FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/06/22UEFAサッカー情報
●レアル・マドリーが早急に手を着けなければならないのは、「補強の前にまずは現在いるメンバーの放出」であると言われている。4年ぶりにリーガ優勝を果たしたとはいえ、再びタイトル獲得という美酒に酔い、レアル・マドリーのプレースタイルを取り戻すことはファンにとっての夢であり、そのためにも“ベンチの改革と一掃”を図ろうとしているレアル・マドリー。まずは“放出作戦”に着手し始めようとしている
●イングランドの“TIME”紙によると「リバプールはアトレチコ・マドリー所属のFWフェルナンド・トーレスの獲得が現実味を帯びてきている。両クラブの幹部がマドリーで対面し、トーレスの移籍成立に向けた会談が行われた模様」と報じている。また同紙はクラブの若き至宝トーレスの放出条件として「アトレチコ・マドリー側はリバプール側に対して『2400万ユーロ(約40億円)に加えてリバプールのFWルイス・ガルシア』を要求している」と説明している
●19日のバルセロナのラポルタ会長の批判について翌20日、MFエジミウソンが“カタルーニャ・ラジオ”の番組内で異論を唱えた。「僕らは子供じゃないんだ。それぞれが自覚しているし、今シーズンやってきたことへもそれぞれが責任を持っている。ことがうまくいかなかった時には、それを解決する必要はもちろんあるよ。でも、もし優勝していてもやるべきことは全てやるし、負けたとしてもそれは同じ。今シーズンの失敗は選手にも、役員にも、コーチ陣にも、すべての部門に原因があるんだ」とコメント
●マメロディ・サンダウンズとの親善試合を終え、木曜日に南アフリカ遠征からバルセロナに戻ったバルサ一行は7月21日までのバカンスに入った。約1か月のバカンス後、7月21日にはカンプ・ノウに集合し、プレシーズンの初めに行っている恒例のメディカルチェックを受けることになる。一方、コパ・アメリカに参加するレオ・メッシとラファ・マルケスは8月1日にチームに合流する
●バルセロナのキャプテン、カルラス・プジョールが水曜日(20日)、今シーズンのラストゲームとなる南アフリカでのマメロディ・サンダウンズとの親善試合中に左膝の外側側副靭帯を断裂し、翌木曜日の夜に手術を受けることになった。プジョールの手術はラモン・クガット医師執刀によりサン・クガットのアセペヨ病院で木曜日に行われる予定。医師らは手術前にプジョールの回復期間を具体的に明かすことはなかったが、3か月の離脱となる見込みだ。これにより彼のプレシーズンは失われることになり、07/08シーズン開幕後の何試合かを欠場することになる。
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は21日、自身が「チームを操り、選手達に強く要求する責任があった」ことを認めつつ、来季の去就については「チームをより高みに導くため、続投する理由はいくらでもある」と発言。彼はプジョール、イニエスタ、メッシの3人が今季のチームで傑出していたとの考えを示し、来シーズンでは「物事を明らかにし、選手達は最高のモチベーションを持って行動しなければならない」ことを明らかにした
●バレンシアのソレール会長は21日、バラハとシルバの契約延長発表の席で、カルボーニのSD(スポーツ・ディレクター)解任の理由を明かした。「彼のこの1年の仕事ぶりを評価した結果、経験不足だったといえる」。しかし、カルボーニは昨年の現役引退からすぐにフロントに入っており、経験不足は元から分かっていたことだ。それを解任の理由に挙げるのは、少し的外れにも聞こえた
●モナコのセンターバック、ガエル・ジベ(25)がマルセイユに移籍する可能性が高まっている。南仏の地方紙「ラ・プロバンス」が報じた。ジベは2000年に18歳でモナコと契約。過去4シーズンにわたりレギュラーで活躍し、今シーズンは主将を務めた。フランス代表としても12試合の出場経験がある。
