UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/20UEFAサッカー情報
●ユベントスの監督を辞任したディディエ・デシャン氏の次の就任先として、スペインのアスレティック・ビルバオが有力視されている。レキップ紙が報じた。ビルバオからは、18日にホセ・マヌエル・エスナル監督が辞任したばかり
●ディエゴ・フォルランにはイングランドから数多くのラブコールが送られている。リバプールに加え、最近になってアーセナルとサンダーランドも彼の獲得に名乗りを挙げた。いずれにしても、フォルランがビジャレアルを去ることは避けられない事態となってきた
●バルセロナのラポルタ会長が、記者会見の席にてチームが置かれた状況を評価した。彼は自己批判をすると共に、責任を果たしていなかった者がいると発言し、チームの一部を非難。またロナウジーニョやエトーといったスター選手の今後についても触れ、クラブは双方にバルセロナで続けてほしいと考えており、ライカールト監督もそのことを知っていると語った。
●アトレティコ・マドリーのスポーツディレクター、ヘスス・ガルシア・ピタルクTDは「今のところ彼のアトレティコ移籍の可能性はない」と現在レアル・マドリーに所属しているレジェスのアトレティコへの移籍を否定したが、去年の夏はレジェスに興味を持っていたことを明らかにした。そして、ブラジルの名門サントスのMFクレベル・サンタナとの契約の準備をしていることを認めた。サンタナとの交渉は「サンタナが移籍に合意するための交渉の場があったのだが、今、その機会ははっきりしていない。彼は6月30日までサントスとの契約があるが、可能性はある。しかし、何も決まっていない」と答えた。
●「カペッロ監督の去就に関わらず、ファビオ・カンナバーロはレアル・マドリーでプレーし続ける」。そう断言したのはカンナバーロの代理人、ガエターノ・フェデレ氏だ。さらに、カンナバーロは来シーズン、イタリアでプレーするという噂に「ありえない」とキッパリ
●サラゴサのアルゼンチン代表DFガブリエル・ミリートのユベントス移籍もまとまると思われていた…この月曜日までに。G・ミリートがセリエA昇格が決まったユベントスの補強第一号になるだろうとほとんどのイタリアメディアが報じていたし、G・ミリートの代理人もユベントスから興味深いオファーが届き、移籍もほぼ決まったと認めていた。しかし、移籍金1800万ユーロ(約29億8000万円)までの引き上げを要求したサラゴサはユベントスからの1500万ユーロ(約24億8300万円)のオファーを却下。交渉は破談となった
●バルセロナのラポルタ会長は19日、オランダ人のライカールト監督の留任を言明した。
●元デンマーク代表で、レアル・マドリーやバルセロナでもプレーしたミカエル・ラウドルップが、ヘタフェの監督に就任する可能性が出てきている。現在のシュスター監督は今シーズン限りでヘタフェの監督を辞め、レアルの監督に就任すると見られている(カペッロ監督の去就次第だが)。そのシュスター監督の後任候補として、ラウドルップに白羽の矢が立っている。
●バレンシアが、レアル・マドリーのバプティスタ獲得に動く可能性が出てきている。20日付けの『スーペル・デポルテ』紙が報じたところによると、アーセナルでの期限付き移籍を終えたバプティスタだが、レアルでは構想外となっており、バレンシアのキケ監督が獲得に興味を示しているという。移籍金の推定は1500万ユーロ(約24億7500万円)となっている
●バレンシアのスポーツ・ディレクター(SD)、アメデオ・カルボーニが今シーズン限りで解任されることが決まった。19日夜(現地時間)にクラブ公式HP上でキケ・フローレス監督の続投と新しいスポーツ・ディレクターの就任が発表されたもので、これまで「キケ監督かカルボーニSDか」で揺れていたバレンシアのソレール会長は、最終的にキケ監督を選んだことになる。
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長は19日、ドイツ代表DFクリストフ・メツェルダーが今夏からクラブに加入することを認めた。カルデロン会長はスペインのスポーツ専門紙『アス』の取材に対し、メツェルダーがすでに契約書にサインしたことを明らかにした。
●スペイン2部への降格にもかかわらず、セルタはフリスト・ストイチコフを監督に留任させることを決めた。ブルガリアの大スター(同国の前代表監督でもある)だったストイチコフは、今年4月にセルタの監督に就任した。
