UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/04UEFAサッカー情報
●チャンピオンズリーグ予選3回戦セカンドレグのAEKアテネ対セビージャ戦が3日に行われ、セビージャがファビアーノの2ゴールなどで4-1で勝利。2試合合計6-1として、グループリーグ進出を決めた。18日から始まるグループリーグでは、アーセナル、スラヴィア・プラハ、ステアウア・ブカレストと同じグループHで戦う。
●レアル・マドリーのベルント・シュスター監督が、新加入選手のなかでもただちにインパクトを示したオランダ代表のウェズレイ・スナイデルについて、次のように語った。「新しいチーム作りを考えたときに、スナイデルは真っ先にほしい選手だった。彼が左サイドでプレーすること、シュート力も素晴らしいことはわかっていた。ベッカムはどちらかというと右サイドの選手だったが、スナイデルは同じようなスタイルを持っていて両サイドでプレーできる。ベルナベウでのデビュー戦は緊張していたようだが、チームに馴染むに連れレベルアップしている」と話した。
●今夏の移籍マーケットでチェルシーからレアル・マドリーに移籍したオランダ代表MFアリエン・ロッベンが、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームでは自らのプレースタイルを発揮できなかったとコメント。「魅力的なフットボール」を求めて、レアルへ移籍したと語っている。
●バルサからアトレティコ・マドリーに移籍したモッタは、移籍記者会見でバルサの経営陣への不信感を語ると同時に、アトレティコでプレーする事を楽しみにしている旨を伝えた。また、チームメイトからも予想以上の歓迎を受け感無量の様子
●膝を痛めており戦線から離れているバレンシアのMFエドゥは「完全に回復するまで復帰の時期を具体的に考えないつもりだ。まずはチームに合流し、その後プレーに慣れていきたい」とクラブの公式サイトで伝えた。
●バルセロナのDFカルラス・プジョールは6月21日に左ひざ外側靭帯を手術。3日に術後初めてラ・マシア(練習場)のピッチに現れた。理学療法士のフアンホ・ブラウ氏の監督下で、ボールを一切使わないでランニングとサーキット・トレーニングを行なった。あと1か月で復帰のもようだ。
●バルセロナのFWサンティアゴ・エスケーロは、選挙で勝ったアスレティック・ビルバオのフェルナンド・ガルシア・マクア会長を「言ったことを実行していない」と、アスレティックの代理人共々批判した。エスケーロは「重要なオファーだった」というオサスナとアスレティックのオファーを断った経緯を説明。アスレティックのオファーを受け入れるためオサスナを断ったが、マクア会長にだまされ、古巣・アスレティックへの復帰を断念したと語った。
●マジョルカのFWピエール・ウェボは、右足第五中足骨の外科手術を行い、3ヶ月ほどの戦線離脱を余儀なくされた。ウェボは1日に行われた練習にて骨折
●アスレティック・ビルバオ戦でのバルサの勝利は論争を巻き起こしている。存在しないPKとトゥーレのゴールは、アスレティックの選手たちの抗議にもかかわらず、取り消されることはなかった。彼らにとってこのバルサ戦は苦い経験となったが、特にGKのゴルカ・イライソスはPKの原因となったアンリとの接触によって唇を2針縫う災難にも見舞われた。「僕は顔でアンリを倒したりはしていないし、ボールがゴール方向に飛んでいないのも明らか。もし本当に倒したというのなら、僕は銃殺刑にされても構わない」と語るイライソス
●アリエン・ロッベンが8月22日にレアル・マドリーに移籍して以来初めてバルデベバス練習場のグラウンドに立った。各国代表戦のため多くの選手が不在となったチーム練習でシュスター監督は軽めのセッションを行った。
●1日に右太腿前直筋の部分的断裂の手術を受け、入院中だったバルセロナのエトーが本日(4日)無事退院した。
●アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督、「セスクは、マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズに非常に似ている。彼は頭脳と知性を試合の中で使っている。セスクはまだ20歳だというのに、一際優れたパスセンスを持ち合わせているし、ペナルティエリア内に飛び出すタイミングも心得ている」と若き司令塔を褒め称えた。
●ローマのエース、フランチェスコ・トッティ「今回は僕が勝つ。しかも、7-0でね。英タブロイド紙は、両チームの対戦を“地獄への旅”とか呼ぶかもしれないが、彼らには好きなように書かせておけばいいさ」
