FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/06/11UEFA情報
●引き分けに終わったエスパニョール戦の翌日、バルセロナのレオ・メッシが記者会見で「チームはダメージを受けている」と明らかにした。「僕らにとって最高となるはずのせっかくのチャンスを逃してしまった。首位の座は僕らの手中にあったのに、たった1分の間に全てをなくしてしまった。最終節の試合で僕らは勝ち、あとはマジョルカが引き分けるか勝つか、それに期待するしかない」と心境を伝え、ライバルのレアル・マドリーが有利であると語った。バルサはこれまでの試合と同じミスを再び犯したと指摘したメッシ。「今シーズン、同じミスを何度も繰り返している。試合をコントロールしているのに、試合を決定付けることができず、ベティス戦と同じように昨日の試合も引き分けに追いつかれてしまった。チームはいつも同じリズムでプレーし過ぎているのかもしれない。有利になったらリズムを落とすとか、もう少しボールをキープするとか、そういうこが僕らに欠けていたのかもしれないね」と彼なりに分析し、「チームはまだ自己批判ができていない」とキッパリ。「シーズンが終わったら、今シーズンのミスをミスを繰り返さないよう話す時間をとるだろうね」と続けた。また、自身の“神の手”ゴールについては、「結果的にチームを助けることにはならなかった。ただ勝ち点1を得ただけ」とし、「引き分けに追いつき、それを喜ぶのは当然のこと」と冷静にコメント。また、メッシの数々のゴールがディエゴ・マラドーナのゴールと似ているということについても、「ディエゴは唯一無二の存在だ」と語るにとどめ、マラドーナのゴールを真似ようと考えたことはないし、フットボールの試合では似たようなプレーがあるものだとコメントを残した。
●リーガ・エスパニョーラであと1試合を残した状況で、レアル・ベティスはルイス・フェルナンデス監督を解任した。残留争いに巻き込まれているベティスは、9日に行われたホームのオサスナ戦で0-5のスコアで完敗を喫した
●リーガ・エスパニョーラでは第37節の試合が終了。日曜日にはアウエーの2チームが勝利を収めたが、順位の上では特に影響はない。レクレアティボ・ウエルバはデポルティボ・ラコルーニャに5-2、ヒムナスティックはヘタフェに1-0の勝利を収めた
●アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、来シーズン以降の去就についてコメント。少なくとも、2007-08シーズンはアーセナルに留まることを明言した。ベンゲルの去就が取り沙汰されるきっかけとなったのは、今年4月に発表されたデイビッド・デイン副会長の退団。デイン氏と言えば、ベンゲルをアーセナルに招聘した張本人であり、ベンゲルとはプライベートでも親しい友人関係を築いていた。しかし、アーセナル買収に乗り出した米国人富豪スタン・クロエンケ氏の扱いを巡ってクラブ首脳陣と対立したデイン氏は、クラブを追われる形で退団した。この結果、クラブ側に不信感を抱いたベンゲルがアーセナルを退団するとの憶測が英国メディアで囁かれ始めていた
●サウジアラビアのアル・イティハード移籍が濃厚と思われていたインテルMFルイス・フィーゴが来季もインテルのユニフォームを身に纏うことが明らかとなった。06-07季セリエA優勝を飾ったインテルが10日、正式に発表している。インテルは公式サイト上で「F.C.インテルナツィオナーレ、そして全てのインテルサポーターに朗報。ルイス・フィーゴがインテルのユニフォームを着てもう一シーズンプレイしたいと表明した。プロジェクト上、フィーゴ残留は我々も望んでいたことであり、2008年6月30日まで契約を延長することで話がまとまった。来シーズン終了後は、彼の豊富な経験とプロフェッショナリズム、そしてインターナショナルな交友関係を生かし、クラブを支える立場に就くだろう」と掲載。フィーゴの契約延長、そして現役引退後にはクラブ幹部として迎える方針であることを正式に発表した。
●「自分に対する信頼度に欠けていると感じている。もうこれ以上ユベントスでプレイを続ける可能性はなくなった」。ユベントスのFWダビデ・トレゼゲが10日、所属クラブとの関係に幕を閉じる発言をしている。トレゼゲ発言の裏には、契約内容を巡りクラブ側とトレゼゲ側に大きな溝があると見られているが、対する副会長ジャン・クロード・ブランは「全ての責任をクラブ側に押し付けることは簡単でお気楽なことだ。ダビデに対しては昨年の9月、10月、11月と幾度となく契約延長の提案をしてきたが、一切サインに応じる姿勢は見られなかった。しっかりと話し合う時期に来ていると思うが、他の何人かの選手同様にダビデも応じる気はないのだろう。だが、ユベントスのユニフォームに袖を通すことが誇りであると再認識すべきだ」と発言
●ユベントスがダビド・トレゼゲの放出を断ったため、インテルはカルロス・テベスの獲得へと動いている。アドリアーノのレアル・マドリーへの移籍の確率がますます高まっていることもあり、イタリア王者は攻撃陣を補強しなければならない。テベスの保有権を管理するMSI(メディア・スポーツ・インベストメンツ社)のゼネラル・マネージャー、キア・ジョーラブチアン氏は移籍に向けた話し合いのために前週、インテルの首脳陣に会っていた
●ジェノアとナポリのセリエA昇格が決まった。直接対決は0-0の引き分けに終わり、同時刻に行われたピアチェンツァとトリエスティーナの対戦も1-1で引き分けたため、ジェノアとナポリのトップリーグ復帰が決定した
●アルゼンチンの後期リーグを制したのはサン・ロレンソ・デ・アルマグロだった。1試合を残した段階で、アルセナルを4-2で破ったことで優勝が決定した。ブエノスアイレス(特にアルマグロ地区)を本拠地とするサン・ロレンソは、6年ぶりの国内リーグ優勝。2001年にも後期リーグのタイトルを獲得した
●フィオレンティーナのパンタレオ・コルビーノGMは、2人の選手の獲得に向けオリンピック・リヨンと話し合いを行うためにフランスを訪れている。彼が補強を試みているのは、いずれもDFでブラジル人のクリスとフランス人のセバスティアン・スキラッチ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.