UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/21UEFA情報
●負ければ優勝争いからの脱落を意味し、しかも相手は“苦手”アトレティコ・マドリー。ナーバスにならざるを得ない状況の中、ビセンテ・カルデロンでのアトレティコ戦に臨んだバルセロナだが、ロナウジーニョ、エトー、メッシの“REMトリオ”が爆発し、終わってみれば0-6と、これまでの鬱憤を晴らすかのような見事な大勝利で首位レアル・マドリーにぴったり並走。バルセロナは今シーズン最高のプレーで改めてチームの底力を見せつけた。そして、その前に行われたレアル・マドリーもロベルト・カルロスの土壇場の決勝ゴールでレクレアティーボに辛勝。3試合連続の劇的勝利で勝負強さを見せた。両チームとも勝ち点を69で並んでいる。
●バルセロナのフランク・ライカールト監督は、20日のアトレティコ・マドリー戦の大勝(0-6)は、リーガを勝つ希望を与えたが、チームについては「良かったけど、さほど印象的ではない」と語った。「この結果は私たちに希望を与えた。いつも私たちにとって難しい相手に、いい試合をした。アトレティコはカウンターを狙い、危険だった。しかし先制してから相手はスペースを開けざるをえなくなり、そこを突いてすばらしいゴールを私たちはあげた」と説明。さらに「0-0の時は別の試合だったが、私たちが点を取ったことでアトレティコがスペースを開けざるをえなくなり、個人技で差をつけた」
●レクレアティーボに追いつかれながらも、2-3で勝利を収めたR・マドリーのカペッロ監督は、選手たちのリアクションに喜び、素晴らしい試合をしたと試合後に満足な表情を浮かべた。引き分けにされながらも最後まで諦めない選手たちの姿勢とその姿勢が生んだ決勝ゴールに「優勝のためにとても重要だった」と自身の見解を述べた。「これは我々にとってとても重要な試合となったし、厳しいものだった。チームの姿勢は素晴らしかった。しかしまだ3試合残っているし、我々はまだチャンピオンではない」。試合後の記者会見でそう語ったカペッロ監督は、チームのプレーを称賛したが、いくつかの決定機を外し、逆に窮地に陥ったことを残念がった。「我々は素晴らしい試合をした。しかし、素晴らしいライバルを相手に気を許した上に2ゴールを献上してしまった。だが、良いリアクションを見せた。例えば、ロベルト・カルロスの80メートル以上の突破だ」
●レアル・マドリーが劇的勝利を収めた。前節のエスパニョール戦から1週間後、この日曜日(20日)にもウエルバで再びドラマチックな幕切れを演じた。R・マドリーは、0-2とリードを奪いながら、試合終了5分を切ったところで同点に追いつかれ、首位の座もぼやけた。しかし、ロスタイム、カウンター攻撃からロベルト・カルロスのシュートがネットを揺らし、一度は手から離れた勝ち点3を自らたぐり寄せ、首位キープに成功した。
●5月20日はロベルト・カルロスにとって忘れられない日となるはずだ。レアル・マドリーがもし今季のチャンピオンとなった場合、91分のロベルト・カルロスのゴールはクラブの歴史に名を刻むゴールとなることは間違いない。彼のゴールは最も価値のあるゴールの一つとなり、優勝に一歩近づくゴールとなった。「こんなゴールを決めたかったよ。僕のキャリアの中でも最も重要なゴールの一つとなった。僕らは素晴らしい試合をしたし、勝利に相応しい戦いをしたんだ」。
●レアル・マドリーは8月3日から5日までモスクワで開催される第1回ロシア鉄道杯に出場することになった。参加チームは他にPSVアイントホーヘン、ロコモティフ・モスクワが決まっており、同大会はトーナメント方式で争われる。あと1チームは定かではなく、ロコモティフのスポークスマンによるとACミラン、ラツィオ、ボカ・ジュニアーズ、リバープレートの参加が可能性とのことだ
●先週金曜日にメリージャで行われたスペインサッカー協会(RFEF)の重役会議において、9月から11月に行われるスペイン代表のユーロ2008の予選を、オビエド、マドリー、カナリア諸島のラス・パルマスで開催することが決定された
