UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/16UEFA情報
●リーガ優勝に王手をかけるレアル・マドリーにホッとするニュースが届いた。ここ数日間に渡ってロビーニョのブラジル代表合流を巡り、レアル・マドリーとブラジルフットボール連盟(CBF)の間で揉め続けていたが、FIFA(国際フットボール連盟)は、最終的にロビーニョが数日遅れでコパ・アメリカに向けた代表合宿に合流することを認めた。これによりカペッロ監督は、17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われる優勝を懸けた大一番、マジョルカ戦にでのロビーニョの起用が可能となった。
●アメリカMLSのロサンゼルス・ギャラクシーへの移籍が決まっているデイビッド・ベッカムが、改めて今シーズン終了後のレアル・マドリー退団を明言した
●今シーズンを最後に退団することが確実となったインテルのレコバ。新天地はアトレティコ・マドリーが濃厚だ。アトレティコは昨シーズンからレコバ獲得に動いていたようで、来週にもレコバの代理人とアトレティコ側との交渉が、スペインにて行われることになっている
●大混戦の末、ついに優勝の行方は最終節に持ち越されたスペインリーグ。泣いても笑っても今週の日曜日(日本時間の月曜日早朝)にすべてが決まる。現在、レアル・マドリーとバルセロナが同勝点で並んでいるが、レアル・マドリーがホームでの試合なのに対して、バルセロナはアウェー。レアル・マドリーが有利なのは間違いない。そんななか、気になるのがレアルの指揮官カペッロの去就である。仮にレアル・マドリーが優勝を逃した場合、カペッロの残留はほぼあり得ないだろう。そして、普通に考えれば優勝した場合は残留ということになるだろう。ところが、優勝したとしてもカペッロは辞めるかもしれない、との見方もある。
●1991-92シーズン、最終節を前に首位に立つレアル・マドリーと勝ち点差1でつけるバルセロナ。1992年6月7日に行われた最終節、レアル・マドリーはアウェイにおいて2点のリードから連続3失点でテネリフェにまさかの逆転負けを喫し、バルセロナはカンプ・ノウでアスレティック・ビルバオを2-0で下し、優勝はバルセロナのもとに転がり込み、“テネリフェの奇跡”と呼ばれる奇跡が起きた。翌1992-93シーズンも前シーズンと状況は同じ。首位を行くレアル・マドリーに勝ち点1差で追走するバルセロナ。1993年6月20日、レアル・マドリーはアウェイでテネリフェと、バルセロナはカンプ・ノウでレアル・ソシエダと、それぞれ優勝をかけた戦いが行われた。。レアル・マドリーは2-0でまたしてもテネリフェに敗れ、バルセロナは1-0でレアル・ソシエダを下し、バルセロナの奇跡の2年連続最終節逆転優勝が決まった。
●レアル・マドリーはこれまで何度もミランのカカ獲得を目指してきたが、まだその夢は諦めていないようだ。6月12日、レアル・マドリーのミヤトヴィッチGMとその右腕であるバルディーニがカカの父親と対面し、実際に交渉を行っていたことがイタリアで報道され、話題となっている。レアル・マドリーは今週末、リーグ優勝を賭けて最終節を戦うが、見事に優勝を果たした際にはスポンサー収益などが大幅に増えることから、カカの獲得のために124億円の移籍金と16億円の年俸を用意しているとみられる。
●ウルグアイを代表する選手レコバは現地スペインの“AS”紙のインタビューの中で「アトレチコ・マドリーでプレイすることは特別なチャンスだろう。アトレチコはスペインを代表する4大クラブの1つであり、仮に(今回)UEFA杯に出場しなくてもサインしたいクラブだ」とアトレチコ・マドリー移籍を前向きに語った
