UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/01UEFA情報
●ヨーロッパのビッグクラブから注目されるバレンシアのスペイン代表FWダビ・ビージャ。先週にはチェルシーがビージャ獲得に向けて破格の7000万ユーロ(約113億円)を検討していると英紙“ザ・サン”が報じたり、セリエA復帰をほぼ手中に入れているユベントスもビージャが来シーズンに向けてのチームプランのベースであると伝えられたり、はたまたバルセロナも関心を示している、などビージャの周辺が慌ただしくなっているのは確かだ。「もう70回は言っていると思うけれど、僕はバレンシアで満足している。そうじゃなかったらクラブと7年もの契約は結ばないよ」。
●ディビッドとビクトリアのベッカム夫妻が、ロス・エンジェルスに家を購入したことが30日までに判明した。イングランドの“TIMES”紙によると、ビバリーヒルズの豪邸は推定1600万ユーロ(約26億円)で寝室が6部屋、9つのシャワールームを備えており、プールや広大な庭、そして海や市街地を一望できる立地条件とのこと
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長はACミランのカカー獲得に執着し続けているが、ロナウドがこの話の“邪魔者”となりそうだ。「カカーがR・マドリーへの移籍を考えないためにも、カペッロがどういう人物であるかについてカカーに話をした」。
●R・マドリーのMFフェルナンド・ガゴはサッカー雑誌‘Don Balon’のインタビューの中で、「リーガ制覇をしてシベーレス広場で優勝を祝うのは夢でもなんでもない。最後の試合まで全てを注ぎ戦い続ければ必ず結果はついてくると思う。自分達の力次第だ」と認めた。「あのシベーレス広場で僕にとって初となるR・マドリーでの優勝を祝いたいね。だから最大限の力を出して頑張るよ」と付け加えた。
●FCバルセロナの主将プジョールは2位のセビージャ、3位のR・マドリーの結果を気にするのではなく、「僕らの試合に勝つことだけを考える。自分達次第で優勝できるというのは自信になる。チームを信頼しているのでナーバスになんてならないよ。リーガ終盤にはいつもいい状態になる。これからの試合は全てがファイナル。アウェイでいい結果があまり出ていないがこれからはミスが許されない」と語った
●ファビオ・カペッロ監督率いるレアル・マドリーは歴史を作った。105年のR・マドリーの歴史で、アウェイで10勝をあげたのは2度しかなかった。29日のサン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦で、R・マドリーは今季アウェイ10勝目をあげた
●先日レクレアティーボ戦で2対0と勝利を獲得したバレンシアだが、シルバは結果について満足している様子を語ると同時に、今まで不安定な状態が続いていたホアキンが同試合で2点を挙げる事ができた事を喜んだ。ホアキンは数節前のナスティック戦でバレンシアの選手として初ゴールを果たしこれで計3得点となり、ベティスでの最終シーズンの成績に並んだ。「レクレアティーボ戦では全員が良いプレーをしたが、何と言ってもホアキンの活躍が大きい。もちろんそれもチームワークがあっての事。1点目は僕からのパスを彼が決めてくれた。チーム全体で勝利に向かって進んで行っているのが嬉しい」
●セビージャのクリスティアン・ポールセンはBT紙のインタビューで「他クラブから誘いは受けているが、僕はセビージャでとても満足しているし他へ移る理由はない。セビージャという町ももちろん好きだし、チームに貢献できている満足感もある」と、移籍の意思がない旨を明かした。
●30日、バルサのMFエジミウソンが、チーム全体練習に復帰した。ドクターからの正式なゴーサインはまだ出ていないものの、4月17日に右足ハムストリングを損傷して以来2週間ぶりのチーム練習復帰となった。とはいえ、他のメンバーと比べペースを落としての練習に留まった。
●オサスナのU21スペイン代表MFラウル・ガルシアが両クラブ、選手すべての間で合意に達し、来シーズンから5年契約でアトレティコ・マドリーでプレーすることになった。あとは正式なサインを交わすのみとなっている
