FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/08/29UEFAサッカー情報
●アントニオ・プエルタは、危篤状態を脱することができず、8月28日火曜日、午後2時30分、入院先のビルヘン・デル・ロシオ病院で亡くなった。享年22歳。25日にサンチェス・ピスフアンで行われたリーガ開幕戦、対ヘタフェ戦中に意識を失い、同病院のICUで治療を受けていたプエルタだが、28日正午には彼の治療にあたっている医師団により容態の悪化が伝えられていた。セビージャのドクターやスタジアム待機の赤十字関係者の迅速な対応で心肺蘇生したが、ビルヘン・デル・ロシオ病院への搬送中にも5回の心停止があったとのことだ。懸命の治療も叶わず、プエルタは22歳の若さで帰らぬ人となった。セビージャは、ホームスタジアムであるサンチェス・ピスフアンに祭壇を設置。プエルタの埋葬は29日午後2時からの予定。セビージャのカンテラ出身のプエルタは、スペインでも将来を期待されている若手選手の一人であり、すでにA代表でもデビュー。セビージャでは5つのタイトル(UEFAカップ2回、UEFAスーパーカップ1回、スペイン・スーパーカップ1回、スペイン国王杯1回)を獲得している。
●プエルタの死去から一夜明けたスペインは、いまだ悲しみに暮れている。スポーツ紙も含めた29日の各紙一面トップには、プエルタの訃報(ふほう)が大々的に報じられた。22歳の若すぎる死を悼む声は、涙とともにスペイン中から聞かれている。プエルタはセビージャのカンテラ(下部組織)出身として、ヘスス・ナバスとともにクラブの象徴的選手であり、その温厚でオープンな性格から地元ファンやマスコミからの評判も非常に良かった。また、セビージャのファンが今でも語り継ぐ2006年4月27日、UEFAカップ準決勝シャルケ04戦のスーパーゴールは「セビージャの人生を変えたゴール」とまで言われている。そのゴールによって初のUEFAカップ決勝進出を果たしたセビージャは、それから瞬く間に5つのタイトルを獲得した。公式戦88試合(リーガ55試合)に出場し、通算7ゴール、そして何よりその短い選手人生で5タイトルをセビージャとともに獲得した経歴は輝かしいものがある。
●MFプエルタが死亡したばかりのセビージャのデル・ニド会長が、チーム滞在先のアテネで短い間マスコミに対応した。憔悴しきった表情のデル・ニド会長は「ダイアモンドの左足を失った」と悲しみを表現している。「今日は間違いなくセビージャにとって最も悲しい日だ。2006年4月27日(UEFA杯準決勝でプエルタは決勝ゴールを挙げた)に見たダイアモンドの左足は我々の運命を変えた。その左足が我々のもとを去ってしまった」。涙をこらえながらデル・ニド会長は「この苦しい状況を分かってほしい。もう少ししたらあなた方の質問に丁寧に答えられるようになると思う」と消え入りそうな声で語った。
●アントニオ・プエルタの死去の伝えを受けて、レアル・マドリーはサンティアゴ・ベルナベウ杯の中止を発表した。この試合は29日の夜にマドリーでの開催が予定されており、レアル・マドリーとスポルティング・リスボンが対戦するはずだった。レアル・マドリーの公式サイトには次のようなコメントが掲載された。「セビージャのアントニオ・プエルタ選手の死去に深く心を痛めている。レアル・マドリーはプエルタの遺族の悲しみを理解し、セビージャのすべてのサポーターに弔意を表したい。スペインのサッカー界と世界のスポーツ界全体がこの悲劇的な出来事にショックを受けている」
●アントニオ・プエルタの死去により、UEFA(欧州サッカー連盟)はAEKアテネ対セビージャ戦を9月3日に延期することを決定した。
●シーズン初めの新チームのお披露目の場として勝負は二の次、お祭り的要素の強いジョアン・ガンペール杯。42回目となる今年はイタリアの王者、インテルを迎えて行われる。28日、セビージャのアントニオ・プエルタの死去(享年22歳)というあまりにも悲しい知らせを受け、バルセロナは、ガンペール杯そのものを中止することを含めた話し合いを行った結果、試合は行うものの、試合前に行われるイベントは一切中止という決断を下した。そこには派手な選手紹介もなく、行われるのは試合前の1分間の黙祷と試合のみ。粛々とした中で行われる。
●チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチ氏は、まだバルセロナのロナウジーニョ獲得を夢見ている、と英紙“ザ・ガーディアン”が報じている。この噂は、アブラモビッチ氏とロナウジーニョの兄で代理人のロベルト・デ・アシス氏が先週末にも会談を持ったことが端を発しているが、「アブラモビッチがスタンフォード・ブリッジを手にして以来、最も高い値段をつけた可能性もある」とのことだ。
