UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/13UEFAサッカー情報
●12日に行われたEURO2008予選グループFの試合で、スペインはホームでラトヴィアと対戦し、2-0で勝利した。
●9日まで韓国で開催されていたU-17ワールドカップにスペイン代表として参加していたバルセロナ期待の星ボージャン・ケルキックが40日間に渡る同代表合宿を終え、バルセロナに戻った。PK戦の末ナイジェリアに破れ、準優勝となったスペインだが、メディア投票による最優秀選手賞でボージャンは第3位となり、ブロンズボール賞を受賞。準決勝でのレッドカード2枚で退場処分となり、決勝という晴れの舞台に立つことはできなかったが、ボージャンの活躍は一際輝き、大きな注目を集めていた。「素晴らしい大会だったし、決勝ではPK戦の末、負けてしまったけれど、僕らは高いレベルにあったんだ。僕らのやったことを誇りに感じなきゃね。決勝戦では良いプレーをしたし、PKは残念だったけど、それはクジみたいなものだからね」。
●デル・オルノは去年のことは忘れて、新たな一歩を踏み出したいと考えている。「できることなら、昨シーズンのことは忘れたいよ。バレンシアでは怪我をしてプレーできなかったり、監督と険悪な関係に陥ったけど、戻りたくないとは思ってないんだ。バレンシアでの生活は満足のいくものだったからさ。でも、監督とのことを考えるとやっぱり戻りたくないな。もし監督が代わるって言うのなら、喜んで戻ると思うけどね。いいシーズンを送りたいと思っていたから、バレンシアでのことはいい“サイン”だったんだ。いまは期待で胸がいっぱいだし、ビルバオでも満足のいく生活を送りたいし、ビルバオにいたいと思っている」
●バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は11日、各国サッカー協会が代表チームに選手を招集する際、所属クラブに対する補償が全くなされていないことについて「恥ずべき制度だ」と発言。そして今後もFIFAやUEFAといった組織がこのシステムを変更しないのならば、選手を貸し出さない手段を考える必要があるとの見解を示した。
●ビジャレアルのフランス人MFロベール・ピレスが、チームメイトのロマン・リケルメは好きなタイプの選手であると認めつつ、リケルメの置かれている状況については何もすることができないと語った。リケルメのファンであると常々明かしているピレスは、リケルメの置かれている状況は彼にとってもクラブにとっても複雑だとの見解を示している。
●2010年ワールドカップ南米予選前の最後の親善試合となるオーストラリア戦に向けてアルゼンチンのA代表に再び招集されたアトレティコ・マドリーのFWセルヒオ・アグエロ。この夏に行われたU-20ワールドカップで優勝し、得点王とMVPにも輝いたアグエロは、“ココ”・バジーレ代表監督に呼ばれたものの、彼にとって夢みたような代表復帰とはならなかった。メルボルンまでの長旅を強いられたが、出場時間はたった1分。
●セビージャの後援会“サン・フェルナンド”が9月12日にクラブ創立100周年を迎えたライバルのベティスとそのファンにお祝いの言葉を送った。セビージャの後援会らをまとめあげ、ベティスファンに「100周年という記念すべきこの日に行われる行事を満喫してください」との公式声明を出している。セビージャを本拠地とするベティスとセビージャは、ことあるごとにいがみ合ってきた仲だが、セビージャのアントニオ・プレルタの死という悲しみがきっかけとなり、チームの色に関係なくセビージャという街、そしてファンを一つにしている。
●試合が行われたアストゥリアス地方のファン達は、火曜に行われた直前練習の扉を閉じ、非公開にしたアラゴネス監督に感謝するべきなのかもしれない。スペイン代表に立ち会う苦しみを、試合まで取っておいてくれたのだから。ラトビアには勝った。が、我々の待ち望んだ代表は一時も現れなかった。あったのは、イニエスタと僅かなものだけ。
●オビエドで行われたユーロ2008予選ラトビア戦にて、スペイン代表のルイス・アラゴネス監督が試合後の記者会見を拒否、一切のコメントを発することなく会場を後にした。ラトビア代表監督が記者会見を終えた後、その場にいた記者達は唖然とするしかなかった。スペイン代表の広報を務めるパロマ・アントラン氏は何の言葉も発することなく会見場を出て行った。その後ガードマンに守られた囲いまで追いかけた記者達に対し、アントラン氏は「ルイスに話をする義務は無い」と言い捨てたのだ。
●レアル・マドリーのDFペペは、チーム状態は“順調”でビジャレアル戦でみせたような“共通意識”を持ち続けて、15日のアルメリア戦とチャピオンズリーグデビューとなる18日のベルダーブレーメン戦に臨む。
●バルサのDFシウビーニョは、昨シーズンのことはみんながある意味で忘れなければいけないことで、ジョアン・ラポルタ会長が多くの要求を発表したことを理解している。そして、失意のうちに終わった昨シーズンにより、今シーズンは“多くのプレッシャー”がかかっていると認めた。
