FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/07/30UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーが来週にもアリエン・ロッベン入団を発表すると、29日付の英タブロイド紙が一斉に報じた。移籍金は2100万ポンド(約50億4000万円)とみられる。レアル関係者が「ロッベンの交渉成立は間近に迫っている。非常に高価な買い物だが、この補強はシュスター監督の希望で決まった」
●スコットランドでの合宿を終えたバルサだが、このスコットランドステージで行われた2つの親善試合での嬉しい驚きの一つにバルサの至宝たちの活躍が挙げられる。18歳のジオバニ・ドス・サントスと16歳のボージャン・ケルキック。このカンテラの至宝たちは偉大な先輩たちとのプレーにも臆することなく、生き生きとしたプレーを披露。バルサに新鮮な風を吹き込み、バルサファンに大きな喜びを与えた。
●レアル・マドリーのアルゼンチン人FWゴンサロ・イグアインがイルドニングの合宿先から「もっとプレーし、もっとゴールを決め、タイトルを獲得し続けたい」と今シーズンにかける意気込みを語った。
●アトレティコ・マドリーのMFコスティーニャは、28日のインタートト杯のサブとBチームの選手が行った29日の練習試合で、BチームのMFハコボ・イクランを殴った。
●先日、「左サイドでの起用なら出ていく」と不満を爆発させたレアル・マドリーのシシーニョだが、シュスター監督との話し合い後、29日の練習では本来のポジションである右サイドに戻った。今シーズン初となるストーク・シティとの親善試合で慣れない左サイドでプレーしたシシーニョは不満を爆発させていた。
●レアル・マドリーとミランの代理人との間での会談の明確な目標は、先日“マルカ”が報じたカカに対する9000万ユーロ(約146億円)のオファーについて以上に、バチスタの移籍についてである。そのバチスタは27日にもマドリーに戻ってきた。もちろん、シュスター監督の下でプレーするためだ。しかし、コパ・アメリカの活躍でR・マドリーはバチスタの移籍で2000万ユーロ(約32億4600万円)の収入に期待している。
●バルサのアンリはここ数日、デリケートな状況にある。英タブロイド紙“ニュース・オブ・ザ・ワールド”によると、英警察は東ヨーロッパの犯罪組織がアンリの愛娘、2歳になるティアちゃん誘拐計画を目論んでいたことを解明した。
●バルセロナのボージャン、ジオバニ・ドス・サントスの若手2選手の残留がほぼ決まった。バルセロナのBチームが3部に降格したこともあり、これまで両選手には期限付き移籍のうわさが絶えなかった。しかし、スコットランドで行われたトップチームのキャンプや親善試合でのプレーぶりを高く評価したライカールト監督、テクニカル・ディレクター(TD)のチキ・ベギリスタインは、2人をトップチームへ昇格させることを決めたようだ。
●ビジャレアルがレアル・マドリーのバプティスタ獲得を断念した。1500万ユーロ(約24億3000万円)のオファーを用意していたビジャレアルだが、ここに来てミランが獲得に動き、移籍金が釣り上がったことが獲得断念の原因と見られている。
●移籍が噂されていたチェルシーのMFフランク・ランパードが、新シーズンもチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジでプレーすることになりそうだ。クラブとの契約延長交渉が難航している上、チームメイトのジョン・テリーが13万1000ポンド(約3260万円)という巨額の週給で契約を更新したことで、ランパードがチェルシーを去るだろうとの見方が一層強まっていた。
●ボルトンのサミー・リー監督が「FWニコラ・アネルカに対する正式なオファーは届いていない」と主張、アネルカの残留をアピールした。
●ユヴェントスのクラウディオ・ラニエリ監督が、DFジョルジョ・キエッリーニ(22歳)をマンチェスター・シティに売却する用意があることを認めた。
●チェルシーMFラッサナ・ディアッラ(22歳)が、ロンドンのライバルチーム、アーセナルへ移籍することがほぼ確実となった。移籍金は200万ポンド(約4億8000万円)で、今週中にも正式に発表される見通し。
●アメリカ代表のフレディ・アドゥ(18歳)が、ベンフィカに移籍する可能性が出てきた。クラブ間では移籍金200万ユーロ(約3億2400万円)で合意に達しており、今後ベンフィカとアドゥの代理人の話し合いが予定されている。
●2018年ワールドカップの開催国について、かつて西ドイツの選手、そして監督としてワールドカップを制したフランツ・ベッケンバウアーが、イングランドでの開催を支持するとコメント。
●前年度のフランス・リーグとフランス杯の優勝チームが争う「チャンピオンズ・トロフィー」の試合が27日に行なわれ、リーグ6連覇のリヨンがソショーを下し、この大会も6年連続で制した。
●以前からナポリへの移籍に興味を示しているレコバだが、現実的な困難に遭遇している。ナポリの提示額とレコバの要求する年俸には大きな隔たりがあるためだ。
●キブの放出による資金を元に、ローマがレアル・マドリーのシシーニョの獲得を目指して交渉に入っていることが明らかになった。
●今夏の移籍市場でドイツの名門バイエルン・ミュンヘン移籍を果たしたイタリア人FWルカ・トニの膝の具合が、徐々に良くなってきている。移籍後間もなく行われた練習試合で膝を負傷した元フィオレンティーナのエースは約2週間の離脱を余儀なくされていたが、経過は順調。
●アレシャンドレ・パトは間もなく新しいチームに移ることになりそうだ。「ミランが僕を欲しがっている?すごいことだ」とパト。ミランのフロントはチームの将来を担うストライカーを選び出した。月曜日にはレオナルド強化部長がブラジルのポルトアレグレを訪れ、パトの現所属チームであるインテルナシオナルとの交渉を行う。パトは2000万ユーロ(約32億2000万円)近い金額と引き換えにミランへ移籍することになりそうだ。
●ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントは29日、イタリアのASローマから獲得オファーが届いていたDFデデについて、クラブに残留することを明らかにした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.