UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/17UEFA情報
●ビジャレアルが来シーズンに向けてチェルシーのFWアンドリー・シェフチェンコを獲得リストにピックアップしている、とスペイン紙“アス”が報じている。冗談のように思われるが、そうではない。ビジャレアルの役員、ホセ・マヌエル・ジャネサ氏は真剣にシェフチェンコ獲得の可能性を探っているようだ
●バルセロナは今季残された4試合で優勝を目指すだけではない。この4試合には巨額の収入の行方もかかっている。もし残り試合で取りこぼすようなことがあり、2ポイント差に詰め寄られているセビージャに順位を越されるようなことがあれば、チャンピオンズリーグの予備選を戦わなくてはいけなくなるのである。これによってバルサは、計画中のプレシーズンの予定を大幅に変更しなくてはならない。現在8月上旬にアジアツアーが計画されており、600万ユーロ(約9億9000万円)の収入が見込まれている
●アトレティコ・マドリーを応援するレアル・マドリーの関係者といえば、カペッロ監督がまず筆頭に上がる。カペッロ監督は、アトレティコのアギーレ監督と非常に友好な関係を築いており、最大限の幸運を祈るように電話までする仲だ。今季2度あったダービーの前に行われた記者会見でも、両監督はお互いを褒め称えて仲のよさを見せ付けていた。
●レアル・マドリーのグティは、国王杯を敗退しリーガでも首位の座を奪われたバルセロナについて、問題はフィジカルよりも精神面にあると分析した。「バルサはただ精神的に落ち込んでいるだけ。自信を取り戻すには結果を出すことだよ。彼らがちょっとした危機から抜け出すにはカルデロンで勝つことが最高なんじゃないかな。彼らは偉大なチームだし、最後まで優勝争いに絡むはずだ」
●バルサのロナウジーニョが、ブラジル代表のドゥンガ監督がコパ・アメリカに自身を招集しないことを求める書簡をブラジルフットボール連盟(CBF)に宛てた、と彼の近しい人物により明かされた
●ファビオ・カペッロ監督率いるR・マドリーは、チャンピオンに相応しいことを数字で証明している。1つは、34節終了時点での20勝という数字だ。バルセロナ、セビージャ、バレンシアを上回るこの勝利数は、ビセンテ・デル・ボスケ監督率いるチームが最後にリーガを制した02/03シーズン、同節終了時点の19勝を上回っている。
●エスパニョールのエルネスト・バルベルデ監督は15日、翌日行われるUEFAカップ決勝の会場となるハンプテン・パークにて記者会見に出席。「チームをここまで導いた自分達のスタイルを信じている」と語ると共に、クラブ史上2度目となる大舞台のプレッシャーが良い方向に働くことを期待した。「チームのスタイルを貫く。今シーズン培ってきたことを大きく変えたりはしない。これは最も重要な一戦であり、今までにないビッグタイトルを獲得する大きなチャンスだ。準備は万端。全てのプレッシャーをポジティブなエネルギーに変えなければいけない。ここまで来た上で、”プレッシャーに耐えられない”なんて言うことは出来ない」。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督は、昨年アイントホーフェンでUEFA杯優勝を果たしたように、今年も優勝を望んでいる。同監督は「タイトルを死守する」としながらも、「2連覇することは難しいことだ。レアル・マドリーだけがそれを成し遂げている。セビージャが同じような偉業を達成するのは難しいかもしれないが、もし2連覇したらセビージャサポーターは誇りとするだろう」と連覇の厳しさを改めて認めた
●バレンシアのDFミゲルは「みんながセビージャ、R・マドリー、バルサについて話している」ことを好意的に受け止めている。リーガ優勝を目指すライバル達を引合いに出し、「彼らは(僕達のことを)忘れている」と話した
●バルサのチキ・ベギリスタインTDは、リーガ2連覇に導いたようなアグレッシブなディフェンスを取り戻したいと考えている。そのため、ライカールト監督との話し合いの場でもインテルのイタリア代表DFマルコ・マテラッツィの名前が上げられているほどだ。
●ヘタフェのDFアレクシスは今シーズン終了後、6年契約でバレンシアに移籍すると認めた。彼は、バレンシアからの関心や仲間の話からバレンシアへ気持ちが傾いたとも明かしている
