UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/01UEFA情報
●国王杯第2戦、苦手ラ・ロマレダでサラゴサを1ー2で敗り、リベンジを果たしたバルサが逆転で国王杯ベスト4進出を決めた。
●リバプールのラファエル・ベニテス監督が、早くも来シーズンの戦力補強に乗り出している。アメリカ人大富豪のジョージ・ジレットとトム・ヒックスによるクラブの買収が成立し、真のビッグクラブ化を目指すリバプールは、指揮官の要望に応えて、攻撃陣の補強にターゲットを絞っている。すでに、レバークーゼンのFWアンドレイ・ヴォロニンの獲得を発表しているが、水面下ではさらなる大物獲得にも着手。その有力候補が、バルセロナのカメルーン人FWサミュエル・エトーだというのだ
●レアル・マドリーファンの気持ちははっきりしている。来シーズンに向けアーセナル所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガスの獲得を最優先の1人とするべきであると。“マルカ”紙のウェブサイト上でアンケートを行った結果、実に約70%のファンがセスク獲得を最優先に望んでいるという結果がでている
●フェルナンド・トーレスとクン・アグエロが3月4日に行われるレクレアティーボ戦に向けフラードと供にシュート練習を行った。このFW2選手はMFのミゲル・デ・ラス・クエバスとオスカル・マルティネスを交え攻撃の形を約30分にわたり集中特訓した。その間他の選手達はボールをキープする練習を行っていた
●北京市体育局の孫康林局長は、バルセロナが8月3日か5日、北京で北京国安との親善試合を行うと発表した。会場は工人体育場が予定されている。ただし来年の北京五輪に向け改修中で、工事が終わっていることが条件になる
●アフリカサッカー連盟(CAF)は、1日にアフリカ年間最優秀選手を発表する。候補にあがっているのはこれまで3年連続受賞のFWサミュエル・エトー(バルセロナ、カメルーン)、FWディディエ・ドログバ(チェルシー、コートジボワール)、MFマイケル・エッシェン(チェルシー、ガーナ)だ
●ここ2試合欠場していたR・マドリーのセルヒオ・ラモスは、次節のヘタフェ戦復帰とバイエルン・ミュンヘン、バルサ戦があることについて、「厳しい日程が続く。まずはヘタフェに勝つことが大事。それからバイエルン戦とバルサ戦を考える。ヘタフェはすばらしいチームであることを証明している。リラックスして試合に入るとポイントを今までのように落としてしまう。サポーターに喜びを与えられるのと勝ち点3を取りたい」
●2月28日に行われた国王杯準々決勝ベティス対セビージャの第2戦の後半12分、スタンドから投げ込まれたペットボトル(2リットル入り)がセビージャのファンデ・ラモス監督の後頭部に直撃し、同監督は一時意識を失った。すぐさま担架でスタンド外に待機中の救急車に搬送されたファンデ・ラモス監督は、車内で意識を取り戻した。検査の結果、大事には至らなかったものの、市内病院に移って12時間から24時間の安静が言い渡されている。
●セビージャのデル・ニド会長は28日の国王杯ベティス戦で、スタンドから投げ込まれたペットボトルによって一時意識を失ったファンデ・ラモス監督の容態について、「チームドクターの話によれば、(頭部に)かなり強い衝撃を受けた。ただ、重症ではない」と説明した。今回の事件については、「4人、6人、8人、10人と気の狂った人間が(スタンドに)いるのだから、誰も止めようがない」と怒りをあらわにした上で、「責任ある立場にいる人間として火に油を注ぐようなことはしたくないし、ベティス側からの謝罪は受け入れる。こういったことも含めてすべてを良い方向に持っていく必要がある。このような行為を犯す人間をスタジアムから追放する必要がある」
●ベティスのレオン会長は28日、セビージャとの国王杯第2戦の後半にスタンドから投げ込まれたペットボトルによってファンデ・ラモス監督が一時意識を失った事件について、試合中止が決定した後、記者会見を開いてクラブとしての声明文を発表した。まずは「ファンデ・ラモス監督の一刻も早い回復を願う」と語った上で、投げ込みをした犯人が「クラブ会員であれば即刻追放する。クラブ役員、監督スタッフ、選手を含めて全員が今回の事件に対して遺憾の意を表する」
●2月28日に行われたスペイン国王杯の準々決勝では、バルセロナ、ヘタフェ、デポルティボがそれぞれ勝ち抜きを決めた。
●セリエA第26節が行われた28日、インテルはウディネーゼと対戦し、1-1の引き分けに終わった。この結果、インテルの連勝記録は17でストップした
●セリエBブレーシャは28日、前監督の解任に伴い、かつてセリエAペルージャ、ウディネーゼなどで指揮を執ったセレス・コズミ監督の就任を発表した
●現在16ゴールでセリエA得点王のASローマ主将フランチェスコ・トッティ(30)が今季の優勝争いの行方について自身の見解を明かした
●「前半戦のカカは闘志に燃え、私が今まで見た中で最高のできだった。PK失敗は仕方がない」とACミラン監督アンチェロッティが28日、0-0の引き分けに終わったセリエA第26節対パレルモ戦を振り返った
●パレルモ会長ザンパリーニ会長は「うちのホスキGMが試合終了後、ガリアーニ副会長のところに挨拶に出向いたにも関わらず、ガリアーニは彼に挨拶もせず、『あんた方をカルチョ界関係者とは認めていないと、お宅の会長に伝えてくれ』とだけ言い残し、立ち去った。なんという無礼な奴だ」
●ACミランのカカーは、イタリアのガゼッタ・デロ・スポルトの中でバルサの周期は終わりに近づいている事を認めると同時にロナウジーニョがACミラン入りする事を望むコメントを残した。「チームにはサイクルがある。バルサの周期が今シーズンで終わるとは限らないが近々終わりをむかえると思う。3年間でヨーロッパ最強にまで登り詰めた。すべての選手達が新しい周期の始まりを待てるとは思わない」
●エストゥディアンテス所属アルゼンチンの新星ホセ・ソサ(21)が来季からバイエルン・ミュンヘンでプレーすることになった。移籍金は1000万ユーロ(約16億円)と見られている
●ウディネーゼ戦を1-1の引き分けで終え、連勝記録が17でストップした後、インテルのロベルト・マンチーニ監督は「遅かれ早かれ起こっていたことだ」とコメントした。それほど気を落としてはいない様子だ。「いつかはこうなるはずだった。たまたま相手はウディネーゼで、われわれにとっては苦しい状況での試合だったが、これはこれでいい」
●ベローナでキエーボと対戦したローマは、2点のビハインドからトッティの活躍で追いつき、2-2の引き分けで試合を終えた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。