UEFAチャンピオンズリーグ情報
UEFAチャンピオンズリーグを中心にサッカー情報を提供!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/24UEFA情報
●「ロナウジーニョは太った。彼のシルエットはこの3年以上で大きく変った」と23日付けのスペイン紙“アス”がトップ紙面で報じた。同紙は2003年12月のレアル・ソシエダ戦後と、水曜日(21日)のチャンピオンズリーグ、リバプール戦後のロナウジーニョの上半身裸の写真を並べて掲載し、ロナウジーニョが太ったことを強調
●ACミラン副会長アドリアーノ・ガリアーニが22日、カペッロ監督問題で揺れるレアル・マドリーの後任監督として噂されるアンチェロッティ監督就任説を否定した
レアル・マドリーのレジェスが自身とチームの状況について“ラジオ・マルカ”のマイクを通じて告白した。レジェスはバイエルン・ミュンへン戦で出場のチャンスがなかったことにも「出場するために何をすればいいのかはっきり言って分からない」と怒りをぶつけている。バイエルン戦の後半、カペッロ監督は守りを固める戦術をとったが、レジェスは「僕らは後ろに引いたよ。監督が好きな戦術だし、失点をゼロに押さえることを望んでいるからね。でも、ゴールを挙げる必要もあるんだ。引き分けでは意味がないんだからね」と語り、「僕らがあまり守りに入らなくていいのなら、もっと自由に攻撃のチャンスを得られる。僕らはR・マドリーなんだ。守りに入るようなことはあってはならないんだよ」とカペッロ監督を暗に非難した。
●CL対リバプール戦で左足首を捻挫しながらも3人の交代枠を使い切っていたために最後までプレーしたベレッチ。左足首の怪我の回復までには約10~15日間かかると診断され、リーガ次節のアスレティック・ビルバオ戦、セビージャ戦、国王杯のサラゴサ戦に出場できない模様だ。
●DFラファエル・マルケスは、バルセロナが困難な状態のチャンピオンズリーグ(CL)と国王杯を勝ち抜くために信頼するようお願いした。それぞれホームでの第1戦をリバプールとサラゴサ相手に敗れ(1-2、0-1)反撃が厳しいことを自覚しているが、昨季の欧州王者であるバルサは信頼を失っているという声に対しては「チームは後退していない」と主張した。「チェルシーを破った昨季のように、僕たちを信頼してほしい。人々は違うことを望んでいる。なぜならまた負けることを恐れていたからね。チームへの信頼がある限り、そんなことはありえない」
バレンシアの医師団は、DFロベルト・アジャラが、21日のチャンピオンズリーグ、インテル戦で「左足首を軽く捻挫した」と発表した。アジャラは22日、練習場で理学療法士による治療を受けた。インテル戦に先発した選手たちこの日休みだったが、アジャラ1人だけ練習場に現れた。
●R・マドリーのカペッロ監督はマドリー・ダービーを前にアトレティコ・マドリーのアギーレ監督と共同記者会見を行った。サッカー以外のコメントは控えると約束された上で行われた記者会見でカペッロ監督は、「良い状態でダービーをむかえられそうだ。選手達の支えもあり、チームもここ2試合いい結果だったことで私もいい状態でダービーをむかえられる。しかし、マドリー・ダービーは常に特別である。どうなるか分からない。R・マドリーはビセンテ・カルデロンでよい試合をする傾向にある。今回もそうなるといいのだが」
●アトレティコ・マドリーのハビエル・アギーレ監督は今度の土曜日に迫っているR・マドリー戦について、カペッロ監督との共同記者会見で「勝ち点3を獲得するために精一杯頑張りたい。現在R・マドリーのすぐ下に位置しているが、今回勝てばリーガ上位に食い込める」
●バルサとの対戦が迫って来ているアスレティックのハビエル・カサスは「バルサは挽回するためチャンピオンズ・リーグ、そしてアスレティック戦で勝利を狙ってくるだろう。休みなく試合を行っていて体力的に消耗しきっているかも知れないが、それらを克服するだけの実力を持っている選手ばかりだ。それに彼らはホーム試合。絶対に油断はできない」
●ロビーニョの代理人ワグネル・リベイロ氏が木曜日、「ロビーニョはカペッロとうまくいっているし、カペッロは偉大な監督だ」と語り、「ロビーニョは監督との間に問題などない。どんな監督ともプレーしている。彼にはトップに近い位置でスペースを選べるようフリーでプレーさせることが必要だ。彼はディフェンダーではなく、攻撃の選手なのだから。ロビーニョは、R・マドリーファンが彼やエメルソンにブーイングをするけれど、そのファンに自分が素晴らしい選手であることを証明し、多くの喜びを与えるつもりだと私に言っている。ロビーニョはR・マドリーで成功し、チームにとって重要な選手になりたいと思っている」