●レアル・マドリーは19日、パレスチナとイスラエルの連合チームとの親善試合をイスラエルで行い、8-0で勝利を収めた。ファビオ・カペッロ監督にとっては、これがラストゲームとなる可能性が高い。
●会長をはじめとするリヨン首脳陣との関係が完全に冷えきり、移籍はもはや時間の問題とさえ見られるシルバン・ビルトール。移籍先はこれまで報じられたパリ・サンジェルマンのほかに、来季UEFA杯への出場を決めたレンヌという声も上がっている。レキップ紙などが報じた。
●フランス通信(AFP)によると、ポルトガル代表でリヨンのMF、ティアゴのユベントス移籍が近づいている。リヨンのオリビエ・ブラン広報部長が「交渉が進んでいる」ことを明らかにした。ティアゴについては、先日もオラス会長が「1500万ユーロ(約24億8000万円)を用意するクラブがあるなら」という条件を付けたうえで、放出にゴーサインを出している。ティアゴには、ACミランも獲得に関心を示していると報じられる。
●元ニューカッスルのアラン・シアラーは、古巣クラブがリバプールのFWクレイグ・ベラミの獲得に興味を示している点について不快感を示した。いまだ古巣ニューカッスルと強い結びつきを持つ元イングランド代表キャプテンは、その素行の悪さでチームに不協和音をもたらすベラミの獲得報道に対し、驚きを隠せない様子だ。
●就任当初はなかなか勝点を積み重ねられず、批判にもさらされたフェネルバフチェのジーコ監督だが、その後はチームを掌握し、見事にチームをトルコリーグ優勝に導いている。そのジーコ監督だが新シーズンに向けた戦力補強として、アドリアーノの獲得を熱望している。
●インテル入団が確実視され、先週にはクラブのメディカルチェックまで受けていたカリアリのスアソだが、ここに来てライバルチーム、ミランへの入団が取り沙汰され、大きなニュースとなっている。
●パレルモのキャプテンを務めていたMF、コリーニがトリノへ移籍することになった
●セリエA復帰を果たしたユベントスが19日、ウディネーゼからFWビンチェンツォ・ヤクインタの獲得を正式に発表している。
●「エトー(バルセロナFW)がACミランに来る可能性は低いのでスアゾ獲得に照準を絞ったが、交渉もほぼまとまりそうだ」。ACミランの副会長アドリアーノ・ガリアーニが19日、カリアリのFWスアゾの獲得可能性について言及している
●インテル移籍が決定的となっている状況で“ACミラン移籍成立”報道が流れているホンジュラス人FWスアゾ(カリアリ)を巡り、インテルのマッシモ・モラッティ会長が声明を出している。「彼ら(スアゾ側)と完全に合意に達しているのに、この展開はどういうことなのか。選手は既に我々との契約にサインを済ませており、様子を見守るしかないだろう。」
●ベンフィカにレンタル移籍中のFWファブリッツィオ・ミッコリが(保有権を持つ)ユベントス復帰を望んでいる。
●ロサンゼルス・ギャラクシーのスポーツ・ディレクターは、この夏移籍するベッカムがタイガー・ウッズやマイケル・ジョーダンより大きなインパクトを与えると信じている。
●フェネルバフチェにおけるR・カルロスの大航海が始まった。イスタンブールにて熱烈な歓迎を受けた彼は、今週火曜にメディカルチェックを済ませ、契約書にサインをし、メディアと熱狂的ファンの前で入団発表を行った。
●ロベルト・カルロス(34)が、移籍先のフェネルバフチェで入団発表を行った。世界で最も有名な左サイドバックが新たな挑戦をスタートさせる。「今レアル・マドリーは、経験豊富な選手たちを送り出していて、これからは若い選手が多くなる。ベッカムは米国に行き、僕はフェネルバフチェに来た。どちらも大舞台で戦い続けることができる。僕はここでキャリアを終えるつもりだ」
●「サッカーの移籍市場では、こういったことも起こる。われわれがインテルに謝罪する必要はない」スカイのインタビューに応じたカリアリのスポーツ・ディレクター(SD)、ニコラ・サレルノは、チェッリーノ会長が二重の取引で交渉相手を欺いたという批判に答えた。
●ローマは、ダビド・ピサロをインテルから買い取ることを20日に発表する見通しとなっている。クリスティアン・キブーはインテルに行くことになる。両クラブは19日の夜に合意に達した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。