UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●ビジャレアルは新シーズンへ向けて、フアン・ロマン・リケルメに新しい背番号を与えることで、復帰の道を残した。当初はビジャレアルへの復帰はないと言われていたが、ここに来てクラブがリケルメに背番号16を与えたため、可能性が出てきたと報じられたもの。
●シュスターは、「バラックはレアル・マドリーにぴったりの選手だ。彼が私のチームでプレーする姿を容易に想像することができる。中盤と前線をつなぐ役割を任せるのに理想のプレーヤーだよ」
●チェルシーが、補強ターゲットのセビージャDFダニエウ・アウヴェスに対して最後のオファーを提示したと、28日の現地メディアが報じた。
●セルティックが、バルセロナのFWサンティアゴ・エスケーロ(31歳)にラブコールを送っていることが判った。
●バルセロナのモッタの獲得に動いているミランだが、ここにきてチームメイトのデコにも興味を持ち始めている。今シーズンのバルセロナだが、新加入したアンリがエトー、ロナウジーニョ、メッシと攻撃ユニットを組んだ場合、デコがベンチを温める可能性も高い。そのことからデコ本人もレギュラーでプレーできるビッククラブに関心を持ち始めているらしい。
●ロス・アンヘレス・デ・サン・ラファエルでチームに合流したアトレティコ・マドリーのセルヒオ・アグエロは「夏期休暇返上だがモチベーションは最高潮だ。僕もチームのためにいつでも戦う気合が十分だ。チーム補強も順調に行っており、あとはチーム全員がよくお互いを知り尽くし良い結果を出していくだけだ」
●バルセロナのチャビ・エルナンデスは26日、昨季チームがクラブの課した規律を“無視”した行動を取っていたことを認める発言をした。遠征先のスコットランドにてカタルーニャのテレビのインタビューを受けた彼は、そういった状況を避けるための規律が最近になって設立されたものの、チームをコントロールする機能を持った決まりごとは昨季から既に存在していたことを明かした
●ストライカーの補強が急務となっているビジャレアルは、R・マドリーのバチスタ獲得がままならなかった際の“プランB”としてニコラ・アネルカを候補に挙げている。
●バルセロナの“チキ”ベギリスタイン・スポーツディレクターは26日、「戦力外となった選手達の移籍先を見つける時間はまだ十分にある」との考えを示すと共に、再度デコを放出する意思がないことを強調した。
●ベティスのフアニートは27日、様々なクラブから誘いがある事実を認めた上で、あくまでも自分の希望は「ベティスに残ること」と断言した。
●チャンピオンズリーグの予選の第一戦を8月14日に控えているバレンシアのビセンテ・ロドリゲスは26日、プレシーズン合宿先のエルメロ(オランダ)で、チームのコンディションについて「順調に体制を整えている」と伝えた。「トレーニングを再開してわずか10日間だが、少しづつ監督の要望に添えてきている。この調子ならシーズン開幕を最高のコンディションで迎えられるだろう」
●バルセロナのファラン・ソリアーノ副会長は、現在のバルサがレアル・マドリーの“ガラクティコ”時代と比較されることに嫌悪感を示している。ロナウジーニョ、エトー、アンリ、メッシと大スターがひしめくバルサだが、副会長はこのチームが問題を起こさずに成功を収めることを信じているようだ。「世界最高の選手が4人もチームにいるということはこれまでクラブの歴史上初めて」とソリアーノ副会長は誇らしげに語っている。
●新シーズンの初親善試合でゴールを決めたバルセロナのアンリは、このゴールがバルサでの「たくさんのゴールの第一号」になることを願っている。それでも、プレシーズンの主役となっているアンリは「僕はスターじゃない」と謙遜の気持ちを忘れてはいない。
●R・マドリーのGKイケル・カシージャスは27日、数日前に負った負傷から完全に回復し、ドゥデクとのポジション争いを開始。シーズン初戦となったストーク・シティーとの親善試合には出場しなかったものの金曜には全体練習に復帰し、ドゥデク、コディナと同じ練習メニューをこなした。
●その将来がハッキリとしない状況が続くホセ・アントニオ・レジェスだが、28日付けのスペイン紙“マルカ”が、レアル・マドリーとアーセナルが27日にもレジェスの移籍でまずは合意に達したと報じた。R・マドリーはアーセナルに対し、レジェス獲得に920万ユーロ(約14億8700万円)を支払うとのことだ。
●27日、シモン・サブロサのアトレティコ入団が正式に発表された。クラブと4年契約を結んだ彼は、メディカルチェック終了後にビセンテ・カルデロンのVIPルームに現れ、入団発表を行った。
●ポーツマスの元イングランド代表DFソル・キャンベル(32歳)が、「ポーツマスが最後のクラブになるとは思わない」と移籍を匂わす意味深な発言をしたと報じられた。
●トッテナムのエジプト代表FWミドが、バーミンガム・シティへの移籍を白紙に戻したことが判った。
●ローマのクリスティアン・キヴが、来週中にもインテルに移籍するようだ。
