FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/03/18UEFA情報
●バルサがアウェイで勝ったのは11月19日にオノ・エスタディで行われたマジョルカ戦(リーガ第11節)。実に4ヶ月もアウェイでの試合で勝ち星を挙げていない。4勝5分4敗とアウェイ戦では勝ち点17ポイントしか獲得できていないのがバルサの現状だ
●ポルトガル代表のMFクリスチアーノ・ロナウドは先日、マンチェスター・ユナイテッドとの契約延長交渉を開始した。マンU側は2012年までの延長を提示しているが、欧州のビッグクラブが獲得に興味を示すなど、その去就はいまだ不透明だ。中でも、ロナウド獲得に積極的な動きを示しているのが、バルセロナとレアル・マドリー。しかし、マンUのアレックス・ファーガソン監督は、ロナウド獲得を会長選挙の公約に利用しているとして、スペインの2大クラブを激しく批判した。「いい機会だからはっきり言わせてもらう。バルセロナとレアル・マドリーは、いつも同じことを繰り返している。私がこのクラブの監督に就任した20年以上前からね。クラブの会長選挙が近づくと、ワールドクラスの選手は選挙の公約として名前を利用される。ただし、そんなことはクリスチアーノも承知だ。まんまと利用されるほどバカではない」
●ACミランのアドリアーノ・ガリアーニ副会長は、スペインのテレビ局‘La Sexta’のインタビューに答えロナウド獲得を12月まで待たなければならなかったのは、「夏にR・マドリーが破格の3500万ユーロ(約54億2500万円)を付けていたために買えなかった」と明らかにした。ロナウドのACミランでの活躍について、「サポーターはロナウドを愛している。インテルでプレーしていたというのは問題ではない。痩せたしフィジカル面の心配も無いようだ。彼の活躍に我々フロントも満足している」と語った
●バルセロナのライカールト監督は、レクレアティーボ戦に0-4で勝利したものの、「結果には満足しているが、内容には不満が残る」とコメントしている。「早い時間に先制したことで両チームのプランは変更せざるを得なかったし、我々は楽に試合を運ぶことができた。デコやイニエスタは素晴らしいプレーをしたが、全体的にいいプレーだったとはいえない。
●バルセロナが相手GKの助けや個人技を最大限に活かし、4ヶ月ぶりにアウェイで勝利を掴んだ。
●ビジャレアルのゴンサロ・ロドリゲスとピレスが、十字靭帯断裂の故障から復帰し、実に7ヶ月ぶりに招集リストに名前を連ねた。
●17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節、バレンシア対ラシンの試合は、アウエーのラシンがムニティス、オリオルのゴールで2-0と快勝した。バレンシアにとってはホームで痛い敗戦となり、リーガタイトルに向けて貴重な勝ち点3を失った
●フィオレンティーナFWルカ・トニ(29)が16日、自身の去就問題をシーズン終了後に決定する事を明かした。
●ACミランMFクラレンス・セードルフ(30)が16日、なぜACミランが欧州CLに強いか?の持論を展開した。「ここ5年でミランが一番欧州CLで良い成績を残している理由は、選手一人一人がチームを第一に考えているからだ。レアル・マドリーはそうではないはずだ。もし友人であり、ファンでもあるロナウジーニョがミランに来る事になれば、ミランはより強くなる。しかし、自分が口を挟める問題ではないが・・・」
●ASローマMFダニエレ・デロッシ(23)が16日、有料放送“SKY”の取材に応じ、07年のバロンドール(欧州最優秀選手)にチーム主将フランチェスコ・トッティ(30)が相応しいと推薦した。
●「過去にローマから他チームに移籍したいと思ったこともあったが、今はローマのユニフォームを身にまとっている事を心から誇りに感じている」とASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)
●ユベントスMFパベル・ネドベド(34)が17日、取材に応じ、来季もユベントスでプレイする意志を明かした。
●ACミラン監督アンチェロッティが自身の去就問題について「人は幸運をつかむため日々努力し、夢の実現を願う。私はACミランという素晴らしいクラブに出会う事ができて幸運だった。“プロフェッショナル”という観点で考えれば、ACミランは最高の環境だ。私の来季に関し、色々な憶測が流れているが、出来れば“ACミランのファーガソンになりたい”と思っている」
●インテルFWアルバロ・レコバ(31)が今季終了後インテルを去る意思を表明した事を受けて、インテル監督マンチーニが自身の胸中を明かした。「レコバに常に配慮してきたつもりだが、ここで彼が持つクォリティーの全てを発揮出来なかった事が残念だ。現役時代から今まで、色々なタイプの選手と出会ったが、レコバレベルの才能の持ち主はそうはいない」
●18日に行われるセリエA第29節フィオレンティーナ対ASローマ戦を前に、フィオレンティーナ監督プランデッリがプライベートでも交友のある敵将スパレッティ監督について語った。「スパレッティ監督とは頻繁に会って、カルチョの話だけではなく男同士として語り合う。彼と私の共通点は、お互いにクォリティーある選手を軸にした個性的なカルチョを目指している点。勝利は重要だが、試合内容も追求している点だ。だから18日の試合はスペクタクルにしたい」
●バスコ・ダ・ガマに所属する元ブラジル代表FWロマーリオが、ブラジル・リオデジャネイロ州選手権、ボアビスタ戦でハットトリックを決め、自身通算ゴール数を998に伸ばし、1000ゴールまであと2と迫った。
●FIFA(国際サッカー連盟)のジョゼフ・ブラッター会長は「ユーロ2012(欧州選手権)はウクライナで開催してほしい」と語った
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.