●20日に行われたデポルティボ戦で、2-1と逆転勝利を収めたセビージャ。レアル・マドリー、バルセロナが共に勝利したため、勝ち点差2での3位は変わらなかったものの、16日にUEFAカップ決勝を戦った疲れを感じさせない底力を見せつけ、リーガの優勝争いにしっかりと残った。UEFAカップを制したセビージャは、リーガと国王杯3冠の可能性を残す唯一のチームとして注目が集まっている。連覇の偉業を達成したUEFAカップ決勝から中3日あったとはいえ、延長120分とPK戦を戦い抜き、優勝後のお祭り騒ぎもあって、セビージャの選手たちが心身共に極限状態に追い込まれていたことは容易に想像できる。また、今シーズンのチーム目標はあくまでチャンピオンズリーグ圏内(4位以内)確保であり、それはほぼ手中にしている状況だ
●バレンシアのホアキンは19日に行われたマジョルカ戦で、終了間際の89分にチームを勝利へ導く決勝ゴールを決めたものの、そのシュートの際に相手DFと交錯し、足首を負傷した。その後の経過が心配されたが、診断では単なる打撲で、次節ビジャレアル戦(27日)に向けては問題ないことが分かった
●レキップ紙によると、フランス杯を制したソショーのMFカリム・ジアニに、マルセイユとリヨンが関心を寄せている。ジアニはアルジェリア代表の24歳。ロリアン(昨季まで2部)から今季ソショーに移籍し、これまで34試合に出場、8ゴールをあげている。
●リール首脳陣は早くも来季の補強に向け、精力的に動いている模様だ。レキップ紙によると、ポーツマスのフランス人CB、ノエ・パマロ(元ニース)、ポルトガル人MFマヌエル・フェルナンデス(エバートン、元ベンフィカ)、アンゴラ人FWペドロ・マントラス(ベンフィカ)などがリストに挙がっている
●フランスのサッカー専門サイト「フットボール365」によると、リーグ・アンのレンヌが、フラメンゴ(ブラジル)のMF、レナト・アウグスト(レナト・ソアレス・デ・オリビエラ・アウグスト)の獲得をめざし、オファーを提示した。しかし、フラメンゴ側は最初のオファーを断った模様。代理人は移籍の条件は3000万ユーロ(約49億円)と主張している。
●マルセイユが19日、リーグ・アン第37節でサンテチエンヌに勝ち、今シーズン2位が確定、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した
●リーグ・アンのシーズン終了まで1試合を残した20日、UNFP(プロサッカー協会)の各賞が発表され、パリのオランピア劇場で表彰セレモニーが行われた。最優秀選手賞には、ヨハン・エルマンダー(トゥールーズ)、カデル・ケイタ(リール)、セイドゥー・ケイタ(ランス)を抑え、優勝したリヨンのフロラン・マルダが選ばれた
●イングランド・サッカー界で監督解任のスピード記録が更新された。解任されたのは、イングランド4部のトーキーで、新監督の就任が発表されたばかりのリロイ・ローゼナイアー。その在任期間は、なんとわずか10分間だ。
●19日のセリエB第36節対アレッツォ戦で勝利(1-5アウェイ勝利)を飾り、セリエA昇格を果たしたユベントスのジョバンニ・コボッリ・ジリ会長が今後の展望を語った。コボッリ・ジリ会長は「来シーズン(セリエA)の初ゲームまで残り100日。この期間に多くのことを成し遂げることができるだろう。我々は罪を償った今、これで落ち着いてスポーツ面での目標に集中できる。今後に向けてやらなければならない事や、学ぶべき点は多いだろう。だが、情熱は誰にも引けをとらない」と堂々と語った
●元イタリア首相で現ACミランの会長職を務めるシルビオ・ベルルスコーニもユベントスのセリエA昇格を祝福している。セリエB降格の憂き目に遭った名門ユベントスのセリエA復帰にベルルスコーニ会長は「本当に生き生きとしていたことに祝福したい。また、大都市を拠点とする3つのビッグクラブ…ユベントス、ジェノア、ナポリのセリエA昇格を心から嬉しく思う。来シーズンのセリエAはより魅力的になり観客が増加することだろう」
