UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/26UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーは、オランダU-20代表左SBロイステン・ドレンテ獲得に向けフェイエノールトに新たなオファーを提示した。彼に対し700万ユーロ(約11億5600万円)プラス、クシシュトフのオファーをフェイエノールトにオファーしている。クシシュトフは現在レアル・マドリーCチームでプレーする20歳のポーランド人左SBで、今年の1月にR・マドリーの下部チームに加入したばかり。
●アトレティコ・マドリーのベンフィカの右ウィング、シモン・サブロサ獲得の前に障害が立ちはだかっている。アトレティコはベンフィカが要求する移籍金2500万ユーロ(約41億4100万円)の問題を解決するだけでなく、シモンが要求する給料に対しシモンが値引きに応じるてくれることを説得しなければならない。シモンはアトレティコに対し“ギャラクティコ”並の給料を要求。月42万ユーロ(約6900万円)以下ではビセンテ・カルデロンには行かない構えを見せている。
●バルサのロナウジーニョ「他のクラブから関心があるのは嬉しいこと。でも、僕はここで大満足だし、僕の頭はバルサで一杯だ。バルセロナの一員ではない自分を考えることはできないよ」
●R・マドリーの選手としてオーストリアでの合宿で新たな生活を迎えたサビオラは、「チームメイトは僕に親切にしてくれるよ。今年はチームや監督を知っていくシーズンになるね。まずはフィジカル面を整えたい。ここにきて素晴らしいことばかりだから僕はとっても幸せだよ」
●バルセロナのライカールト監督は、将来が不透明だと噂されているデコについて、今季もバルサで続けていくと信じているようだ。監督はデコのプレーに「満足している」と語り、「彼もバルサで満足している」とコメント。そのため、他のクラブに出て行くことは「考えにくい」と語っている。25日のミニゲームではデコがスタメン組から外れたものの、この練習試合は大して重要ではないと断言した。
●レアル・マドリーは、クラブにとっての頭痛のタネであるイタリア人FWアントニオ・カッサーノを放出すると決めている。そしてインテルは、カッサーノ獲得に向けてR・マドリーとの間で選手のトレードを考えているという。そのトレードに入りそうなのが、かつてR・マドリーでプレーし、ファンにもお馴染みのアルゼンチン人MFサンティアゴ・エルナン・ソラーリだ。
●26日付けの“マルカ”が、アトレティコ・マドリーがベンフィカとの交渉の末、2000万ユーロ(約32億7900万円)でポルトガル代表MFシモン・サブロサ獲得をまとめたと報じた。難航を極めた交渉は最終的に2000万ユーロで落ち着いたが、このうち500万ユーロ(約8億2500万円)はインセンティブとしてシモンに支払われるようだ。さらに、アトレティコの2選手がベンフィカに移籍することになる。その名前は発表されていないものの、コスティーニャとゼ・カストロではないかと見られている。
●イルディングでの合宿も3日目を迎えた25日の朝、R・マドリーのベルント・シュスター監督はこれまでのボールを使った練習から一転し、トータル約6キロメートルの走り込みをチームに課した。雲間から太陽が顔を覗かせた雨上がりの朝、選手達はマツの木の周りをひたすらに走り続けた。
●セルヒオ・ラモスとの類似性を指摘されるバレンシアのアレクシスは、その理由が「共にピッチで全てを捧げる選手だから」との考えを示しながらも、自分と彼とは別の選手であることを強調した。「セルヒオとは、U-15のスペイン代表から一緒にプレーしてきた。ヘタフェにいた去年も彼と比較されたけど、僕はアレクシスであり、セルヒオは既に1選手としての地位を確立している。僕らはピッチで全てを捧げる選手であり、その点から似てると言われてしまうんじゃないかな」。
●マンチェスター・ユナイテッドのFWウエイン・ルーニーが、ナイキのサッカーシューズ「NIKE TOTAL 90 LASER」のショートフィルムに登場し、正確無比なシュートテクニックを披露している。
