UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/13UEFA情報
●バルセロナが来シーズンの補強に向けてチェルシー所属のオランダ代表FWアリエン・ロッベン獲得に本格的に動き始めたと13日付けの“ムンド・デポルティーボ”紙が報じている。同紙によるとチェルシーとの契約は2009年で終了するロッベン獲得に向け、バルサはチェルシー側に条件面での打診を行っているとのことだ
●日曜日のサラゴサ戦は1対1と引き分けたベティスだが、同試合中に左肩を痛め途中交代となったダニは、チームドクターにより鎖骨脱臼と診断された。メディカルスタッフの発表によれば、48時間から72時間の安静時間を経た後に予想治療期間を分析するとの事だが、約2週間あたりだろうと伝えられた
●ナスティックのFWハビエル・ポルティージョは次節リーガ、サンティアゴ・ベルナベウスタジアムで行われるR・マドリー戦には契約規定により出場できないことを明らかにした。セビージャ戦で決勝ゴールを決めた元R・マドリーのポルティージョはスペインのテレビ局‘TVE’の‘El Rondo’という番組の中で、「ナスティック移籍をする際にR・マドリーはこの試合に出場できないような契約を盛り込んだ。さらにこれは変更不可能でお金を払っても変える事はできない」
●アトレティコ・マドリーの右サイドバックのセイタリディスは練習後の記者会見で「このまま必死に練習し続け、欧州の大会出場圏内を狙うしかない」と意欲を見せた。デポルティーボ戦の試合開始2分に右ひざの靭帯を痛めて退場したフアン・バレラに替わり出場したセイタリディスはしばらく出場の機会に恵まれそうだ。しかし「ペレアというライバルがいる」とポジション争いについて述べた
●11日に行われたナズテック戦でもスタメン出場したセビージャのウィンガー、ヘスス・ナバスが左足首の捻挫により15日(木)のシャフタール・ドネツクとのUEFAカップ決勝トーナメント2回戦第2戦の招集メンバーから外れた
●レアル・マドリーのラモン・カルデロン会長は、スペインのラジオ‘オンダ・マドリー’のインタビューに答え、全てのR・マドリーの現状について語った。賛辞の言葉ばかりで、10日のバルセロナ戦での戦いぶりについても振り返り、「会長でいることを誇りに思う」と述べた。さらに、リーガ優勝戦線でまだ生き残っていると評した。「疑いの余地はない。楽観的に見ているわけではなく、リーガは多くのチームに優勝の可能性がある。どんなチームも思わぬところで勝ち点を落としており、私たちにも門戸は開かれている」
●レアル・マドリーのキャプテン、ラウルは来シーズン、R・マドリーでプレーしない自分を想像するとはかなり難しい、チームにはリーガタイトルを獲得するチャンスがある、そしてスペイン代表復帰の可能性も残されている、とマドリーで行われたアディダスのキャンペーンでコメントした。「来年、R・マドリーでプレーしない自分を想像するのはかなり難しいね。R・マドリーで続ける可能性は100%だ」
●‘ドリームチーム’と呼ばれた当時バルサの監督を務めていたヨハン・クライフ氏は、ライカールト監督が用いた3-4-3システムが国王杯対サラゴサ戦の前半しか機能していなかったという見解を残した。また同じシステムを使っていたものの比較するのを避けた。クライフ氏はクラシコを振り返り、「NBAのオールスターのようだった。150対140みたいなね。ファンにとっては楽しい試合でもチームプレーという面では両チームとも完全な混乱だった」
●インテルのモラッティ会長がバルセロナのレオ・メッシ獲得を夢見ていることは周知の事実。そして、同会長はメッシ獲得に向けてのバルサとの交渉にFWアドリアーノとDFワルテル・サムエルを切り札にする用意があると“ガゼッタ・デッロ・スポルト”紙が伝えた
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、早くも来シーズンに向けた戦力補強について言及。現時点では、守備陣の強化を最優先に考えていることを明らかにした。今シーズンのチェルシーは、主力選手にケガ人が続出。特に、キャプテンのジョン・テリーら守備陣の戦線離脱はチームに打撃を与え、本来MFのマイケル・エッシェンをセンターバックで起用せざるを得ない最終ラインは昨シーズンまでの安定感を失っている。そこでモウリーニョは、現在ポーツマスへレンタル移籍中のDFグレン・ジョンソンを呼び戻し、さらにセンターバックを新たに一人獲得する構想を語った。
