UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/12UEFAサッカー情報
●チェルシーのモウリーニョ監督がレアル・マドリーの監督に興味を持っている、と12日付けの“ムンド・デポルティーボ”紙が報じている。11日に行われたFAカップ準々決勝、対トッテナム戦後、同監督はチャンピオンズリーグ準々決勝のライバルであるバレンシアの試合を視察するためパンプローナを訪れ、オサスナ対バレンシア戦を観戦。「監督としてレアル・マドリーを率いることができたらいいと思っている。しかし、それは来シーズンということではない。チェルシーとは2010年までの契約を結んでいるし、私はチェルシーでの仕事を気に入っている」。
●バルセロナのライカールト監督は、R・マドリーと3-3で引き分けた結果について、後半を10人で戦い、ロスタイムで同点という劇的な展開を考えれば満足しているようだ。まずは「エトーやメッシの調子が戻りつつある」と故障明けの選手の復調を喜ぶライカールト監督。それでも「今日はボールのないところで組織的なプレーが出来なかった。だから相手に何度もチャンスを許してしまった。この点は修正が必要」と反省点も指摘する。しかし結果という点では、数的不利の状況でも決して諦めなかった選手たちの「態度と努力」を高く評価した。
●“クラシコ”を終えたレアル・マドリーのカペッロ監督は、ロスタイムに同点に追いつかれ、勝ち点2を取りこぼしたことを嘆いた。「我々は決定的チャンスを何度も作ったが、相手のGKに阻まれてしまった。それにメッシやロナウジーニョといった質の高い選手がいる場合はこのような結果になることも仕方ない」と悔しそうな表情で語った
●レアル・マドリーのGKイーケル・カシージャスは、10日の‘クラシコ’ことバルセロナ戦での引き分け(3-3)について「不愉快だ」とし、相手がR・マドリーに対し「敬意が欠けていた」ことを残念がった。「バルサに大きな一撃を与えられるところだったのに、とても重要な勝利を逃して残念だ。バルサはR・マドリーへの敬意が欠けていた」
●バルセロナのDFラファエル・マルケスは、10日の3-3で引き分けたレアル・マドリー戦でのDFオレゲールの前半終了間際の退場が、バルサに影響したと振り返った。マルケスは10人になったことで、バルサが体力を消耗させたことを認めた。「後半は厳しくなることを覚悟したし、そうなった」「引き分けは成功とは言えない」としながらも、「重要だ」
●レアル・マドリーのフェルナンド・ガゴが10日に行われたバルサ戦で右足腓骨を強打し、ケガの状態を見るために来週火曜日にも詳しい検査を行う予定だ
●レアル・マドリーとの一戦から一夜明けた11日、バルセロナの選手達は軽い練習を行った。試合に出場したメンバーが軽いメニューをこなす中、デコとロナウジーニョの2人だけは姿を現さず、ジムにこもって別調整を行った。
●R・マドリーのファン・ニステルローイはバルサに3度もリードしながら勝利を収められなかった事を悔やみ、「すばらしい試合だった。ミュンヘンでの試合のあとだったがいい試合をしたと思う。バルサ戦は我々の手中にあったと言えるだろう」と語った。続けて、「今はチームの事だけを考えている。勝てなかったのが理解できない」
●セビージャが降格ゾーンに位置するナスティックに敗れ、首位の座をバルセロナに明け渡した。前日のクラシコでバルサがレアル・マドリーと引き分けたためセビージャにとってバルサとの勝ち点差を広げるチャンスだったが、これを活かせず、首位をキープできずに終わった。
●バレンシアがパンプローナの地で苦しめられたが、ロスタイムで何とか追いつき勝ち点1をもぎ取ったのと、他のライバル達セビージャがナスティックに破れ、バルセロナが引き分けたことで優勝争いで首の皮が一枚つながった感じである
●バルサ対R・マドリーの‘クラシコ’で3ゴールを入れたメッシは、怪我で3ヶ月戦列を離れ苦しんだ末ようやくゴールを決めた気持ちを、「怪我する前はいい状態だった。でも怪我の回復後に点を獲ることがテーマだった。チャンスはあったけどいかせないことがあった。R・マドリー戦でハットトリックできて嬉しいよ」と語った。「勝っていればもっとよかったけどね」と付け加えたメッシ。「クラシコのような試合はいつもモチベーションが最高だよ。3点をいれたことは一生忘れない」
●第25節終了時点で7位のレクレアティーボと8位のヘタフェが、ヘタフェのホームで対戦した。来季UEFA杯出場権争いを繰り広げる両チームの直接対決は1-1の引き分け。内容の引き締まった好ゲームとなった。
●チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でASローマに敗れ、4年連続の準々決勝進出を逃したリヨン。残る目標は、リーグ杯制覇(3月31日にボルドーと決勝戦)とリーグ6連覇となり、11日のマルセイユ戦(第28節)は、再スタートを切るうえで非常に重要な一戦となったが、試合終了間際で同点に追いつかれ、勝利を逸した