●インテルFWアドリアーノとバルセロナFWエトーのトレード案がインテル側からバルセロナ側に提案されている可能性が浮上した。現地スペインの“MUNDO DEPORTIVO”紙が明かしたもので、同紙によるとアドリアーノのバルセロナ加入により、05年南米選手権以来となるロナウジーニョとアドリアーノによる夢の2トップが実現するとも報じている。
●去就が注目されるユベントスFWダビデ・トレゼゲの移籍先として、現時点ではバレンシア(スペイン)が最も可能性が高くなっている。既にユベントスとの関係が決裂したとも報じられているトレゼゲ。
●ビジャレアルのアルゼンチン人DFゴンサロ・ロドリゲスが木曜日(14日)のチーム練習で右膝の十字靭帯を断裂し、6か月の戦列離脱となる、とクラブ関係者が伝えた。同選手は、昨年8月19日に行われたラモン・デ・カランサ杯で同箇所を傷めており、同じ箇所を再び傷めたことになる。同月29日にバレンシア市内の病院で手術を受けたゴンサロ・ロドリゲスは、長期のリハビリを経て、4月15日のヘタフェ戦で戦列に復帰したばかりだった。
●バルサのテュラムは今季最終節となる17日にR・マドリーと対戦するマジョルカについて「もし僕がマジョルカの選手なら、ベルナベウで良い成績を挙げてシーズンを締めくくりたいと思うだろう。前節のサラゴサ戦の後にカルデロン会長は既に優勝を祝っていたが、あれはマジョルカに対して失礼な行動だったと思う。サッカーは何が起こるか分からない。まだ1試合残っているし、バルサにだってチャンスはまだ残っている」とラ・ロマレダでの同会長の行動を批判した。
●今季バルサからのレンタルでマジョルカでプレーしているマキシ・ロペスは、R・マドリーのカルデロン会長がサラゴサ戦終了後にまるで優勝が決まったかのような行動を取った事について「悪い事だとは思わないが、実際に今度の試合後の表情を見るのが楽しみだ」とコメント
●レアル・マドリーの選手として最後の記者会見に臨んだデイビッド・ベッカムは、「R・マドリーに在籍できたことは名誉であり、これからの素晴らしい成功を祈っている」と語った。退団を撤回することはないと明かす一方で、「悲しい」とした
●バルセロナのメッシは14日、今季チームが期待していたタイトルを獲得できなかったことに落胆を示し、リーガで優勝しない限りは素晴らしいシーズンだったと言えないと考えていることを明かした。「望んでいたタイトルを取れなかったので、満足はしていない。リーガで優勝しない限りは、素晴らしいシーズンを送ったと言うことはできないよ」。
●サラゴサのガブリエル・ミリートは14日、スペインでの生活には終わりが訪れたと考え、ユベントスとの契約を望んでいることを“トゥットスポルト”という新聞のインタビューで明かした。「来週には僕の未来が決まる。全てが上手く解決されることを待ち焦がれているよ。僕はユベントスでプレーしたいんだ」。
●R・マドリー、バルセロナでのプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏が、レクレアティーボから来季の監督就任を要請されていることが明らかになった
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督はティエリ・アンリの将来についてバルセロナと交渉を始めており、来シーズン、アンリの希望がバルサでプレーするこにあると気付いている、と15日、英紙“ザ・サン”が報じている
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は15日、今季のチームの軌跡について弁明。バルサが17日にリーガ優勝を果たしたとしても「奇跡ではない」とし、最終節での優勝を「全てにおいて可能だ」と語った。
●17日の今季最後の試合でビジャレアルと対戦するセビージャのジュリアン・エスクデは、ビジャレアルのゴール・メイカーであるフォルランが欠場する事について「セビージャはカヌーテが長い移動時間を経てようやく土曜日に戻るが、アルベスやアドリアーノ他、重要選手が欠場となる。ビジャレアルの得点メイカーのフォルランがいないというのは多少とも僕達にとって強みとなる」と伝えた