●2001年にリヨンに入団し、リーグ5連覇の原動力となった元ブラジル代表ジュニーニョ・ペルナンブカーノ。先週の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でASローマに敗れ、試合後の“弱気”な発言がクローズアップされたが、今度はリヨンとの契約延長をめぐる発言で注目を集めている。ジュニーニョは2月に、来季の終わりで満了する契約を1年間延長することでクラブと合意に達した。しかしさらにもう1年、2010年までの契約を希望し、それが認められないなら「クラブを出る可能性もある」とレキップ紙に語った。
●ACミラン監督アンチェロッティが12日、“RADIO・RAI”に出演し、前日に行われた“ミラノ・ダービー”対インテル戦(2-1のインテル勝利)でゴールを決めたFWロナウド(30)の活躍を振り返った。「この調子で行けば、来季ロナウドは絶頂期のコンディションを取り戻し、より我々の戦力として活躍してくれるだろう。レアル・マドリーで、6ヶ月間試合から離れていたので、移籍後まずコンディションを取り戻す段階から始めなければならなかったからね」
●セリエB第28節対トレビゾ戦を翌日に控えた12日、ユベントス監督デシャンが今季これまでのユベントスの結果に満足している事を明かした。「今季これまでの成績には満足している。無敗ではないが、申し分ないシーズンと言えるだろう。残り試合もまだ多く、今後苦戦を強いられる試合もあるだろう。ユベントスがセリエBで勝利するのは当然というような風潮があり、それが時に我々のストレスとなる」
●サンプドリアFWフランチェスコ・フラーキ(31)に続き、またしてもセリエA、メッシーナGKニコラス・カリオーニ(24)にコカインの陽性反応が出た。同選手にコカインの陽性反応が出たのは、2月21日に行われたセリエA第23節対カターニャ戦後のドーピング検査で
●イタリア代表j監督ドナドーニが07年度のバロンドール(欧州最優秀選手)の行方を占った。「バロンドールにはイブラヒモビッチよりカカがより相応しいと思う。理由はイブラヒモビッチが受賞に値しないからではなく、まだ伸びる選手だからだ。彼のクォリティーの高さは言うまでもなく、近い将来バロンドールを獲得出来る選手だが、確実にまだ成長する」
●フランス代表でユベントスFWダビデ・トレゼゲ(29)が夫人以外の女性と一緒の所を激写され、写真の公表を阻止する為に2万5千ユーロ(約400万円)を支払っていたことが12日、発覚した
●ボルシア・ドルトムントのユルゲン・レーバー監督は、週末のリーグ戦でVfLボーフムに敗れた2日後の12日、退任することを明らかにした。
●パオロ・マルディーニは現時点では外科手術を受けないことになった。ミランのキャプテンはMRI(磁気共鳴画像)検査を受け、おおむね問題はないという結果が明らかになった。これにより、今のところはひざの手術を回避することができた。
●フィオレンティーナのチェーザレ・プランデッリ監督がサポーターを安心させた。「契約の延長に関して何も問題はない」。パレルモでの騒動を経て、プランデッリがラディオ・イタリアのインタビューに応じた。すべては順調に進んでいるとのことだ。
●オランダのPSVアイントホーフェンが災難に見舞われた。ブラジル人DFアレックスはチャンピオンズリーグの準々決勝に出場することができない。アーセナルを破ってチームをベスト8に導くヘディングシュートを決めたアレックスだが、先日の国内リーグの試合で負傷してしまった。
●インテルが今季二度目のダービーマッチにも勝利を収めたことで、ロベルト・マンチーニの契約延長に向けた動きは加速している。今週中にはインテルとの今後3年間の新しい契約にサインを行うことになりそうだ。年俸は400万ユーロ(約6億2000万円)前後となる。インテルの補強顧問を務めるレレ・オリアーリが「時間の問題だ。数日以内だろう」と明らかにした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。