UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/29UEFAサッカー情報
●アトレティコ・マドリーで今シーズンからコンビを組むディエゴ・フォルラン(28)とセルヒオ・アグエロ(19)は、同クラブが1部に昇格して以来、最高の2トップになろうとしている。リーガ開幕からの5試合で2人合わせて6ゴール。フォルラン-アグエロのホットラインはこれまでのどのコンビよりも破壊力を持った2トップだ。アグエロの4ゴール、そしてこれより2ゴール少ないフォルラン。このコンビ合わせて6ゴールに加え、ペルニーア、シマオ、ラウル・ガルシアが1ゴールずつ決め、ゴールのバリエーションが増えたことも過去のチームを上回る点だと言えるだろう。
●先日、昨シーズンの収入が欧州全体でレアル・マドリーに次ぐ結果を残したと発表したアーセナル。この結果、クラブ側から7000万ポンド(約164億円)の補強資金を確約された指揮官のアーセン・ベンゲル監督だが、選手獲得に際する判断基準を変えるつもりはないと断言。あくまで育成路線を貫き通すと語った。アーセナルの監督として12シーズン目を迎えたベンゲルは、過去リーグ優勝を3度、そしてFAカップのタイトルを4度獲得した自らの補強方針を、豊富な資金による“大物買い”で台無しにしたくないとコメント。バルセロナのMFロナウジーニョを例に挙げながら語るベンゲルは、スター選手の浮き沈みの激しさを指摘し、堅実なチーム作りの必要性を再確認した。「監督としては、自らの判断を信じる必要がある。同時に、自分がミスを犯す可能性があることも理解しておかなければならない。いつも言っているように、常にリラックスしていることが重要だ。監督という仕事は、右手に爆弾、左手に手榴弾を同時に持っているようなもの。間違いを犯せば、すぐに顔が吹っ飛ぶということだ。恐らく1年前であれば、ロナウジーニョは世界一の選手だったろう。だが、今は違う。ただそれだけのことだ。
●ウェズレイ・スナイデル(レアル・マドリー)、ジュゼッペ・ロッシ(ビジャレアル)、レオ・メッシ(バルセロナ)、セルヒオ・アグエロ(アトレティコ・マドリー)。彼らに共通するものは何か?それは、4選手ともに4ゴールをマークし、現在リーガ得点王ランキングトップタイに並んでいること、そして4選手ともに背はそれほど高くないということだ。つまり、ゴールを決めるのに身長は関係ない。彼らはそれを証明しているのだ。スペイン、そしてヨーロッパの選手の平均身長は176センチ。これに最も近いのは、175センチのロッシだけ。メッシは169センチ、スナイデルは173センチ、アグエロは173センチ、と平均値には及ばない。しかし、それも彼らにとって関係ないことだ。
●所属先のクラブであるビジャレアルでプレーしていないフアン・ロマン・リケルメだが、アルフィオ・バシーレ代表監督は2010年ワールドカップ南米予選の2試合に招集した。このメンバーの中には、バルセロナのレオ・メッシ、コパ・アメリカでは招集から外れたレアル・マドリーのハビエル・サビオラもメンバー入りしている。
●ヘタフェのラウドルップ監督はデンマークの新聞“Ekstra-Bladet”で、前節バレンシア戦での敗戦の戦犯の一人としてGKウスタリの名をあげた。特に、ヘタフェ史上最も高い移籍金で移籍したことへの批判もほのめかした。「筋肉の負傷でパト(アボンダンジエリ)を外し、若いウスタリをデビューさせなければならなかった。何の成果も得られなかった。バレンシアの2ゴールは彼のせいだったんだからね。最悪な夜だったし、次節のレアル・マドリー戦ではパトを招集リストに加えられることに期待し、祈っている」。
●負傷による3か月間の離脱を経て、バルセロナのDFカルラス・プジョールが29日に行われるリーガ第6節のアウェイでのレバンテ戦で、今季初めて招集された。
●アトレティコ・マドリーのラウル・ガルシアは、昨シーズンまで所属していたオサスナとの対戦を迎える事につき「妙な感じがする。もちろん勝ちたいがゴールを決めても祝わないだろう」と胸中を明かした。オサスナBから同チームでプレーをしてきたラウル・ガルシア。「こういう日が来るだろうと元チームメイト達とは話していた。ついこの間まで一緒に戦って来た仲間と対戦する、特別な一戦だ」と複雑な心境にある様子を見せた。
●5節でわずか勝ち点1で最下位に位置するレバンテは、29日に現在3連勝中のバルサをホームに迎え対戦する。レバンテのアベル・レシノ監督は同試合を前に「確かにバルサは世界ナンバーワンのチームだが、調子の悪い日だってある。今試合ではぜひバルサを驚かせるような試合をし、勝ち点3を手に入れたい」と意気込みを伝えた。
●ベティス戦のスーパーゴールにより、バチスタが名誉を挽回した。彼がプレーしたのは終了間際の10分程だったが、チームの勝利を決定付けるオーバーヘッドでの追加点を決めるにはそれで十分だった。彼はこのゴールについて、「ブラジル代表対カタルーニャ選抜との試合でも同じ形のゴールを決めたことがある」と振り返っている。戦力外という困難な状況に置かれたシーズン序盤について彼は、「僕は感情を内に抱え込む人間なんだ。重要なのは自分の仕事をしっかりとこなし、与えられたチャンスを生かすことだと、祖父が教えてくれた。自分はチームを助けられる、素晴らしい選手なんだってことを証明できると信じていたよ」。
