UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/27UEFAサッカー情報
●スペイン代表とレアル・マドリーでキャプテンとして活躍したDFのフェルナンド・イエロ氏が、スペインサッカー連盟の新しいスポーツディレクターに就任したと、連盟が25日に発表した。
●スペインリーグのセビージャ対エスパニョール戦が25日に行われ、アウェイのエスパニョールが3-2で勝利した。これでエスパニョールは勝ち点を7に伸ばし、セビージャをかわして5位に浮上。セビージャはCLを含めて3連敗となった。
●26日に行われたスペインリーグの試合で、ビジャレアルがアウェイでラシン・サンタンデールと対戦し、ニハトとロッシのゴールが決まって2-0で勝利、勝ち点を12に伸ばして首位に浮上した。ただし、レアル・マドリーが27日のベティス戦に引き分け以上ならば、24時間で首位は入れ替わる。
●ロナウジーニョとバルセロナの関係も終止符が打たれるのだろうか?ロナウジーニョの将来はバルサから遠く離れたところにあるようだ。そして、バルサが今シーズン終了後にもクラブのクラックを売るだろうという見方もでてきている。この移籍の噂を止めるには、ロナウジーニョが姿勢を根本的に変え、かつての輝きを見せ、今シーズン、チームがタイトルを獲得するしかないようだ。もし、それが叶わないようなら、ラポルタ会長は大きな決断をすることになるだろう。ロナウジーニョを放出すると。
●チェルシーのFWディディエ・ドログバ獲得に興味を示していると言われるレアル・マドリーだが、スポーツ・ディレクターを務めるプレドラグ・ミヤトビッチは、攻撃陣の高齢化を理由に獲得を見送る考えを示唆した。
●レアル・マドリーの守護神、イーケル・カシージャス(26)が、自身の両手に保険を掛けることになった。ゴールキーパーにとって両手はまさに“商売道具”。今後起こりうるケガやアクシデントが補償対象となるという。カシージャスが加入する保険の金額は750万ユーロ(約12億2600万円)とのことで、24時間、世界のどこでも補償が受けられるとのことだ。
●嵐が過ぎ去った後には静けさが戻るもの。今ライカールト監督が望んでいるのはまさにそれだ。ここ数日バルセロナ、スペイン、ヨーロッパ中で注目の的となっているロナウジーニョ。サッカーの話題といえばロナウジーニョになっているがライカールト監督は、「サッカー界では活躍がすぐに忘れ去られてしまう。彼のお陰でバルサは今のようなチームに成り上がった。彼も人間だし調子に波はある。フィジカルコンディションが良くなればまた我々が知るロナウジーニョに戻るだろう」と信じているようだ
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が再び政治に口を挟んだ。「私の最大の夢はカタルーニャが独自の代表を持って、W杯に出場すること」とラジオのインタビューで語っている。
●26日にレアル・マドリーとアウェイで対戦するベティスのカピは、この試合に勝つのは「すごく難しい」と認めている。それでも去年の国王杯でR・マドリーを倒した実績を思い出し、「何が起こるかわからないよ」と勝利を諦めているわけではない。「この試合でいいプレーをして勝ちたいね。勝つにはまずいいプレーをすることが大切なんだ」とカピ
●ゴールが遠ざかってしまっているイグアイン。今シーズンはまだたったの1ゴールと完全にスタートダッシュに失敗している。スペインのラジオ局‘オンダ・マドリー’の中でイグアインは、「我慢して監督が使ってくれる場所で頑張るよ。1.5列目でプレーできるまではサイドでのプレーも構わないよ」と今後も得意ではないポジションをこなしていく構えをみせた。
●バルセロナのアンリが25日、古巣のアーセナルとセスク・ファブレガスについて語った。アーセナルで2度のリーグ優勝を経験した彼は、セスクらアーセナルの若い世代は既にタイトルを勝ち取るだけの下地ができていると考えている。「今は彼らの時代、彼らのアーセナルなんだ。タイトルを獲れるかどうかは彼ら次第さ。あれだけのチームがタイトルを狙わないなんてありえないよ」。「セスクのプレーは、まるで30歳の選手みたいに大人びている。彼については、絶対に負けるのが嫌いなところが好きだね」とセスクを賞賛
●上層部とのコミュニケーションが足りないと訴えていたR・マドリーのシュスター監督に対し、強化部のミヤトビッチSDとミゲル・アンヘル・ポルトガル氏が月曜に話し合いの場を設けた。自身の望みが受け入れられた監督は、その話し合いの中で首脳陣の支持を再確認することができたようだ。