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は26日、渦中のアルゼンチン代表FWカルロス・テベスをすでにユナイテッドの選手とみなしていると現地TVに語った。
●ミドルズブラが、チャールトン主将のルーク・ヤング(28歳)を移籍金250万ポンド(約6億円)で獲得することが明らかになった。
●韓国で行われたFCソウルとの親善試合で負傷し、膝の手術を受けたマンチェスター・ユナイテッドMFポール・スコールズ。幸い大事には至らず、全治3週間と診断された。
●リヨンのアラン・ペラン監督が、アーセナルのホセ・アントニオ・レジェスを補強ターゲットとして狙っていることを認めた。
●バイエルン・ミュンヘンが、パラグアイ代表FWロケ・サンタ・クルス(25歳)の退団が決まったことを発表した。
●アーセナルのジウベルト・シウバが、開幕戦を欠場すると、アーセン・ヴェンゲル監督が27日に明らかにした。コンディションが万全の状態から程遠いという理由
●移籍が噂されるニューカッスル・ユナイテッドFWのオバフェミ・マルティンス(22歳)が、クラブに残留することを固く誓った。
●U-20W杯で活躍したアルゼンチンU-20代表のFWアンヘル・ディ・マリアが、ベンフィカに入団することが判った。
●チェルシーは27日、主将でDFのジョン・テリー(26歳)が新たにクラブと5年契約を結んだと発表した。これで、イングランド代表センターバックの去就に関するすべての憶測に終止符が打たれた。
●アーセナルFWエドゥアルド・ダ・シウヴァが、今週末に開催されるエミレーツ・カップを欠場することが判明した。申請していた労働ビザが下りなかったことが原因。
●トッテナムのエジプト代表MFホッサム・ガーリーが、バーミンガム・シティと契約を結んだことを明らかにした。
●リーグ・アンのリールがスウェーデンのユース代表FW、エムラ・タヒロビッチ(19)を獲得した。黒髪、190センチ近い長身という風貌は、同じボスニア系スウェーデン人のズラタン・イブラヒモビッチ(インテル)を思い出させる。長身に加えテクニックに優れている点も似ていると評判だ
●FW選手の補強と同様、中盤の補強も不可欠とされているミランが、バルセロナのモッタの獲得に動いていることが明らかになった。気になるFW選手の補強だが、先ごろ行われたU-20ワールドカップにブラジル代表として出場したパトを迎え入れようともしている様子。
●パリ・サンジェルマン(PSG)のMF、ジェローム・ロテン(29)が、2008年までの契約を3年間更新した。
●今シーズンからチームを率いることになったラニエリ監督との確執から、ユベントスを退団することが確実視されているDFのキエッリーニ。その移籍先として、マンチェスター・シティが濃厚となっている。
●アーセナルのセスク・ファブレガスは「誰にも『ノー』と言った事はないし、これからも言うつもりはない」と語り、レアル・マドリー移籍を断ったものの、来季以降の移籍に関して言葉を濁している
●デル・ピエーロの動向に国民の関心が集まる中、コボッリ・ジリ会長は「(デル・ピエーロは)契約延長を要求していない。近いうちにブラン(代表取締役)と契約更改について話し合いの場をもつべきだろう。3年契約になるのか、2年契約になるのかを含めて」
●ACミランのチェコ人DFヤンクロフスキーが07-08季の展開を予想している。貴重なサイドバックとしてACミランの欧州CL優勝に貢献したヤンクロフスキーは「ACミランの実力は少なく見積もってもインテルと同レベル以上だろう。ただ、ASローマとユベントスの存在にも注意が必要だが。我々ACミランは状態さえ良ければ、全てのタイトルを狙えるだろう」
●ファーガソン監督は「若手選手たちは色々と経験を積むためにも外に出て行くものだ。パルマでジュゼッペは16試合で9得点を挙げた。我々マンチェスター・ユナイテッドの一員となることで話がまとまった」と説明。才能が開花したロッシをマンチェスター・ユナイテッドが引き取ることを明らかにしている。
●ファビオ・カペッロがイタリア国営放送“RAI”の解説者となることが正式に決定した。
●ACミランのクラレンス・セードルフがチーム内の雰囲気を明らかにしている。経験豊富なオランダ人MFセードルフは「自分は常々言っていることだが、ACミランはまるで1つの家族みたいなものだ。実際、年の半分は一緒にいるわけだし。またこのチームは毎年しっかりとした人間関係を築き上げており、本当に素晴らしいことだよ」
●「我々ASローマは偉大なチームであり、もっとやれる能力があると確信している」。06-07季セリエAで26得点を挙げて“得点王”に輝いた主将フランチェスコ・トッティが26日、クラブ創設80周年を祝う席上で更なる上昇を誓っている。
●今夏の移籍市場を賑わせていたルーマニア人DFクリスチャン・キブーのインテル移籍がついに実現する。記者会見の席上でキブーは「インテルに行く。人生の決断だ」と噛み締めるように語っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。