●バルサのFWグジョンセンは、バルサが逆転でリーガ優勝する可能性について前向きなメッセージを送り、「まだ失ったと決まったわけじゃない」と最後まで諦めずに戦う意欲を見せている。「今は過ぎたことにエネルギーを費やすより、前に向かって進むべきだ。残り4試合に向けてチームは集中して練習し、前向きに考えなきゃいけない。優勝する可能性はまだあるんだからね」
●セビージャがPK戦の末にエスパニョルを下し、2年連続でUEFAカップ優勝を成し遂げた。過去に2連覇を達成したチームは1985年と86年に優勝したレアル・マドリーだけで、セビージャはこの歴史的な偉業に並ぶことになった。
●スペインの『アス』紙は16日、ビジャレアルがシェフチェンコを獲得する可能性について報じた。伝えられるところによれば、チェルシーがバレンシアのビジャを獲得した場合、バレンシアにビジャレアルからフォルランが移籍し、ビジャレアルにはチェルシーのシェフチェンコが加入するという。3クラブ間でのFWのトレードという形になるが、巨額の移籍金と世界に名だたるストライカーが動く移籍となるだけに、実現の可能性は低いと見られる。ビジャレアルにとってより現実的なのはマケレレの獲得と言われる。チェルシーでは、ジョン・オビミケルの台頭によって出番の減っているマケレレがリーガに復帰するとのうわさが出ており、ビジャレアルがいち早く獲得の動きを見せている
●ヨハン・クライフはフランク・ライカールトの後任としてマルコ・ファン・バステンをバルセロナの監督の候補に挙げた
●今シーズン終了後、リーグ・アンの選手の中で動向がもっとも注目されるのは、マルセイユのリベリとリヨンのマルダになるに違いない。リベリはマルセイユのディウフ会長から移籍に“ゴーサイン”をもらったと伝えられるが、リヨンのオラス会長はマルダを手放したくないようだ
●リヨンのビルトールが15日の練習を欠席した。レキップ紙によると、オラス会長はその理由を「48時間の謹慎処分を科したため」と説明している。ビルトールは5日のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に招集されなかったことを不服とし、その後練習に参加していない模様
●FAカップ決勝を土曜日に控えたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、ケガ人が続出するチーム状況を考慮して、GKエンリケ・イラリオをストライカーとして起用する可能性を示唆した
●セードルフは2009年までミランとの契約が残っているが、その後について本人は、次のようにコメント。ミラニスタを喜ばせている。「ミランとの契約が切れる時には、私は34歳になっている。そこから新たな挑戦をしようとは考えていない。ミランに何の不満もないし、やりがいを感じている。私はミランで現役を引退することになるだろう」。
●マンチェスター・シティの新監督招聘が難航している。13日のトッテナム戦で敗戦を喫し、今シーズンのプレミアリーグを14位で終えたマンCは、成績不振を理由にスチュアート・ピアス監督の解任を発表。来シーズンに向け、大物監督の就任を目指していた
●インテルの主将サネッティは「挽回することが容易ではないことは皆知っている。だが、試さないことにはどうにもならない。集団として結束する以外に道はない。試合に出る度に結果を出してチームに貢献し続けてきた(FW)クルスの復帰はとても重要だ」
●ASローマのDFクリスティアン・キブーの頭の中には、ASローマから去る気はまったくないようだ
●「ACミランのバランスがとても整っており、厳しい試合になるだろう。守備陣も強く、最強の中盤を揃えており、攻撃陣は流動的だ…」。23日に控える欧州CL決勝戦の対戦相手となるACミランの印象を、リバプールのラファエル・ベニテス監督が語っている。
●追い詰められたインテルのマッシモ・モラッティ会長が15日、展望を語っている。17日にホームのサンシーロ・スタジアムで迎える第2レグを前にモラッティ会長は「信じるしかない。カルチョの世界では何でも起こりうるものだ。木曜日(17日)は『雪の降りしきる中、自転車で坂道を登るような』厳しさが待ち受けるだろう。選手達は…、最大限に集中して試合に挑まなければならない。(リーグ戦で素晴らしい結果を残した)今シーズンのことを考慮すると、容易ではないが」
