UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/06UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーのカルデロン会長は5日、獲得を目指しているローマのルーマニア代表DFクリスティアン・キヴ(26歳)について、年俸の折り合いがつかず、交渉は暗礁に乗り上げたと話した。ローマは4日に、キヴを1800万ユーロ(約29億円)で売却することで合意していたが、移籍は微妙な状況になっている。カルデロン会長は地元ラジオのインタビューで、「ローマとは合意に達した。次は選手と個人的条件で合意する必要がある。しかし、聞いたところでは、年俸の面で根本的な相違点があるようだ。要求額が我々の予想をはるかに超えており、検討しなければならない」と話した。
●レアル・マドリーのカルデロン会長が、カペッロ監督を解任後、次期監督候補の一人としてアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督と交渉したと話した件で、アーセナルは5日、同会長の発言を「事実無根」と一蹴した
●ボルトンのフランス代表FWニコラ・アネルカが、スペインのバレンシアへ移籍することになるかもしれない。
●ガブリエル・ミリートとの交渉が暗礁に乗り上げたユベントスが、デポルティーボのジョルジュ・アンドラーデ獲得に乗り出した。
●バレンシアとポルトはアルゼンチン代表MFルーチョ・ゴンサレスのバレンシア移籍で合意に達したようだ。ルーチョ・ゴンサレスには2000万ユーロ(約33億4100万円)の値がつけられているが、バレンシアにその額を支払う用意はないと思われ、移籍金額が今後の交渉のポイントになるだろう。
●「彼にはバルサ移籍への後押しをしたし、それ以外にも僕らはいろいろ話している。バルセロナで絶対うまくいくよって話したよ」。さらに、G・ミリートは考えを巡らせているところであり、待つ必要があるとも。「彼にはたくさんのオファーがあるんだからね」とメッシは付け加えた。
●レアル・マドリー・カスティージャからマジョルカに移籍の決まったボルハ・バレロは、5日に補強選手として正式に紹介された。バレロは「とても嬉しい。カスティージャで2年間2部リーグで戦ったが、マドリーでは世界クラスの中盤から上の選手を探しており、トップチームへと昇格するのは困難だと思った。ここでそろそろ1部リーグに挑戦してみたくなった。マジョルカはここ10年間強化し続けた、とても良いチームだ。僕にチャンスをくれたクラブに感謝する」
●セビージャのFWケパ・ブランコは、ヘタフェとの4年契約の合意寸前まで来ている。セビージャとの契約をあと2年残しているが、ケパは「まだまだ詰めていかなければならない事項もあるが、順調に進んでいるようだ」と経過を説明した。
●バルセロナのガブリエル・ミリート獲得が間近となっている。彼の代理人が4日にバルセロナ入りしており、水面下でテクニカル・ディレクターのチキ・ベギリスタインとコンタクトを取っている。年俸や契約年数など、選手側とは大筋で合意に達しているもよう。
●エスパニョルは5日、アルゼンチン人DFクレメンテ・ロドリゲスの入団を発表した。ロシアのスパルタク・モスクワからの期限付き移籍となり、契約期間は1年。250万ユーロ(約4億2000万円)での買い取りオプションが付いている。
●ベティス所属のオドンコーが意見の相違から代理人と衝突し、両者の契約が解除されたと伝えた。
●リカルド・オリベイラはサラゴサの選手となる。少なくともラディオ・マルカは木曜日の朝にそう報じており、同紙のウェブサイト上にもその内容が掲載された。
●パレルモは5日、イタリア代表FWダヴィド・ディ・ミケーレ(31歳)がトリノへ移籍したと発表した。
●ウィンガーを探しているフィオレンティーナのプランデッリ監督が、アヤックスのウェスレイ・スネイデル(23歳)の獲得を目指していると、イタリアのメディアが報じた
●「この選手はまだ若い。だが才能を秘め、超一流選手になれる可能性を持っている」カナダで開催中のU20ワールドカップを個人視察していたミランのアンチェロッティ監督が、同ブラジル代表のFWパト(インテルナシオナル所属)を高く評価し、ミラン首脳陣は早速獲得工作に着手した。
●英国の各種メディアは、アルゼンチン代表FWカルロス・テベスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が間近であると報じている。マンUは数週間前からテベスの保有権を持つと主張するメディア・スポーツ・インベストメント(MSI)社のキア・ジョオラビキアン氏との交渉を進めており、すでに2500万ポンド(約61億円)の移籍金で合意に達していると言われている。
