FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/07/05UEFAサッカー情報
●バルセロナの“放出リスト”に上がる元フランス代表MFルドビック・ジュリ。フランス復帰が濃厚と噂されるもののその将来は依然不透明のままだ。バルセロナ側からの連絡もなく、この待ち状態に嫌気がさしているジュリ側は、「このままの状態が続くようなら、あと1年残っている契約を全うする」とバルセロナを脅しにかける作戦に出るつもりだ。
●スペインの名門バルセロナがチェルシーのMFフランク・ランパード(29)に興味を抱いている!?4日付のイングランド現地紙“THE SUN”によると、「バルセロナはチェルシーのMFランパード獲得に向け、1800万ユーロ(約30億円)のオファーを提示した」とのこと。また同紙は「バルセロナは長年ランパード獲得を試みている」とも報じている。
●ACミランのブラジル人FWリカルド・オリベイラ(27)は、スペインのサラゴサと既に契約を交わしている!?情報源となっているスペインの“RADIO MARCA”によると「オリベイラは来シーズン、カルロ・アンチェロッティ(ACミラン監督)の元には戻らない。このセンターフォワードはリーガへの復帰を考えている」
●スペインの名門レアル・マドリーが4日、ルーマニア人DFクリスチャン・キブー(26)の獲得に向けてASローマ側に対して正式なオファーを提示していたことが明らかとなった。
●フェルナンド・トーレスがエンリケ・セレソ会長らとともにビセンテ・カルデロンのVIPルームで退団会見を行い、アトレティコファンに別れを告げた。「ここはいつも僕の家のように感じているし、僕のハートはアトレティコであり続ける。クラブのために全てを尽くしたと自覚しているけれど、スポーツ的な結果には結びつかなかった。僕は誇りに感じているし、これからもアトレティコの一員として生きていくつもりだ。どこにいても僕のハートはアトレティコにある。僕が入団して以来10年間、応援してくれたファンには感謝の言葉を送りたい。想像できないくらいの愛情を注いでくれたんだ。今回の別れが『またね』になればいいと思っているよ。ここは一つのクラブというよりも僕の家族だし、そう思い続けていきたいね。いつかクラブの歴史の相応しい地位、そしてチャンピオンズリーグでプレーしている時には戻ってきたい。ヨーロッパの大会でプレーできなかったことは僕の心の“とげ”として残るだろうね。ファンが僕のいるチームをアトレティコに次ぐ2番目のチームと考えてくれることに期待しているよ」。
●アトレティコ・マドリーに復帰したルイス・ガルシアはビセンテ・カルデロンで行われた入団会見の間、アトレティコに戻ってきたことに喜び表情を見せ、「僕の唯一の希望はアトレティコに戻ることだった。その可能性があると分かった時、全霊を懸けて向かったよ。それば僕の胸の“つかえ”だった」と語った。ルイス・ガルシアは、アトレティコの“ロヒブランコ(赤と白)”のユニフォームを纏いタイトルを獲得するという目標を持っている。「来シーズンはアトレティコがタイトルを獲って喜びに浸っていることに期待したい。アトレティコはそれにふさわしいチームだからね」
●R・マドリーの強化部に就任したミゲル・アンヘル・ポルトガル氏は、先週マルダの代理人と会談を持ち、電話で本人とも話をした。その会話にてマルダは、R・マドリーでプレーできるのならばチェルシーからのオファーは断るとの発言をしている
●パリ・サンジェルマン(PSG)が3日、フランスU-21代表MFディディエ・ディガール(20)と3年契約を結んだ。
●今シーズンからバイエルン・ミュンヘンのメンバーに加わるフランス代表MF、フランク・リベリが3日、同じく新加入のルカ・トニとともにチームの練習に合流した。バイエルンはすでに6月29日に2007-08年シーズンに向けた練習を開始している。
●昨年10月にパリ・サンジェルマン(PSG)を解雇され、その後どのクラブにも所属していなかった元フランス代表MF、ビカシュ・ドラソーが3日、セリエAのリボルノと契約を交わした。
●主力のティアゴ(ユベントス)とアビダル(バルセロナ)を失い、マルダとビルトールの移籍もほぼ確実なリヨンだが、負傷者の続出にも頭を抱えることになった。コパ・アメリカに出場したフレッジ(ブラジル)が右足の骨折で2ヶ月間離脱することになったのに続き、バロシュも大事には至らなかったもののケガで練習を欠場した。
●リバプールは4日、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得を正式に発表した。移籍金2600万ポンド(約64億円)、年俸900万ポンド(約22億円)とも言われる大型契約で射止めたストライカーについて、「フェルナンドはパワーとスピードを兼ね備え、空中戦にも強い。さらにドリブルもできるし、何より点が取れる。今のリバプールにはいないタイプのストライカーだ」と興奮気味に語ったラファエル・ベニテス監督。
●ワルテル・マッツァーリ新監督率いるサンプドリアのセンターバックは恐らくウーゴ・アルマンド・カンパニョーロ(27)となりそうだ。北イタリアの港町ジェノバに拠点を置くサンプドリアは4日、ピアチェンツァからアルゼンチン人DFカンパニョーロを、完全移籍の形で獲得したことを発表した
●アドリアーノは「インテルで素晴らしいシーズンを送り、サポーターを満足させたい。今のクラブを去ることはとても難しい。ACミランやレアル・マドリーのように伝統あるクラブは確かに好きだが…、具体的な(移籍の)話は何もない。現在所属しているところに問題はない」と語っている
●ASローマが4日、カリアリから共同保有の形でFWマウロ・エスポージト(28)の獲得を発表した。
●06-07季セリエAの覇者インテルが4日、ASローマのDFクリスチャン・キブー(26)争奪戦から完全に撤退した。
●レアル・マドリーを退団し、ロス・エンジェルス・ギャラクシーに新天地を求めたディビッド・ベッカム(32)のデビュー戦が、7月21日に行われるチェルシー戦が濃厚となった。
●4日午後、6年契約のサインを交わしたフェルナンド・トーレスは晴れてリバプールの選手となった。新しいユニフォームに袖を通し、アンフィールドに現れたトーレス。昨シーズンまでロビー・ファウラーがつけていた“9番”を背負うことになる。「これは僕のキャリアの中で最も大事な決断となった。リバプールはチャンピオンクラブであり、偉大なクラブの一つ。僕もまたチャンピオンとなるためにチームに貢献したい」。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.