UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/11UEFA情報
●レアル・マドリーの守護神、カシージャスに苦手意識を植えつけている選手がいるとすれば、それはバルサのエトーだろう。エトーはスペインにやってきて以来、R・マドリーとの9回の対戦で7ゴールを奪っている。マジョルカ時代に4ゴール、そしてバルサで3ゴールをマーク。
●第26節土曜日の結果
レバンテ 0-2 ビジャレアル
バルセロナ 3-3 レアル・マドリー
●ナイキとバルサはスポンサー契約5年延長で合意に達したようだ。ラポルタ会長とナイキスポーツ製品担当マルク・パーカー氏は10日、5年のスポンサー契約更新を公式発表し、2013年までナイキはバルサのスポンサーを続ける事が明らかになった。この契約でバルサには1億5000万ユーロ(約232億5000万円)の収益が見込まれ、他の契約なども含めるとその額は1億8900万ユーロ(約292億9500万円)にも上るとされる。
●ビセンテ・カルデロンで行われる対デポル戦でデビューが濃厚となったA・マドリーのファビアーノ・エジェールは、「楽しみでしかたないよ。3ヶ月間全然試合に出てないからね。デビューはいつも気持ちが焦るものだよ。なにせ入団以来3ヶ月間プレーしてなくてやっとチャンスが来たからね。僕にとって最高のシーズン始まりとなるといいけどね」とその気持ちを語った
●スポーツ規律委員会はベティスのルイス・デ・ロペラスタジアム閉鎖停止を却下したが11日のサラゴサ戦は使用を許可した。スペインサッカー連盟が命じた3試合のスタジアム閉鎖取り消しをベティスは訴えていたが、閉鎖を免れる理由がないとして却下された。ベティスはクラブのホームページを通じて、「スペインサッカー連盟の決定によりリーガ第26節ベティス対サラゴサ戦は通常通りルイス・デ・ロペラスタジアムで行う。3月11日の17:00キックオフ」と伝えた。
●バルセロナとレアル・マドリーによるスペインの“クラシコ”は素晴らしい好ゲームとなり、劇的な展開の末3-3の引き分けに終わった。リーガ・エスパニョーラ第26節の土曜日のナイトゲームとしてカンプ・ノウで行われた試合には、予想外の結末が待っていた。1人多い状態での戦いにもかかわらずロスタイムに追いつかれてしまったレアルにとっては悔いの残る結果だろう。
●バルセロナ-レアル・マドリードは10日、バルセロナで行われ、バルセロナは退場者を出して1人少なくなりながらも、2-3で迎えた後半終了間際にメッシのハットトリック達成となるゴールで3-3に追い付き、引き分けた。両者の対戦成績は154試合でバルセロナの58勝66敗30分け。バルセロナは勝ち点を50として、暫定でセビリアと首位に並んだ。レアルは同45で4位。
●同じミラノに拠点を持つインテルとACミランによる“ミラノ・ダービー”が11日15時(日本時間同日23時)にキックオフを迎える。ここまで22勝4分(勝ち点70=首位)と無敗街道を突き進むインテルに、-8pのペナルティ判決を受けたACミラン(同40=13勝4敗9分=6位)が挑む。
●1月に44歳を迎えたばかりのモウリーニョだが、ポルト時代にはチャンピオンズ・リーグのタイトルを勝ち取り、チェルシーではプレミアリーグ連覇の偉業を成し遂げるなど、すでに名将の仲間入りを果たしている。「監督の仕事は一生続けられない」と55歳での引退を宣言したモウリーニョは、監督キャリアの締めくくりとして、母国ポルトガル代表の監督を務めたいと語った
●ACミラン守護神ネルソン・ヂダ(33)がACミランとの契約を2010年まで更新した。サインを終えたヂダは「契約が更新となって、とても嬉しい。6ヶ月間契約延長に向け、クラブ側と話し合ってきて、今日ようやく同意に漕ぎ着けた。“ミラノ・ダービー”前にさっぱり出来たことも大きい。これで試合にだけ専念する事ができる」と晴れ晴れとした表情
●「悪すぎた」。これが10日に行われたセリエB第27節対ブレーシャ戦で3-1の敗けを期したユベントス監督デシャンの第一声だった。「最初から最後まで最悪な試合内容。ミスだらけで、反応も遅かった。勝利に対する意欲があった事は認めるが、冷静な判断力も体力も伴っていなかった」と厳しい表情で試合を振り返った
●インテル監督マンチーニが10日、翌日に行われる“ミラノ・ダービー”にFWアドリアーノ(25)を召集しない事を明かした。理由について同監督は「コンディションが良くない。万全ではない中で、無理はさせたくない。来週の試合に間に合ってほしい」と説明
●「大ブーイングが予想されるが、ロナウドは穏やかで落ち着いている。激戦になるだろうが、ロナウドに対する度を越えた行為はないと信じているし、ロナウドがボールを持ったときにどのような事態になるか、予想はついている」とACミラン監督アンチェロッティが10日、翌日に迫った“ミラノ・ダービー”対インテル戦で、元インテルFWのロナウド(30)が受けるであろう“洗礼”について語った。
●欧州CLからの敗退、かつてのヒーロー、FWロナウド(30)のACミラン選手としての“ダービー”デビューに際し、インテリスタ(インテル・サポーター)の熱狂が予想される“ミラノ・ダービー”対ACミラン戦を翌日に控えた10日、インテル監督マンチーニが取材に応じた。「欧州CL敗戦のショックを明日の“ミラノ・ダービー”に持ち込んではいけない。あくまで、2位ASローマとの勝ち点差を保つためだけに“勝ち”にこだわりたい。リベンジなど馬鹿な考えは持たないでほしい」と語り、試合の目的を見失わないように促した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。