FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/07/23UEFAサッカー情報
●21日に行われたインタートトカップ3回戦のファーストレグで、アトレティコ・マドリーはアウェイでルーマニアのグロリア・ビストリタに1-2で敗れた。UEFAカップ出場へ望みをつなぐためには、セカンドレグでの勝利しかない。
●インテルのマンチーニ監督が、レアル・マドリーで構想外になっている元ブラジル代表MFエメルソン(31歳)に興味を持っていると明かした。
●22日午後、新レアル・マドリーは、プレシーズンの第一ステージとなるイルドニング(オーストリア)でのキャンプに出発したが、その23名の招集メンバーの中にイタリア人FWアントニオ・カッサーノの名前は入っていなかった。
●セビージャに4年間在籍した末、生まれ故郷のチーム、アスレティック・ビルバオに戻る事になったアイトール・オシオが退団会見を行った。セビージャには「カバン一つで」やって来たアイトール・オシオだが、「4つのタイトルと素晴らしい妻、それにかわいい娘を連れて行くことになった。故郷に帰るとはいえ、引退したらまたセビージャに戻るつもりだよ。ここでの経験は何物にも代え難いんだ」
●ミランのベルルスコーニ会長はサミュエル・エトー獲得のために5000万ユーロ(約85億円)を用意し、ガリアーニ副会長に獲得交渉を開始するように命じているとイタリア紙が報じた。報道では、「ベルルスコーニ会長は混乱しているようだ。一方ではシェフチェンコの帰還が決まっていると言ってみたり、ロナウジーニョ、カカ、ロナウドの魅惑のブラジルトリオを完成させたいと語っている」という。
●メッシは「本当は早くバルセロナに戻りたいんだけど、少し休まなきゃいけないよね。でも今年の補強にすごく満足しているんだ。特にミリートの補強は嬉しいよ。早く新しい選手と会いたいな。今年のバルサは全てのタイトルを獲るために世界最高の選手を集めたチームになってきたよ」
●バルセロナのライカールト監督は21日、メッシ、エトー、ロナウジーニョ、アンリの4人が同時にプレーする可能性を否定せず、戦術的には難しいものの“数字上は”彼らの共存も可能であるとの考えを示した
●マラガからビジャレアルに移籍した若手DFキコを巡り、両クラブ間で対立が生じている。マラガはビジャレアルが行った契約が違法であるとし、FIFAとUEFAに対して告訴する姿勢まで見せている。
●バルセロナが始動した。約1ヶ月のバカンスを終え21日、コパ・アメリカに参加したメッシ、マルケス、ガビ・ミリートを除くメンバー全員が4つのグループに別れ、メディカルチェック受け、シーズン初練習を行った。
●ネグレド、パブロ・ガルシアの獲得に失敗したオサスナだが、アーセナル所属のU-20メキシコ代表FWカルロス・ベラが来シーズン、期限付き移籍でオサスナでプレーするようだ。
●ディエゴ・トリスタンがイタリアに移住することになった。これまでスペインの複数のチームからオファーを受け取っていたものの、検討の結果スペイン人にとってはあまりいい思い出のないイタリアを新天地に選んでいる。
●ファビオ・カンナバーロが21日から始まるレアル・マドリーの練習に姿を現した。彼の目標はリーガ開幕に向けて体調を整え、キャリアの中で唯一欠けているタイトルであるチャンピオンズリーグを今年こそ優勝することである。
●バレンシアのFWダビ・ビージャは彼の獲得に興味を示している他のクラブに感謝しつつも、バレンシアが彼を信頼し、オファーを拒否していることに満足しているようだ。「他のクラブからの興味やオファーはうれしく思うよ。でも、何よりうれしいのはクラブがそういった話を断り、残留を望んでいることを示してくれていること。バレンシアでのプレーを楽しんでいるし、バレンシアが成長していくのを見続けたい」
●レアル・マドリーのキャプテン、ラウルは、シュスター監督の就任とクラブが目指す質の高いプレーでチームにとって良いシーズンとなると自信を見せ、「楽しむつもりであり、ファンも喜んでくれるはず」
●アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンがバルサのプレシーズンでの負傷者第一号となってしまった。
●バレンシアはポルトのアルゼンチン代表MFルチョ・ゴンサレス獲得に動いていたが、ルチョの移籍金に2500万ユーロ(約41億8600万円)を要求するポルトとの交渉は難航。そこでキケ監督はその代役としてクラブ側にシェルストレームの獲得を要望している。
●イルドニングに場所を移し、プレシーズンの練習を行ったレアル・マドリーだが、守護神イーケル・カシージャスがプレシーズン負傷者第一号となった。左大腿四頭筋の前直筋を傷め、チームから離れての練習を余儀なくされている。
●LAギャラクシーのデイヴィッド・ベッカムが、21日に行われたチェルシーとの親善試合でついに全米デビューを果たした。試合は、49分にジョン・テリーのゴールでチェルシーが先制。ベッカムは78分に大歓声に迎えられて登場したが、足首の具合が思わしくないのは明らかで、ほとんどチャンスは作れなかった。
●ブンデスリーガ開幕を告げる恒例のリーグカップ準々決勝が21日に行われた。バイエルン・ミュンヘンはヴェルダー・ブレーメンと対戦、リベリの2ゴールとハミト・アルティントップ、シュヴァインシュタイガーの得点で4-1で逆転勝利。カールスルーエと対戦したシャルケ04は、ハリル・アルティントップが相手のミスをついて決勝点を決め、1-0で勝利した。
