UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/07UEFAサッカー情報
●カメルーン代表のジュールス・フレデリック・ニョンガ監督代行は6日、今月下旬に行われる日本代表との親善試合に向けた代表メンバーに、バルセロナのFWサミュエル・エトーを招集した。
●イギリスの報道によると、レアル・マドリーのイタリア人FWアントニオ・カッサーノにプレミアリーグ行きの可能性が出ているとのことだ。具体的に言うと、ボルトンとウェストハムがカッサーノに興味を示しているという。
●イギリスではチェルシーのランパードとバルセロナのデコのトレード説が執拗に報じられている。5日付けの英紙は交渉の存在と、デコが年棒700万ユーロ(約11億3700万円)のオファーを受けたと伝えている。具体的にはチェルシーのデコへのオファーは週給1万ポンド(約240万円)。ランパードについては、チームを変える重要な要素として彼の娘とカタルーニャ出身の恋人とバルセロナに住むことに興味あるとも言われている。
●バレンシアのMFダビ・シルバが6日、昨シーズンのような高いレベルを今シーズンも保たなければならないことにも「プレッシャーはない」と断言した。「可能な限りベストを尽くすつもりだよ」。4日に行われたマンチェスター・シティとの親善試合でもチーム唯一のゴールを決めたシルバはそう力を込めている。
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は、FWティエリ・アンリ、ロナウジーニョ、サミュエル・エトーの同時起用について明言を避けながらも、「攻撃的な時ほど強い」と述べた。「バルサは攻撃的にプレーした時により強くなるし、相手にスペースを与えないよう、守備陣も団結すると思う」
●ベティスがアトレティコ・ミネイロのブラジル人DFリマを獲得した。両クラブともまだ正式な発表はしていないが、移籍金は280万ユーロ(約46億円)、契約期間は5年となりそうだ。
●バルサのティエリ・アンリは、回復はゆっくりとしたプロセスで、少しずつ体調を取り戻していくことにあると明かしているが、「今シーズン、獲れるタイトルは全て獲る」と前向きな姿勢をみせている。シーズン前のツアーは選手たちに過酷な状況を強いるが、シーズン中にもそういう状況はありえるとアンリは語っている。
●アヤックスのオランダ代表MFウェズレイ・スナイデルの名前がレアル・マドリーの獲得リストの上位に再浮上した。チャルシーのドイツ代表MFミヒャエル・バラックがR・マドリー移籍を否定したため、スナイデルが再びR・マドリーの注目の的となっている。
●フィオレンティーナが移籍市場で最も欲しがっている選手は、マキシ・ロドリゲスのようだ。スペインのスポーツ紙『アス』の報道によれば、フィオレンティーナはアトレティコ・マドリーのマキシ・ロドリゲスを手に入れるため、以前から交渉を行っているといわれる。当初1500万ユーロ(約24億5000万円)だったオファー額は、1800万ユーロ(約29億5000万円)まで引き上げられたようだ。
●スペイン国内では盛んにうわさされているが、エメルソンとインテルとの距離はまったく近づいていないようだ。エメルソンの代理人ジウマール・ベロスがインテルへの移籍の可能性を否定した
●昨シーズン、トリノとリボルノに期限付きで移籍していたイタリア人MFステファノ・フィオーレが6日からバレンシアに戻り、練習をスタートさせた。バレンシアでは完全に構想外となっているフィオーレだが、契約が2年残っており、イタリア国内クラブを含め買い手がつかない行き先のない状況で仕方なくバレンシアに復帰を果たしたことになる。
●フェイエノールトのドレンテに対し、レアル・マドリーは1250万ユーロ(約20億5000万円)の移籍金を用意したが、フェイエノールトはより高い移籍金(一説によれば1750万ユーロ/28億6500万円)をレアル・マドリーに要求した。それを受けて、レアル・マドリーはこれ以上は無理と、正式にファクスで交渉中止をフェイエノールトに伝えた。
●22日にアウエーでスイスと親善試合を行うオランダの予備選考メンバー33名の中に、ファン・ニステルローイ(レアル・マドリー)が入った。