●国際プロフットボール選手協会(FIFPro)が2006-07シーズンのワールドベストイレブン候補選手55人を発表し、スペイン勢からはイーケル・カシージャス、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、カルラス・プジョール、アンドレス・イニエスタ、チャビ・エルナンデス(バルセロナ)、ダビ・ビージャ(バレンシア)の6選手がノミネートされた。今年の7月、8月に世界4万5000人以上のプロフットボール選手の投票後に、GK1選手、DF4選手、MF3選手、FW3選手からなるワールド・イレブンの候補者リストを発表した。
●アトレティコ・マドリーで好パフォーマンスを見せているFWセルヒオ・アグエロ。U-20ワールドカップ・カナダ大会参加のためチームへの合流も遅れたアグエロだが、昨シーズンを上回る調子の良さと活躍ぶりでフェルナンド・トーレスの移籍後、アトレティコの攻撃を引っ張る存在となっている。この調子の良さに加え、アグエロは水曜日のアスレティック・ビルバオ戦には違うモチベーションで挑むことになる。サン・マメスは、アグエロがアトレティコで公式戦初ゴールをマークしたスタジアム。
●バルサ復活。バルサらしい華麗なサッカーが戻ってきた。バルサはロナウジーニョ欠場も忘れさせるほどのスペクタクルなサッカーを展開。メッシ、イニエスタ、デコが輝かしい活躍をみせバルサを勝利へ導いた。
●3週間前、クラブのドクターへの信頼を失ったと“マルカ”に明かしていたバレンシアのMFビセンテ・ロドリゲスが罰金を払うことになりそうだ
●バルセロナのMFデコが、26日のサラゴサ戦でバルサの選手としてリーガ100試合出場を達成した。2004年8月29日のラシン戦がリーガデビュー戦となったデコは、同年10月16日のエスパニョールとのダービー戦で初ゴールを決め、彼のゴールが決勝ゴールとなった。
●レオ・メッシは、現在ベストコンディションにあり、サラゴサ戦で2ゴールを決めたことで、さらに自信を深めていると認めている。「調子はかなりいいし、ゴールするっていう運にも恵まれている。ゴールは、自信や一連の流れみたいなものの問題なんだと思う。今は打ったシュートが全てゴールに入りそうな気がするよ」。
●26日に行われたサラゴサ戦の20分に負傷のため交代を余儀なくされたバルセロナのジャンルカ・ザンブロッタが、右足大腿二頭筋の裂傷であると同クラブのメディカルチームが伝えた。ザンブロッタは負傷離脱により次節、アウェイでのレバンテ戦の欠場はほぼ確実だ。逆にレバンテ戦でキャプテン、カルラス・プジョールが復帰するかもしれない。
●バルサのライカールト監督はサラゴサ戦(4-1)の試合後の記者会見で勝因について、「個人の頑張りとタレントがうまく融合した」と今シーズン最高の試合を振り返った。「メンタル面、プレッシャー、華麗なサッカー。サポーターを喜ばせるためにはさらに個々のタレントが必要」と選手達を褒め称えた。
●バルセロナの首脳陣は26日、ここ2試合の招集メンバーから外れていたロナウジーニョについて、「不可欠なパーツ」である彼を放出する意向がないことを改めて発表した。
●ロベルト・アレス会長とホアキン・カパロス監督の元、2部から1部へと昇格を決めた00/01シーズン以来、シーズンごとに進化を続けてきたセビージャがはじめて苦難の時を迎えている。バルセロナ、エスパニョールとのリーグ戦、そしてチャンピオンズリーグのアーセナル戦で喫した3連敗は、フアンデ・ラモス監督の就任以来初めての経験だったのだ。
●イングランドのリーグカップ3回戦が25日に行われた。プレミア勢同士の対決となった2試合では、リヴァプールとアーセナルが勝ち上がった。
●25日にブンデスリーガ第7節の4試合が行われ、シャルケがアウェイでデュイスブルクと対戦。クラニーとハリル・アルティントップのゴールで2-0で勝利。ここまでリーグ戦は無敗で、暫定ながら2位に浮上した
●アーセナルは25日に行われたリーグカップのニューカッスル戦に2-0で勝利。リーグ戦の好調ぶりをカップ戦でも発揮したが、この試合では週末のリーグ戦から9人を入れ替え、普段はサブの若手が結果を出した。アーセナルは昨季も若いチームでリーグカップ決勝まで進んだが、今季も得意のパスゲームで決勝まで行きそうな勢いだ。
●チェルシーの大砲、ディディエ・ドログバが、退団の噂を否定した。恩師の後を追ってチェルシーを去るのではないかという憶測が流れていたのも、ドログバ本人が親しい友人たちに「自分もスタンフォード・ブリッジを去ることになるかもしれない」と打ち明けていたためだ。しかし、ドログバは「チェルシーを退団することは考えていない。僕には全うすべき契約もある。」とのこと
●アーセナルのピーター・ヒルウッド会長が、ロシア人大富豪アリシア・ウスマノフ氏のクラブ買収に断固反対するとコメントした。ウスマノフ氏は現在アーセナルの株を21%保有しているが、その保有率を25%にまで高める考えを打ち出している。
●26日に行われたブンデスリーガ第7節の試合で、首位のバイエルン・ミュンヘンが最下位のコットブスと対戦、クローゼのハットトリックにデミチェリスとトニもネットを揺らし、5-0で快勝した。
