UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/29UEFA情報
●リーガ優勝争い真っ最中のバルセロナだが、クラブの首脳陣らは来シーズンの補強に向けても奔走している。バルセロナが契約をまとめなければならないポジションの一つにフォーワードが挙げられる。ハビエル・サビオラ、サンティ・エスケーロの退団はほぼ決定的と言われており、手薄になるフォワード陣の補強が火急の任務である。すでに何人かの候補に絞っているようだが、昨シーズン退団したヘンリク・ラーションタイプのフォワードを探し求めるバルセロナは、ロイ・マカーイ(バイエルン・ミュンヘン)、ティエリ・アンリ(アーセナル)、ディエゴ・フォルラン(ビジャレアル)の3選手をトップ候補に挙げているようだ。
●バルセロナのカンテラの至宝ボージャン・ケルキックが来シーズン、フランス・リーグ1のサンテティエンヌにレンタル移籍する、と地元有力紙“スポルト”が伝えた。ボージャンが所属するバルセロナBの3部リーグ降格が決まり、3部でのプレーはボージャンの成長の妨げになるとの判断からクラブ側はボージャンの期限付き移籍の話を検討しており、先日にはオランダのアヤックス行きが濃厚との噂も上がっていた。しかし、バルセロナとサンテティエンヌとの良好な関係がボージャンのレンタル移籍の合意を可能にしたようだ
●英紙“ザ・サン”によると、レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドの役員がこの土曜日にも、マンUのアルゼンチン代表DFガブリエル・エインセ移籍の交渉に向けて話し合いを行うようだ。マンUはエインセの移籍金を700万ユーロ(約11億4500万円)に設定していると言われている。
●インテルとの契約が1年以上残っているアルバロ・レコバだが、来シーズン、アトレティコ・マドリーでプレーする可能性が出てきた。伊紙“ガゼッタ・デッロ・スポルト”は「レコバのスポーツキャリアはスペインにある」と報じ、すでに両者の間ではすでにコンタクトをとっており、数日中にも決まるだろうと伝えている
●先週末アウェイでナスティックに0対2で勝ち、来季のUEFA杯出場実現にまた一歩近づいたアトレティコ・マドリー。今回の勝利についてMFのフラードは「試合に勝つのは決して簡単な事ではないだけに、勝てた時はモチベーションが更に上がる。あと残り2試合もしっかりと抑えていきたい。すぐ下にビジャレアルが位置しており、絶対に油断出来ない」
●先日のレクレアティーボ戦で左手を痛めたエスパニョールのタムードは、検査の結果骨に異常はないと診断され、次節のバルサとのバルセロナ・ダービーには出場できると発表された
●バルセロナのFWリオネル・メッシは26日のヘタフェ戦の前に、ペレス・ブルール主審からシミュレーションをしないように注意されたと、試合後暴露した。メッシによれば、ペレス・ブルール主審が近づいてきて、「もしシミュレーションしたら、ひどい目にあうぞ」と警告したと言う。
●ACミランのアンチェロッティ監督は、「エメルソンは、我々が探しているミッドフィルダーの特徴にぴったり当てはまる選手」と明らかにしているが、レアル・マドリーで厳しいシーズンを過ごしてきたエメルソンはこの発言について「感謝している」と彼の代理人が伝えた
●27日のビジャレアル戦をけがで欠場したバレンシアのシルバだが、29日からマドリー市内で行われるユーロ2008(欧州選手権)予選に向けたスペイン代表合宿に合流することが決まった。シルバのけがの状態をみた代表ドクターが28日、合流に向けてゴーサインを出した
●26日のヘタフェ戦で一発退場となったバルセロナのロナウジーニョが、リーガ・エスパニョーラ残り2試合で出場停止となる可能性が出てきた。レッドカードが出されたプレーはヘタフェのベレンゲルのファウルによって引き起こされたものとはいえ、手と足でのあからさまな報復行為。29日に予定されている規律委員会での処分を待つことになるが、優勝の懸かったエスパニョル戦、ヒムナスティック戦の2試合に出場停止となることも十分考えられる
●27日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節、バスクダービーとなったオサスナ対レアル・ソシエダの一戦は、ホームのオサスナが2-0で勝利した。しかしスペイン国内では試合前、レアル・ソシエダの勝利がひそかにささやかれていた。というのも、「オサスナが残留争いをしているレアル・ソシエダに勝たせてあげるだろう」という見方が強まっていたのだ
●2006-07シーズンを無冠で終えたアーセナルが、早くも来季に向けた戦力補強に着手した。今オフの獲得第1号となったのは、ポーランド代表のGKルーカス・ファビアンスキ。レギア・ワルシャワから獲得した22歳の移籍について、アーセナルは“長期契約”とだけ発表し、移籍金などの詳細は明らかにしていない。
●ユベントスのセリエA復帰という公約を果たしながら、監督辞任を決めたディディエ・デシャン氏が27日、フランスのラジオ番組「RMCアンフォ」にその理由と現在の心境を語った。「あとは監督がそれに合わせるか、合わせないかだ。私がすべてを決定したいと思ったわけではない。問題の本質はそこではなく、物事の全体にあった。(…)どこでも大抵そうだが、ぞれぞれのクラブには特殊な状況や事情というものがある。今シーズン、さまざまな困難に出会ったのは確かだが、今からそれをどうやってうまく組織できるかを考えた。そのためには、落ち着いた環境が必要。状況を分析した結果、(クラブを去るという)自分にとっていちばんよい決定をとった」