●バルセロナのトゥーレ・ヤヤが、マツザレムを負傷させてしまったことについて後悔の念を語った。サラゴサのマツザレムは、彼のタックルにより左膝の内側側副靭帯を断裂。復帰まで2ヶ月を要することが明らかになっている。「試合の激しさ、そして高まる感情に流されてのプレーだった。彼を傷つけたくはなかったんだ。避けようとしたんだけれど、足が出てしまった」。
●チェルシーのディディエ・ドログバが週末のフラム戦で戦列に復帰すると、グラント監督が28日に明かした。
●共に勝ち点11でセリエAの首位に立つローマとインテルが、29日に直接対決を迎える。アウェイに乗り込むインテルのフィーゴは、「ローマとトッティは素晴らしいけど、最終的にはインテルのがさらにいいんだよ」と自信を見せながら、「ローマのサッカーは見事だし、たしかにイタリアの中では見ていて一番楽しいサッカーをやっている」と称賛。トッティについても、「2列目の選手がストライカーになった時にはびっくりしたよ。普通一つのポジションに慣れていると難しいものなんだけどね。だけど、彼は立派なアタッカーになった」と称賛を惜しまなかった。
●ブンデスリーガのエネルヒー・コットブスが、ボヤン・プラスニカル氏を新監督に任命したことが明らかになった
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、現在クラブが直面する買収問題に介入するつもりがないことを示唆した。アーセナルの買収を目論むロシア人大富豪アリシア・ウスマノフ氏は、すでにクラブの株式23%を所有。その保有率をあと7%上げれば、残った株式の買い上げを提案することができる。しかし、ヴェンゲル監督は「自分が懸念するのは、ピッチ上の問題だけ。我々の責任は、クラブを所有する人物を満足させ続けること。たとえそれが誰であってもね」とコメント、好調なスタートを切ったチームを維持させることに専念したいと主張した。
●ジョン・リード元英内務大臣が、セルティックの新会長になることが発表された。
●セルティックのストラカン監督の衝撃的発言が話題になっている。先週のリーグ杯でもベストメンバーを起用したストラカンに「来週はCLミラン戦もあるのに何故選手を休ませなかったのか」という質問が浴びせられたときのことだ。「私は現役時代に1シーズンで65試合ほどプレーした。マクリーシュは72試合だ。今は当時と比べ設備も整っているし環境もいい。私はローテーションはしない。休むのは負傷した選手だけだ」。
●トリノのワルテル・ノベリーノ監督が出場停止処分にもかかわらず、ロッカールームに侵入し、ハーフタイム中に選手に指示を出していたことが判明した。
●「(セリエA第5節)サンプドリア戦の3-0勝利で、次節のASローマ戦でも勝てるという自信を得ることが出来た。アウエーだがASローマ戦は勝ちに行く!」。インテルのスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチが29日のセリエA第6節ASローマ戦への意気込みを語った。
●我々の主将とは落ち着いて話し合う。クラブは彼と揉めているのではなく、同じ見解で前進している」。ユベントスのジャン・クロード・ブラン副会長が一向に進まないFWアレッサンドロ・デル・ピエーロの契約延長問題について説明している。
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が、29日のセリエA第6節アウエーでのASローマ戦に勝利し、ミラノに勝ち点3を持ち帰ることを誓った。気合十分のマンチーニ監督は「ローマには勝ちに行く。今のASローマはとても強い。時々バルセロナかと錯覚する程だ。しかし、私はインテルのプレースタイルにも満足している。各チームそれぞれに特長があるものだ」と相手を警戒しつつも、勝利への自信をのぞかせた。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が28日、翌日に迫ったセリエA第6節ホームでのインテル戦について語っている。スパレッティ監督は「混戦を予想している。インテルは素晴らしいチームで、日々コンディションを上げている。ただ、我々も負けてはいない。選手は毎日練習に励んでおり、ASローマのクオリティの高さには自信がある」とコメント。首位対決を前に、昨季王者インテル相手に一歩も引かない姿勢を見せた。
●元サンプドリアのFWでコカイン使用疑惑のかかっていたフランチェスコ・フラーキに対し、CONI(イタリアオリンピック委員会)による最終法廷の結果「2年間の出場停止処分」が確定された。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。