●セリエA第37節、欧州CL決勝戦を考慮して他カードに先駆けて20日に行われたACミラン対ウディネーゼの一戦は、2-3でアウェイのウディネーゼが勝利を収めている。この試合は今季限りでの現役引退を表明しているACミランDFアレッサンドロ・コスタクルタの最終試合となり、PKも決めるなど集まった観客を沸かせたが、試合は惜しくも敗れてしまった。
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督が23日に迫った欧州CL決勝戦対リバプール戦への展望を語っている。ギリシャのアテネで迎える大一番を前にアンチェロッティ監督は「2つほど不確定要素はあるが…、(フォーメーションの)選択はほぼ決まった。あとはマルディーニのコンディションとFWを(誰にするか)判断するだけだ。インザーギはジラルディーノに比べて決定力があるが、ジラルディーノには周囲をサポートする能力がある」
●FWアンドリー・シェフチェンコとMFミヒャエル・バラックの2人はチェルシーを去ることにはならなさそうだ。チェルシーの副会長ピーター・ケニヨンが19日、06-07季開幕前に獲得したウクライナ人FWとドイツ人MFの契約を延長する方向であることを明言している。
●「ここまで辿り着くために我々ACミランは死力を尽くした。ファイナルにはぜひとも出場したい」。23日に控えるリバプールとの欧州CL決勝戦を前に、ACミランの主将パオロ・マルディーニがこの試合に懸ける意気込みを語っている
●アテネのギリシャで迎える欧州CL決勝戦、対リバプール戦を3日後に控えた20日、ACミランのMFカカ(24)がコメントを残している。司令塔としてチームを牽引するカカは「対リバプール戦を想定した今日の練習は上手く行った。我々ACミランのこの試合に向けたコンディション調整は万全だ。チームの雰囲気も良いし、穏やかだ。欧州CLを制覇出来ると確信している」と意気込みを語った
●元ブラジル代表FW、バスコ・ダ・ガマに所属するロマーリオ(41)が、地元で行われたブラジル全国選手権2回戦、対スポルチ・レフシェ戦の後半にPKを決め、遂にプロ通算1000ゴールを達成した。3月に1000ゴールにリーチがかかって以来ようやく達成した大記録に詰め掛けたファンが興奮し、試合が一時中断されるという一幕もあった。ロマーリオはブラジルの英雄、王様ペレに続く2人目の1000ゴール到達者となった。
●チャンピオンズリーグ予備選出場権を懸けたオランダリーグプレーオフ決勝は20日に第1戦が行われ、AZが2-1でアヤックスに先勝した
●バイエルン・ミュンヘンのクラブ理事長を務めるフランツ・ベッケンバウアーは20日、スポーツ専門局DSFの番組内で、イングランド代表MFオーウェン・ハーグリーブスが、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に移籍することを認めた。ドイツ国内のメディアによると、マンUからバイエルンに支払われる移籍金額は、およそ2500万ユーロ(約40億7500万円)にのぼるという。
●「僕にとって最高の選手はずっとジーコだった。彼を見るためにマラカナに通っていた。僕の“心のチーム”はリオのフラメンゴだ」。RAIトレの番組『ケ・テンポ・ファ』に出演したミランのロナウドはこう語った。「ジーコがフラメンゴでプレーしていたころ、僕はいつも彼を見るためにマラカナに行っていた。僕にとっては史上最高の選手だった」
●ポルトガルリーグの最終節ではアベスを4-1で破ったFCポルトがリーグ王者となった。1試合を残した時点で上位3チームが優勝の可能性を残しており、最後の90分間は興奮に包まれる展開となった。首位のポルトはスポルティング・リスボンを1ポイント差、ベンフィカを2ポイント差でリードしていた
●セリエA第37節の試合で、パレルモはシエナを2-1で破って来季のUEFAカップ出場が決定。シエナは最終節にすべてを託すことになった。
●カステッラーニで行われたエンポリとレッジーナの対戦は3-3の引き分けで終了。エンポリはUEFAカップ出場を決定し、レッジーナは残留の可能性を残した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。