●今季ナスティックでプレーしたハビエル・ポルティージョは、オサスナと4年間契約で合意した旨を発表した
●レアル・マドリーのカシージャスは、4年もの間無冠に苦しんできたことを振り返り「相手に500回ゴールチャンスを与えても、何回バーに当てられても、僕らには最後の瞬間にPKのチャンスしかなくても勝てればいい」とタイトルへの願望を語った
●名門ユベントス復帰に加え、ナポリ、ジェノアといったかつての古豪が帰ってくる。来季2007-08年シーズンのイタリア1部リーグは、“スーパー”セリエAになる、という声がイタリアで日々高まっている。
●今シーズンのリーグ・アンでもっとも大きな飛躍を遂げた選手のひとりに、サンテチエンヌのバフェティンビ・ゴミス(21)がいる。前半戦は控えだったが、エースのピキオンヌがモナコに移籍した年明けからレギュラーに定着。30試合(先発18試合)であげた10得点のうち8得点は今年に入ってからのもので、後半戦だけで見ればリーグ・アンの得点王だ。将来のフランス代表FW候補にも挙げられるゴミスだが、サッカー専門サイト「フットボール365」によると、サンテチエンヌからの移籍を強く希望している。
●フランス通信(AFP)によると、リールの主力MF、アブドゥル・カデル・ケイタとマチュー・ボドメールのリヨン移籍が決定した。リヨンのオラス会長は14日、16日11時に入団発表を行なうことを明らかにしている。ケイタはコートジボワール代表の25歳。昨年のW杯から代表のレギュラークラスとなり、これまで28試合に出場、6ゴールをあげている。リーグ・アンではリールで2シーズンを過ごし15得点(63試合)。今シーズンは9ゴールをあげ、前半のチーム躍進に貢献した。今年度のUNFP(プロサッカー協会)ベストイレブンに選ばれている。マチュー・ボドメールは、リールに4シーズン在籍した24歳。今シーズン前半に8得点をあげて大きな注目を浴び、一時は初代表の候補にも挙がったが、故障もあって第18節以降は無得点と調子を落とした。
●リーグ・アン6連覇を達成したリヨンが、7月12日から韓国で開かれる「ピースカップ」に出場する。 韓国で2年に1度開催されるピースカップには、日本、韓国、中南米、欧州から8クラブが参加、2組に分かれた4チームが総当たり戦を行ない、決勝は両グループの首位2チームによって争われる。
●先日、カモラネージの代理人とユベントスとの間で来シーズン以降の話し合いがもたれた。カモラネージは今シーズン、フランスのリヨンなどの他のクラブへ移籍する可能性がありながら、ユベントスの強い希望でチームに残留した経緯がある。カモラネージはチームのセリエA昇格に貢献し、契約延長の年俸提示を楽しみにしていたという。しかし、ユベントす側からの提示額は、カモラネージ側が考えていたよりもはるかに低い金額だったため、我慢も限界とばかりに、トレゼゲに続いて退団を明言した。
●「チェルシーにはピルロが必要で、マンチェスターUにお薦めはザンブロッタ、リバプールはクレスポを買いなさい」かつてミランを率い、クラブ世界一の座に2度も就いたアリーゴ・サッキ元監督が、伊紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」紙の企画で、イングランド・チームに「セリエAから選手を買いなさい」と仰天の移籍市場アドバイスを送っている。
●ユベントスとの交渉が決裂、退団が決定的となったカモラネージのインテル入りが濃厚となってきている。インテルは昨シーズンにもカモラネージの獲得を目指したが、ユベントス側が首を縦に振らず、実現はしなかった。しかし、待遇面の見解の相違から、カモラネージはユベントスに失望を隠せず、移籍先を探していたことから、2年越しのラブコールがようやく実ることになりそうだ。
