FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/08/10UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーは9日、フェイエノールトからU-21オランダ代表FWロイストン・ドレンテ(20歳)を5年契約で獲得することで合意したと発表した。メディカルチェックが終了次第正式契約となる。移籍金は1300万ユーロ(約21億9000万円)前後と言われる。
●オランダで“ニュー・ダービッツ”との呼び声高いロイステン・ドレンテを獲得し、ウェズレイ・スナイデルの獲得を狙うレアル・マドリーだが、この2選手が加入することで出場機会が確実に減るのはフェルナンド・ガゴとマルセロだろう。冬の移籍マーケットでレアル・マドリーに移籍した両選手だが、昨シーズンの後半戦でもそれほど出番はなく、シュスター体制がスタートした今もすっかりベンチ要員となっている。
●バルセロナのガブリエル・ミリートが8日、新たな所属クラブとなるバルセロナの可能性について語った。彼は大きな目標を語る前に「1歩1歩」歩んでいくことが必要だと意識しながらも、チームの能力をもってすればチャンピオンズリーグの優勝も可能であるとの考えを示した。コパ・アメリカ出場でプレシーズンの合流が遅れた選手、そして負傷中のグジョンセンと共にトレーニングを行った彼は、香港でロナウジーニョが発した「バルセロナは世界一のクラブとなれる」との発言にも同意を示している。
●ファブリシオ・コロッチーニ獲得へ向け、サラゴサが再び動き出した。2度の交渉失敗の後、サラゴサは再び移籍金+オスカルという交渉カードを持ち出した。オスカルの名は既に、2度目の交渉時にサラゴサのオファーに入っていた。
●セビージャのエスクデ、デ・ムル、ブラルースの3人は現在負傷中であるが、チームドクターは「(スペイン・スーパーカップの)R・マドリー戦に間に合わないと決まったわけではない」と語っている。この3人は木曜に全体練習に復帰し、「満足のいくフォーム」で練習を終えた。ただ、土曜に控えるR・マドリー戦への出場は前日に行われる最終調整にて判断されることになる。
●バレンシアは、メディカルチェックをまだ済ましていないものの、5年契約でセルビア代表FWニコラ・ジキッチを獲得した。26歳、202センチの長身FWジキッチは昨シーズン、ラシン・サンタンデールでリーガデビューし、多くのチームから警戒される中、11ゴール2アシストを記録している。
●プレシーズンマッチでまだ1点も入れていないサミュエル・エトー。これは、世界トップクラスのFWにとって異様な状況である。しかしエトーは気にした様子を見せず、あまり重要なことではないとも。「サッカーってのはそういうものだし、大事なのは勝つことなんだ。ゴールを決めていないことは僕にとって重要なことじゃないんだ。だって、僕はゴールの決め方を知っているからね。それよりも勝てないことや、ちゃんと期待に応えているのかどうかが心配だね。僕たちはいい働きをしてると思っている。僕のゴールはもうすぐ見られるはずさ」と余裕をみせた。
●バチスタがレアル・マドリーで自分の居場所があることを証明するのに手間取ることはなかった。クラブがバラックタイプの選手を探しているとはいえ、シュスター監督の求める条件に入る活躍を見せた。アーセナルへのレンタル移籍を終え、R・マドリーに戻ったバチスタはコンディションも良く、彼のゴールはシュスター監督が求める選手の条件、相手エリア深くに攻め込むこと、ポテンシャル、技術、ゴールにぴったりとはまった。
●アーセナルは9日、移籍したティエリ・アンリの後任として、新キャプテンにフランス代表DFウィリアム・ギャラスを任命したと発表した。ジウベルト・シウヴァとコロ・トゥレが副キャプテンを務める。
●トッテナムのイングランド代表ウィンガー、アーロン・レノンが膝の手術を受け、来月行われるEURO2008予選を欠場することになりそうだ。トッテナムのヨル監督は9日、プレシーズンの準備にも参加できなかったレノンが練習を再開できるのは8月末だと話した。
●アヤックスは9日、ウルグアイ人FWルイス・スアレス(20歳)を、同じエールディヴィジのフローニンゲンから獲得したと発表した。契約は5年間。
●FIFAのジャック・ワーナー副会長がBBCワールドサービスのインタビューで、イングランドの2018W杯誘致は成功しないだろうと語ったことがわかった。「もし2018年のワールドカップが欧州で行われることになっても、イングランドは開催国になれないだろう。開催するとしたらイタリア、スペイン、あるいはフランスの可能性もある。欧州のどこからもイングランドは好かれていないからね。イングランドはこのスポーツの発祥の地だが、ワールドサッカーのなかでインパクトを残したことがない。イングランドを応援する欧州の国はないし、欧州にとって、イングランドは頭痛の種なんだ」
●チェルシーのMFフランク・ランパードが、クラブ側との契約延長交渉を先延ばしにすると明言。バルセロナへの移籍も噂される29歳だが、「サッカーに集中したい」と語り、シーズン終了までチェルシーとの交渉の席にはつかない考えを明らかにした。
●ACミランの若きフランス人MFヨアン・グルクフ(21)が07-08季への意気込みを力強く語っている。“ジダン後継者”との呼び声高いグルクフは「自分ももう21歳であり、ポジションを掴み取り試合に(常に)出場すべき年齢だ。昨シーズンのように、またそれ以上に良いプレイを披露していきたい。」
●ドメニク監督は「あの試合のMVPはピルロではなくマテラッツィだろう。仮にお前がW杯決勝戦で相手のエースを退場に追い込み、ゴールを奪い、更にPKも決めた。それなら文句なくお前がMVPに選出されるだろう」
●レアル・マドリー所属のイタリア人FWアントニオ・カッサーノとサンプドリアの距離がより縮まりつつある。レアル・マドリー退団が濃厚と見られているカッサーノの移籍候補先に急浮上したサンプドリア。
●マンチェスター・シティがレアル・マドリーのイタリア人FWアントニオ・カッサーノ獲得に興味を示していると英紙“ザ・サン”が報じている。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.