UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/14UEFA情報
●マンチェスター・シティの次期監督候補にリストアップされているセビージャのファンデ・ラモス監督が、自身の去就についてコメント。セビージャでの監督続投を語りながらも、プレミアリーグでの指揮に意欲を覗かせた。
●先週末からティエリ・アンリがアーセナルを退団しバルセロナに移籍する、との憶測がさかんに報じられたが、これまでアンリ本人も代理人も一貫して報道を否定してきた。ただしアンリの否定の仕方は、「現時点ではアーセナルの選手。今後については何の決定もしていない」と含みを残したものだった
●ブラジル代表のドゥンガ監督がベネズエラで開催されるコパ・アメリカに向けて代表合宿の初めに、リーガ最終節にロビーニョを出場させるためのレアル・マドリーからの圧力について触れ、FIFAの規定は遵守されるために作られたものだと明かした
●サラゴサのMFアルベルト・サパテールは、この夏の移籍マーケットで注目を浴びる選手の一人となりそうだ。サパテールは、バルセロナとレアル・マドリーが獲得を狙っている上、獲得優先目標となっており、来週にもサパテールの争奪戦が始まろうとしている
●バルサのFWエイドゥル・グジョンセンが左膝の軟骨にハリによる炎症が見られ、1週間の戦列離脱となったとクラブのメディカルスタッフにより伝えられた。グジョンセンは火曜日のセッションで負傷。練習試合中に左膝を打撲し、自ら練習を切り上げている
●バルセロナの伝説的選手であり監督でもあったヨハン・クライフは、レアル・マドリーが前節サラゴサに引き分け、首位をキープした後、公衆の面前でまるで優勝したかのように大喜びしたラモン・カルデロン会長の行動について「あんな風に振る舞うことはありえない」と叱責し、同会長を「サッカー界では新人だ」と手厳しく批判した。
●レアル・マドリーの元FWダボール・シュケルは、他のチームの利益のためにサンティアゴ・ベルナベウに乗り込むマジョルカについて話すのではなく、現役時代セビージャの選手としてカンプ・ノウでバルサと戦ったとき、第三者からのボーナスを貰ったと暴露した。「僕がプレーしていた時代、同じように第三者からのボーナスはあったよ。僕がセビージャの選手で、カンプ・ノウでのバルサ戦に引き分けて、アトレティコ・マドリーが優勝した時、ボーナスをもらったよ」
●バルサのGKビクトル・バルデスは、リーガ優勝のチャンスは「わずかしかない」と認めたが、それでも「偉大なプロ選手」としてマジョルカの選手達がサンティアゴ・ベルナベウで勝ち点を上げ、バルサにタイトルを戻してくれる可能性に期待を寄せている
●13日、バレンシアの練習場に20人程の集団が現れ、練習を中止に追い込む騒動を起こした。彼らは先日ホームのレバンテ戦で大敗した選手達に対し、ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせたのだ。カニサレス、モリエンテス、ビージャ、アルベルダ…彼らの罵声を受けずに済んだ者はほとんどおらず、「金の亡者」、「女たらし」、「走らない選手」なと散々な言葉を投げかけられた。そして選手達も柵越しに自己弁護を行い、両者の間で7、8分の間言葉が交わされた
●“ケース・ロビーニョ”は長引きそうだ。R・マドリーは彼がマジョルカ戦に出場することを望み、ロビーニョ本人も自分のキャリアにおける重要な一戦を逃したくないと考えている。一方CBF(ブラジルサッカー協会)は代表を優先しなければいけないというルールに固執し、コパ・アメリカへ向けて直ちに彼が代表に合流するよう求めている
●ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長のロナウジーニョ獲得の熱意は変わらないようだ。ベルルスコーニ会長にとってロナウド、ロナウジーニョ、そしてカカの3人が、もしくは少なくともロナウドとロナウジーニョがACミランのユニフォームを着てプレーするということは理想以外の何者でもない。ベルルスコーニ会長は「ACミランはロナウジーニョ獲得に1億ユーロ(約163億5500万円)を用意している」と認める