●リヴァプールは25日、6万人収容の新スタジアムの建築計画を発表した。2010年に完成予定のスタジアムは、現在のアンフィールドにほど近いスタンリー・パークに建設される。リヴァプールサポーターが陣取る名物のKOPは、現在と同様、1階建ての急傾斜のスタンドで1万8000人を収容する。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、「大型補強を敢行したリヴァプールのラファエル・ベニーテス監督は、クラブにプレミアリーグ優勝をもたらすというプレッシャーを感じているはずだ」
●ヴェルダー・ブレーメン所属のドイツ代表MFトルステン・フリンクス(30歳)が、右膝十字靱帯の断裂で、残るEURO2008予選をすべて欠場することになった。24日に行われたクラブの親善試合で負傷したもので、全治には数カ月かかると見られる。
●アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがウェストハムに移籍する前に所属していたブラジルのコリンチャンスが24日夜に行われた理事会で、何かと物議を醸したメディア・スポーツ・インヴェストメント(MSI)社とのパートナー関係を解消することを決定したことがわかった。10年契約はまだ半分以上残っていた。
●25日に行われたドイツリーグカップ準決勝で、バイエルン・ミュンヘンがリーグチャンピオンのシュトゥットガルトを2-0で下し、シャルケとの決勝へ駒を進めた
●マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、新シーズンの2トップ構想を披露。プレミアリーグ2連覇を狙う老将は、現在獲得に動くウェストハムのFWカルロス・テベスを、早くもイングランド代表FWウェイン・ルーニーの相棒に指名したのだ
●この夏、リバプールへ移籍したスペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、チームとともに香港で開催されているバークレイズ・アジア・トロフィーに参加しているが、初戦のサウス・チャイナ戦前の記者会見にもベニテス監督やキャプテン、ジェラードとともに記者会見に出席。チームに合流して間もないが、トーレスに対するメディアの注目度は高く、早くもチームを牽引する一人と見られているのも事実。「このチームでプレーしていることに満足している。チームメイトを尊敬しているし、彼らからたくさんのことを学べるよ。みんな世界でも有名だ。僕はスペインでは有名だったけれど、みんなのように世界レベルで有名になりたいね」。
●マンチェスター・ユナイテッドはウエストハムからFWテべスを迎え入れようとしているが、保有権のもつれからその裁定はスポーツ仲介法廷(CAS)にまで持ち込まれており、獲得交渉の長期化が予想されている。そんな状況にマンチェスター・ユナイテッドは、テベスの獲得が実現できない際には、ボルトンに在籍するアネルカの獲得に乗り出すと見られており、すでに1500万ユーロ(約25億円)の移籍金を準備していると報道されている。
●トレゼゲ、カモラネージ、ブッフォン、ネドベドなど、昨シーズンチームに残留した主力選手が次々と契約延長を行ったユベントスだが、来年6月末にユベントスとの契約が切れるデル・ピエロもこの度、2010年までの2年の契約延長がクラブと合意に至った。
●マッシモ・モラッティとロゼッラ・センシがローマで会い、クリスティアン・キブーのインテルへの移籍についての話し合いを行った。両会長は合意に達したようだが、正式な発表はもう少し待たなければならないだろう。
●24日のテストマッチで負傷し、右ひざ十字靱帯(じんたい)断裂の疑いで病院に運ばれたドイツ代表MFトルステン・フリンクスのけがは、当初の予想より軽傷であることが分かった。
●サポーターを安心させるため、アドリアーノ・ガッリアーニは間もなくミランにもう一人FWが加入すると明言した。月曜日に選手たちが集合した際には、カカの放出を考えたことは一度もないとベルルスコーニが念を押していた。とはいえ、カカの契約更改の問題は保留されたままだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ナイキのレディース用スニーカーの口コミって少ないですよね
2007/07/27(金) 04:58:37 | ナイキ スニーカー レディース
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。