●ユベントスの大黒柱であるデル・ピエロが、イタリア有力誌のインタビューにおいて、クラブの首脳陣に警告を発した。デル・ピエロは次のように語っている。「ユベントスは5年間でチームをトップレベルに引き戻そうと計画しているが、それでは遅すぎる。多くの資金を選手獲得に費やすのであれば、ひとりの移籍に高額を積むのではなく、ハイレベルな選手、2、3人を獲得する必要がある。だってそうだろう? もしトレゼゲとカモラネージが本当に退団してしまうことになれば、その損失は図りきれない。ユベントスにとっては一大事だ。どんなに優れた選手でも、ひとりではその穴は埋められない。ふたりがいなくなったらどうするつもりだろう」。
●セリエA復帰を果たしたユベントスがラファエル・ファン・デル・ハールの獲得を狙う。ドイツの“BILD”紙が明かしたもので、「ハンブルクのMFの名が、ユベントス幹部による補強候補に挙がっている。現在ユベントスは1000万ユーロ(約16億5000万円)のオファーを提示しているが、ハンブルク側は1600万ユーロ(約26億円)以下では放出するつもりは無いとのこと。
●「ラツィオが自分のことを欲しているのならば、ここに残るつもりだ。そうでなければ他の選択をしなければならない」。今季限りで現役引退を表明していた元代表GKアンジェロ・ペルッツィが“CITTACELESTE.IT”の中で現役続行を示唆するコメントを残している。
●サンプドリアのFWファビオ・クワリアレッラのマンチェスター・ユナイテッド移籍が現実味を帯びてきている。現在マンチェスター・ユナイテッドはクワリアレッラ獲得のために1500万ユーロ(約25億円)を提示しているとのことで、この金額が確定することにより、クワリアレッラのマンチェスター・ユナイテッド移籍が実現する可能性が高くなるとのこと。
●セリエA復帰を果たし、喜びの絶頂にいるジェノアのピエール・ルイージ・ガスペリーニ監督が冷静に来シーズンの目標を掲げている。古豪ジェノアを率いるガスペリーニ監督は、ホームのマラッシ・スタジアムで行われる祝賀会の前に、ジェノア市長マルタ・ビンチェンティと対面し「セリエA昇格を果たしたメンバーを中心に、まずは第一目標であるセリエA残留を達成したい」
●ジェノアのプレツィオージ会長は「サポーターの皆さんにはジェノアを見捨てることなく、落ち着いていて欲しい。(辞任は)自分自身で決めたことであり、クラブのイメージやチーム関係者を巻き込みたくはなかった。」
●「自分はまだASローマの選手ではない。双方のクラブで合意に達するのを待っている段階だ。(全てが終了して正式に)自分に何かを言うまでは、こちらからは何も言えない」。ASローマ移籍が濃厚となっているガーナ人MFのバルッソ(22)
●UEFAによる“ヨーロッパ・クラブ・ランキング”の結果、133808ポイントを獲得したACミラン(イタリア)が首位に輝いた。2位はバルセロナ(スペイン=119374ポイント)、3位はリバプール(イングランド=112618ポイント)、4位にはACミランのライバルのインテル(イタリア=107808ポイント)がつけている。
●仮に現役に終止符を打ったとしても、パベル・ネドベド(ユベントスMF)がイタリアを見捨てることはなさそうだ。故郷で行われたフレンドリー・マッチに参加したネドベドは「子供達の家もある。理想を言わせて貰えば、6か月間はここ生まれ故郷で、そして残りの6か月間をイタリアで過ごしたいが…。ただ、子供達の学校や友人がイタリアに存在する以上、容易なことではないが」
●06-07季セリエAを勝ち点49の9位で終えたサンプドリアがFWクラウディオ・ベルッチの獲得を正式に発表している。