●カルチョスキャンダル後もクラブに残留してファンやサポーターを歓喜させ、ユベントスのセリエA昇格に貢献して再びファンから感謝されているネドベド。その勇姿が見られるのも、今シーズンが最後になるかもしれない。ネドベドのユベントスとの契約は来年6月末まで。ユベントス首脳陣は当然ながらチームの中心であるネドベドに契約延長を提示した。しかし、ネドベドはこの申し出を保留したのだ。
●フランス代表MF、クロード・マケレレ(チェルシー)がパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍か、と報じられたのは数ヶ月前。しかしこのときは根拠のない噂として片付けられた。しかしレキップ紙によると、ここへ来てPSGはマケレレの獲得を真剣に検討している模様だ。
●オランダ代表MF、ボウデビン・ゼンデン(30)が移籍市場で注目を集めている。レキップ紙によると、ゼンデンは所属するリバプールと契約延長を行なっておらず、7月1日から自由契約の身となっている。
●07-08季からセリエA・Bの試合で、アウェイ席の占める比率は各スタジアムの5%ということが判明した。3日夜に行われたレーガ・カルチョの定例会議により決定した。これにより今までの「アウェイ席は最低2000」との規則が廃止されることになる
●ASローマ所属のルーマニア人DFクリスチャン・キブーの代理人ビクトル・ベカリが5日、レアル・マドリーからの“1800万ユーロ(約30億円)オファー”に対して不満を訴えている。スペイン最大のスポーツ紙“MARCA”のインタビューに応じたベカリ代理人は「レアル・マドリーがASローマの提示する1800万ユーロを受け入れるというのならば、ピッチに降り立つ選手の要求も受け入れなければならない」と強気の姿勢でコメントしている。
●シチリア島最大の都市に拠点を置くパレルモが5日、セリエA復帰を果たした名門ユベントスからFWファブリッツィオ・ミッコリを獲得したことが判明した。
●トッティは「移籍市場は8月31日に幕を閉じる。ASローマがより強固なチームになるための時間は十分にあり、焦らずに様子を見守ろう」と冷静に語った。
●2006-07シーズンの欧州チャンピオンとなったACミランが今夏、日本で子ども向けのサッカークリニックを開催する。ミランがイタリア本国で実施しているジュニア育成プロクラム「ACミランメソッド」を日本で体験できるイベントで、4泊5日の宿泊型と、日帰りの1日型の2種類を実施。
●ベネズエラで行われているコパ・アメリカ(南米選手権)は、7月5日(現地時間)にC組の2試合が行われ、共に2連勝でグループリーグ突破を決めていたアルゼンチンとパラグアイ、2連敗で両者とも敗退が決まっていたコロンビアと米国が対戦した。アルゼンチンはマスチェラーノのゴールでパラグアイを1-0で下し、参加国中唯一3連勝としてC組1位で決勝トーナメント進出を決めた。
●ドルトムント所属のトルコ代表MFヌーリ・サヒンが5日、フェイエノールトへ期限付きで1年間移籍することが決定した。
●KNVB(オランダサッカー協会)の会長スプレンゲルス、オランダ代表監督のファン・バステンら3人が5日、バルケンエンデ首相を訪問し、オランダ・ベルギー共催による2018年ワールドカップ(W杯)開催招致に協力を求めた。「素晴らしいプランだ!」と会談を終えて記者団の前に現れたバルケンエンデ首相は興奮気味に反応。
●アッリーゴ・サッキ、インテルのアドリアーノに対しては厳しい意見を述べた。「出ていかなければならない。それが彼のためだ。そうすれば私がいた時のパルマ時代のように圧倒的な力を持ったストライカーに戻れるかもしれない。彼のような選手の才能を無駄にするべきではない。例えば、リバプールにアドリアーノが加入すれば素晴らしいことになっていたと思う。リバプールでプレーすれば本来のレベルに戻っていただろう。フェルナンド・トーレスよりもはるかにリバプールに貢献できたはずだ。トーレスに支払った金額は行き過ぎていると思う。数年前から注目しているが、今でも期待の若手という段階にとどまっている。4000万ユーロ(約67億円)近い出費に値するような、確固としたスター選手にはまだなっていない」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。