●今シーズン終了後に日本ツアーのうわさが出ているバレンシア。そのバレンシアのキケ監督に先日、監督の立場として日本ツアーをどう思っているか聞く機会を得た。キケ監督は日本ツアーをクラブにとっての「チャンス」と見ているようで、マイナス要因があるとしても「全く問題にならないだろう」との見解を示した
●今後の身の振り方に関してさまざまなうわさが流れているが、ハビエル・サビオラ本人は「バルセロナに残りたい」と心中を語った。元リバープレートのFWサビオラをめぐっては、ここ数日間、移籍市場ではあらゆる憶測が飛び交っていた。中でも最も衝撃的なものは、レアル・マドリーへの移籍がすでに合意しているという内容だった。
●28日に行われたバレンシアとの対戦(バレンシアが2-0で勝利)を終えて、レクレアティボのマルセリーノ監督に少し話しを聞くことができた。レクレアティボは今シーズン昇格組の1つとして残留が目標のクラブであり、クラブ予算は1部最低の金額。抱える選手にビッグネームはいないものの、マルセリーノ監督が意図するコレクティブなサッカーは次々に上位陣をなぎ倒し、28日の試合が終了した時点で暫定7位と、UEFAカップ圏内を狙える位置につけている。すでにマルセリーノ監督にもスペイン国内の多くのチームが注目しており、来シーズンはヘタフェやバレンシアの監督就任までうわさされている。また、チームをここまで引っ張ってきた選手にもほかのクラブからの魅力的なオファーが多く届いており、ビケイラにレバンテ、ウチェにヘタフェやバレンシアからオファーのうわさがあり、マリオはすでにヘタフェ入りが決定と言われている。ビケイラとマリオの主力2名は、その騒動のためにバレンシア戦の招集メンバーから外される事態にまでなっている
●28日のレンヌ戦の後、車でスタジアムの駐車場を出るところを5~6人の暴漢に囲まれ、あわや乱闘に巻き込まれそうになったナントのGKファビアン・バルテズが30日午後、ラジオ局「フランス・アンフォ」に退団の意向を明らかにした。バルテズは、「奴ら(暴漢)は俺をくたばらせようと待ち構えていた。そう口に出していた。俺を車から降ろそうとし、ロックをかけていなかったので、ドアを開けられた。誰かの蹴りが飛んできた。恐怖を感じたので身を守った(バルテズが相手を殴ったと報じられている)。すると後ろから警官隊が走り寄ってきた」
●圧倒的な強さでセリエAを引っ張り、15度目のリーグ優勝を果たしたインテル。2連覇とはいえ、昨年度はカルチョスキャンダルによる裁定での“繰り上げ優勝”だったため、実質的には18年ぶりのスクデットということになる。喜びの中、クラブは黄金時代の復活に向けて、早くも新シーズンに向けて動き出している。まずマンチーニ監督と4年プラス1年のオプション契約を延長し、次いで年俸面で見直しを求めていたGKジュリオ・セーザルと5年契約を延長。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのMFクリスティアーノ・ロナウドに再び“口撃”を開始。同じポルトガル出身の22歳を「無教育だ」と厳しく責め立てた。ポルトガル・サッカー界を代表する2人が口論を始めたのは、「マンUが犯したファウルにはPKの判定が下されず、チェルシーにはPKが与えられない」と不満を漏らしたモウリーニョに対し、ロナウドが「モウリーニョはいつも何か大きなことを言って、注目を集めようとする。自分の采配ミスは絶対に認めないけどね」と不快感を示したことがきっかけだ
●「サポーターの怒りはもっともだ。ここ3試合、我々は審判の判定に間違いなく踏みにじられている」。リボルノの会長アルド・スピネッリが敗戦に終わった29日のセリエA第34節対パレルモ戦(1-2パレルモ勝利)の翌日に、溜まりに溜まった怒りをぶちまけた
●「この時期は地に足をしっかりと付ける必要がある。今からがパルマの正念場だ」。29日に行われたセリエA第34節、ホームでのカリアリ戦で2-1勝利を飾ったパルマのクラウディオ・ラニエリ監督がラジオ番組のインタビューの中で、慎重な姿勢を見せた