●チャンピオンズリーグ、リヨン戦での素晴らしいゴールが印象的だったローマのマンシーニ。ローマにとって欠くことのできない選手だが、それを如実に表すエピソードがある。マンシーニに対してリバプールが31億円もの高額な移籍金を用意していたが、ローマはこのオファーを正式に断ったというのだ
●先日、パレルモのキャプテン、コリーニを獲得したトリノだが、これ以外にも積極的な補強で話題を集めている。新指揮官にサンプドリアを率いていたノベリーノを招聘したほか、パルマから昨年のドイツワールドカップで日本代表とも対戦したオーストラリア代表のグレッラ、そしてFWのベントラをアタランタから獲得している。トリノの戦力補強はこれに止まらず、アスコリで7ゴールを挙げたクロチア人FWのビエラノビッチの獲得にも乗り出している。
●昨夏、ポルトガルのポルトから移籍し、シーズン通算24ゴールを記録したブラックバーン・ローバーズのFWベネディクト・マッカーシー。移籍初年度からイングランド・サッカーに順応し、ゴールを量産した南アフリカ代表には、プレミア各クラブからの注目が集まっている。マッカーシーの獲得に本格的な動きを示しているのはチェルシーとウェストハムだ。チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、ポルト時代に指導したマッカーシーを高く評価し、今夏のターゲットにリストアップしている。一方、今夏の移籍マーケットで戦力補強に積極的な動きを見せているウェストハムも、高額の移籍金を提示することで、得点能力の高いストライカーを確保したい考えのようだ。
●07-08シーズンのセリエA開幕日がようやく決定した。FIGC(イタリアサッカー協会)の正式発表によると「セリエAの開幕は8月26日(日)、セリエBの開幕についてはまだ最終調整段階だが8月19日(日)に前倒しで迎える可能性もある」
●ACミランのFWアルベルト・ジラルディーノの頭の中にはユベントスやその他のクラブは存在せず、ACミランのみで占め尽くされているようだ。当初“ACミラン退団説”が根強く流れていたジラルディーノだが、ここにきてACミラン残留をアピールし始めている
●インテルは以前からティエリ・アンリの獲得を狙っていた。スアソの獲得が残念な形で失敗に終わった今、インテルはアーセナルのフランス人FWの獲得に向けた動きを強めようとしているようだ。数日前には元チームメートのパトリック・ビエイラもアンリにインテル入りを呼び掛けていた(「アンリは出て行くだろう。バルセロナよりはインテルの方がいい」とビエイラ)。
●備えあれば憂いなし。カルロス・テベスがウェストハムに別れを告げる場合、ハビエル・サビオラが加入することになるかもしれない。出て行くアルゼンチン人がいれば、やって来るアルゼンチン人もいる。
●ティアゴ・メンデスとセルヒオ・アルミロンがトリノに到着し、ユベントス入団のための慣例のメディカルチェックを受けた。すべてが順調に進めば、間もなく2人のMFの獲得が発表される。
●ローマはバイヤー・レバークーゼンからブラジル人センターバックのジュアン(28)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間で、年俸は310万ユーロ(約5億1150万円)。さらに目標の達成に応じたボーナスが支給される。
●トリノがまた新たに2人の選手を獲得した。アスコリからパオロ・ザネッティとサーシャ・ビェラノビッチが加入する。
●ロベルト・コバチはボルシア・ドルトムントと2年契約を結んだ。ユベントスで過ごした2シーズンはけがに泣かされることが多かった。クロアチア人の両親から生まれたコバチはベルリンで育ち、ニュルンベルクで大舞台にデビュー。1996年にはバイヤー・レバークーゼンに移った。
●先日から注目を集めていたリンコウンの移籍騒動は、ガラタサライの勝利に終わった。昨季、VfBシュツットガルト、ベルダー・ブレーメンと優勝争いを演じたシャルケ04の原動力の一人、ブラジル人MFリンコウンが来季からトルコリーグでプレーすることが決定した。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.