FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/07/25UEFAサッカー情報
●アンリの加入によりライカールト監督がどんなシステムを採用するのかに注目が集まるバルサだが、スコットランドキャンプ2日目となる24日の練習でライカールト監督は11人対11人のミニゲームを始めて行い、これまで通りの4-3-3システムを試した。
●24日、アルゼンチンU-20代表FWセルヒオ・アグエロが、グロリア・ビストリタとのインタートトカップ3回戦第2戦に備えアトレティコ・マドリーが合宿を行っているセゴビア郊外のロス・アンヘレス・デ・サン・ ラファエルに到着した。
●レアル・マドリーとミランが新たな“争奪戦”を演じようとしている。だが、それはミランに所属するカカではない。今回の“争奪戦”の主人公となるのはブラジル期待の新星レシャンドレ・パトだ。若干17歳のパト獲得は、ヨーロッパの名門クラブであるR・マドリーとミランの目標となり、両クラブともに来シーズンに向けて彼を手に入れたいと考えている。
●ミランのベルルスコーニ会長は23日の新チーム披露の席で、今季最大の目標であるロナウジーニョを同席させることが出来なかった。ベルルスコーニ会長は「我々はヨーロッパチャンピオンであり、このチームでプレーする選手は世界最高のレベルでなくてはならない。私の希望がロナウジーニョであることは誰もが知っているだろう。実際に私はラポルタ会長に連絡し、ロナウジーニョを売ってくれないかと頼んでみたが、彼の答えは明確だった。『ロナウジーニョを放出したら私は国外に追放されてしまう。彼を売ることは何があっても不可能だ』と言っていたよ」と暴露している
●非公式とはいえ、久しぶりに試合でボールに触ったアンリは「久々に試合をしたっていう実感があるよ。疲れているわけじゃないけど、フットボールをプレーするのは単に走ることとは違うからね。3月はじめにピッチを離れて以来、5ヶ月ぶりに試合が出来たよ」と嬉しそうに語る。
●バルセロナのアンデルソン・デ・ソウサ“デコ”が、遠征先のスコットランドにて自らの置かれた状況について語った。彼は自分が今季のチームプランに入っていると確信しており、他クラブの誰からも移籍に関するコンタクトを受けていないことを説明。「2010年まで契約が残っている。現状誰からも移籍話を受けていないから、今季のチームプランには入っているのだと思うよ。僕はこのチームに満足しているけど、クラブが僕を不要と考えるなら彼らは全ての権利を持っている」。
●今週火曜の練習を見る限り、獲得間近と見られているドレンテ、負傷中のミゲル・トーレスに代わるR・マドリーの左サイドバックはシシーニョが務めることになる。
●バレンシアで構想外になっているデル・オルノが、古巣ビルバオなど国内クラブからの期限付き移籍のオファーを拒否している。また、先日『マルカ』紙が報じたバイエルンからのオファーも拒否しており、いまだに去就が決まっていない。
●ビルバオのジェステが24日、バルセロナ市内の病院で恥骨炎の手術を行った。クラブの公式サイトで発表された内容によると、全治8週間の離脱で、開幕戦を含め第2節までは欠場となる見込み。
●サラゴサがベティスのスペイン代表DFフアニートの獲得に興味を示している。すでにアジャラ、パボンの獲得を決めているサラゴサだが、来シーズンのUEFAカップ出場をにらんで、さらにもう1人センターバックの補強を行う予定
●ファビアン・カリーニは今後4シーズンにわたってレアル・ムルシアのGKとしてプレーすることになった。2006-07シーズンのインテルで公式戦に1度も出場できなかった1979年生まれのGKカリーニは、シーズン終了後にインテルを退団し、スペインのムルシアとの契約にサインを済ませた。
●イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが24歳の誕生日を迎えた24日に、ローマでキャリアを終えたいと話した。「ここでさらに10~12年間プレーするのは、他に行くよりも優勝の機会は少ないかもしれない。だけど、優勝しなくても、ローマは素晴らしいところなんだ。それに、もし優勝できれば、僕は自分の街の歴史に刻まれることになるんだからね」
●ドイツリーグカップ準決勝が24日に行われ、シャルケがニュルンベルクを4-2で下し、土曜日の決勝に駒を進めた。
●泥沼化しているアルゼンチン代表FWカルロス・テベスの移籍問題についてFIFAは24日、イングランドサッカー協会(FA)とプレミアリーグは、ウェストハムに対し問題をスポーツ仲裁裁判所へ持ち込むようにアドバイスするように提案した。「仲裁を断るということではなく、複雑な問題なので、関係者すべての利益を考えて提案した。膠着状態を打破するには、これが一番早い方法だと考える」とFIFAのスポークスマン