●26日に行われたブンデスリーガの試合で、フランクフルトはホームで昇格組のカールスルーエに0ー1で敗れた。
●26日に行われたスコットランドリーグカップ3回戦で、ケガの中村俊輔抜きのセルティックは2部のダンディーと対戦、マクドナルドとフェネホール・オブ・ヘッセリンクのゴールで2-1で勝利。4回戦へ駒を進めた。ライバルのレンジャーズもイースト・ファイフを4-0で下し勝ち上がっている。
●26日に行われたイングランドリーグカップ3回戦で、マンチェスター・ユナイテッドが2部のコヴェントリーと対戦。先週末のリーグ戦でチェルシーを下したチームをがらっと入れ替え若手主体のメンバーで臨んだが、”モスキート(蚊)”という異名を持つマルタ代表FWミフスドに2ゴールを許して、0-2であえなく敗退した。マンUが下部リーグのチームに敗れたのは、1995年のヨーク戦以来のことだった。
●セリエA第5節が26日に行われ、2位インテルがホームでサンプドリアと対戦。3-0で快勝した。インテルは勝ち点を11に伸ばし、フィオレンティーナと引き分けたローマと並んで首位タイとなった。
●アーセナルのピーター・ヒル=ウッド会長は、チェルシーが掲げる“イングランド最強クラブ化計画”を「夢物語」と一刀両断。ビッグクラブの歴史と伝統は「金で買えるものではない」と語った。
●チームがカルチョスキャンダルによってセリエBに降格してもチームを去らず、大黒柱としてセリエA昇格に貢献したデル・ピエロ。世界中が認めるチームの顔として、クラブ史にも名を刻む存在だが、なんとフロントは彼の契約延長に対して難色を示し始めている。来年の6月末に契約が切れるために、現在両者の間で話し合いがもたれており、デル・ピエロは現在より低い年俸でも良しとして2年の延長を求めた。
●セリエAで首位を走るローマのスパレッティ監督には、武者震いが絶えない一週間となるだろう。26日(水)の第5節で2位フィオレンティーナとのアウェイ戦を行い、29日(土)の第6節では昨季覇者インテルとホーム決戦、そして10月2日(火)にはCLグループリーグ第2節でマンチェスター・ユナイテッドと激突する。マンUは昨季準々決勝で「7対1」の歴史的大敗を喫した相手。国内の強豪2チームとの連戦後、悪夢の舞台となったオールド・トラフォードへ再び乗り込む。
●チェルシーのホームスタジアム、スタンフォード・ブリッジが深刻な観客難に陥っている。先日のCLローゼンボリ戦では15000枚以上のチケットが売れ残り、集まった観客はわずか24973人。これほど客が入らないのはイングランドでは稀で、ましてやチェルシーのような人気クラブにはあってはならないことである。
●開幕から9試合を終えたところで、マルセイユからアルベール・エモン監督が解任され、ベルギー人のエリック・ゲレツ氏が後任に決まった。
●ピッチ内外のお騒がせ男として有名なウェイン・ルーニー。そんな彼が、なんとマンUのキャプテンに立候補していることが明らかになり話題を呼んでいる。これを明かしたのはサー・アレックス・ファーガソン監督。彼は「ウェインは私に“プレーさせろ、キャプテンにしろ、PKを蹴らせろ、ついでにコーナーキックとフリーキックも、そしてゴールキックも蹴りたい”と言ってくるんだ」と困惑した表情で語っている。
●フランス人のトレゼゲは「優勝に向けた挑戦をし、自分がリーグ戦の主役になりたい。たとえ今季セリエAに昇格したばかりだとはいえ、ユベントスは常に“優勝”を目指して戦うチームでなければならない。ユベントス魂、勝者のメンタリティは健在だ」
●26日のセリエA第5節アウエーでのフィオレンティーナ戦に、ASローマの主将フランチェスコ・トッティが欠場する事が明らかとなった。トッティを欠くことで戦力ダウンは免れないが、ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督は「1人の選手に頼りっきりになるようでは強いチームとは言えない。トッティがチームに与える影響力が大きいことは周知の事実ではあるが、彼が大怪我(昨季中盤に左足首をひ骨骨折)を負い、長期離脱を余儀なくされた時も我々は戦い抜いた。そうでなくては優勝など程遠い」
●チェルシーの次期監督候補に元オランダ代表監督のマルコ・ファン・バステンの名が挙がっていることが明らかとなった。
●リバプールのキャプテン、スティーブン・ジェラードが、フェルナンド・トーレスのフォワードとしてのプレーや才能を称賛し、「ニュー・イアン・ラッシュ」になれると太鼓判を押している。これは、トーレスがプレミアリーグ移籍後初ハットトリックを決め、リバプールが2-4でリーディングを打ち破った試合の翌日のジェラードのコメントだ。リバプール史上のトップスコアラーでクラブのシンボル的選手であったイアン・ラッシュ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。