FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/07/18UEFAサッカー情報
●バルセロナは17日、フランス代表FWルドヴィク・ジュリ(31歳)がまもなくローマと契約すると認めた。イタリアのメディアが、ジュリが16日にローマに飛び、セリエAのクラブと3年契約を結ぶことで合意したと報じたのを受けて、声明を出したもの。
●レアル・マドリーのカンテラ出身のDFフランシスコ・パボンがサラゴサに移籍したことで、フロレンティーノ・ペレス政権時代を象徴する“ジダネスとパボネス”のサイクルに終わりを告げた。
●ベンフィカ所属のポルトガル代表MFシモン・サブロサがアトレティコ・マドリーに移籍するには、アトレティコがシモンに設定されている違約金を払うかどうかにかかっているとポルトガル紙“ディアリオ・デ・ノティシアス”が報じている。ベンフィカはシモンの違約金を2500万ユーロ(約42億1200万円)に設定している
●ロベルト・ファビアン・アジャラがサラゴサの選手として入団会見を行った。フットボールを始めた時と同じくらい希望に満ち溢れていると語ったアジャラ。サラゴサを競争力のあるチームと評し、自分に対する期待に応えてチームの目標を達成したいと抱負を語っている。
●バルセロナはエスケーロ、マキシ・ロペス、モッタの3人を今季は構想外だと宣言しているが、今週中に彼らの将来が決まらない場合は来週からのスコットランド合宿に彼らも合流することになりそうだ。
●7月8日にもマルカが報じていたように、レアル・マドリーはウルグアイ代表MFパブロ・ガルシアの1年間の期限付き移籍で1部に昇格したムルシアと合意に達したことを正式に伝えた。
●17日、ミランがバルセロナのサミュエル・エトー獲得に向け今週にもオファーを出すと報じられたが、この噂に対しジョアン・ラポルタ会長は「エトーは売らない」とキッパリ断言し、バルサにエトーを放出するつもりがないことを改めて強調した。
●イタリアメディアにユベントス復帰の可能性を語った本人の発言から一転、カンナバーロの代理人であるガエターノ・フェデッレ氏が“ラジオ・ミランインテル”のインタビューにて「ファビオはマドリーを気に入っており、タイトルも手にした。だから移籍する可能性はないと思う」と、R・マドリーへの残留を明言
●アトレティコの新加入選手として発表記者会見を行ったディエゴ・フォルランは17日、今回の移籍がスペインにおける“素晴らしい挑戦”になるとコメントした。「アトレティコは重要なクラブであり、多くのファンがついている。だからこれは素晴らしい挑戦なんだ。僕はプレーし、ファンは期待を膨らますことになるけど、個人的には練習からできることを最大限やっていくつもりだよ」。
●バルセロナから発信された「サミュエル・エトーを売るつもりはない」というメッセージにもミランに諦める様子はない。ミランはエトーをサン・シーロに連れて来る作戦を練っている。エトー獲得交渉に向けミランは5000万ユーロ(約84億円)のオファーを出す用意をしているようだ。
●アーセナルでの1年間のレンタル移籍が終わり、ブラジル代表としてコパ・アメリカ優勝に輝いたジュリオ・バチスタが「レアル・マドリーでプレーし、優勝したい」とその希望を再び口にした。
●ベティスは17日、これまでに獲得が決まっていたMFマルク・ゴンサレス(前リバプール)、MFバビッチ(同レバークーゼン)、GKリカルド(同スポルティング・リスボン)、FWパボーネ(同エストゥディアンテス)の入団発表を行った。16日にはクーペル新監督の就任も発表
●ユベントスはジョルジュ・アンドラーデ(29)の獲得を発表した。スペインのデポルティボ・ラ・コルーニャに1000万ユーロ(約16億8000万円)を支払い、完全移籍の形で獲得することで合意に達した。
●アルゼンチン代表の主将ロベルト・アジャラ(34歳)が17日、代表引退を宣言した。コパ・アメリカ決勝で115キャップを記録し、ブラジルに0-3で敗れた2日後のことだった。
●アストン・ヴィラは17日、ウェストハムのFWマーロン・ヘアウッド(27歳)を獲得したと発表した。契約は3年間で、ウェストハムでチームメートだったレオ・コーカーと再び一緒にプレーすることになる。
●マンチェスター・ユナイテッドだが、オールド・トラフォードでは18日にカルロス・テベスのメディカルチェックを予定していたものの、ウェストハムから許可が下りず、困った状態になっている。
●イングランド代表FWマイケル・オーウェン(27歳)が、1年半ぶりにゴールを決め、アラダイス監督に率いられた新生ニューカッスルに3-1の勝利をもたらした
●昨シーズンのプレミアリーグでタイトルをマンチェスター・ユナイテッドに譲ったチェルシーにあって、シーズン通算33ゴールを記録するなど、攻撃陣を牽引し続けたFWディディエ・ドログバ。「僕の去就はまだ確定したわけじゃない。良いオファーが届けば、状況が一変する可能性もあるよ。ポルトやバルサといったクラブからオファーがあるのも聞いている。そもそも僕には毎シーズンのようにオファーが届くんだ。」
●モンテッラは「『コンディションが思わしくない』という報道がされているようだが、体調は良い。サンプドリアを離れて久しかったが、ジェノバの街とサポーターに対する自分の思いは強かった。だから、他にも色々な選択があったが、サンプドリアからのオファーの知らせを受け、即決した」
●ユベントス会長ジョバンニ・コボリ・ジリが、ファビオ・カンナバーロ(レアル・マドリー)のユベントス復帰の可能性を否定した。
●サッカーのスペイン1部リーグで覇権奪回を目指すバルセロナにアンリらスター選手が加入したのと対照的に、ACミラン、ユベントスなどイタリアのチームは大物獲得が難航している。両国の税制の違いが生み出すクラブ負担額の差が要因の一つだ。
●国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新の世界ランキングを発表し、南米選手権で優勝したブラジルが、前月の3位から1月以来の1位に返り咲いた。同選手権準優勝のアルゼンチンが5位から2位となり、3カ月1位を守ったイタリアは3位、フランスは2位から4位に後退した。 日本は40位から36位に上がり、アジア・サッカー連盟(AFC)加盟国の中では最上位。
●英紙『デイリー・ミラー』の報道によれば、スベン・ゴラン・エリクソンはズラタン・イブラヒモビッチを欲しがっているらしい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.