●スティーブン・ジェラードは所属クラブのリバプールとの契約を更に4年間、2012年まで延長する準備が整っているようだ。豊富な運動量と強烈なミドルシュートが持ち味のMFジェラードは「クラブに対してサインをしたい旨を伝えた。今からは彼らが決断する番だ。そろそろ(5月30日に)27歳になる。これは自分の選手生活で絶頂期を迎えることを意味しており、このクラブで絶頂期を過ごすことになるだろう。シーズン終了前に合意に達するかは分からないが、そうなることを願うよ。私設コンサルタントも近いうちにクラブ側と話し合いの場を持つはずだ」
●ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が噂される“デリオ・ロッシ監督、来季はユベントス移籍”説をきっぱりと否定している。ロティート会長は「ロッシ監督の発言が歪曲されている。彼は『2009年まで契約が残っており、その後はどうなるか様子を見よう』と報道陣に語っただけであり、他クラブの監督の座を意識しているわけではない。自分もロッシ監督が他のクラブへ移りたいと考えているとは信じたくはない」
●ACミランの主将パオロ・マルディーニの出場が微妙な状況となっている。チームの精神的支柱として君臨するマルディーニは「出場できるように全力を尽くすが、カターニャ戦(13日のセリエA第36節)後から膝が腫れあがっている。試合までに特別治療に専念するが、リバプール相手に痛みや腫れを引きずったままの状態では厳しい。100%の状態ならもちろん出場する。だが、そうでないならば、自分よりコンディションの良い選手を差し置いてまで、問題を起こすようなことはしたくないと自分も監督も思っている」と説明
●06-07季セリエA優勝を飾ったインテルを祝して、記念切手が発売されることが15日までに判明
●4月24日に41歳を迎えたコスタクルタは「確かに最後の試合となるかもしれないが、寂しくはない。なぜなら来季も(第2監督の立場として)ACミランに残るだろうし、引退の時期でもあるだろうし、全てを手に入れただろうし。理由を明確に説明することは難しいが…、残念な気持ちにはならない。アンチェロッティ監督の下で、仲間達との仕事のことを考えると力がわいてくる」
●チェルシーのFWディディエ・ドログバが、クラブのあるロンドンから遠ざかる気があることを示唆している。ドログバは「契約にサインをしたばかりだし、確かに自分は常にチェルシーの選手だ。だが、フランス時代も成功を収めているし、今はイングランドで成功を収めただろう。自分は“チャレンジ”が好きな人間であり、いつの日か新たな挑戦を試みるだろう」
●今季からユベントスを指揮するフランス人監督ディディエ・デシャン監督の代理人ジャノ・ウェルスが15日、クラブに対する不信感をあらわにしている。ウェルス代理人は地元の“FRANCE FOTTBALL”紙の取材に対して「ディディエはユベントスから正当な評価を受けていないのではないか?彼の功績に対する感謝の念が欠けている。彼自身も(クラブから)全幅の信頼を寄せられているとは感じていない。クラブは何をしたいのだろうか?スポーツ面でのプロジェクトなのか、経済面でのプロジェクトなのか…。ユベントスが今後もディディエとともに前に進む気があるのなら、契約面でもピッチ上でも彼のポジションを強固にする必要があるだろう」
●ミランのアンチェロッティ監督「ミランの一つの時代がアテネで終わることはない。シーズン終了後に引退するのはビリー・コスタクルタだけだ。マルディーニはわれわれと一緒にプレーを続けていく。契約をあと1年間延長した」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ACミランとリバプールが戦うCLリーグ決勝まであとわずかですね。 ACミランとリ...
2007/05/22(火) 20:18:45 | サッカー部ログ2007 サッカー動画もあるよ!
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。