●トルコの強豪フェネルバフチェがACミランのFWロナウド獲得に向けて“移籍金1000万ユーロ(約16億5千万円)、年俸700万ユーロ(約11億5千万円)”のオファーを提示していた可能性が浮上している。16日付のスペインの“AS”紙が報じたもので、“AS”紙によると「フェノメノ(怪物)獲得が、フェネルバフチェ創立100周年を祝う上でケーキの上のサクランボ(最高の宝飾)になるとイルディリム会長が考えている」とのこと。また同紙は「既にトゥラーティ通りのクラブ(ACミラン)からはネガティブな返事がフェネルバフチェ側に届いているだろう」とも掲載している
●ロッベンの父親が、息子はチェルシーに残留すると改めて断言した。ロッベンは現在チェルシーと契約延長を交渉しているが、その一方でバイエルンやレアル・マドリーが獲得を狙っているとの噂もある。それでも、選手の代理人も務めているロッベンの父は「息子は来年もチェルシーでプレーするだろう。契約はあと2年残っているから急ぐ必要もない。他のクラブと交渉する理由もない」とコメント
●ミランのベルルスコーニ会長がチームの新FWについて口を開いた。“ガゼッタ・デッロ・スポルト”紙のインタビューに答えたベルルスコーニ会長は、エトーよりもシェフチェンコが好みだと明かしている。「エトーは好きな選手だ。まだ若いしね。しかし私はシェフチェンコのほうが好きなんだよ」
●イングランド・プレミアリーグは15日、選手の移籍に関する取引で不透明な金銭授受がなかったかどうかを調べていた調査機関の最終報告を公表し、チェルシー、ボルトンなど5クラブが不正の疑いを指摘された。 同機関は2004年1月から06年1月までに同リーグで成立した362件の移籍を15カ月かけて調査。最終的に17件の移籍が嫌疑対象となり、チェルシーはドログバ、エシエン、チェフの主力選手の獲得に際し、疑いが残った。そのほか、ボルトンとニューカッスルが各4件、ポーツマスが3件、ミドルズブラが2件、1件はクラブ名が伏せられている。
●フェイエノールトは、新監督としてファン・マルワイク(55歳)と2年契約を結んだことを発表した
●『デイリー・エクスプレス』紙によれば、マンチェスター・ユナイテッドがファビオ・クアッリャレッラに1500万ユーロ(約24億4500万円)のオファーを出したようだ
●チェコの日刊紙『プラーボ』は14日、チェコサッカー協会が、レッド・ブル・ザルツブルクの元ヘッドコーチ、ローター・マテウスと接触したと伝えた
●元アルゼンチン代表のアリエル・オルテガがアルコール依存症の治療のための専門の病院に入院した。
●6月23日に行われるインタートトカップ1回戦の第1戦で2007-08シーズンの欧州カップ戦が幕を開ける。この大会からは11チームがUEFAカップに進むことができる。1回戦(第1戦6月23日・24日、第2戦6月30日・7月1日)に参加するのは、スウェーデンのハマービーやスロバキアのスロバン・ブラティスラバを除けば無名のチームである。2回戦(第1戦7月7日・8日、第2戦7月14日・15日)からは、トラブゾンスポル、ガン、オールボー、ザンクト・ガレンといったチームも参戦してややレベルが上がるが、“ビッグクラブ”が参戦するのは3回戦(第1戦7月21日・22日、第2戦7月28日・29日)からとなる。サンプドリアのほか、出場するのはハンブルガーSV、ランス、ブラックバーン・ローバーズ、ユトレヒトなど。
●6月29日にニヨンのFIFA(国際サッカー連盟)本部で2007-08シーズンの欧州カップ戦の最初の抽選会が行われる。この日組み合わせが決定するのは、チャンピオンズリーグ(CL)予備戦の1回戦と2回戦、およびUEFAカップの予備戦1回戦。抽選会は現地時間13時30分ごろより開始される
●ウディネーゼはアレッツォとの共同保有の形でアントニオ・フローロ・フローレスを獲得したと発表した。ビンチェンツォ・イアキンタの放出の可能性が高まっているウディネーゼにとっては良い補強となる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。