FC2ブログ
-->
UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
2007/03/06UEFA情報
●敵地アンフィールドでチャンピオンズリーグ生き残りをかけたリバプールとの大一番に臨むバルサのキャプテン、カルラス・プジョールは決戦に向け「僕らにはほぼ完璧なプレーが必要だ」と語り、初戦を1-2と落とし苦しい状況に置かれているとはいえ、次のステージに進めると自信を見せている。「リバプールはとても良いチーム。ディフェンスが強く、彼らのカウンター攻撃は危険だ。僕らは相当の集中力が必要だし、早く先制ゴールをマークすることだ。ディフェンスのことは忘れ、攻撃しなければならない。非常に厳しい戦いを強いられるだろう」。
●チャンピオンズリーグの準々決勝進出がかかっているインテルとの第2戦を目前に控えたバレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督は「インテルはここ2年続けてバレンシアの望みを絶った。しかし今年はきっと過去を覆してみせる」と試合へ向けての心境を語った。さらに「今回負けたらもう後がないため、モチベーションは最高潮。次に進めるのはどちらかの1チームだけだ。バレンシアはインテルよりも戦術派なのに比べ、彼らはチームプレーよりも個人プレー派だ。集中力を最高まで高めて実力以上のものを出したい」
●R・マドリーのフェルナンド・ガゴは、チャンピオンズリーグの準々決勝目指してのバイエルン戦について「決勝戦のつもりで挑む。必ず勝ってみせる」と意欲を燃やしている。 第1戦はホームで3対2と相手を抑えたR・マドリーだが「大事な1戦だ。監督が戦略を練っているだろうが、僕たちは常に自分たちのスタイルを保たなければならない。それで1ゴールでも入れられれば良い結果に繋がる」と心境を伝えた。
●ベティスのホーム、ルイス・デ・ロペラスタジアムで予定されている対サラゴサ戦は通常通り行われる模様だ。2日競技委員会はベティス対セビージャ戦で起きた一連の事件を受けて3試合のスタジアム閉鎖を言い渡していたが10日間の上訴期間で閉鎖は免れるようだ
●4日のヘタフェ戦で負傷退場となったレアル・マドリーのレジェスとベッカムは試合後のチームドクターの初診通り、それぞれ左膝の捻挫、右膝の捻挫で1ヶ月の戦線離脱となった
●R・マドリーのラウルはCL対バイエルン・ミュンヘン戦を前に、「ベスト8進出できなかったら失望だね。ミュンヘンには勝ちに行くよ」と力強いコメントを残し、バルサとのクラシコも含め、「特別な試合になる。CLとクラシコが4日の間にある。厳しい試合だけど、どんなサッカー選手でも憧れる試合だ」
●ライカールト監督は「今は多くの人間がリバプールが勝ち抜けたと思っているが、それはわれわれのプレッシャーを取り除いてくれる。バルセロナとしては、これまでと変わらないメンタリティーを持って試合に臨むまでだ。失うものは何もない。恐らく彼らはわれわれ以上に苦しむことになるだろう」
●6日にリバプールとの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦に臨むバルセロナは、160日ぶりにエトー、メッシ、ロナウジーニョの3トップが復活する。
●ウェストハムの元イングランド代表FWテディ・シェリンガムに、オーストラリアのシドニーFCからオファーが届いた。シドニーの地元紙『デイリー・テレグラフ』が報じたところによると、来月で41歳になるベテランFWは、1年契約プラス2年目のオプションを提示されたという。
●リールの主力MFマチュー・ボドメール(24)が、7日に行なわれるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の対マンチェスター・ユナイテッド戦(第2試合)を欠場することになった。
●フランス代表のドメネク監督が5日、フランス・サッカー連盟の公式サイト上で、6日と7日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第2試合を控えるリヨンとリールに声援を送った「不公平に対する怒りと反抗心がリールにはある。これがポジティブに出る可能性がある」
●フランスのスポーツ紙「レキップ」は、“やや”リヨン有利との予想を展開している。まず1つめの根拠は、統計に過ぎないが、リヨンがCL決勝T1回戦のホームゲームで過去3年間負け知らずなこと。2004年にレアル・ソシエダに1-0と辛勝して以降は、2005年(対ブレーメン、7-2)、2006年(対PSV、4-0)と圧勝している。ただし、これらの試合は、いずれも第1試合に勝っており、ローマで引き分けた今回とは状況が異なる
●リヨン監督ジェラール・ウリエが5日、翌日に迫った欧州CL対ASローマ戦に向け、インタビューに応じた。「試合をどのように展開するか、具体的なアイディアはないが、ミスを犯してはいけないのは確かだ。PKでの決着?欧州CL戦では得策ではないね。欧州CLではあらゆる面で強固なチームが勝ち残る。そして個々の才能を生かしたチームでなければならない。運を味方に付けることも忘れてはいけないが・・・」
●インテルのブラジル人FWアドリアーノ(25)が6日に行われる欧州CL対バレンシア戦でベンチ外となる事が分かった
●水曜日の夜にサンシーロで行なわれる欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦、ミラン-セルティック戦ではオーストリアのコンラート・プラウツ氏が主審を務めることが決定した
●セリエAの第28節に行なわれるインテルとミランのダービーマッチは、3月11日日曜日の15時キックオフとなることが正式に決定した
●ミランのGKゼリコ・カラッチは、契約を2009年6月30日まで延長した。ネルソン・ジーダとの契約延長に向けた交渉は決裂に至ったようだ。ジーダはバルセロナへの移籍が濃厚となっている
●ローマがリヨンでの作戦遂行に挑む。フィウミチーノ空港から飛び立つ前に、スパレッティ監督はこう語った。「われわれの未来にとって非常に重要な試合となる。このクラブの歴史のためにもサポーターのためにも、極めて大事な試合になることは誰もが分かっている。そのことを心に留めておかなければならない」
●セルティックとの欧州チャンピオンズリーグ(CL)、決勝トーナメント1回戦の第2戦を前に、ミランのカカ「調子はいいし、モチベーションも高まっている。CLとリーグ戦にそれぞれ異なる姿勢で臨むのはいつものことだ。でも、今年は特にその傾向が強い。僕らの今シーズンの目標はCL優勝だという気持ちがこれまで以上に強くなっている。」
●6日に欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でバルセロナを迎え撃つリバプールのベニテス監督「バルセロナにとってこの試合が重要な試合でなかったとしたら、セビージャ戦(3日)でデコ、テュラムをメンバー外にし、エトーをスタメンから外すことはなかっただろう。つまり、バルセロナはこの一戦に向けて不安と必要性を抱えているということで、ここ最近の2試合ではわれわれとの一戦を考えていた。この試合こそが、バルセロナにとって最も重要な試合だ。バルセロナがどういうシステムでプレーしようが、準備はできている。システムが変われど同じチームであり、われわれは唯一自分たちのことだけを考えればいい」
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(マニュアル)年収1000万円稼ぐ!パチンコで勝つ黄金の17法則
2007/03/07(水) 22:50:01 | 得するギャンブル情報
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.