●ウリエ監督の後任としてリヨンのリーグ7連覇に挑むのは誰か。28日付のレキップ紙は「リヨン、アラン・ペランを監督に選択」と報じたうえ、今週前半にも契約にサイン、とまで踏み込んでいる。ペラン氏は今年のフランス杯を制したソショーの監督。ちょうど同じタイミングで、ペラン監督のソショー退団が報じられ、プレシ会長も「フットボール365」にこれを裏付ける発言を行なっている。プレシ会長はさらに、ペラン氏がリヨンのオラス会長と接触することを認めたと話している。
●インテルのFWズラタン・イブラヒモビッチが元ユベントスGMでカルチョ界を震撼させた大型スキャンダルの張本人でもあるルチャーノ・モッジを擁護する発言をしている。セリエB降格の影響により、06-07季開幕前にユベントスからインテルに移籍を果たしたイブラヒモビッチは「モッジのような人物は組織の構成上、欠かせない」「ユベントスに所属していたときには、常に自分を助けてくれた」
●ブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘン移籍が噂されるフィオレンティーナFWルカ・トニの去就に対して27日、会長ディエゴ・デッラ・バッレが自身の見解を述べている。デッラ・バーレ会長は「トニの件に関しては、彼と直接話し合うことすらないだろう。自分と彼は現在の状況を熟知している。彼は彼自身で決断をしただろうし、彼のようなワールドカップ優勝メンバーで偉大な選手に対しては本人の考えを尊重するべきだろう」
●インテルのロベルト・マンチーニ監督が、今季不調に終わったFWアドリアーノに対して意見を述べている。地元メディアで“アドリアーノ移籍”報道が根強く流れている中、マンチーニ監督は「彼が(インテルに)残るかどうかは我々次第ではなく、彼次第となる。どのような状況になるか見守るしかない。彼は素晴らしい素質を持っており、機が熟すのを待つしかない」と説明
●フィオレンティーナのアンドレア・デッラ・バッレ会長が28日午前、所属FWルカ・トニの放出を正式に発表している。
●欧州CLを制覇したばかりのACミラン監督カルロ・アンチェロッティが28日、噂される代表監督就任について自身の見解を述べている。ラジオ番組“ラジオ・アンキーオ”に出演したアンチェロッティ監督はマイクの前で「ACミランの監督を生涯やり続けるとは考えていない。(ACミランでの)ストーリーが終わると共に、代表監督の座に就ければと思っている。ただし、それは2010年以降の話だが」とコメント
●ドイツ1部リーグ、フランクフルトは29日、元日本代表MFの稲本潤一と2年契約を結んだと公式ホームページで発表した。フランクフルトは高原直泰が所属している。
●カルリートス・テベスとピーター・クラウチは、来シーズンもプレミアリーグでプレーを続けることになった。テベスはウェストハムで、クラウチはリバプールで活躍した若いストライカーだが、状況は大きく異なっている。クラウチは引き続きリバプールでプレーし続けることになるが、テベスはウェストハムを離れることが確実。テベスは、プレミアリーグが自分のプレースタイルに合っていると考えており、今後もイングランドでのプレーを希望している
●アドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役は、本心を隠すことなく、シェフチェンコの獲得に向けて再び動き出している。「われわれには彼を連れ戻す準備がある」と『アンテンナ・トレ』の番組にスタジオ出演したガッリアーニは語った。
●「クラブとは話がついた。2011年までここに残る」カハ・カラーゼが前言を撤回した。アテネでのチャンピオンズリーグ決勝を終えたあと、カラーゼはレギュラーポジションを約束してくれるチームに行きたいと発言していたが、何人かのクラブ首脳陣と話し合いを行なった結果、考えを改めたようだ
●VfBシュツットガルトは28日、トルコ代表MFイルディライ・バシュトゥルクの獲得を発表した。所属するヘルタ・ベルリンとの契約は来月末で切れるため、移籍金は発生しない
●ユベントスのジャン・クロード・ブラン代表取締役は、クラブの今後の計画を明らかにした。イタリアのスポーツ新聞3紙、および『コッリエーレ・デッラ・セーラ』『ラ・レプブリカ』『ラ・スタンパ』の各紙の記者たちとの会合の中で、ブランは次のように明言している。「われわれは、リッピがプロジェクトに参加してほしいと考えている。監督でもテクニカルディレクターでも、どういった役割でも構わない。何をやりたいかはリッピが決めることだ。将来に向けた仕事を始めたいと思っているし、そうしなければならない。リッピからの返事は10日間待つことにした。一方で、ほかの監督たちとの話し合いも予定している」
●チェスケー・ブデヨビツェのMFカレル・ポボルスキーが現役引退を発表した。チェコ代表での最多出場記録(118試合8ゴール)を誇る彼は、国内リーグの第30節の試合が自身のラストゲームになると明らかにした。「冬のトレーニング期間中に最終的な決断をした。モチベーションを維持するのが難しくなっていた」。
●セルビアのレッドスター、イタリアのローマ、サンプドリア、ラツィオ、インテルで活躍し、昨シーズンに現役を引退した元ユーゴスラビア代表DFのシニシャ・ミハイロビッチの引退記念試合が28日、セルビアのノビ・サドにあるスタジアム“カラジョルジェ”で行われた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。