FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/05/06UEFA情報
●レアル・マドリーとセビージャ、リーガ優勝争いの直接のライバルである両チームが6日、サンティアゴ・ベルナベウで激突する。前日行われた試合では首位バルセロナが0-2でレアル・ソシエダを下し、勝ち点3を獲得しポイントを65と伸ばした。両チームにとってバルセロナにぴったりくっついていくためにも勝ち点3が欲しいところだ
●ACミランの会長シルビオ・ベルルスコーニが4日、バルセロナのFWロナウジーニョ獲得への情熱を改めて訴えている。訪問先のトラパーニで報道陣に囲まれたベルルスコーニ会長は「仮にロナウジーニョがバルセロナから去るとしたら、間違いなく彼は我々ACミランのもとに来る」とコメントし、ロナウジーニョ獲得への意気込みを見せている
●先週土曜のベティス戦にて足首を捻挫したアトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレス。金曜の練習ではボールを蹴るなど順調な回復を見せている彼だが、日曜のエスパニョール戦出場に関してはいまだ微妙な状況にあり、土曜の練習にてチームドクター、本人、監督の三者により最終的な判断が下される予定となっている。
●ヨーロッパのビッククラブが獲得に関心を示し、特にマラドーナがワールドカップ・メキシコ大会、対イングランド戦で見せた伝説の5人抜きを彷彿とさせるプレーを見せたヘタフェとのスペイン国王杯準決勝第1戦以降、注目を集めるメッシだが、彼自身はバルサ以外のチームでプレーする自分を想像できないようだ。バルサでプレーしている自身の状況を「幸せ」と明言している。
●レアル・マドリーのカペッロ監督は、デイビッド・ベッカムがイエローカードを取り消されたことによる論争についてうまく話をはぐらかし、リーガ終盤戦における選手たちの姿勢を称賛し、6日に行われるセビージャ戦を“大一番”と評した。目前の試合に集中し、論争に加わることを避けたカペッロ監督。
●セビージャのフアンデ・ラモス監督は6日のサンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦を前に会見し、この試合に前節(第32節)のアスレティック・ビルバオ戦での警告取消により出場できることになったR・マドリーのMFデイビッド・ベッカムについて、皮肉をこめて話した。「(ベッカムは)6か月前はあまり出番がなかったのに、今は不可欠な選手になっているのは奇妙だ」
●アトレティコ・マドリーのMFマキシ・ロドリゲスは、左ひざ前十字靭帯断裂から半年以上経過し、6日のエスパニョール戦で招集メンバーに復帰した。しかし、自身とMFマルティン・ペトロフがチームにとって終盤の救世主ではないと語った。「僕やマルティンがこれからの6試合で4点とか6点とか取るのは無理だろう。得点やアシストで僕たちがチームを助けられればとは思うけど、僕たちが救世主になるとか、チームをタイトル獲得やチャンピオンズリーグ(CL)出場に導くというのは無理だとわかってもらわないといけない」
●バルセロナのライカールト監督は、レアル・ソシエダを破ったチームの久々のアウェイでの勝利を高く評価している。試合後に監督は「選手たちの姿勢も素晴らしかったし、非常に大切な結果を出すことが出来た」「我々は自分たちのことだけに集中して、ソシオを満足させることだけを考えている」
●バルセロナはレアル・ソシエダを難なく倒して首位の座を固めた。お互いに負けられない試合とあってミスの少ない試合となったが、イニエスタが後半開始直後に先制し、さらにエトーがGKとの1対1を冷静に沈めてバルサが勝利。
●現在アーセナルにレンタルされているバチスタは、アーセナルが彼を構想外だと考えていることは了解している。このため、バチスタは6月30日以降レアル・マドリーに戻ることになる。しかしR・マドリーの彼に対する扱いも不透明なため、バチスタはすでに他クラブからのオファーに耳を傾けているようだ。その中にはドイツやトルコからのオファーもある。しかし彼の一番の希望は、R・マドリーでプレーできる力があることを証明することである。
●「アトレティコ・マドリーは来シーズンの構想を練っているが、レジェス獲得というオプションは全く考えていない」。アトレティコの取締役ミゲル・アンヘル・ヒル氏が“マルカ”紙に明らかにした
●バレンシアは5日にデポルティボと対戦し、2-1と勝利した。アウエーでの白星は、1月21日のレアル・ソシエダ戦以来だった。この試合のMVPは間違いなくシルバ。ただし、勝利の鍵を握ったのは、サプライズ的にスタメン出場を果たしたウーゴ・ビアナだといえる
●ティエリ・アンリの獲得に向けて最も優位に立っているのはバルセロナ。スペイン国内ではそう確実視されている
●プレミアリーグの首位を走るマンチェスター・ユナイテッドは、5日のマンチェスター・シティ戦で1-0の勝利を収めた。この結果、6日のアーセナル戦で2位チェルシーが敗れると、マンUの優勝が決定する。今シーズンは無冠の屈辱を味わいながら、皮肉にもタイトルレースの行方を左右する存在となったアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、「勝つことしか頭にない」と語り、どちらのチームにも肩入れする気はないと断言した
●ACミランのFWロナウドが4日、ミラネッロでの練習中に左足太腿の内転筋を痛めたことが発覚した。復帰まで3、4週間かかると見られており、今季セリエAでの残り試合出場は絶望的となった。
●セリエA第37節、ACミラン対ウディネーゼの一戦は他ゲームに先駆けて行われることが正式に決まった。レーガ・カルチョ側の発表によると、試合は19日(土)の18時から行われるとのこと。
●フェイエノールトは4日、レオ・ベーンハッカーを臨時監督にすると発表した。今回の人事は文字通りあくまで“臨時”のもので、ベーンハッカーはプレーオフ期間中だけフェイエノールトの指揮を執る。チーム公式HPには、「ベーンハッカーは次期(正式)監督の候補ではない」とハッキリ記されている
●イングランド・プレミアリーグは5日、当地などで行われ、首位のマンチェスター・ユナイテッドはマンチェスター・シティーを1-0で下して勝ち点を88とし、4季ぶりの優勝に前進した。2位チェルシーが6日のアーセナル戦で勝利を逃すと、2試合を残して優勝が決まる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「前十字靭帯断裂」 に関する流行を追いかけよう!前十字靭帯断裂 に関するいろんなものを集めてみました! 前十字靭帯断裂 に関する情報をゲットしよう! 前十字靭帯断裂 関連のアイテム * { margin: 0px; padding: 0px; font-family: Verdana, 'MS Gothic',..
2007/05/08(火) 11:37:43 | トレンド・キーワード
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.