FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/06/19UEFA情報
●「レアル・マドリーの国内リーグ優勝はバルセロナのミスに因るところが大きい。両クラブとも来シーズンに向けて解決すべき問題が山積みしている」。現役時代にはユニフォームを着て、引退後は監督としてバルセロナを支えたオランダ人ヨハン・クライフ
●現代のサッカーでは背番号「10」の役割が消滅しかかっている。歴史上、最も背番号「10」の似合った選手の一人ジネディーヌ・ジダンがチリの“EL MERCURIO”紙に語っている。2006年ドイツW杯終了とともにユニフォームを脱いだジダンは「伝統的な背番号10はサッカー界から姿を消そうとしていることは明らかだ」
●自分が現役でプレイしていたときでさえ、同僚の移籍話には興味を持たなかったが…。エトーのACミラン移籍の話は重要事項と言えるだろう」。現役時代にACミランのバンディエラ(旗印=象徴)として君臨したジャンニ・リベラ
●マジョルカ戦で3点中2点を決め、R・マドリーの優勝を決定的にした立役者レジェスは、月曜日(18日)ラジオ・マルカの番組で優勝の喜びを伝えた。さらに来季以降について「現在クラブからの連絡を待っている所だ」と残留を希望する旨を明確にすると共に、他チームからのオファーに対しても全く扉を閉ざしているわけではないと明かした。
●バルサでの初シーズンを終えたイタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタは「今シーズン勉強になったのは、サッカーは実力やプレーの美しさだけでは勝てないという事。判断力や激しさも必要だ。今シーズンのバルサには肝心な所でそれらが欠けていた」
●ヘタフェのベルント・シュスター監督は、レアル・マドリーがファビオ・カペッロ監督を解任した場合にその座を継ぐことへの興味を再び示した。「もう興奮するようなことはないけど、ただ言えるのは来季からR・マドリーの指揮を執る準備はできている。しばらく前から準備はしているし、R・マドリーは私の計画の中にある」
●バレンシアがスポルティング・リスボン所属のミゲル・ベロソ獲得に興味を示している、とポルトガル紙が大きく報じている。現在20歳のミゲル・ベロソはU-21ポルトガル代表選手でもあり、バレンシアは守備的MFもセンターバックもこなせるそのユーティリティ性に目をつけている。
●バルサのFWハビエル・サビオラは今シーズンの扱われ方により“苦い思い出”とともにクラブに別れを告げるとともに、来シーズンはレアル・マドリーでプレーする可能性をも否定しなかった。しかし、まだどのチームとも契約を交わしていないこをを強調。、「来週には来シーズンプレーするクラブが決まるだう。“どのクラブでも”扉は開かれている」と語った。R・マドリーへの移籍の可能性について質問されると、サビオラは「仕事をする上で、僕にとっていいと思われるところに行く」とうっかり口を滑らし、クレ(バルサファン)にとって許されざるべき重大な裏切り行為ともいえるR・マドリー移籍も視野に入れていることを仄めかしたが、「クレたちを怒らせるようなことはしたくない」とも付け加えた。
●今シーズンのリーガタイトル獲得の失敗でバルセロナのフランク・ライカールト監督がここ数日にも辞任を表明した後、同クラブはアーセナルのアーセン・ベンゲル監督招聘に動き出す、と英日刊紙“ザ・サン”が報じた。同紙は、ベンゲル監督とバルサの財政部門を統括するフェラン・ソリアーノ副会長がティエリ・アンリの移籍に向けての先週の話し合いについても報じている
●バルセロナのチキ・ベギリスタインSDはここ数日にも同クラブに所属する選手とその代理人とで話し合いを始める予定だ。目的は来シーズンに向けクラブの構想外になっていることを伝えるためだ。そのリストに挙げられているのはベレッチ、シウビーニョ、モッタ、エジミウソン、ジュリ、エスケーロ、そしてサビオラの7選手。サビオラの場合、今シーズン終了後で契約が切れ、18日にもバルサ退団を正式に発表している。間もなく他の選手からも退団について話されることになるだろう。
●17日のリーガ最終節ヒムナスティック戦でのささいな光景から、バルセロナのエトーとロナウジーニョの不仲説が再浮上している。その光景を紹介したのは、民放テレビ局のクアトロ。18日のスポーツニュースで、試合前のバルセロナのロッカールーム内の映像を流したところ、1番から背番号順にきれいに並べられていた選手のユニホームが9番(エトー)で途切れ、ロナウジーニョの10番は違う一角に並べられていたために論争を呼んでいる
●バルセロナが19日、南アフリカツアーに向けて出発する。17日のリーガ最終節で今シーズンは終了したものの、バケーションに入る前の20日にマメロディ・サンダウンズと親善試合を行う
●ビジャレアルが27日、デポルティボから獲得したスペイン代表カプテビラの入団発表を行なう運びであることが分かった。26日にビジャレアル入りし、メディカルチェックを受けた翌日にクラブから正式発表となる予定。また、ビジャレアルはセサル・アルソのムルシアへの期限付き移籍を発表した。
●リーガ・エスパニョーラ2部への降格が決まったレアル・ソシエダのサビオがレバンテに移籍することが確実となっている。
●今シーズン、バレンシアで第2GKを務めたビュテルが来季の1部昇格を決めたレアル・ムルシアに期限付き移籍する可能性が高まっている。バレンシアはドイツ代表GKのヒルデブラントの獲得が決まっており、来季ビュテルがバレンシアに残留すれば第3GKとなることが濃厚で、本人も移籍を望んでいるもよう。MFウーゴ・ビアナについても、ムルシアが獲得を狙っていると見られる。