●“ファンタスティック4”と名づけられたバルセロナのFWの1人、アンリがこの命名に反論した。「僕が知っているファンタスティック4は今映画で公開されているやつだけ」と語るアンリは「ファンタスティックが見たいなら映画館に行けばいい」と皮肉で答え、「みんなこういう話が好きなのは理解できるけど、もっとチーム全体のことを話題にしてほしい」と訴えた。
●レアル・マドリーのソルダードにはスペイン中、いやヨーロッパの様々なチームから誘いがある。そしてここにきて、元R・マドリー監督のカマーチョが指揮を執るベンフィカが彼に狙いを定めているようだ。ベンフィカが提示したオファーは1500万ユーロ(約24億円)で、選手には現在の倍に当たる年俸を約束している。このオファーはまさに目眩がするものだが、今のところR・マドリーも選手も移籍を視野には入れていない。一方、ここに来ておいしいオファーが届いたのがバチスタだ。リバプールはR・マドリーに対し2000万ユーロ(約32億円)のオファーを出す用意があるという。両クラブは現在話し合いを進めており、残り数日でこの移籍に決着をつけるつもりだ。R・マドリーはこの移籍に積極的だろう。この移籍で手にした金で、ダニエウ・アウベス獲得に全力を尽くすつもりだ。
●ヘタフェは28日、正式にブラウリオ・ノブレガとレンタル移籍の契約を結んだ。ブラウリオはすでに所属していたアトレティコの選手らとはは練習もしておらず、UEFAカップ予選第2戦のボルハボディナ戦のハビエル・アギーレ監督の招集リストにも入っていない。正式な入団発表は29日に行われる予定
●セリエA、メッシーナのFWクリスティアン・リガノは最終的にレバンテで2年間プレーすることになった、と28日、同クラブのフリオ・ロメロ会長から発表された。イタリア出身で33歳のリガノは、27日の夜にバレンシアに到着し、翌日にメディカルチェックを済ました。
●セルティックは28日、インテルからイタリア人MFルカ・サントノチートを獲得したと発表した。16歳の期待の若手は3年契約を結び、すでにトップチームの練習に参加している。
●ウェストハムが、インテルで出番を失っているFWアドリアーノをレンタルで獲得すべく動いていることがわかった。ダックスベリー最高経営責任者がアドリアーノと交渉するため28日にミラノへ赴いたと報じられた。
●チャンピオンズリーグ予選3回戦セカンドレグの3試合が28日に行われ、リヴァプール、ラツィオ、レンジャーズが9月から始まる本戦への進出を決めた。ホームでトゥールーズと対戦したリヴァプールは18分にカイトのクロスをクラウチが技ありのボレーでネットに押し込むと、後半開始直後には、ベナユンのCKからヒューピアが頭で決めて試合を決定づけ、さらに終盤にもカイトが2点を追加。4-0の快勝で、2試合合計5-0とした。また、ファーストレグが1-1のドローだったラツィオはアウェイでディナモ・ブカレストと対戦。前半に失点するものの、後半にロッキの2ゴールなどで3-1で逆転勝ち、2試合合計4-2とした。ファーストレグに1-0で勝利しているレンジャーズはベオグラードでツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)と対戦、相手の猛攻を押さえて0-0とし、2試合合計1-0で勝ち抜けを決めた。なお、この日予定されていたAEKアテネ対セビージャ戦は、セビージャのプエルタ選手の死去に伴い、9月2日に延期された。
●28日に行われたカーリングカップ(イングランド・リーグカップ)のノッティンガム・フォレスト対レスター戦で、1-0でフォレストがリードしているハーフタイムに、ロッカールームでレスターのDFクライヴ・クラークが意識を失って倒れ、そのまま病院のICUに運びこまれた。両チームは事態の深刻さを考え、試合を中止にした。クラーク選手は救急車の中では言葉を発したと言われる。クラブの公式サイトは、同選手は引き続き病院で治療を受けるが、症状は安定していると発表した。
●28日に行われたカーリングカップ2回戦の試合で、ウェストハムは2-1でブリストルを下して勝ち抜けを決めたが、この試合の開始早々に今季ニューカッスルから加入したばかりのイングランド代表MFキーロン・ダイヤーが激しいタックルを受けて担架で運ばれた。骨折の可能性がある。
●リヴァプールは28日のCL予選対トゥールーズ戦で4-0と快勝し、2試合合計5-0で本戦出場を決めたが、スティーヴン・ジェラードとジェイミー・キャラガーというチームの象徴のような選手が2人とも欧州カップ戦でプレーしなかったのは、1997年以来のことだった。2人はケガで欠場したが、それ以外にもベニーテス監督は先週末のリーグ戦から7人を入れ替え。この日先発した選手たちは全員、2人の不在を感じさせないような働きを見せ、ベニーテス監督の称賛を浴びた。「チームのパフォーマンスに満足している。いいプレーをしてくれたし、ポジション争いが激しいので選手たちは最後まで手を抜かないのがいいね。すべてのポジションにいい選手が揃った。どのポジションも2人の選手から選べるし、それを選手たちも自覚している」