●マジョルカ戦では、セビージャのPKに見えたシーンが2回もあったが、ファンデ・ラモス監督は「審判というのは間違いを犯すもの。その判定でリーガタイトルを失ったという意見もあるが、私はそうは思わない。今シーズン、われわれは判定で損をしたこともあるし、得をしたこともある。そのテーマは何も生み出さない」とコメント
●来季のセリエA3連覇を視野に入れ、水面下で着々と補強策を進めているインテル。富豪として知られるモラッティ会長は、12日にカリアリのチェッリーノ会長と電話で直接交渉、FWスアゾのインテル移籍で合意を得た
●パレルモの監督の座に就任したばかりのステファノ・コラントゥオノが早速チーム作りに着手した。現地メディアのインタビューに応じたコラントゥオノ監督は「ボールを低く、素早くつなぐ組み立てを好む」と切り出し、自身の構想案を披露した。移籍市場に話が及ぶとコラントゥオノ監督は「テクニックに優れ、そしてスピーディな選手全てが興味の対象となる」
●ACミランの監督カルロ・アンチェロッティはバルセロナのFWサムエル・エトーを絶賛する一方、チームの将来をFWアルベルト・ジラルディーノに託す覚悟だ
●クリスティアーノ・ドニ(34)のアタランタ最後のシーズンは感嘆すべき内容で幕を閉じた。元イタリア代表でもあるMFドニに対して複数のクラブが興味を抱いているが、アタランタの会長イバン・ルッジェーリはクラブの至宝をがっちりと守るつもりだ
●セリエA復帰を飾ったナポリが木曜日(14日)の21時からホームのサン・パオロ・スタジアムで盛大に“セリエA昇格祭”イベントを行うことが明らかとなった
●カリアリのマッシモ・チェッリーノ会長がFWスアゾのインテル電撃移籍を振り返っている。出演したラジオ番組“RADIO RADIO”の中でチェッリーノ会長は「インテルは会心の一撃を放った。未だに誰を買ったのか理解できない。インテル内でもまずはスアゾが出場し、他選手が続くことになるだろう。素晴らしいプロフェッショナリズムを兼ね備えた最高の選手だ」
●ユベントスのMFマウロ・カモラネージの“ユベントス退団説”はいつになっても消滅する気配は無い。アルゼンチン生まれでイタリア代表のカモラネージの代理人を努めるセルジオ・フォルトゥナートが13日午前、ユベントスのGMアレッシオ・セッコと話し合いの機会を持ったが、契約延長で話が終わるわけではなかった
●インテル移籍が決定的となったFWスアゾ(元カリアリ)が新たなアドベンチャーを前に意気込みを語っている。ホンジュラス人のスアゾは「全てのチェックを行ったが問題は何もなかった。『インテルの選手だ』と言えるその時が来たら最高に幸福だろう」
●スコットランド・プレミアリーグは14日、来季のリーグ戦日程を発表し、3連覇を目指すMF中村俊輔のセルティックは8月4日にキルマーノックと開幕戦を行うことになった
●イングランド・プレミアリーグは8月11日に開幕し、2連覇を狙うマンチェスター・ユナイテッドはレディングと初戦、チェルシーは2部から復帰のバーミンガムと顔を合わせる
●アーセナルがユベントスのFWダビド・トレゼゲの獲得に乗り出している。ティエリ・アンリのためのプレゼントにするつもりだろうか
●ウディネーゼはU-21欧州選手権に注目しており、特にチェコのFWヤン・ホレンダに目を付けている。センターFWのホレンダはスパルタ・プラハで育ち、その後期限付き移籍したスロバン・リベレツではシーズン前半戦で18試合に出場して4ゴールを決めた
●U-21欧州選手権は移籍市場の今後の動きを占う絶好のショーウインドーとなっている。オランダの開幕戦でチームを勝利に導く決勝ゴールを決めたアヤックスのMFヘドウィヘス・マドゥロにはパルマが目を付けた
●ウディネーゼに新たな選手が加入した。オルテン出身の23歳のスイス人ギョクハン・インレルである。
●ウルグアイ人FWマルセロ・サラジェッタ(28)にユベントスでの未来はないようだ。ユベントスはリボルノから彼へのオファーに応じようとしている
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。