●イングランド・プレミアリーグ、チェルシーのMFバラック(ドイツ)は6日、スペインなどの複数メディアが報じたスペイン1部リーグのレアル・マドリード移籍を否定した。バラックは「ロンドンでプロ生活を送れて、とても満足している。チェルシーを離れる気はないし、レアルと接触したこともない」
●横浜F・マリノス-バルセロナ(スペイン)は7日、横浜・日産スタジアムで行われ、バルセロナが1-0で勝った。
●バイエルン・ミュンヘンのウーリ・ヘーネスGMは6日、13歳のペルー人天才少年ピエル・ララウリの入団を認めたが、契約を交わしたという報道を否定した。
●アルゼンチン代表DFのガブリエル・エインセが、移籍問題について初めて口を開いた。コパ・アメリカに出場していたエインセは最近になってようやくマンチェスター・ユナイテッドのプレシーズントレーニングに合流したが、移籍を望んでいる気持ちは変わらないようだ。
●ローマがスイスU-17代表MFのダニエル・ウナルをスイスのベリンゾーナからレンタル契約で獲得したことがわかった。
●リヴァプールの守備の要、ジェイミー・キャラガーは、イングランド代表での起用法に不満を示し、つい先日代表引退を表明した。
●イングランド代表のスティーブ・マクラーレン監督は、先日代表からの引退を示唆したリバプールのDFジェイミー・キャラガーの説得を試みると語った。
●イングランドのマンチェスター・シティがリボルノのGKマルコ・アメリア(25)の獲得に動く!?6日付のイングランド現地紙“TIMES”によると、マンチェスター・シティはスウェーデン人GKイザクションの親指骨折による戦線離脱を受けて、イタリア代表でもあるリボルノの守護神アメリア獲得に動いているとのこと。
●ACミランの至宝カカが、タイトル獲得に向けて貪欲な姿勢を見せている。06-07季欧州CLで得点王の大活躍を果たすなどチームの優勝に大きく貢献したカカは「今までに勝ち取ったタイトルに、欠けている“インターコンチネンタル(クラブ世界選手権)”のタイトルも加えたい」とコメントし、年末に日本で行われる大会の優勝を誓った。
●06-07季のセリエA王者インテルとイタリア杯王者ASローマによる頂上決戦イタリア・スーパーカップの日程が発表された。レーガ・カルチョの発表によると試合は「8月19日、20時45分にミラノでキックオフを迎える」とのこと。
●07-08季のセリエB開催日程のガイドラインが発表されている。発表したレーガ・カルチョによると「土曜日の16時から9試合を軸に、前日の金曜日21時から1試合、翌々日の月曜日21時から1試合が行われる」と説明している。
●アレッシャンドレ・パトのメディカルチェックは予定より1日遅れることになりそうだ。ミランがブラジルから新たに獲得したパトは、日曜日にマルペンサ空港に到着。アドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役に会うため、ベルシリアのフォルテ・デイ・マルミを訪れたが、いまだにそこにとどまっている。月曜日の朝にはミラノに戻り、午後にはメディカルチェックを受けるはずだった。
●ローマのマンシーニの代理人ジウマール・ベロスは、クラブに対してメッセージを送った。『ラディオ・ラディオ』のインタビューに対して次のように話している。「契約の延長に関して合意できるかどうかを考えるため、ローマからの電話を待っているところだ。私は(ローマのスポーツ・ディレクターの)プラデと話をしたし、マンシーニはロゼッラ・センシ会長と話をする機会があった。2人ともマンシーニに残ってほしいと言っていたが、金額についての話はなかった」
●オランダ国内では現在、ヘーレンフェーンに所属するブラジル代表のFWアウベスの去就に注目が集まっている。アヤックスが4日にアーセナルと親善試合を終えた後の記者会見で、「“行方不明”のアウベスの居場所をアヤックスは知っているのではないか」とジョークを交えた質問がテン・カーテ監督に飛んだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。