●昨季カンニ監督のもと14勝をあげ、今季UEFA杯出場圏内の7位を得たエンポリ。プロヴィンチャ(地方チーム)として破格の躍進を遂げたわけだが、FWサウダーティはミラクル再現に自信を見せる。「3つ、理由がある。一つ目の名前は(MF)ジョヴィンコさ。練習でも信じられない一撃を次々に見せるんだ。あれはもう半分FWみたいな動きだよ。二つ目の理由は、MFアントニーニとMFアバーテだ。彼らはまるで(中盤)左右から放たれる2本の矢そのものだね。最後の三番目は、言うまでもなくカンニ監督の存在さ。彼は、汗をかきながら楽しませる術をよく知っている」
●パリ・サンジェルマン(PSG)のFWペドロ・ミゲル・パウレタ(34)にリーガ・エスパニョーラ復帰の噂が浮上している。ポルトガル代表の歴代最多得点記録(47ゴール)をもち、リーグ・アンで昨シーズンを含む3度の得点王に輝いたパウレタだが、ル・グエン監督が就任した昨シーズン後半から出番が減っている。
●ポーツマスのハリー・レドナップ監督は、今夏の移籍マーケットで獲得したばかりのイングランド代表FWデイビッド・ニュージェントを放出する可能性を示唆した。
●バイエルン・ミュンヘンのトニは、怪我の状態について「重傷ではないので、出来るだけ早い回復を願っている。(ブンデスリーガの)全試合に出場したい気持ちも強いが、あせらずに体調が万全になるのを待つしかない。イタリア代表ドクターのフェレッティからも電話があったよ。こればかりは日々状況をチェックするしかない」
●06-07季欧州CL王者ACミランのMFマッシモ・アンブロジーニが、31日に行われるスーパーカップの出場に間に合う可能性が高まっていることが明らかとなった。
●ACミランのDFマッシモ・オッドが07-08季セリエA開幕戦を振り返っている。イタリア代表の不動の右サイドバックでもあるオッドは「ポジティブな印象はASローマ(強豪パレルモ相手に2-0勝利)。今シーズンは全てのポジションがコンプリート(完全)になっている。
●8月25日に松井大輔(ル・マン)がアウエーの対モナコ戦で挙げたゴールが、フランス・プロリーグ協会、また『ル・パリジャン』紙、『オージュードゥイ・アン・フランス』紙、テレビ番組『フランス2フット』など、各メディアの選ぶ“今週のベスト・ゴール”に選ばれた。自らドリブルで攻め上がり、平行に走っていた右サイドバックのカルベにパス。そのカルベのクロス目掛けて素早くペナルイティーエリアのニア飛び込み、宙を舞いながら右のヒールキックで押しこんだ一発
●ラツィオの周辺では、アドリアーノを期限付き移籍で獲得するといううわさが流れている。アドリアーノは少なくとも現時点ではマンチーニの構想から外れており、インテルは彼をほかのクラブにレンタルしたいと考えている。パルマへ復帰するという話に続いて、新たな行き先が浮上してきた。ラツィオがディナモ・ブカレストとの予備戦(オリンピコでの第1戦は1-1)を突破してチャンピオンズリーグ本大会に出場すれば、という条件付きではあるが、アドリアーノの移籍がうわさされている。(その後3-1で勝利し、本大会出場が決定)
●ラツィオが大きな仕事を成し遂げた。ディナモ・ブカレストとのアウエーゲームを3-1で制し、チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ進出を決定。前半はラツィオにとって最悪の内容だったが、後半は全く別のチームのような戦いぶりでディナモ・ブカレストを破った。
●欧州チャンピオンズリーグ(CL)予備戦3回戦の第2戦目となるレッドスター・ベオグラード(セルビア)対グラスゴー・レンジャーズ(スコットランド)の試合が28日、セルビアのベオグラードで行われた。試合は0-0で引き分けたが、レンジャーズが2試合の合計結果を1-0とし本戦のグループリーグ進出を決めた。一方のレッドスターは、UEFAカップ1回戦へ回ることが決定した。
●インテルはビトル・ウーゴ・ゴメス・パッソス、通称ペレとの契約をレーガ・カルチョ(イタリアサッカーリーグ協会)に届け出た。「名は体を表す」となることを願いたい。
●カタールの強豪アル・サードは28日、アドリアーンセ氏の監督就任を発表した。アル・サードは昨季のカタールリーグ優勝チーム。元浦和のFWエメルソンが在籍していた(先日、フランスリーグのレンヌへ移籍)。
●カターニアのシルビオ・バルディーニ監督は、パルマのディ・カルロ監督を蹴ったことで、9月30日までのベンチ入り禁止処分を言い渡された。自らの犯した失敗の代償を支払わなければならない。スポーツ判事のジャンパオロ・トゼルは火曜日の昼過ぎにバルディーニへの処分を発表した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.