FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/06/06UEFAサッカー情報
●ビジャレアルが、リーグ・アンのランスに所属するマリ代表MF、セイドゥ・ケイタ(27)について、ランスに情報を求めた模様。フランスのサッカー専門サイト「フットボール365」が報じている。
●「リーガが終わってから移籍の話をしよう」。レアル・マドリーのカルデロン会長は幹部たちにこんなメッセージを送った。来季に向けてどんな動きにも注目しているカルデロン会長。クラブが興味を持っている選手の動向や獲得リストに新しく加わった選手など、移籍に関する情報には全て注目している。それでも会長は、今何よりも大切なのはリーガだと理解しているようだ
●ルイス・ファビアーノは、セビージャの優勝を「かなり難しい」と言いながらも「レアル・マドリーがサラゴサに負けてバルセロナがエスパニョールに引き分けるだけでいい」と希望を捨てていない
●ミランのガリアーニ副会長が、シーズンが終わると共にバルセロナのエトー、レアル・マドリーのエメルソンを獲得したいと抱負を語った。「スペインのシーズンが終わるのを待って、R・マドリーとバルサに選手を譲る気がないか聞いてみるつもりだ。バルサの選手ではエトーを狙っているが、彼を売ってくれるかどうかは分からない」
●サラゴサのディオゴは5日、「優勝するのはバルセロナ」であると宣言した。次節R・マドリーと対戦するサラゴサは、優勝争いの鍵を握る存在である。その一員である彼は、雑誌“ドン・バロン”のインタビューにてタイトルの行方について次のように語っている。「多くのチームが年間を通して好調だった。セビージャはその中の一つだ。バルセロナは長い間素晴らしいサッカーを披露してきた。それぞれのチームに良さがあるけれど、1つ優勝チームを選ぶとしたらバルセロナだね。僕らもUEFAカップ進出へ向けて勝点が必要な状態だから、R・マドリーから首位の座を奪って見せるよ。今シーズンずっとそうしてきたように、ここ数試合も僕らは常に勝利を目指して戦ってきた。でもそれは、ライバルから何かを奪うためでも、ボーナスのためでもない。これは嘘じゃないよ。僕らはUEFAカップに出たい。だから勝点3が必要なんだ」。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督が来季マンチェスター・シティを指揮する監督の第一候補に挙がっていることが、4日イギリスの“BBC”で報道された。
●アトレティコ・マドリーのFWフェルナンド・トーレスが、火曜日(5日)に行われたアトレティコの練習でボールに触り、セルタ戦のためにリハビリを強化した
●バレンシアのDFミゲル。「チェルシーが興味を持っているからといって、僕がイングランドに行くということを言うのは、新聞記者たちにとって都合のいい話だ」
●レアル・マドリーのロベルト・カルロスがトルコのフェネルバフチェに移籍することが決まった。5日夜、6月30日に契約が切れるロベルト・カルロスとフェネルバフチェは3年契約で合意に達した。
●オリンピック・リヨンは、同クラブのDFエリック・アビダルに対するバルセロナからの初正式オファーを却下した。バルサは、アビダル獲得に1000万ユーロ(約16億3600万円)支払う用意をしていると伝えたが、リヨン側はこの額を十分だとは捉えていないようだ
●42シーズンにわたってオセールの監督を務め、2005年に引退したギィ・ルー氏がランスの監督として現場に復帰することが決まった。契約期間は2年
●チェルシーのFWディディエ・ドログバが、リヨンのMFフロラン・マルダの獲得を熱望している。フランスのギャンガンでともにプレーし、現在も親交の深いマルダについて、ドログバは「イングランドですぐに結果を残せる選手」と評価している。
●6日、ユーロ2008予選第7戦、アウェイでのリヒテンシュタイン戦に挑むスペイン代表だが、同国代表のルイス・アラゴネス監督はスタメンの変更を考えていると思われる。同監督はプジョールとイニエスタを外した布陣でのスタメンを試していたのだ
●ACミランのFWアルベルト・ジラルディーノ退団説が流れる中、カルロ・アンチェロッティ監督に続きアドリアーノ・ガリアーニ副会長も移籍はクラブ側が引き止めを強要することなく「フリーウェイ」であることをアピールした「既に宣言しているが、我々クラブ側としては彼が残留してくれることが望ましい。だが、『常に出場できる』とは確約できない状況であり、彼のインタビューでの発言は気に入らない。ACミランから去りたいのであれば(移籍金として)2400万ユーロ(約40億円)をクラブに持ってくればいい」
●ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が5日、急成長FWロッキの引き留め工作に乗り出した。今季16得点を叩き出し、チームの得点王に輝いたロッキに対してロティート会長は「ラツィオはロッキを移籍市場リストに載せることはしない。彼はラツィオと2009年まで契約が残っている」
●「サンプドリアの家紋に惹かれて、(監督就任を)決定した。サンプドリア幹部陣との話し合いで、彼らがあらゆる役割に対してリスペクトの念を抱いており、また責任の所在を明確にしていることが分かった。これは自分の仕事上、とても大事な要素だ」。古豪サンプドリアの監督に就任したワルテル・マッツァーリが5日、サンプドリアを選んだ理由
●ユーロ08予選のフェロー諸島戦、リトゥアニア戦の召集も見送っているASローマの主将トッティは「選択はいつもフィジカルの状態次第で決めている。別に家族との時間に重きを置いている訳ではない。確かに家族と長時間離れることは厳しいが、我々の仕事にはそういう側面も付き物だ」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.