FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/03/07UEFA情報
●バルセロナは先日のセビージャ戦でレッドカードをもらい退場となったジュリとザンブロッタについて、カード取り消しを競技委員会に告訴しない方針を発表した。これにより、両選手とも10日の“クラシコ”、レアル・マドリー戦を欠場することが決まった
●レアル・マドリーのロベルト・カルロスはチャンピオンズリーグのバイエルン戦に向けて「相手にプレスをかけること」が大切だと語り、第1戦の3-2というスコアを守り抜くつもりはないと語っている。「僕らは相手の陣地でプレスをかけて相手のミスを誘うつもりだよ。第1戦のようにカシージャスの近くでプレーすれば苦しいからね。あんなことはもう二度と味わいたくない」
●6日(火)、レアル・マドリーのカンナバーロがチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦、対バイエルン・ミュンヘン戦に向けての最後の練習中に負傷し、練習をリタイアした。右内転筋を強打し、痛みのためこわばった表情でアリアンツ・アレーナから立ち去った
●バレンシアのFWダビ・ビージャはチェルシーやリバプールから関心を持たれていることは“うれしいこと”と認めている。彼はチェルシー同様リバプールを‘偉大なチーム’だとイギリスの大衆紙‘デイリースター’で明言し、「リバプールにはラファエル・ベニテスというスペイン人の監督がいるだけでなく、たくさんの友人も在籍してるんだ」と語った
●バレンシアがチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でインテルを通算アウェイゴールで破り、準々決勝に駒を進めた。今日のセカンド・レグは両チームとも無得点に終わった。試合内容としては後半残り15分に凝縮され、他は特に目立ったプレーは見受けられなかったが、ベスト8に進むことができたという結果だけで十分価値のある引き分けだった。
●バルサは最後の最後まで諦めなかった。グジョンセンのゴール以降バルサは必死でリバプールを倒しにかかったが2点の壁は高かった。結局、終始試合をコントロールし前半には2回ポストにあたるシュートを放つなどバルサを苦しめたリバプールが昨シーズンのチャンピオンであるバルサをやぶりベスト8進出を決めた
●アンフィールドで勝利しながらも決勝トーナメント1回戦で姿を消す事が決まったバルサのライカールト監督は選手の戦う姿勢を褒め称えた。「選手を非難する事はできない。最後まで試合をひっくり返そうと全力で戦った。選手達の戦う姿勢はすばらしかった」、「チャンスを作るようなプレーをしたかったが最後の所でゴールを奪えなかった。リバプールは精神力と団結で戦っていた。組織で守り、素早く相手も背後を狙うフットボールだ。高いレベルに行くとこういったチームとの対戦が続く」
●バレンシアでの乱闘は、ニコラス・ブルディッソが鼻骨を骨折するという痛々しい結果を招いてしまった。インテルのDFブルディッソはバレンシアのナバーロにいきなり顔面を拳で殴られ、グラウンド内での騒ぎが収まった後、すぐにチームのメディカルスタッフによる治療を受けた。
●「全くばかげたことだ。ナバーロの行動は理解できない。スタジアムから暴徒を追い出し、暴力を排除しようといつも言われている。でも、グラウンドの中の僕らが率先して暴徒と化してしまうようでは、信頼してもらうのは難しくなる」とバレンシアのDFモレッティ
●6日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦バレンシア対インテルの第2戦の試合後、両チームの選手同士が入り乱れての大乱闘が起こった。きっかけとなったのはマルチェナ(バレンシア)とブルディッソ(インテル)の口論。マルチェナは試合後、「ブルディッソから仕掛けてきた」と相手が挑発したことを強調していたが、2人の間に何らかのやり取りがあり、ブルディッソが突然マルチェナに対して向かっていった。これに対し、マルチェナはブルディッソを突き飛ばした上に蹴りを入れた。そこからは両チームの選手、スタッフが入り乱れての大乱闘に発展
●7日に行なわれるチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦でPSVと対戦するアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、FWティエリ・アンリのスタメン復帰を示唆した。
●フランスのクラブとして唯一チャンピオンズリーグを制したマルセイユの優勝トロフィーが6日朝、何者かに盗まれたことが明らかになった。レキップ紙が報じている。
●6日に行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦で、リヨンがASローマに0-2で敗れ、4年連続の準々決勝進出を逸した。レキップ紙はウェブ版で、スピード、テクニック、判断力、戦術などすべての点でリヨンの「KO負け」と評した
●6日チャンピオンズリーグ(CL)に敗退したリヨンの主将ジュニーニョが試合後、レキップ紙に心境を語った「落胆しているが、(敗戦が)今後若手がCLで優勝するときのために役立てばいい。このクラブで自分は数々の貴重な場面を経験した。CL優勝は最大の目標だったが、こうして敗れ去った。いまとなっては、自分がその目標に到達するのは難しいだろう」
●ACミラン監督アンチェロッティが6日、翌日に迫った欧州CL決勝トーナメント第1戦、第2戦対セルティック戦を次のように分析した。「明日に向け、我々は万全で、何の問題もない。必勝法もすでに見出している。失点を恐れる必要もなく、ただ実力を発揮し、自信をもてば良いだけのことだ。ACミランには可能性、クォリティー、勝利欲の全てがある。ホームという事もあり、ベスト8に進出する可能性は我々の方が高い」
●ACミランMFマッシモ・アンブロジーニ(29)が6日、翌日に迫った欧州CL対セルティック戦について「欧州戦決勝トーナメントは一回勝負なので、ミスは許されない。毎試合、全力を発揮しなければならない。明日の試合を心待ちにしている。セルティックも得点しなければベスト8に進出できないので、攻撃的にくるはずだ。チームの特長を生かし、運動量を増やしてくるだろうが、我々もアグレッシブに迎え撃つ」
●欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦が行われた6日、ASローマはリヨンと対戦し、0-2(アウェイ)の勝利を収め、ベスト8進出を果たした。この日先制ゴールを決め、勝利に貢献したASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)は試合後「忘れられない1日となった。勝利に向かいチームが一丸となった素晴らしい試合だった。欧州にASローマの力を証明する事ができたので、こんな嬉しいことはない」と満面の笑顔
●欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦が行われた6日、インテルはバレンシアと対戦し0-0(アウェイ)の引き分けに終わった。2戦の合計得点が2-2となったため、通算アウェイゴールによりバレンシアベスト8に進出し、インテルは敗退した。インテル会長モラッティは「試合終了後に乱闘となってしまい残念だ。ブルディッソが鼻を骨折してしまったし・・・。UEFAからなんらかの処分が下されるだろう。試合はシュートミスもあったが、得点を奪えなかっただけで、内容自体は良かった。敗退は誰の責任でもない」
●スパレッティ率いるローマはアウエーのリヨンで勝利を収め「相手の挑発に乗らず、反撃も許さなかった。この点も完ぺきだった。余計な小競り合いはあったが……」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あの名作サンダーVが5...
2007/03/13(火) 11:38:40 | ギャンブルをこよなく愛するBlog
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.