●カッサーノが、明日(24日)に迫ったビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリーとの“マドリー・ダービー”に向けて招集メンバーに復帰した。
バルセロナのDFテュラムはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦アンフィールドでの戦いはバルセロナが0-2もしくは1-3で勝つことを確信していることを強調した。「先日のリバプールとの結果により難しい立場にあるのは事実だ。しかしサッカーで不可能なことは無い。僕らが勝ち、次のステージに進むことを信じている」とテュラム
バレンシアのキケ・サンチェス・フローレス監督はソレール会長が来季を見据え他の監督候補たちと接触していることを公表したことについて、特に考慮にすることはないと答えた。「何人からかそういった話を聞いたが、私はこのクラブの全てが気に入っているし今後も同様だ。それにこれはあらかじめ予想されていたことだ。私にとってこういった話は特に気にならないし、クラブに対する愛着が高すぎて周りの動きも全く考慮にしていない」
●マドリー・ダービーが明日と迫ったアトレティコ・マドリーのフェルナンド・トーレスは「これからを左右するキーとなる一戦だ。この試合で良い結果を出し早く先日のセビージャ戦を忘れたい。それにここで頑張れば今季の目標でもある欧州の大会の出場圏内に残る事ができる」
●今週末マドリー・ダービーでアトレティコと対戦するR・マドリーだが、ケガのため戦線から外れているロベルト・カルロスの代わりに同じくブラジル出身のマルセロがスタメン出場する可能性が出てきている。
●ヘタフェのシュスター監督は、先日のレアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘンの試合を民放で解説し、これにより来季R・マドリーを率いるというファンの期待が高まっている。しかしこの憶測について監督は「今のR・マドリーファンは誰が監督になってもいいと思っている」と軽く噂をかわしている
バルセロナのメッシは23日の会見で、まだチャンピオンズリーグも国王杯も諦めていないことを断言した。「僕たちは終わっていないよ。僕たちは自分を信じているし、両方の大会で逆転が可能だっていうことも分かっている」。「僕らはこのチームを信じるべきなんだ。これまでのプレーや、勝ち取ってきたタイトルや、チームにいる素晴らしい選手たちのためにもね」
●カンプ・ノウでの1-2という結果は、フランク・ライカールトのチームにとって非常に厳しいものだ。前例を見ても、バルセロナがホームでの第1戦に敗れた場合、すべてそのラウンドで欧州のカップ戦から姿を消している。同じような状況は過去に7度あったが、そのいずれも第2戦で逆転を果たすことはできなかった。
●CL決勝トーナメント1回戦、ASローマ対リヨン(フランス)の第1戦は0-0のまま終了。フーリェール(リヨン監督)「8強進出へのパーセンテージに変化はないが、我々には好結果。枠内のシュート数は我々のほうが多かったし、内容も相手より上回っていた。リヨンとローマは似通ったチームであり、(第2戦も)簡単ではないだろ。この引き分けには満足している」スパレッティ(ASローマ監督)「まずは失点しなかったことが大きい。ピッチ状態が悪かったのが残念だ。この雨は(スピードを生かすローマより)体格に勝る相手に優位に働いた。決定機に欠けたが、内容のある試合だった。8強進出可能性?50パーセント」ジュニーニョ(リヨンMF)「もっとやれたはずだが結果は妥当。我々にとっても、おそらくローマにとっても良い結果と言える。8強進出を確実にするためにも勝利を狙っていたが、ローマはいいチームで我々の動きを鈍らせたよ。リヨンで勝てということだろう。イエロー乱発の主審?シミュレーションへの判定で1、2枚はセーブしても良かったのでは。今からはリヨンでの試合のことだけを考える」
●2001年にブラジルのバスコ・ダ・ガマから移籍し、リヨンのフランスリーグ初制覇に貢献。その後もチームを牽引し続け、5連覇中という快挙をもたらしているブラジル代表のジュニーニョ・ペルナンブカーノ。リヨンとの契約は2008年6月末まで、つまり来季終了まで結ばれているが、クラブは1年間の延長を申し出て、2009年までの契約が合意に達している
ユベントスは、アヤックスに所属するチェコ代表DF、ズデネク・グリゲラの獲得を発表した
