UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/08UEFA情報
●2006年に最も収入を得たスポーツ選手ベスト50が7日付けのスポーツ紙“スポルト”に掲載され、2005年に続きプロゴルファーのタイガー・ウッズがランキングトップに輝いた。一方、フットボール界ではロナウジーニョ(バルセロナ)が唯一、ベスト10にランクイン。年棒の他、広告収入などを合わせた総収入だ。2006年のバロンドール賞、そしてFIFA年間最優秀選手の座はレアル・マドリーのファビオ・カンナバーロに譲ったとはいえ、ロナウジーニョは収入面でフットボール界トップ。実績、収入ともにフットボール界最高の選手であることを証明したと言える。
●6日に行われた欧州CLバレンシア対インテル戦終了後、インテルDFブルディッソの顔面にパンチを見舞い、鼻を骨折する重傷を負わせたバレンシアDFナバーロがクラブの公式サイト上でブルディッソと和解した事を明かした
●チャンピオンズリーグ敗退が決まったバルサだが、もうこのショックからの立ち直りに力を尽くしている。チキSDはリーガと国王杯のタイトルを獲得できれば、「素晴らしいシーズン」となると見ている。「失敗と話されることを好まない」とコメントしたチキSDは、まとまったプレーをし、集団としてよいフットボールを実践したリバプールは厳しいライバルだったと語り、バルサはわずかな差でチャンピオンズリーグから姿を消すことになったが、チームはそのスタイルに忠実にだったと強調。
●膝の靭帯を損傷し長期離脱を余儀なくされているマキシ・ロドリゲスとマルティン・ペトロフは最終段階に入っているリハビリについて語ったが、チーム練習復帰への明確な期日は設けないと明かした。アトレティコ・マドリーのフィジカルコーチであるオスカル・ピティージャス・コーチは復帰の時期を決めるのは彼ら自身だと語っている。
●レアル・マドリーはバイエルン・ミュンヘンに敗れ、チャンピオンズリーグ(CL)に別れを告げた。R・マドリーは試合開始からたった10秒で敗退の状態に置かれた。R・マドリーがキックオフ。ガゴがボールを受け、ロベルト・カルロスへパス。しかし眠っていたかのようなロベルト・カルロスは、サリハミジッチにボールを奪われる。サリハミジッチは右サイドからセンタリング。ほぼフリーのマカーイがバイエルンの先制点をあげた。この失点でR・マドリーはいきなり束縛され、CL敗退へと踏み出した。
●レアル・マドリーのファビオ・カペッロ監督は、R・マドリーでの2度目の指揮の結果について「いい気分じゃない」と振り返り、「これは逃れられない問題だ」と語った。続投するかどうかは「クラブの判断による」とし、「決定を受け入れる準備はできている」と述べた。
●レアル・マドリーのチャンピオンズリーグ敗退が決まった。試合開始からたった10秒での失点、士気も地に落ち、4シーズン連続無冠の幻影がちらつき始めている。さらに、バイエルン・ミュンヘン戦でケガ人が続出。心身ともに傷ついた状態で土曜日(10日)に行われるバルセロナとの“クラシコ”に立ち向かわなければならない。負傷により戦列を離れているシシーニョ、レジェス、ベッカムに加え、バイエルン戦後さらに4選手が負傷者リスト入り。
●グジョンセンはリバプールがバルサよりも全力で戦っていたとして、「僕達は彼らよりも技術では勝っていたが、選手が犠牲心と全力を出さなければその技術だけでは十分ではない。もっと一人一人頑張れたと思うし、団結力が足りない」と自己批判をした。「バルサは僕が知っているチームの中で一番質が高い」とも言うグジョンセン。だがチームメイトに対しプラスの努力を要求し、「相手が弱いチームだったら問題ない。強いチームや守備が堅いチームとの対戦でもっと力を発揮すれば僕達に勝てるチームはない」
●ドイツ代表DFクリストフ・メツェルダーが来季レアル・マドリーへ移籍するという記事を、大衆紙『ビルト』が8日付けの紙面に掲載することが分かった。同紙によると、メツェルダーはすでにレアルのメディカル・チェックを済ませ、近日中に4年契約でサインをする予定だという。
●7日に欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でフランスのリールと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、1-0の勝利を収めた。この結果、2試合合計2-0のスコアで、ベスト8進出を決めた。マンUの8強入りの立役者となったのは、後半27分にMFクリスチアーノ・ロナウドのセンタリングをヘディングで沈めたFWヘンリク・ラーションだった。
●リールのピュエル監督が試合後レキップ紙に語った言葉が、敗因を的確にとらえている。「我々は激しい試合をしたが、ひらめきが足りなかった。パス回しに冷静さを欠き、相手を危険に陥れることができなかった。第2戦をうまく運び、2試合に勝ったマンUは、準々決勝進出に値するプレーをした。しかし我々のパフォーマンスにも恥じるところは何もない」
●インテル会長マッシモ・モラッティが7日、テレビ番組“TG1”の取材に応じ、前夜の欧州CL決勝トーナメント対バレンシア戦での乱闘について語った。「暴力を振るってきたのはバレンシアの選手、我々インテルは被害者であり、この事件の責任はバレンシア側にある」
●リヨンを破り、一足早くベスト8進出を果たしていたASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)が「準々決勝でACミランと対戦したい」と発言した事を受けて、ACミラン副会長ガリアーニは試合後「出来ればローマは避けたい。テクニック面ではローマと対戦してもなんの問題もないが、まだ多くのチームが残っている現段階で、好き好んでイタリアのチーム同士が対戦する必要はない」また、欧州CLでのACミランの実績について同副会長は「5大会連続でベスト8に残っているのは我々ACミランだけだ。クラブの伝統と歴史と経験の現われだと自負している」
●来季もユベントスでプレイするのか?の問いにブッフォンは「1日18回はこの質問に答えているんだけど、この問題はクラブと話し合っている最中で、今言える事は、クラブとの関係は良好だという事だね」と答え、ユベントス残留断言を避けた
●セルティックの中村は意外に明るい表情だった。欧州最高の舞台を振り返り「いいチームとやれて面白かった。個人的に課題も見えた」と納得顔だった。「ミランが守備から攻撃に移ったとき、決まってパスをもらう強烈な存在」。まだ自分自身がセルティックの中でカカのような域に達していないと痛感している。
●アーセナルが8強に届かずに姿を消した。PSVアイントホーフェン(オランダ)に2戦合計1-2で敗退。国内カップ戦を含めたタイトルの望みが次々に消え、ベンゲル監督は「ひどい2週間になってしまった」と落胆を隠せなかった。
●セルティックを破ってチャンピオンズリーグ準々決勝進出を果たし、ミランのカルロ・アンチェロッティ監督は満足している様子だった。「次はイングランド勢だ。トッティがミランと対戦したがってるって? ローマは見事な結果を出したし、コッパ・イタリアでもリーグ戦でもミランに勝っている。だが、私としては次はイングランドのチームと戦いたい」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。