UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/17UEFA情報
●バルセロナのカンテラ出身で、マンチェスター・ユナイテッド所属のDFジェラール・ピケ。今シーズンは期限付きレンタルでサラゴサでプレーし、素晴らしい活躍を見せているピケだが、今シーズン終了後にもマンUに戻ることを決めている。しかし、そのままスペインに留まる可能性もでてきた。この夏、バルサとマンUがFWエイドゥル・グジョンセンとピケの交換トレードを検討している、とイギリスでは報じられいる
●いよいよ最終節を迎えるリーガ。ここ数シーズンに見られなかった混沌とする優勝争いは最終節まで持ち越され、それもあと数時間後には全てが決まる
●17日のリーガ最終節でリーガ優勝、来シーズンUEFAカップに出場する3チーム、2部に降格する残り2チーム(ナスティックの降格は決定済)と全てが決まるが、最終戦の90分は、優勝争いを演じるレアル・マドリー、バルセロナ、セビージャ、UEFAカップ出場権を争うサラゴサ、ビジャレアル、アトレティコ・マドリー、そして2部降格争いを演じるレアル・ソシエダ、セルタ、アスレティック・ビルバオ、ベティス
●バルセロナのFWエイドゥル・グジョンセンがマンチェスター・ユナイテッドへの移籍に興味を示している
●バルセロナのイニエスタは15日、一度手放しかけた優勝を最終節で、しかも永遠のライバルであるR・マドリーから奪って達成できたとしたら、ライカールト監督就任以来一番嬉しいタイトルになるだろうと語った。「もし今季優勝できたら、昨季、そして2年前よりも盛大にお祝いするだろうね」。
●金曜日、レアル・マドリーはリバプールに所属するGKイェルジ・デュデクにオファーを出したと英紙が報じた。レギュラーポジションを失っている34歳のベテランGKデュデクは、リバプールから移籍することを決めており、同クラブからの契約延長のオファーを断っている
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は16日に、17日の最終節を前に最後の会見に臨み、最終節での優勝の経験を語った。カペッロ監督は2000-01のASローマの最終節での優勝に言及し、「私は既にこうやってリーグを優勝している」と述べた。そして同じことを17日のマジョルカ戦で行い、R・マドリー30度目のリーガ制覇を達成したいとした
●ロナウジーニョが南米選手権の出場を辞退したことに理解を示すバルセロナのメッシだが、アルゼンチンではそのような事態はありえないと明かしている。「僕に言えるのは、アルゼンチンでは誰も代表に招集しないでくれなんて言わないっていうことだよ。アルゼンチン人にとって一番の名誉は代表でプレーすることだからね」
●優勝がついに決定するリーガ最終節を目前に控え、バルセロナのキャプテン、プジョールは「ライバルにプレッシャーを与えるためにも絶対に落とせない」とナスティック戦への意気込みを語った。「僕らにもチャンスがある。それを信じて戦うことが大切」とのことだ。
●リーガ最終戦に出場するため、レアル・マドリーのディアラと並んでマリ代表の合宿からスペインに戻るように指示されたセビージャのカヌーテは、このFIFAの決定に「敬意に欠けている」と不満をこぼしている。「セビージャでプレーしたくないと言うことではないよ。ただ、FIFAは代表の試合を優先させるという規律をしっかりと守らせるべきだ」とFIFAを非難した
●オランダ人MFラファエル・ハン・デル・ハールがユベントスにとって、今夏の移籍市場における獲得候補といえそうだ。ユベントスMFパベル・ネドベドは「ユベントスとファン・デル・ハールの距離は近くなっている。ユーベはゲームのキーマンとしての役割を彼に託そうとしている」とコメント
●ネッロ・ディ・コスタンツォがメッシーナ(セリエB降格)の監督の座まであと一歩と迫っている。
●「彼はノーマルなことは一切しない。優れた人間として、優れた選択をした」。イタリア代表を率いて06年ドイツW杯でイタリアを24年振り4度目の優勝に導いた名将マルチェロ・リッピが16日、先日ユベントスとの契約を2012年まで延長したGKジャンルイージ・ブッフォンについて語った。ユベントスでの監督経験もあるリッピは続けてユベントスが獲得した元イタリア代表FWビンチェンツォ・ヤクインタ(元ウディネーゼ)について「キープ力、スピード、シュート力、ヘッド…。コンプリートな選手であり、サイド起用も可能だろう」とコメント、W杯優勝メンバーのヤクインタの能力に太鼓判を押している。最後に“ユベントス退団”が濃厚と見られているFWダビデ・トレゼゲについて「もし退団となったら、ユベントスにとって大きな損害だ」とシビアな意見を述べている
●「これ以上ラツィオでプレイすることはないだろう。インテル?何も言えない…」。ラツィオのMFルイス・ヒメネスが地元チリのラジオ番組に出演し、言葉を選ぶように移籍に揺れる現在の心境を語り始めた。
●10勝17敗11分で勝ち点「41」の13位で06-07季を終えたカターニャが来シーズンへ向けて補強に乗り出している。カターニャはサンベネデッテーゼからMFファビオ・ビゾーネ、ブリンディシからFWビト・ファルコニエーリの獲得を発表している
●ポルト所属のポルトガル代表MFリカルド・クアレスマのアトレティコ・マドリー移籍が暗礁に乗り上げている。ポルトは、クアレスマの移籍金を2500万ユーロ(約41億3000万円)に引き上げており、アトレティコがクアレスマを獲得した場合、クラブ史上最高金額での移籍選手となる
●ユベントスはリベルタドーレス杯でボカ・ジュニアーズの中心として活躍する、ファン・ロマン・リケルメ(28)に興味を示している。スポーツ・ディレクターのアレッシオ・セッコがクラウディオ・ラニエリ新監督のために作り上げようとしているチームは、これまで以上にアルゼンチン色の濃いものとなるようだ。
●アルゼンチン人FWフリオ・クルス(32)はインテルを離れることになるかもしれない。代理人のグスタボ・ゲッツィが『ラディオ・ブル』のインタビューに対して明らかにした。「インテルは彼を放出するかもしれない。しかし、ミランに行くことは絶対にないだろう。それは彼自身も何度も言っていることだ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。