●リーガ・エスパニョーラ優勝を祝っているレアル・マドリーだが、チームを栄冠に導いたファビオ・カペッロ監督が来シーズンもチームの指揮を執るのかどうかはまだ分からない。スカイのインタビューに応じたレアルのラモン・カルデロン会長は、この疑問に関してはっきりした回答は示さなかった。「今のところカペッロは残る。しかし、少し待たなければならない。これから今後のことや、カペッロの状況についても話をする予定だ。」
●バルセロナのDFリリアン・テュラムは、非常に悔しそうな様子だった。宿敵レアル・マドリーにリーガ優勝のタイトルをさらわれた10日、「1年間の努力が何の結果にもつながらなかった」とテュラムは冷たく言い放った。「リーグ優勝を逃したのは、自分たちの責任だ。チャンスを生かすべき場面で、結果を出すことができなかった」特にテュラムはエスパニョルとの引き分けで勝ち点を“捨ててしまった”試合(6月9日)について言及していた。「最初はレアルがリードされていて、その後、結果が変わった(2-2の引き分け)ということを相手チームのサポーターから知らされるのはつらかった。本当に1年間が無駄になってしまった。チャンピオンズリーグでの敗退に続いて、リーグ戦でも敗れてしまい悔しいシーズンだった。残ったのはスペイン・スーパーカップだけだけれど、これで十分だとは言えない」
●ドイツ国内のメディアは、VfLボルフスブルクがドイツ代表DFアンドレアス・ヒンケルの獲得に関心を示していると報じた。25歳のヒンケルは 2006年夏にVfBシュツットガルトからスペインリーグのFCセビージャに移籍したが、スタメン争いに敗れて控えに回って いた。
●リヨンのオラス会長が18日、ラジオ局RMCのサッカー番組「ルイス・アタック」(ベティス監督を辞任したルイス・フェルナンデス氏がバーソナリティー)に出演し、シルバン・ビルトールの退団が決定的であることを仄めかした
●昨年10月にパリ・サンジェルマン(PSG)を解雇されて以来、所属クラブがない状態が続く元フランス代表MFのビカシュ・ドラソー(33)。先週にはレキップ紙が「ソショー入りが有力」と伝えていたが、18日にソショーのプレシ会長が同紙に「ドラソーの獲得を断念した」と語っている。
●ユベントスのMFパベル・ネドベドがセリエA復帰に沸くユベントスに警鐘を鳴らしている。チームの大黒柱ネドベドは「現状ではクオリティのある布陣を組めず、上位争いを展開するとは言えない。スクデット(優勝)は夢のまた夢だ。このチームは順位表で中位クラス、あるいはもう少し下かもしれない。チャンピオンズ・リーグ出場権獲得圏内(4位以内)は厳しい…」
●FIGC(イタリアサッカー協会)副会長のデメトリオ・アルベルティーニが18日、先日“SCARPA D‘ORO(ゴールデン・シュー)”賞を獲得したASローマ主将フランチェスコ・トッティに対して意見を述べている。現役時代に攻守の切り替え役としてACミランの黄金期を支えたアルベルティーニは「トッティはベストコンディションを維持し、偉大な能力を発揮して驚愕のシーズンを送った。9月頃には代表に復帰して力を貸してくれるだろうが、もっと早く復帰していても良かったのでは」
●ファビオ・バッザーニがブレーシャの所属選手となる。元サンプドリアのFWバッザーニは18日、セリエBブレーシャと2年契約を結んでいる。1年間の契約延長もオプションで含んでいるとのこと。
●ユベントスのMFパベル・ネドベドが19日、チェコの“PRAVO”紙上に掲載されたネドベドのインタビュー記事の中で発言したとされる「ユベントスは中位争いをするチーム」とのコメントに対して怒りの表情を見せている。
●クラウディオ・ラニエリ監督は、来シーズンに向けた攻撃陣の最初の補強としてリバプールのクレイグ・ベラミーをリストアップしている。新監督の手に委ねられたユベントスは、ベッテガがチームを離れたことにより、移籍市場で非常に自由な活動ができるようになり、ラファエル・ベニテスの構想外となったウェールズ人FWベラミーに1500万ユーロ(約24億9000万円)弱のオファーを出したようだ。
●来シーズンのジュゼッペ・ロッシは、サンダーランドでプレーすることになるかもしれない。『デイリー・メール』紙は、プレミアリーグに昇格したサンダーランドがロッシの獲得を狙っている件の舞台裏を報じた
●マッシモ・ドナーティは、スコットランドへと移るためベルガモを離れようとしている。ドナーティは中盤のセンターでプレーする26歳のMFで、今シーズンはアタランタに期限付きで移籍していたが、保有権はミランが持っている。セルティックが彼に注目しているとうわさされていたが、代理人のアンドレア・ダミーコがスコットランドの『デイリー・レコード』紙に対してこのことを認めた
●ファビオ・クアリャレッラの将来のためには、今後の数日間が大きな意味を持つことになりそうだ。サンプドリアを離れる可能性は高い。現在はサンプドリアとウディネーゼが共同で彼の保有権を持っており、どちらのクラブも彼の買い手を見つけたいという意向を明らかにしている。
●フィオレンティーナは、ペーペの獲得に向けて交渉を急いでいる。ペーペはブラジルからポルトガルに帰化した屈強なセンターバックで、ポルト所属。フィオレンティーナのスポーツ・ディレクターのパンタレオ・コルビーノは、彼の獲得を最大の目標の一つとしており、ポルトに対してはすでに1000万ユーロ(約16億6000万円)のオファーを提示しているようだ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです☆
すごいのみつけましたよ♪
http://jeeee.net/url/13750.html
2007/06/20
(水) 00:18:20 | URL | なつき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.