●リーグ・アン第28節で、上位4チーム(リヨン、ランス、リール、トゥールーズ)が引き分け、前節6位のボルドーがソショー(同5位)に勝って5位に浮上した。3~5位には、勝ち点43ポイントで3チームが並び、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権をかけた争いが激しくなっている。
●チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、DFジョン・テリーが水曜日のマンチェスター・シティ戦で復帰する見通しであることを明らかにした。テリーは、先月行なわれたリーグカップ決勝のアーセナル戦で頭部を負傷し、戦線を離脱していた
●11日に行われたセリエA第28節“ミラノ・ダービー”インテル対ACミラン戦は、インテルに2-1の決勝点をもたらしたスウェーデン人FWズラタン・イブラヒモビッチがインテルのニューヒーローである事を改めて証明する試合となった
●パレルモ監督グイドリンがフィオレンティーナ監督プランデッリに対し、怒りを爆発させた。事の発端は11日に行われたセリエA第28節の試合中に起こった。パレルモDFグアンナが倒れている間にフィオレンティーナ選手がボールを外に出さず試合を続行し、フィオレンティーナFWムトゥがゴールを決めた事が原因
●インテル監督マンチーニは「優勝?まだ、私の口からは何とも。しかし、この調子でいけば、素晴らしいシーズンとなる事は間違いないだろう。今日の前半も得点を奪えなかっただけで、決して我々のプレイが悪かったわけではない。イブラ?完璧だった。前半終了後にスタッフが行ったマッサージが特別だったのかな?」と満面の笑顔。また欧州CLの敗退については「非常に残念だ。欧州CL戦ではミスは許されない。来年迎えるインテルの100周年記念を欧州CL制覇で飾る事が出来れば最高だ」
●「我々の更衣室にベルルスコーニACミラン会長が現れ、“ダービー”制覇を祝ってくれた。スポーツマン精神に溢れた行為に我々一同感激している」とインテルFWエルナン・クレスポ(31)
●先制点を決めたFWロナウド(30)が、試合後インタビューに応じた。「我々に運がなかったが、インテルは勝利に値する素晴らしい試合を行った。個人的には“ダービー”という特別な一戦で得点できて嬉しい。前半は我々のペースだったが、後半は我々に疲れが見られ、徐々にインテルペースへと風向きが変わって行った」
●10日に行われたセリエB第27節対ブレーシャ戦で、ユベントス守護神ジャンルイージ・ブッフォン(28)が前半45分でまさかの3失点を喫した。敗戦から一夜明けた11日、ブッフォンは「前半45分で3点を奪われ、もちろん悔しいが、自信は喪失していない。昨日はチーム全体の雰囲気が悪かった。敗戦は自分を含めた全員の責任。我々も人間なので、時にミスを犯すが、ブレーシャ戦に挑む際、メンタル面が全く備わっていなかった。幸いダメージは少なく、我々はまだ首位をキープする事ができているが、次節対トレビゾ戦で同じ過ちは許されない。ホーム、トリノでの2連戦は必ず勝利してみせる」
●チェルシーのモリーニョ監督が11日に行われたオサスナ対バレンシアの試合を偵察した。21時からパンプローナで行なわれた試合のために専用機でスペインに入り、欧州チャンピオンズリーグ準々決勝で対戦するバレンシアの試合をチーム関係者とともにVIP席から観戦
●オリンピコで行われたセリエA第28節の試合ではローマがウディネーゼに3-1の勝利を収めた。トッティは2ゴールを記録した。
●敗戦だけでは済まなかった。ブレシアに敗れたユベントスは、さらにダビド・トレゼゲまで失うことになってしまった。後半19分にファビアーノ・サンタクローチェにひじ打ちを食らわせたフランス人FWトレゼゲに対して、レーガ・カルチョ(イタリアサッカーリーグ協会)のスポーツ判事は3試合の出場停止処分を下した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
●チャンスは29時間しかありません。先日、都内某所で月1000万を稼ぎ出す6名が対談を行いました。日本トップレベルの情報起業家6人名です。その6名が誰なのか気になりますよね?今すぐ下記をご覧ください。【16日14時30分~発売開始!】【29時間限定発売】
2007/03/13(火) 09:37:33 | 夢の不労所得を得る驚愕のノウハウ集
浩二ペルー戦に招集、初のオシム日本
2007/03/14(水) 13:32:23 | 情報NAVIGATION
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。