●アヤックスの元オランダ代表MFエドハー・ダヴィッツが、脚の骨折で3か月間戦列を離れることになったと、22日にクラブが発表した。
●ニューカッスルの新戦力、ジョーイ・バートン(24歳)が、プレミアリーグの開幕に間に合わないことがわかった。
●U-20W杯の決勝が22日に行われ、アルゼンチンがチェコに2-1で逆転勝利を収め、2大会連続6回目の優勝を飾った。
●U-21代表チームのメンバーはファン・バステン監督から、EURO2008に向けたフル代表に選ばれるチャンスをつかむためにもエールディヴィジでプレーするべきだとアドバイスされたという。にもかかわらず、20歳のバベルはリヴァプールへ移籍する道を選んだ。
●22日に行われたインタートトカップ3回戦ファーストレグで、イングランドプレミアリーグのブラックバーンはアウェイでリトアニアのヴェトラと対戦。マッカーシーとダービシャーのゴールで2-0と快勝し、UEFAカップ予選2回戦進出へ大きく前進した。
●ボルトンのニコラ・アネルカ。一時はボルトン残留が濃厚と報じられたが、サミー・リー監督が「本人が、チャンピオンズリーグに出場するクラブへの移籍を望むなら、反対はしない」と発言、再びアネルカの行方に注目が集まることになった。レキップ紙が報じている。
●リヨンのオラス会長は21日、シルバン・ビルトール(33)の移籍でレンヌ首脳陣と合意に達したことを明らかにした。レキップ紙がウェブ版の速報で伝えている。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリー移籍の噂が取沙汰されているMFアリエン・ロッベンの去就についてコメント「ロッベンは負傷中だ。彼はチームに帯同しているし、近く我々とともにロンドンへ戻る。彼がマドリードへ行くという事実はないよ」
●元イタリア代表MFのアレッシオ・タッキナルディがユベントスとの契約を破棄していたことが明らかとなった。
●今季セリエA昇格を果たしたばかりにも関わらずジェノアのエースFWマルコ・ディ・バイオは目標を“セリエA残留”以上に絞っている。
●ASローマのルチャーノ・スパレッティ監督が、移籍報道が激化するDFクリスチャン・キブーについて語っている。06-07季セリエAでチームを2位に導いた敏腕スパレッティ監督は「おそらく木曜日(26日。ASローマ誕生80周年)が彼にとって運命の日となるだろう。現時点でキブーがASローマに残る可能性は50パーセント。選手の要望は『条件が良く、彼の能力を最大限に発揮出来るところ』とのことだろうが、早く解決することでより落ち着きを取り戻せるのではないか」
●06-07季セリエAを9位で終了し、現在インタートトに参加中のサンプドリアが敵地でチェルノ・モレ(ブルガリア)を相手に勝利を収めている。
●06-07季セリエAを制したインテルのロベルト・マンチーニ監督さえも、クラウディオ・ラニエリ新監督率いるユベントスの存在を脅威に感じているようだ。「ユベントスには素晴らしい新戦力が数多く揃っている。我々インテル、ACミラン、ASローマとともに優勝争いに加わると信じている」
●マンチェスター・ユナイテッドが保有権を持つ若手FWジュゼッペ・ロッシ(20)について問われたギラルディ会長は「今朝、ロッシの代理人を務めるフォルガリアと会った。ただ、現在日本ツアー中のマンチェスター・ユナイテッドがイングランドに戻ってこない限り、ロッシの去就について話を進めようがない」
●07-08季開幕を前に、欧州王者ACミランの人気が沸騰している。現在ACミランの公式サイト上で受付け中の“年間チケット登録”者数が23日午前の段階で37771人に達していることが明らかとなっている。
●ペレ氏がミランのブラジル代表MFカカにミランで続け、レアル・マドリーに移籍しないようアドバイスを送った。「お金が全てではないし、どこにいようと大切なのは幸せであること。私はそれがミランだと思う」。ペレ氏はその経験から「私は20年間サントスでプレーした。R・マドリーやユベントスを含め素晴らしいオファーが舞い込んだが、私は常に忠実だった。私が成長し、私を選手として大きくしてくれ、私を愛してくれたファンのいるサントスに残ることを選んだ。幸せだったよ。お金が全てではなない。カカは何をすべきか分かっている。私が思うに、ミランでは幸せだろう。なぜ変える必要があるだい?」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
UEFAカップUEFAカップは、欧州サッカー連盟(UEFA)が毎年9月から翌年の5月まで開いている欧州のクラブによる国際大会。対戦の勝敗は基本的にホーム・アンド・アウェー方式の2戦合計にて決められるが、1997-1998シーズンより、決勝戦のみ中立地での1戦で勝敗を決する。また、2
2007/08/07(火) 17:14:20 | サッカーFC事典
UEFAインタートトカップUEFAインタートトカップ(UEFA Intertoto Cup)は欧州サッカー連盟(UEFA)が6~8月に開催する欧州間のクラブによる国際大会。前身は1961年に始まったInternational Football Cup。1995年に現在の名称となる。UEFAチャンピオ
2007/11/09(金) 18:40:29 | サッカーFC事典
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.