●「ACミランは勝者のチームだ。自分がここでいいプレイを披露できることを嬉しく思っている」。今冬の移籍市場でレアル・マドリーからACミランへ電撃移籍を果たしたロナウドが、既に7得点を挙げる好調ぶりを振り返りながらACミランの環境について語り始めている。人気テレビ番組“コントロ・カンポ”のマイクの前でロナウドは続けて「ファンタスティックな環境で、多くの選手が本来の能力を取り戻している。仮に昨夏に来ていたらって?確かにその通り。ACミランは自分に対してオファーを提示してくれていたが、レアル・マドリー側が話し合いの場を設けようとしなかったので、自分は何も知らないままだった」とコメント。
●セリエA第34節、前節で06-07季セリエA優勝を成し遂げたインテルは祝賀ムードの漂うホームでエンポリと対戦し、3-1勝利を飾っている。1-1で迎えた後半14分、右CKから直接ゴールを決め、待望の今季初得点を挙げたインテルFWアルバロ・レコバ(31)は試合後、SKYのマイクの前で「コンディションが良く、プレイが出来るのであればインテルに残ることも有り得る」
●5月2日に行われる欧州CL準決勝対マンチェスター・ユナイテッドとの一戦を前にACミランの司令塔リッカルド・カカが30日、意気込みを語っている。敵地オールド・トラフォードでの第1レグは3-2でマンチェスター・ユナイテッドの逆転勝利に終わっており、後がない状況の中、カカは「偉業達成が必要だが、我々ならやり遂げられるだろう」としっかりとした口調で第2レグへの意気込みを切り出した。
●ブラジル代表のドゥンガ監督は、ACミラン加入後のFWロナウドのプレーを讃えたが、代表復帰へ十分かは言及を避けた。「私はロナウドに注目し続けており、準備できている状態であることは知っている。試すべき選手ではない。だけど招集前には検討することはある」とドゥンガ監督
●ユベントスの周辺では、引き続き移籍市場での動きが話題となっている。ブッフォンに関しては、リーグ戦の終了を待ってから状況が明確になる可能性が高そうだ。
●ユベントスの中で特に悲しい思いをしているのはトレゼゲだ。シーズン序盤は好調だったが、今ではユベントスで唯一、十分な働きができていない選手になってしまい、退団が現実味を帯びてきた。デシャン監督の去就が不確定なことも、トレゼゲの件に深く関連している。前週デシャンは、クラブから十分な信頼を得られていないことを嘆いていた。
●アンドリー・シェフチェンコはチェルシーとリバプールが対戦するチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦の招集メンバーには入らなかった。チェルシーはクラブの公式サイト上でこの発表を行った
●チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦のミラン対マンチェスター・ユナイテッドの主審は、ベルギー人のフランク・デ・ブレーケレ氏が務めることになった
●4月29日のオランダリーグ最終節、前節まで首位のAZは、エクセルシオールに2-3の敗北を喫した。「優勝」が、するりとAZの手からこぼれ落ちた。温厚なクーフェルマンスですら、泣きながらスタジアムの壁を思いっきり殴りつけていた。
●オランダリーグ最終節のフィテッセ戦で、PSVの優勝を決定付けた5点目のスライディングボレーシュートを決めたフィリップ・コクーは、今季限りでチームを退団することを明らかにした。コクーの代理人は「フィリップには20のオプションがある。彼にはたくさんのオファーが来ている」と語った。そのうちの一つはオーストラリア・AリーグのシドニーFCだという
●欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のリバプール対チェルシー戦の主審は、メフート・ゴンサレス氏に決まった。
●チェルシー所属のドイツ代表MFミヒャエル・バラックは左足首の手術を行った。「左足首の負傷のため、ミヒャエル・バラックは金曜日にミュンヘンで手術を受けた」とドイツサッカー協会(DFB)が発表
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。