●リバプールのラファエル・ベニテス監督は、DFガブリエル・エインセの去就を巡るマンチェスター・ユナイテッドの対応について、「理解に苦しむ」と苦言を呈した。マンU側は、エインセの代理人に対し、680万ポンド(約17億円)で今夏の移籍を認める旨を、書面で通達した。そして、この情報を知ったベニテスは、即座にこのアルゼンチン代表DFの獲得に乗り出し、マンU側が設定した金額の支払いを確約するオファーを提示した。
●23日、ミラネッロ(ACミラン総合練習施設)で夏季合宿を開始したACミラン。チームを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は「まずは強い意欲とともに熱狂を取り戻す。バカンス中は穏やかに過ごすことができて楽しめたよ。ほぼ毎日がフェスタ(パーティ)のようで、多くのミラニスティ(ACミラン選手・サポーター)と出会い、5月23日(アテネでの欧州CL決勝の日。優勝を飾る)を思い起こしたよ」とコメント
●ACミランの司令塔カカが長い沈黙を破り、執拗に流れる“レアル・マドリー移籍説”を自らの口で完全に否定している。“カカ、レアル・マドリー移籍説”に関しては、あるメディアでは「カカがACミランに対してレアル・マドリー移籍を志願した」などの過剰報道すら流れる異常事態に発展するなど、今夏の移籍市場を大いに賑わしている。「ACミラン側に権利を要求したことなど一度もなければ、移籍したいなど言ったこともない。また、契約解除に向けての動きも取ったことさえない。ACミランが更なるチーム強化のために色々と手を尽くしているのと同じように、レアル・マドリーも自分の獲得に力を入れているのだろう。自分が“名門のシンボル”であるならば、そのクラブがACミランであることを望んでいる。」
●モウリーニョ監督「より魅力溢れる試合内容で勝負を制したい。多くの決定機を生み出すであろう“4-3-3”で挑むつもりだ。『ここ3年間、チェルシーがイングランドで最も強いチーム』と思われているかもしれないが、自分はそれ以上に強いチームにしたい」と宣言している。
●ACミランのFWアルベルト・ジラルディーノ「ここには既に自分と、カカ、インザーギ、ロナウドがいる。我々は現在、充実して練習に取り組んでおり、またチームの強化を常に考えている。もしクラブがビッグネームを獲得するというのであれば、それは大歓迎だ。チームも更に強くなるだろうし」
●セリエA復帰を果たしたユベントスが25日、MFクラウディオ・マルキージオ(21)とDFフェリーチェ・ピッコロ(23)の2選手をエンポリに放出することを明らかにしている。
●“エメルソン(レアル・マドリーMF)のインテル加入”を問われた際に「インテルにはいらない。(元所属の)ユーベに戻れ」と発言したDFマルコ・マテラッツィ。このマテラッツィの問題発言に対し、インテルの幹部であり、主に移籍市場を担当するガブリエレ・オリアリが険しい表情を見せている。
●現役時代にユベントスのセンターフォワードとして、そしてイタリア代表でも42試合に出場(19得点)するなど国民的な人気を誇ったロベルト・ベッテガ(56)の息子アレッサンドロ・ベッテガ(19)が25日、セリエAのシエナに入団したことが明らかとなった。
●ドイツ・ブンデスリーガ開幕まで3週間を切った24日、今季も優勝候補の一角と目されるブレーメンが最悪のアクシデントに襲われた。パダーボーン(2部)との練習試合でドイツ代表MFフリンクスが右ひざの十字靱帯(じんたい)断裂という大けがを負ってしまったのだ。
●デ・ロッシはまだ正式に決定していないキブーのインテルへの移籍を発表するかのような発言をしてしまった。「彼が出て行くのは残念だ。それにインテルに行くなら、僕らが弱くなって直接のライバルの補強に手を貸すことになってしまうからね。すごく残念なことだ。クラブとの間での問題を解決して、彼にとって最善の選択をしてほしい。その選択がローマに残ることであってほしいと思っている」
●イングランドの『ミラー』紙によれば、ユベントスはアーセナルのフィリップ・センデロスを獲得するため450万ユーロ(約7億4250万円)を準備しているらしい。
●ナポリが電撃的な補強を行った。MFワルテル・ガルガノの獲得である。3日前に23歳になったばかりのウルグアイ人MF。ナポリとの契約は5年間のようだ。小柄(身長168センチ)ではあるが、非常に運動量が多いタイプの選手だ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
UEFAカップUEFAカップは、欧州サッカー連盟(UEFA)が毎年9月から翌年の5月まで開いている欧州のクラブによる国際大会。対戦の勝敗は基本的にホーム・アンド・アウェー方式の2戦合計にて決められるが、1997-1998シーズンより、決勝戦のみ中立地での1戦で勝敗を決する。また、2
2007/08/07(火) 21:41:09 | サッカーFC事典
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.