●チェルシーのミヒャエル・バラックは足首のケガで今年4月以降、試合に出場していないが、CLグループステージのメンバーにも入らなかった。いまだ手術後のリハビリを行っており、2週間後の初戦に間に合わないことがわかったからだ。
●アーセナルの伝説的選手だったデニス・ベルカンプ氏が、イングランドのナショナルサッカーミュージアムの殿堂入りを果たした。
●フィオレンティーナのプランデッリ監督が、1-1で引き分けたミラン戦で、56分に同点ゴールを決めたFWのアドリアン・ムトゥを絶賛した。「彼がチームに付加価値を与えてくれた。彼には個性がある。視野も広いし、彼がいてくれて本当にうれしいよ。昨シーズンのように素晴らしいことをやってくれると願っている。いや、きっとさらに素晴らしいプレーを見せてくれるだろう」
●ユヴェントスの主将アレッサンドロ・デル・ピエロが2007年のゴールデンフット賞(黄金の足)を受賞した。29歳以上のサッカー選手を対象した賞で、10人の候補者の中から、ファンの投票により、ユヴェントスをセリエA昇格に導いたデル・ピエロが選ばれた。
●イングランドのサッカークラブがこの夏の移籍市場で5億ポンド(約1173億円)という記録的金額を投資したことが、デロイット&トッシュ会計事務所の調査でわかった。「プレミアリーグのクラブに新しいオーナーが増えたことと、2007-08シーズンの放映権が値上がりしたことから、これまでにない額の資金がつぎ込まれたようだ。2006年夏の3億ポンドをはるかに上回る額となった」と報告書にはある
●アルゼンチンサッカー協会は4日、来週のオーストラリアとの親善試合に臨むメンバーから、FWエルナン・クレスポとMFマキシ・ロドリゲスが離脱したと発表した。クレスポは7月のコパ・アメリカで負傷した太ももの筋肉がいまだ完治しておらず、先月のノルウェーとの親善試合に半年ぶりに復帰したロドリゲスも太ももの筋肉を傷めているという。
●スパレッティ監督は「我々が興味を抱いていた選手を獲得することが出来た。これでチームが完成に近づきつつある。“有名選手”を獲得したからといって、チーム力が必ずしも上昇するとは限らない。時には(有名選手の加入により)チームが悪化する場合もある」
●ユベントスのクラウディオ・ラニエリ監督「カリアリ相手にゲームを組み立てることは容易ではない。速さが売りのカリアリに苦戦したよ。今日の勝利?杯の半分は満たされたが、残り半分は改善すべき点で満たされている。ただ、今日は『良くやった』と選手の奮闘を称えたい。特にカモラネージの輝き、そしてブッフォンは間違いなく世界一のGKだと実感したよ」
●ACミラン戦は我々にとって、チームの成熟度を試す場と言える。チームが恐れることなくサン・シーロに乗り込んでくれることを願っている。不安から開放され、我々のプレイをすることが最も重要だ」。フィオレンティーナのプランデッリ監督
●セリエA第2節が行われた2日、昇格組ナポリは敵地で強豪ウディネーゼと対戦し、5-0の大勝を飾った。ラウレンティス会長は「素晴らしい勝利だった。この勝利は移籍交渉に尽力したピエールパオロ・マリノGMに捧げたい。今夏の移籍市場における採点で、我々ナポリに最悪な評価を下したジャーナリストもいたらしいが…。例えばラベッツィ(22=FW)はヨーロッパの舞台でも通用するだろう。ナポリは特別なチームだ」
●元フランス代表でASローマでも大活躍したDFヴァンサン・カンデラが、レキップ紙のインタビューの中で現役を引退する意志を表明した。引退理由についてカンデラは「18年間プロとして突っ走ってきたが、今が潮時だろう。もう俺の時代は終わった…。この18年で、カルチョは劇的に変わった。今は速さ、高さ、フィジカルの強さがより求められる。ただ、頭脳面では…」と説明している。
●事あるごとにアドリアーノを擁護してきたモラッティ会長は「確かにアドリアーノに対して十分な対応をしてやれなかった。現在アドリアーノは傷つき、やる気を失っているが、一日も早く立ち直ってくれると信じている。欧州CLはもちろん重要だが、国内リーグ戦セリエAも本当に重要だ。アドリアーノはリーグ優勝に向けて貢献してくれるだろう」とコメント。
●ジェノアのFWマルコ・ディ・バイオが、2日に行われたセリエA第2節対カターニャ戦(0-0の引き分け)後、敵地のピッチに苦言を呈している。元イタリア代表のディ・バイオは「アマチュアレベルのピッチで、セリエAのプレイなど望めない。恥ずべき事だ。(暴動後のホーム開催没収の影響で)長い間手入れがされていなく、酷い状態だった」とコメント
●ユベントスの主将アレッサンドロ・デル・ピエロが自身の公式サイト上で、夏季の試合開始時間について持論を展開している。デル・ピエロは「夏はなぜナイト・ゲームにならないのか?」と掲載し、猛暑の中でのデーゲームに疑問を投げかけている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。