UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/26UEFA情報
●ビジャレアルもすでに来シーズンに向けて動き始めている。そして、ハンブルガーSVに所属するオランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト獲得に関心を示しており、ビジャレアル側はすでに彼の代理人とも話し合いをしている
●ヘタフェのシュスター監督はアルゼンチンで放送されたFox Sportsの中で理想のチームについて、「ディフェンスは固くて安定性があり相手を脅かすことができること。だからアルゼンチン人選手がいい。中盤はドイツ人選手のような走力がある選手。前線はブラジル人選手のように武器を持っている選手」と話した。スペイン人選手の特徴は、「色々なポジションに適応できる」と続けた。「R・マドリーの監督になる準備は出来ている」と将来についてコメントした。「焦りはない。いつかビッククラブを率いるチャンスが来るだろう。重要なのはできることを知ること。落ち着いているし準備も出来ている」と付け加えた。
●ユーロ2008予選、デンマーク戦で先制ゴールをマークしたFWフェルナンド・モリエンテスは、失点は油断によるものと認めたが、それでも貴重な勝点3を得るためにうまく解決できることは分かっていたと試合後に伝えた。
●MFチャビは退場により一人少なくなったデンマークを打ち負かすのにかなり苦しんだと認めている。「デンマークのゴールが決まった後はナーバスになった。僕らがビデオで何度も見ていたプレーだったしね。空中戦に強い選手が揃っていることは分かっていたし、あれからナーバスになってしまった。2-1ではまだ安心できないスコアだったけれど、無理して攻め上がることはしたくなかった。同点ゴールを決められたくなかったしね」。
●デポルの若手FWアドリアン・ロペスは、31日にカンプ・ノウで行われるバルサ戦に勝てば、「バルサにとって気持ちの面で大きなショックになるだろう」と話した
●スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は24日に2-1で勝利したサンティアゴ・ベルナベウでのユーロ2008予選デンマーク代表戦後、チームは恐ろしく神経質だったと振り返り、MFアンドレス・イニエスタとMFダビ・シルバの名前を挙げ、簡単にボールを奪われすぎ、後半は異常だったと語った。「相手が(DFニクラス・イェンセンの)スライディング・タックルで退場し、フィールドプレーヤーが9人になり、少し幸運だった。わしらは2点を取ったが、それだけだった。2-0からなぜ神経質になるのか理解できない。この状態になり、試合を決めるためにカウンターを狙えばいいと話した。サッカーにならない神経質な選手がいたが、運はあった」
●バルセロナはボカ・ジュニアーズと、8月22日(直前で変更のない限り)にジョアン・ガンペール杯(リーガ開幕直前恒例のプレシーズンマッチ)で対戦することで合意した。これにはボカのFWロドリゴ・パラシオを安く獲得したいという、バルサ側の意図もある。この手法は、以前バルサがボカからMFフアン・ロマン・リケルメ(現ボカ)を獲得した時にも使われたものだ。
●今のこの時期、“カペッロ監督を信望する人”を見つけるのは難しい。しかし、レアル・マドリーのカンテラ出身のDFミゲル・トーレスは数少ないカペッロ監督信望者の一人といえるだろう。ロベルト・カルロス、マルセロと相次ぐケガで左サイドバックを失ったカペッロ監督はカンテラからトーレスを招集。そしてトーレス自身カペッロ監督の期待に応え、同監督の信頼を勝ち取った
●ユベントス所属のブルガリア代表FWバレリ・ボジノフの代理人が、バルセロナとの接触について否定している。バルセロナがボジノフ獲得に関心を示しているといくつかのメディアが報じているが、「誰とも話をしていないわけだし、何も言うことはない。このようなニュースは耳にしているが、私自身バルセロナの誰とも接触していない」。
●ミランはチェコ代表DFヤレク・ヤンクロフスキとの契約を、2011年まで延長したことを発表した。ヤンクロフスキは昨シーズン初めにウディネーゼより移籍
●バレージ、マルディーニと続いてきた栄えあるミランのキャプテンだが、マルディーニの引退が迫っているなか、その後継者の名前が取り沙汰されている。ガットゥーゾもその候補のひとり。ミランのキャプテンと言えばそうそうたるメンバーが名を連ねるが、ガットゥーゾは自分の思いを、フランスのサッカー紙「レキップ」に語った。「自分は南イタリアの出身であり、ミランでプレーすることで名声を得ることができた。バレージ、リベラ、チェーザレ・マルディーニ、リードホルムいったなかに自分の名前が入ることは大変な名誉なことだ。ただ、現在の我々のキャプテンはパオロ・マルディーニであり、まだそんな話をする必要はない。それに、自分はミランのキャプテンを務めることのできるレベルの選手ではない」
●リバプールのラファエル・ベニテス監督が、1月の移籍マーケットで獲得したMFハビエル・マスチェラーノの能力を絶賛。今後、リバプールの中盤で鍵を握る存在となるだろうと語った。
●才能の宝庫ブラジルで、新たなスター候補が現れた。ブラジルの名門インテルナシオナルに所属するアレクサンドレ・ロドリゲス・ダ・シウバ(17)に現在、イタリアを始め欧州の名門クラブから熱い視線が注がれている。26日付のガゼッタ・デッロ・スポルト紙はダ・シウバの特集記事を掲載、記事の冒頭では「ロナウドの才能とスピード、ロマーリオの得点嗅覚に加えてカカのように教育されている」と最大の賛辞を送って紹介
●ACミランのカルロ・アンチェロッティ監督がいつの日か代表を指導したいとの意志を明らかにした。来季の動向が注目される中、アンチェロッティ監督は「近い将来ではないが、ひとつの目標。自分の国の代表を指導することは、全ての監督の目標であることは間違いないだろう。繰り返すが、すぐにでもというわけではない。将来的には(代表監督就任を)期待している。当分はACミランでの仕事に専念するし、居心地の良いミランの監督をあと数年は出来ることを願っている」
●「契約延長が待ち遠しい」。長期負傷離脱からようやく復帰し、サテライトチームとの練習試合に出場したACミランのDFアレッサンドロ・ネスタ()が23日、クラブとの契約延長への希望を口にした。イタリア屈指のセンターバックと名高いネスタは続けて「準備は出来ている」と万全のコンディションをアピール
●ディエゴ・マラドーナが痩身目的でスイスのクリニックに向かうことが25日、明らかとなった。ブエノス・アイレスのラジオ番組に出演したマラドーナを担当するアルフレッド・カエ医師によると「ディエゴはノーマル体重を3.6kgオーバーしており、彼を苦しめている蓄積された液体もあり、体重を落とす目的でスイスに向かう」
●スイス・オーストリア共催となる2008年ユーロ大会のチケット要請が記録的な勢いに達していることが判明した。インターネット上では105万枚のチケットに対し、チケット要請は既に400万枚に上ったとの事。また33万枚分は抽選にまわされる予定
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
旅行マニアと言います

私の旅行サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きました

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/kabukom1173/archives/53456185.html
です。
2007/03/27
(火) 14:03:34 | URL | 旅行マニア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フューチャーワールドあなたのキーワードを探そう! 女子アナ 就職 司法試験 セカンドライフ 着信 フォーマ フォルックスワーゲン 携帯電話 secondlife 胸 豊胸 ファッション   転職 女性 バッグ かわいい 外車 F1 法科大学院 ベンツ 法律 バスト えびちゃん 就職活動
2007/03/27(火) 01:47:15 | フューチャーワールド
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。