横取りしてしまったのだ。
●バルサに大敗してしまった(1-4)のレバンテの副会長ミゲル・アンヘル・ルイス氏が試合終了後、試合内容の悪さに怒り貴賓席に押し寄せたサポーターと小競り合いになった。レバンテ強化部長のエルネスト・カルペ氏と一緒だったミゲル・アンヘル・ルイス氏はサポーターに対し暴力的に対抗した。
●ヘタフェ相手に苦戦しながらも勝利を収めたレアル・マドリー。シュスター監督は、勝ち点3を獲得したことへの重要性を説いた。「内容について議論されるだろうが、我々が試合に勝ったことは事実。3日ごとに戦っているという状況では勝つことがまず大事。もちろん良いプレーを目指しているがね」。
●セルヒオ・ラモスのゴールでヘタフェを下したレアル・マドリーが首位をキープした。内容ではR・マドリーを圧倒し、20回以上のゴールチャンスを作ったヘタフェだが、フィニッシュに精度に欠き、チャンスを活かせず、ノーゴール。対するR・マドリーはチャンスをしっかり活かした。第6節では、シーズン序盤でR・マドリーが見せていたプレーはなりをひそめた。
●マンチェスター・シティがリケルメ獲得に向け、ビジャレアルに対し800万ユーロ(約13億1700万円)のオファーを出す準備をしている、と英紙“デイリー・ミラー”が報じている。スベン・ゴラン・エリクソン監督が、随分前からリケルメに注目しているということもあり、クラブが彼の代理人との交渉を開始することに好感を持ち、期待を寄せているようだ。
●セリエA第6節の8試合が30日に行われ、今季ここまでわずか1勝と出遅れているミランがまたも勝利を逃した。1-1で引き分けた。ミランは1勝4分け1敗の勝ち点7で11位。
●マンチェスター・ユナイテッドGKのエドウィン・ファン・デル・サルが、ローマ戦に帯同しないことが判った。先週末のバーミンガム戦でつま先を負傷したためで、2日に行われるCL予選のゴールマウスを守るのは、バーミンガム戦でファイン・セーブを見せていたトマシュ・クシュチャクになる。
●チェルシー主将のジョン・テリーが、フラム戦でほお骨を骨折、今月中旬に行われるEURO予選を欠場する可能性が出てきた。テリーは、前半にフラムのクリント・デンプシーと接触、ハーフタイムに退いていた。
●ミランのカルロ・アンチェロッティ監督が、1-1で引き分けたカターニア戦での不甲斐ない戦いぶりに不満を露にした。「我々のプレーは酷かった。失点は選手たちの不注意が原因だったし、我々が今シーズンあまりゴールを奪っていないのも真実だ」とコメント、すでにライバルのインテルに7ポイント差をつけられた現状にフラストレーションを募らせている。しかし、まだ調子の上がっていないカカについては「相手はカカを研究してくるし、彼に対しては激しいプレッシャーをかける。(コンディションを上げるための)解決策を見つけるには、落ち着いていることが大事」
●29日のプレミアリーグでウィガンと対戦したリバプールは、MFヨッシ・ベナユンのゴールで1-0の辛勝を収めた。シーズン開幕直後の好調ぶりが嘘のように、ここ数試合は苦戦を強いられているチームについて、MFスティーブン・ジェラードは「先は長い」とコメント。長いシーズンを見据え、試合ごとに選手を入れ替えるローテーション制を敷くラファエル・ベニテス監督の采配を信頼して戦い続けると誓った。「シーズンは長い。出来れば、60試合から65試合は戦いたいと思っているからね。だからこそ、すべての試合に出場することは不可能だ。僕たちは、監督を信じて戦うだけだよ」
●29日、セリエA第6節の2試合が行われ、ASローマはホームでインテルと対戦し、1-4の大敗を喫した。試合後がっくりと肩を落としたASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「この敗戦を引きずってはならない。悔いの残る結果となってしまったが、気持ちの切り替えが重要だ。今は悔しさを飲み込み、平常心を保つ事だ」「ジュリの退場(前半28分)が響き、イブラヒモビッチにPKを決められた事が敗戦となった最大の理由だ」
●セリエA第6節の2試合が行われた29日、フィオレンティーナはアウエーでリボルノと対戦し3-0の完封勝利を飾った。試合後フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督は「水曜日(セリエA第5節ASローマ戦。2-2引き分け)に我々の持ち味を発揮し、好調を維持したまま今日のリボルノ戦に挑む事ができた。試合序盤はリボルノも気迫に溢れており、スペースを見出すのに苦労した。後半19分にロビーゾが退場となってから我々は数的優位に立ち、試合展開が容易となった」
●セリエA第6節が各地で30日、行われた。北イタリアの都市トリノではユベントスとトリノによる“トリノ・ダービー”が行われ、ユベントスが終了間際のFWダビデ・トレゼゲのゴールで1-0の辛勝を収めた。
●セリエA第6節が30日、各地で行われた。サンプドリアはホームでアタランタと対戦し、3-0の完封勝利を収めた。この日は後半11分に途中出場したFWアントニオ・カッサーノが同39分にサンプドリア移籍後初となるリーグ戦ゴールを決めた。
●セリエA第6節の注目カード、トリノ対ユベントスによる“トリノ・ダービー”後ユベントスを今季から率いるクラウディオ・ラニエリ監督「今回のように、良い試合内容を披露できないことはいたってノーマルなことだ。選手達のテンションも高い。ただ、ダービー戦を制することは、常に特別な感情がわいてくる。確かに今回のダービーではテクニック溢れる内容とは言い難いかもしれないが、勝利を目指して両チームが激闘を演じた。GKブッフォンの2度のスーパーセーブにも助けられたよ。ダービーは常にダービーであり、順位や時期に影響されるものではない。トリノも開幕直後は“らしさ”が見受けられなかったが、この試合ではトリノらしさを存分に発揮していた。我々ユベントスには確かに5、6人ほどビッグネームが揃ってはいるが、残りは若手が占めている」「ダビデのゴールマウスを捉える能力は本当に素晴らしい。彼自身も今の状況を楽しんでいることだろう。得点以外での働きも目立っているし。ゴールを量産してくれることは嬉しいことだよ。彼は現時点で最もコンディションが整っている選手ともいえる」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。