●21日の欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、スペイン王者バルセロナに劇的な逆転勝利を収めたリバプールのラファエル・ベニテス監督は、スペイン時代から温めていた“バルサ攻略法”の効果を語った「私が率いていたバレンシアも、効果的なカウンターを得意としていた。今回は、それをリバプールで再現したまでだ。とにかく、陣形をコンパクトに保つこと。これを最優先に戦った。試合にはうまく入れたが、15分くらいまでは試合をコントロールできなかった。それでも、後半にはポゼッションも増えて、チャンスが作れるようになった。簡単な試合ではなかったが、プラン通りだ」
インテルのアドリアーノのスタメン落ちは、夜遊び。17日に25回目の誕生日を迎えたアドリアーノは当日夜、自宅にロナウド、マイコンなどの同郷選手を招いて盛大な誕生日パーティを開催。ここまでは許される範囲内だった。だが皇帝のエンジンは止まらない。翌18日深夜もミラノ市内のディスコを2軒はしごし、帰宅時間は夜が明け始めた午前4時。
●「試合後の暴言の件で、ローマの2選手がロッカールームに謝罪に来た。W杯決勝(イタリア対フランス)の出来事を髣髴とさせるものがあった」。フランスの名門リヨンを率いるジャン・ミッシェル・オラス会長
●ブッフォンは「インテル移籍がサポーターの逆鱗に触れることはよく理解している。(実現すれば)彼らに大きな失望をもたらすだろう。おそらく道を封鎖して『どこにでも行け!!ただし、インテルはダメだ!!』と言い張ることだろう」
●20日に行われた欧州CL決勝トーナメント1回戦、バレンシア(スペイン)相手にホームでの初戦を2-2と引き分けたインテルのモラッティ会長は「この結果を完全に納得はしていないが、チームへの信頼感は増すばかりだ。昨日のインテルはもう少しゴールを決められただろうし、カンビアッソの負傷に加えダクールとスタンコビッチが削られるなど、後半はアグレッシブに欠けたのだろう」
●ACミランMFアンジェロ・アンブロジーニ(29)が所属クラブへの忠誠を誓っている。2008年にACミランとの契約が切れるアンブロジーニは「(クラブ側から)自分への打診は特にないが、出来ることならミランでキャリアに終止符を打ちたい。」
●セリエAトリノを率いるウルバーノ・カイロ会長が22日、巷に流れる“ウルバーノがクラブを売却する”との噂を一蹴した
●「セルティックとの第2戦は勝利を望む」。0-0に終わったセルティックとの欧州CL決勝トーナメント1回戦を、ACミランの司令塔リカルド・カカ(24)
●規律委員会は22日、セリエAカターニャへの処分を正式に発表した。処分は「ホーム開催を2007年6月30日まで剥奪、無観客試合。クラブへの罰金は50000ユーロ(約800万円)から20000ユーロ(約320万円)に軽減
●「ユベントスが危機にあるって?我々は、監督、クラブ含めて、誰も危機だなんて思っていない。自分も全く危機に陥っているとは思わない。ここ1ヵ月間、我々が首位を保っていることを見れば一目瞭然だろう」。ユベントスMFマウロ・カモラネージ(30)
●いくつかの新聞でASローマMFダニエレ・デ・ロッシ(23)の“人種差別行為”へ対する調査要請が掲載されたが、UEFAを動かすまでには至らなかった。事の発端は21日に行われた欧州CL決勝トーナメント1回戦(第1戦)ASローマ対リヨンの試合終了直後。デ・ロッシは相手のフランス人選手アビダルに対して“人種差別行為”をとったと見られていた
●チェコ代表GKペトル・チェフ(24)に22日、UEFAから朗報が届いた。ユーロ2008予選でのヘッドギア使用が認められることが正式に決定された。
●25歳の誕生日をディスコで迎えたインテルFWアドリアーノ(25)が平穏に日々を過ごすことは不可能だろう。欧州CL決勝トーナメント1回戦(第1戦)、対バレンシア戦を前にしての愚行に対し、クラブ側は厳しい態度で挑むことを明らかにしている
●レーガ・カルチョ会長アントニオ・マタレーゼが23日、厳しい現実を明らかにした。マタレーゼ会長は「終始決算は壊滅的だ。多くのクラブが経営難に陥っている。来季の登録に向けて問題が起きないように、我々も色々と知恵を絞っている段階だ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 UEFAチャンピオンズリーグ情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。