●今夏も大金を投じ、大型補強を行ったアトレティコ・マドリーもまたそれに相応しい結果を待ち望んでいるクラブだ。メンバーの顔ぶれを見れば、優勝争いを演じてもおかしくないし、チャンピオンズリーグ出場権内に入る力もある。今年こそはと期待を抱かせながらも、アトレティコはそれに見合う結果を残念ながら残せていない。そこでクラブの首脳陣らは、メンバー達の経済的な部分でのモチベーションを上げようとしている。つまり“目の前に人参をぶらさげる作戦”だ。アトレティコがリーガ優勝したら、エンリケ・セレソ会長とヒル・マリンGMは900万ユーロ(約14億3500万円)を特別ボーナスとしてチームに差し出し、これがメンバーに分配される。さらに、来シーズンのチャンピオンズリーグ本戦から出場できる2位となった場合は600万ユーロ(約9億5600万円)、予選からの出場となる3位では450万ユーロ(約7億1700万円)、4位では350万ユーロ(約5億5700万円)、UEFAカップ出場権内では150万円(約2億3900万円)。この金額から見ても、アトレティコの目標がチャンピオンズリーグ出場権獲得にあることがハッキリしている。また、スペイン国王杯優勝で200万ユーロ(約3億1800万円)の特別ボーナスを受け取ることになる。
●イングランド代表主将ジョン・テリーが、チームをEURO2008予選突破へと必ず導いてみせると力強く語った。「歴史に残るようなキャプテンになりたい。その気持ちで試合に臨めば、きっと勝利を手にするチャンスは与えられると思う。現時点ではまだずっと先の話だけど、イングランドが何かタイトルを勝ち取る可能性はあると信じている。そのためには、いい意味で、僕らがもう少し傲慢になる必要があると思うけど。ともかく、ロシア戦ではしっかり結果を出して、本大会へと弾みをつけたい」
●EURO2008予選グループBで首位をキープするフランス代表のレイモンド・ドメネク監督は、スコットランド戦を前に、選手たちに「スコットランドを過小評価するな」と注意を促している。「スコットランドに二度と同じことをやらせてはいけない。フランスは、ワールドカップのファイナリストになったことはもう忘れなきゃいけない。スコットランドがいいチームだということ、そして、彼らにも予選突破の可能性があることを、選手たちには何度も話して聞かせたよ」
●今夏リヨンからチェルシーに移籍したフローラン・マルーダが、プレミアリーグの激しさにまだ戸惑いを感じていることを認めた。「まだ適応期間だから、楽しいことばかりじゃない。難しさを感じることもあるさ。イングランドでの争いはとても激しい。言ってしまえば、まるで別文化さ。でも、自分はそれを受け入れなきゃならない」
●12日にEURO2008予選が行われ、グループEでは、首位のクロアチアがアウェイでアンドラに6-0と大勝し、勝ち点を23に伸ばして首位を堅持。
●12日に行われたEURO2008予選グループBの試合で、スコットランドがアウェイでフランスを下し、1-0で勝利。勝ち点を21に伸ばして、首位に浮上した。
●12日に行われたEURO2008予選グループCの試合で、首位のギリシャがアウェイで2位のノルウェーと対戦。キルギアゴスのゴールで2度先行するが、ノルウェーはカリュー、リーセのゴールで前半のうちに追いつく。しかし、後半は両者にゴールは生まれず、2-2のドロー。共に勝ち点1を加えるに留まった。
●イングランドのマクラーレン監督は、ロシア戦で2ゴールを決め、勝利を呼び込むプレーを見せたFWマイケル・オーウェンを絶賛した。「彼を切り捨てたことは一度もない。彼が重要になるだろうってことは私にはわかっていた」
●12日夜(現地時間)、ユーロ2008予選イタリア戦を控えるウクライナ。予選Bグループ4位に留まっている同国には予選敗退の危機感が漂い始めた。次々回2012年大会のホスト国として、来年の本大会に不出場となれば屈辱以外の何物でもない。
●9月12日の欧州選手権予選でスコットランドはアウェーでフランスに勝利。昨年のホームでの試合も1-0で勝利しており、これで2戦2勝である。一夜明けたスコットランド国内は歓喜に包まれており、“歴史を作った(デイリー・レコード)”、“スコットランド代表史上最高の勝利(スコティッシュ・サン)”など賛辞が溢れる。中でも貴重な得点を挙げたマクファーデンには選手採点でも“10”が付くなど別格で、“キング・オブ・スコットランド”と称するメディアもあるほど。
●イタリア代表が12日、敵地でウクライナ代表とユーロ08予選を戦い、FWディ・ナターレ(ウディネーゼ)の大爆発により2-1の勝利を収めている。
●ACミランの司令塔カカが絶好調スタートを切った07-08季の理由を明かしている。06-07季欧州CLで得点王に輝く活躍でチームをヨーロッパ王者に導き、07年バロンドール本命と目されているカカは「絶好調?夏の間、南米選手権に挑むセレソン(ブラジル代表)を辞退し、ゆっくりと体を休めることが出来たからかな。コンディションの整った選手達で挑んだセレソンは見事優勝を飾った。今後は我々(南米選手権辞退組)も偉業達成へ貢献するべくセレソンへの復帰準備が整った」
●インテルのコロンビア人DFイバン・コルドバが、同僚でフランス代表主将のパトリック・ビエラとクラブとの間に出来た溝を埋める。コルドバは「監督なら誰でも、ビエラを起用したいと考えるはずだ。彼は一流選手がどうあるべきかを理解しているはず。代表から戻った彼が、インテルで良いプレイが出来ればよいのだが…」とコメントし、ビエラとクラブ間の橋渡し役を買って出た。
●怪我の治療の為に母国ブラジルに一時帰国していたACミランのFWロナウドが12日、クラブのあるミラノに戻った。“ミラン・チャンネル”に出演したロナウドが怪我の状況を明かしている。ロナウドは「自分はACミランの医師団に信頼を置いており相互の関係も良好だ。今後の治療に対しても何一つ不安を抱いていない。今季、ゴールを量産する為にもまずは治療に専念する時間が必要だと判断している。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。